09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

正暦寺から鉢伏峠越え 

ワタクシが「菩提酛清酒祭」へ行きたがる楽しみのひとつはハイキング。

山間にある正暦寺ならではの散策コースがいくつもあるのです。
これまで歩いたのは

正暦寺から奈良市街へ
①柳茶屋~窪之庄のバス停へ。車道でもありますね。
②西へ山道を辿り、円照寺へ(北・山の辺の道に合流)
③境内奥(北)から、山道を辿り鉢伏峠へ(北・山の辺の道に合流)

天理方面へ
④弘仁寺から白川溜池~

今回、行きは①の道を歩いてお寺へ。帰りは③のコースをとり、鉢伏峠越えで新大宮の自宅まで歩くことに。
鉢伏峠まではひっそりとした山道なので、不安もあるのですが、1度経験がありますし、さほどの距離ではないので、ゴー♪

この道の魅力は、あの菩提山川の源流地であること、山道を抜けたとたんに広がる茶畑かなあ。

ナンテンに元気をもらって(ナンテンチャッテ)

14.1.11南天

山道へ

14.1.11スタート地点道


やがて、ごろごろとした石の道に

14.11.11石の道


石の間を水が流れる道を滑らないように気をつけながら

14.1.11道川


ちょっとひるみつつも、このあたりが菩提山川の源流に近いと思うと、感動的になったり。

そうして、やわらかな落ち葉の絨毯道に。

14.1.112落ち葉道


暗い山の中を心細く歩いて突然、明るく広がる茶畑には、わかっていてもやっぱりうわぁ~。生駒山までのぞめる見晴らしに胸のすく思いが。

14.1.11茶畑見晴らし2


茶畑の中の道を散歩

14.1.11茶畑下から


このあたりの道標

14.1.11道標


鹿野園方面へ(来年は田原のほうへ行ってみようかな)。
急坂を下ります。風景を楽しみながら。

14.1.11途中見晴らし


仕事柄気になる校正ミス↓。間違いはどこでしょう。

14.1.11校正ミス



正解↓

14.1.11正解


所用を思い出して奈良町方面へ。
それから、空腹を感じて、あっ香炉里(こるり)のカレーが食べたい!

14.1.11カレー

↑滋味あふれる根菜カレー


発行したばかりの『こるり通信』の表紙が正暦寺とナンテンで、ビックリ。「こるりの奈良さんぽ」は「清酒発祥の地(正暦寺)」。

14.1.11こるり通信

菩提酛清酒祭の余韻、リュックにはお酒、しめくくりも出来すぎでした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/16 Thu. 20:56 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 10

16

コメント

国見山! 

なむ隊長ゞ

こんばんは!
今日は奈良でしたか。またブログ報告を楽しみにしております。

一昨日、金沢の友人が奈良へ来たのですが「金沢より寒っ」と言っていました。

正暦寺から北へ山道を抜けるコース、来年の「菩提酛清酒祭」の日はいかがでしょう(笑)。いや、別の日に、国見山を予約したいと思います。

今日は伏見を散策してきましたが、灘も行ってみたいものです。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/18 23:27 | edit

奈良はさぶいです 

こんばんは!

先ほど奈良から戻りました。こちらより気温が2、3度違いますね。

さて、昨年秋に正暦寺に行った折、そこから奥に行くハイキングコースがあるのが分かって惹かれました。
仮予約コースが増えました。(笑)

地図を見たら、田原の里に近いのですね。
以前、田原の里に行って茶畑を横目に、奈良市(旧)最高峰の国見山や、塔の森、太安万侶墓などを回ったことがありました。
里山の風景がとてもよかったです。

あ、灘の酒蔵もどうぞ。(笑)

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2014/01/18 21:17 | edit

逆はきつそう 

円亀山人さん

こんばんは!

たしかに、茶畑あたりは、山道と比べものにならないくらいの急坂ですよね。

下りながら、逆のコースは、さぞキツイだろうなあと思っていました。

逆コースをたどる勇気がわきません。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/18 17:33 | edit

突然開ける眺望 

emirinさん

こんばんは!
朝から京都の酒蔵へ行っていて、先ほど戻りました。

また、お酒の話題になりそうで、emirinさんに冷やかされそうです。
昨年から決まっていたのですが、1月はお酒の会の多いこと!

山道を出たら突然、眺望が広がるので、ほんとうにビックリです。今回は2度目だったので、期待しながら行きましたが、最初は思いもよらないことで感動ものでしたよ。ヘリポートも近くのようですね。次は田原方面に足を伸ばそうかなと思ったりしております。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/18 17:23 | edit

No title 

「菩提山川の源流」、一跨ぎだったでしょう。
私はかぎろひさんとは逆のコースで正暦寺へ下り、円照寺へ抜けました。
だから柿の木や茶畑のころげ落ちそうな登りはホントきつかった!
実際、こわくて「風景を楽しみながら」なんてとんでもないことで、
後ろを振り向きもしなかったなぁ。惜しいことをしたと思います。

URL | 円亀山人 #- | 2014/01/18 15:05 | edit

No title 

おはようございます!

正暦寺から奥に登って行けるのですね・・・
茶畑の眺望がすごい・・・感激!

山道も少し険しいけど、落ち葉の絨毯はいいですね。
ブログを読みながら地図でさぐってみました!
まっすぐ行くと須山町の県道へ・・・

そう言えば、車で走っていると、県のヘリポート手前に
正暦寺へ行く道がありました。

鉢伏町も気になって行ってみたいなぁ~。

URL | emirin #- | 2014/01/18 09:22 | edit

呼ばれたかな 

こるりますたーさん

こんばんは!

香炉里さんにお寄りすることは当初は全く予定に入っていなかったことを考えると、ほんとうに不思議です。

急に所用を思い出して、それからふと脳裏をよぎりました。
『こるり通信』が呼んでいたのかもしれません。こんな不思議なことって意外にあるんですよねぇ。

久しぶりにおいしいカレーをいただき、ご夫妻とお話ができてよかったです。ありがとうございました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/17 20:02 | edit

不安と感動と 

みのさん

こんばんは!

みのさんもよく行かれましたか。
私も他のコースに比べると、この鉢伏峠越えを知ったのはいちばん新しくて、数年前に初めて歩きました。

2回とも誰にも会わず、ちょっと不安にもなるのですが、山道は1㎞ほどの短距離ですし、そこを抜けるとパッと開けるところが感動的です。

機会がありましたらぜひ!

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/01/17 19:54 | edit

奇遇ですよねぇ(^o^)b 

お疲れのところをお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
それにしても、正暦寺のナンテンと清酒発祥の地の記事、本当に奇遇ですね。
まさか正暦寺から歩いて来られたその帰りに、この『こるり通信』を手にしていただけるとは!
僕たちも今度このコース辿ってみようかな。

URL | こるりますたー #y9iGOKa. | 2014/01/17 15:40 | edit

チャレンジしようかな〜 

 おはようございます。
このあたり、むかしむかしよくいきました。
1、2、4のコースは、行きましたが3コース、未体験です。
ずいぶん前のことですので、周辺も変わっていることでしょう。
 かじろいさんの歩かれた道、行ってみようと思います。
歩いた当時のことを思い出させてくれ、何だか行く気が、ふつふつとしてきました。
ありがとうございました。

URL | みの #- | 2014/01/17 09:55 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1076-a82192a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list