07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

伏見の酒蔵へ 

夫の友人は京都に多い。
10人ほどの幼なじみが、食事をしたり飲んだり、旅行したりとうらやましいほどの仲良し。

少年の頃から、お小遣いをためては奈良へ来ていたという夫が、就職先を奈良に決めたのも自然な流れのように思えるのですが、あとの誰一人として奈良で働いたり住んだりしていないところをみると、やっぱり昔から変人やったんや(笑)

その友人たちから時々、ワタクシにも声がかかるのですが、ン十年来の幼なじみの中に混じるのも気が引けて、いつも丁重にお断りしていました。

伏見の酒蔵見学の話には心を動かされつつも、我慢、我慢^^;
今年はついに抑えきれず、とうとう1月18日、伏見へ。
奈良酒びいきのワタクシ、敵陣に乗り込むような思いで(笑)

最寄りは近鉄京都線桃山御陵前駅。

14.1.18桃山御陵駅

めざすは、「英勲」で知られる齋藤酒造
「全国新酒鑑評会」で十数年連続金賞蔵としても有名ですね。

14.1.18英勲樽

この日は、「嵯峨酒造りの会」酒蔵見学会。
「嵯峨酒造りの会」は、嵯峨地区で京都独自の酒米「祝」を栽培し、齋藤酒造の協力を得て純米大吟醸「げっしょう(月賞)」に仕上げるという取り組みをされています。すでに20年近い実績があるとのこと。

オーナーになると、田植えから稲刈り体験、酒蔵見学、お酒のプレゼントなどの特典が。

夫の友人たちもこの会に入っているそうで、オーナー1人につき2人招待可の枠に入れていただいての酒蔵見学です。

そうそう、以前、この貴重なお酒をいただいてからというもの、急に身近に感じられて、興味を募らせていたのです、実は。

げっしょう

見学会は、午前と午後の部があったようです。これは午前の部ですが、たくさんの人がつめかけていました。

若い社長さんのご挨拶があり

14.1.18社長

昨年、日本酒で乾杯条例ができたこと、「ミス日本酒」の開催などにも触れられ、日本酒の機運が高まっていることなどを話されました。

対抗意識をもちながら聞いているワタクシ^^;

かかしコンテストなどもやってはるようで、表彰式などもありました。
子どもたちの楽しそうな田植え体験の写真も目を引きました。

14.1.18田植え体験写真


「げっしょう」の酒搾り作業の見学。
袋に入れて圧をかけずに搾る、丁寧なやり方で。
仕込み完了が12月21日。29日目ということでした。
うま~い。
(杯を重ねるごとに)だんだんと色や味わいが変わっていくのがわかり感動しましたよ。

14.1.18試飲


食事は「黄桜」で。あっ、お料理の写真がないっ、ビールはある^^ ナイルセットの飲み比べ、おいしかった~

14.1.18ビール


それから、伏見のまちをぶらぶら散策

14.1.18街歩き


月桂冠の蔵が圧巻

14.1.18月桂冠


表通り

14.1.18月桂冠表


屋根のてっぺんに、鷺がちょこんととまり飾りのよう。

14.1.18鷺

お土産~

14.1.18酒土産



伏見や灘は酒蔵が集まっていて、お酒のまちそのもの。足並み揃えて酒のまちをPRしやすいですよね。

それに比べると、奈良は各地に点在しているので、伏見のようなわけにはいきません。
が、それこそが奈良酒の魅力。リュックをかついで奈良の歴史風土を歩き、その中に溶け込む酒蔵を訪ねてほしいなあと思います。

※京都日本酒電車が走るそうですね。
京都市と京阪電車がタイアップした企画で、京都の10蔵のお酒を飲み比べするそうですが、楽しそう。

そういえば、先頃、tetsudaさんも書かれていましたね。→こちら

奈良酒でできないかと提案されています。
クラブツーリズムは、近鉄の貸切列車「かぎろひ」を持っている(同社ツアーの専用使用)。カウンターや音響設備、イベントスペース、トイレもあり、これで「奈良日本酒電車」ができないものだろうか。

JR万葉まほろば線で、三輪山や大和三山を眺めながらもいいなあ。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/19 Sun. 16:46 [edit]

category:

TB: 0    CM: 6

19

コメント

風情ありますね 

なららさん

こんばんは!

そういえば、昨年でしたか(一昨年か)、なららさんも伏見の酒蔵へ行かれていましたよね。うらやましく拝見しておりました。

伏見は風情あるお酒のまちになっていていいですね。
3月21日、一斉に蔵開き、の所も多いようですよ。
はい、お酒の美味しさは負けていないと思うのですが。

あ、カメラは無粋ですものね。持っていかないのは賢明!
雰囲気を壊すと思いつつ、ついパチリとやりたくなります。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/23 21:15 | edit

No title 

こんばんは

伏見の街は魅力的ですね。電柱のない迷い込んだような酒蔵群のあたりや、町あげての取り組みなど、ほんとうらやましいです。
鳥*さん、月の**さんなどお料理もおいしい雰囲気のよいお店があって何度でも行きたくなります。
奈良のお酒の美味しさは伏見のそれに負けないと思うのですが、
うまくタッグを組めればいいですね。

あ!!業務連絡
例お店カメラを出すと失礼にあたるのではないかと思ってカメラ持っていきませんでした。

URL | ならら #ujKBAFXo | 2014/01/23 17:09 | edit

テーマのあるまち 

なむ隊長ゞ

おはようございます!

伏見は、奈良の中南部の酒蔵へ行くよりもずっと近くて便利なことに苦笑しております。
もうすっかり旅行気分に浸れます。

小堀遠州が伏見奉行をしていた、ゆかりの庭園などもあるようで、今度はお酒をはなれて(できるかっ)、あちこち散策してみたいと思います。

>JR万葉まほろば線で日本酒電車。
想像すると、あれこれ盛りだくさんに広がりますよね~

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/21 09:24 | edit

下戸!? 

PANDORAさん

おはようございます!

ええ~っ、PANDORAさんに下戸のイメージはありませんよぉ。
いつも飲んでいらっしゃるような感じ、ですけどね。

ビールだけでした?
黄桜のビール、おいしかったですよ。 

酒蔵直営の食事処、いいですね。
「鳥せい」予約とれなかったそうなんです。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/21 08:31 | edit

風情ある町並みですね 

こんばんは!

♪かっぱっぱ~、るんぱっぱ

学生時代に龍馬ゆかりの寺田屋へ行って以来、伏見には行っていません。
久し振りに行ってみたくなりいました。

JR万葉まほろば線で日本酒電車。
万葉美人やお三輪ちゃんも同乗してくれたらいいですねぇ~。

灘の酒どころのひとつ、西宮でも去年、日本酒で乾杯しましょうという日本酒条例が制定されたようです。
あちこちで盛り上がっていますね。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2014/01/20 20:56 | edit

伏見もいい~ね! 

こんばんは!

 伏見は色んな友人たちと毎年のように行っています。

 もちろん酒蔵巡りもですが、下戸の私は一口だけで失礼しています。

 伏見は幕末のころの歴史が色濃く、見所が多いのが特徴ですね。

 また、写真にあるような黄桜の「カッパカントリー」や神聖の「鳥せい」、
月桂冠の「月の蔵人」など酒蔵直営の食事処があるのも魅力ですね。

URL | PANDORA #0GY8rZXE | 2014/01/20 19:50 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1077-b29c09c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list