09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「お水取り展鑑賞とお松明」2014 

昨年4月、偶然お目にかかった方から、「お水取り展鑑賞とお松明」の開催日をできるだけ早く知りたいので、決まり次第ブログに書いてと言われていたのに、すっかり遅くなってしまいました。「お水取り展鑑賞とお松明」を組み込んで、奈良旅行を計画したいとのことでした。
たいへん遅くなって申しわけありません、今年のスケジュールは下記のとおりです。



「お水取り展鑑賞とお松明」(奈良国立博物館特別支援会員「結の会」主催、奈良国立博物館後援)

とき: 平成26年3月4日(火)午後2時30分開会
 
内容:
①西山厚奈良国立博物館学芸部長の講演(奈良国立博物館講堂)
②特別陳列「お水取り」展鑑賞(奈良国立博物館陳列会場)
③上野道善東大寺長老の講話(東大寺本坊大広間)
④お食事(東大寺本坊大広間)
⑤お松明観賞(東大寺二月堂)

会費: 6000円


奈良国立博物館講堂で、西山厚先生の、わかりやすくて楽しいお話を聴き(写真は2013年のもの。以下も)

13.3.6西山先生

特別陳列「お水取り展」を鑑賞→こちら

そこから、東大寺本坊へ移動します。
上野道善東大寺長老のありがたい講話を聴いてから

13.3.6上野師

お食事をして、二月堂へ。

という内容は、例年どおりですが、今年はとても素敵なお土産が付きます。
なんと、なんと、昨年の修二会で使われたお松明でお箸を作ったのです。

「結の会」会員は、ボランティアスタッフですが、参加してくださる方に喜んでいただくことをいちばんに考え、あれこれアイディアを出し合います。そうして生まれたのが松明箸。会員自身がほしい! とワクワク。昨年12日に用いられたお松明だと聞いています。

また、昨年は、和菓子を付けず参加費を下げたところ、残念という声が大きかったため、はい、今年は付きますよ~
しかも、あの本家菊屋さんの「良弁椿」。菊屋さんはこれまでお水取りにちなむ和菓子は作られていなかったのですが、無理を言ってお願いしたものなのです。どうぞお楽しみに!

というわけで、ね、たいへん魅力的な内容でしょう。


先着150人ということで、ただいま、博物館のホームページで参加者を募集しております。→こちら

ワタクシのほうでも受け付けしますので、よろしければ、右メールフォームからお申し込みくださいませ。
あるいは「かぎろひの大和路」のHPからでもOKです。→こちら
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/28 Tue. 17:24 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1078-ac75d374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list