07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

かぎろひの里、大宇陀の春 

きたる4月10日(木)に実施予定の「かぎろひ歴史探訪」の下見に行ったのは4月2日のこと。

今回の訪問先は、かぎろひの里、大宇陀です。
冊子にも、歴史探訪の名前にも、「かぎろひ」をいただき、HNもかぎろひである身にとって、格別の思いとひときわの親近感♪


近鉄大阪線榛原駅から大宇陀行きのバスは宇陀川に沿って進みます。
川沿いの桜並木はまだ色づいていなくてビックリ。

14.4.2宇陀川

奈良盆地は今やらんまんの春。桜の開花状況がこんなに違うことを目の当たりにして、気温差がかなりあることを改めて実感したのでした。

ソメイヨシノには早かったけれど、天益寺(てんやくじ)のしだれ桜がすばらしくて。

14.4.2天益寺2

14.4.2天益寺桜


大亀和尚民芸館前のしだれも満開

14.4.2民芸館


歴史探訪の日は盛りを過ぎているんじゃ、と思われた方、はい、確かにこのしだれはそうかもしれないのですが、すぐ前の松源院の桜がええ感じになりそうですよ。民芸館の方がおっしゃっていました。

14.4.2松源院


昼食と講座は「かぎろひの丘」で。

14.4.2かぎろひの丘

宇陀川沿いの桜同様、このあたりの桜の木もまだつぼみ状態でしたが、10日はぱあっと咲いていてくれたらいいですね。

そうそう、ここにも「高天原」があるんですね!

14.4.2パワースポット

阿紀神社の旧社地ですって。

14.4.2旧社地


元伊勢の1つ、阿紀神社

14.4.2阿紀神社


もちろん、城下町、重伝建地区の町並みも楽しみます。
松山西口関門

14.4.2松山門

仮解散の後、希望者は「芳村酒造」さんで試飲タイム。

芳村蔵
(↑「うだつ」が独特の芳村酒造)

昨年の第4回「かぎろひ歴史探訪」で、今西酒造さんでの試飲が、とても好評だったので、コースに酒蔵のあるときはちょっと立ち寄りたいなあという思いを強くしていたのですが、えへへ、ご無理を言ってお願いしてまいりました。

主要銘柄は「千代の松」、純米大吟醸「かぎろひ」、赤米酒「阿騎野物語」などを醸されています。

芳村酒造


4月10日、大宇陀にも本格的な春がきていそうですね。
天気予報では晴天ですが、かなり暑くなるようです。


※第Ⅱ期第2回「かぎろひ歴史探訪」は4月10日(木)、午前10時、近鉄大阪線榛原駅前集合

※バスの増便もお願いしてありますので、貸切状態で現地へ向かいます。大宇陀高校前下車。

※講師は「かぎろひの大和路」主宰、本誌のメイン記事を取材、執筆の田中龍夫が務めます。

※当日の飛び入り参加もOKです。参加費1500円。
歩く距離は5㎞ほど。和気藹々とのんびり歩いています。よろしければご参加くださいませ。

「かぎろひ歴史探訪」について詳しくは→こちら
これまでの様子はこちらでご覧いただけます。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/05 Sat. 16:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1111-971e8c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list