08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

菅原伝授手習鑑 

学生時代、文楽に親しみました(というほどでもないか^^;)。

文楽浄瑠璃の講義を受けたのがきっかけだったと思うのですが、何しろ、観劇の学割がとんでもなく効いて低料金だったのです。一般の半額以下ではなかったかなあ。
暇がある貧乏学生にとって映画と同じぐらい(だったような)の料金で、生の文楽浄瑠璃に接することができるのはたいへんな魅力でしたね。

その頃はまだ今の国立文楽劇場はなくて、そうそう、たしか「朝日座」と言いましたかね。まばらな客席の、かぶりつきに座ることも珍しくありませんでした。

社会人になると、料金が高いことに加え、別な楽しみも増えて、文楽はいつしかワタクシからすっかり遠ざかってしまいました。


最近、ブログ友達のなむさいじょうさんが、文楽関連の記事をアップされることが多くて→こちら

文楽鑑賞だけではなく、ゆかりの地を歩かれたりして、なかなかに興味深いのです。
どうやら、だんだん扇動されてきたようで、青春時代のあれこれを思い出したりしながら、久しぶりに文楽鑑賞も悪くないなあ、と思うようになっていました。
とはいえ、漠然とした気持ちだけで、積極的にというまでには至りません。

そんなある日、「文楽の招待券もらったんだけど、行かない?」というお誘いがかかって、びっくり仰天。
もしかしたら、ワタクシにはほんとうに引き寄せるチカラがある? とマジメに信じそうになったほど^^;


国立文楽劇場へ行ったのは、4月8日、ドタバタのまっただ中だったのですが、これだけははずせないわと楽しみにでかけました。

144.8文楽劇場


いただいたチケットは「菅原伝授手習鑑」の第2部

14.4.8文楽

午後4時開演のところ、2時間近く前に劇場入りして
特別展示「文楽の魅力」(5月18日まで)を見たり

14.4.8文楽の魅力


文楽茶寮で腹ごしらえしたり

14.4.8天丼


非日常のひとときをたっぷり味わって気持ちもだんだん高まってゆくのがわかります。


ほぼ満席

14.4.8劇場


いやぁ、見所が多すぎてね。
人形、人形遣い、大夫の語り、三味線、そして、字幕(今は表示があるんですね!)を追ったり・・。
話の筋にどっぷり浸かって感動する、というよりは、汗をにじませながら熱演する大夫さんの語りや表情に引き込まれました。

若い頃は「いつのまにか人形遣いの裃や黒子姿が気にならなくなってね」などと言っていたくせに、今はむしろ、人形遣いさんの技の妙に感じ入ったりしたのです。


1度ではとても味わいきれない、という感じですね。


話題の七世竹本住大夫師は、三段目の最後「桜丸切腹の段」に登場。
偶然にもン十年ぶりに、師の義太夫節を拝聴したらそれが引退公演。感動と余韻が続いています。

そうして、学生時代に使った岩波の「文楽浄瑠璃集」を取り出してみたら

iwanami.gif

トップに『菅原伝授手習鑑』が載っていて、おお、そうやったんや、となんか不思議な再会。これを機にちょっと親しみましょうかね。



※『菅原伝授手習鑑』は4月27日(日)まで。

竹本住大夫引退公演5月は、東京、国立劇場で。
5月10日(土)~26日(月)
詳しくは→こちら


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/20 Sun. 10:29 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 5

20

コメント

おかげさまです 

なむ隊長ゞ

引き続きのコメントありがとうございます。

いやぁ、ン十年ぶりに文楽が身近になったのも、なむさんのおかげですよ。
お誘いくださったのは大阪の方でさほど親しくもないのですが「別の友達を誘うつもりだったけど、急にかぎろひさんの顔が浮かんだので、まず最初に声をかけてからと思った」とのこと。

よっしゃ、やっぱり引き寄せたんや(笑)

貴重な場面を見ることができて感謝感激です。

「文楽浄瑠璃集」、ほほ、確かに年代ものですね。;;

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/04/22 22:40 | edit

追伸 

弊ブログを紹介いただき、ありがとうございます。
お礼申し上げるのを忘れておりました。
申し訳ありません。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2014/04/21 23:34 | edit

No title 

「文楽浄瑠璃集」、焼けてますね。
ずいぶん古そうな。。。

「桜丸切腹の段」
住大夫さん、文雀さん、蓑助さんの人間国宝3人の競演という贅沢さ。
あの時間にあの場にいることができたのはラッキーでした。

5月の東京公演で住大夫さんが語る演目のチケットは
発売して間もなく完売したとのことです。
なので、補助席や幕見席が設定されている大阪の文楽劇場へ
わざわざお越しになる方もいらっしゃるとか。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2014/04/21 22:48 | edit

見てみたい 

円亀山人さん

こんにちは!
先ほど、BBSへ行ってまいりました。遅れてばかりですみません。

久しぶりに文楽を見て、いろいろなことが思い出されました。たまには、ゆっくり古典芸能に浸るのもいいですね。

四国こんぴら歌舞伎大芝居、いつか見てみたい。漠然と思っていたら、近づいてくるでしょうか(笑)。いつか、はダメかな^^;

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/04/20 16:20 | edit

歌舞伎版『菅原伝授手習鑑』 

かぎろひさんも守備範囲が広いですね。
私は子どもの頃から阿波のデコ(木偶?)回しというのを度々みてました。いわゆるドサ周りですが今考えると立派な文楽人形遣いだったと思います。
国立文楽劇場は27日までらしいが、四国こんぴら歌舞伎大芝居は今日が千穐楽です。偶然にも出し物は同じなんです。BBSにも書きました。

URL | 円亀山人 #- | 2014/04/20 12:08 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1114-3faf1fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list