07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

唐招提寺の瓊花(けいか) 

細かい雑事がいっぱい溜まっていて、なかなか休みがとれない状況です。
旅行はもとより、大好きなハイキングや博物館へも積極的に動けず。新緑の二上山絶景コース、ああ行きたいとはやる心を抑えて、想像に遊ぶ日々。

しか~し、誘われたら話は別。わーい、とすぐ乗り気になって。あとは野となれ山となれ、よほどせっぱづまっていない限りは何とかなるもの、だしね。ケセラセラ~♪

4月30日も「唐招提寺に瓊花見にいかない?」というお誘いがあり、「行く、行く~」

唐招提寺は大好きなお寺のひとつなので、数え切れないほどお参りしているのですが、この花のシーズンにはなかなか行けずにいたのです。

14.4.30金堂


瓊花は御影堂供華園が特別公開中でした。

14.4.30瓊花3

14.4.30瓊花2

14.4.30瓊花

14.4.30瓊花1

知らなければ、ガクアジサイ? と思ってしまいそう。
清楚な白い姿が心をとらえます。


瓊花は、鑑真和上の故郷揚州の花。
和上がお亡くなりになって1200年にあたる昭和38年(1963)に、中国の仏教協会から唐招提寺へ一株贈られたのが、おそらく日本初上陸。

たった一株がこんなにも育ったのですね。
贈られた当時のエピソードや唐招提寺以外のどこで見られるかということは、以前(5年前)、お寺でお聞きしてブログアップしたことがありますので、よろしければこちらをご参照ください。

あま~い香りは「天平香」として販売されています。
tenpyoukou.gif


けれども、あれっ、こんなに咲いているのに、香りがしない・・・

説明されていた方に聞いてみると、これで満開じゃないのだそうですよ。
周りを縁取るように咲く白い可憐な花のようなものは実はガク。中央に点々とある小さなのが花で、なるほどまだつぼみなんですって。開花と同時にあたり一面に甘い香りが漂うのだとか。

盛り上がるように華やかに開花するらしく、どうやらつぼみの時とはまた違う風情のよう。少女から妖艶な美女へと変身するようなイメージをもったのですが、さて実際はどうなのでしょう。来年は遅めに訪ねたいと思います。

今年は連休あたりが満開となりそうですね。
公開は6日まで。

14.4.30公開


鑑真御廟の前にある瓊花は、目をこらして見上げると、やっと1つ2つの花を見つけることができました。

境内はみずみずしい新緑にあふれ、来てよかった! とつくづく。

唐招提寺新緑


すっかりうれしくなって、帰りは西大寺までハイキング。
秋篠川の土手の緑も美しくて!

14.4.30秋篠川
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/02 Fri. 20:06 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 2

02

コメント

唐招提寺 

ジュゴンさん

こんにちは!

唐招提寺、大好きです。
門のところから金堂を目にするだけでもうグッときます。

春夏秋冬、たしかにそれぞれの季節でまた違う魅力がありますよね。
瓊花、来年は香りも楽しめればいいな。

ブログ楽しみにしております。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/05/24 16:35 | edit

No title 

かぎろひさんも、唐招提寺行かれたんですね!
私が訪れた時も、香りはまだまだこれから..
というところでした。
唐招提寺、私も5本の指に入る程好きなお寺です。
春夏秋冬、それぞれに訪れて
またブログに画像をUPしていきたいと思っています♪

URL | ジュゴン #- | 2014/05/24 11:06 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1122-749b29ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list