fc2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

2月3日・4日、奈良国立博物館は無料観覧 

1月30日、奈良博関係の会の新年会があり、その席上で知りました。

240130新年会

2月3日の節分の日は通常、無料観覧日なのだそうですが、今年は翌4日(日)も無料だとか。

能登半島の被災地の復興を祈って特別に行われるとのことで、義援金の募金活動もされます。
たくさんの人に来ていただいて、ぜひ募金ををお願いしますと話されていました。

奈良博は現在、展示替えのため、東新館、西新館は閉まっていますが、「なら仏像館」が開館。

名品展では、長谷寺の塔頭、普門院の不動堂本尊の不動明王坐像が特別公開されているほか⇒

名品がずらり。⇒

奈良市内の節分行事とあわせてどうぞ。⇒

また、奈良国立博物館では、2月10日(土)から、特別陳列「お水取り」が始まります。⇒

240126奈良博
↑2024.1.26撮影
スポンサーサイト



Posted on 2024/01/31 Wed. 19:31 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

31

孫からのたより 

今年は年賀状がこなかったなあと思っていたら、思いがけず、なっちゃんとあーちゃんからはがきが舞い込んだ。

240126はがき

いつのまにか、あーちゃんが文字を書けるようになっていてビックリ。
なっちゃんも上手やん!

はがきの使い方がスゴイし(笑)。

早速、じーさんがお返事を書いた。

現説へ行くときに、投函を頼まれたので、ポストの前でパチリ。勝手に撮って、断りもなくブログに載せているばーさん(笑)

240127はがき

Posted on 2024/01/30 Tue. 12:04 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

30

平城京左京三条一坊二坪の発掘調査 現地説明会 

1月27日、平城京左京三条一坊二坪の発掘調査(658次)現地説明会へ行ってきました。

平城京条坊図に親しんでいる人はピンとくるかもしれませんが、どこやねん、というと。
朱雀門の200mほど南になります。

240127発掘現場

ちょっとだけ東。

現地説明会資料の表紙がわかりやすい。

240127現説資料表紙

平城京全体からみると

240127調査地位置図



では、見学させていただきましょう。

240127現説会場


240127発掘現場2

意外にも来られている人が少なくてビックリ。
たいてい、1時間に1回とかの割合で説明されることが多いので、次の説明は1時からですか? と聞いてみると、そういう形ではなくて、何人か集まったらその都度やっていますとのこと。そして、やりましょうか? え(笑)。1人では申し訳ないので、集まったときに一緒に聞きます、と申し上げて見学ルートへ入ったのでした。サービス満点(笑)


掘立柱建物の跡が見つかりました。6棟が東西に整然と並んでいます。

240127建物3

規模は小さいけれど、柱筋を揃えるなど、計画的に建てられたとみられています。

240127南北塀
↑南北溝と南北塀(南から)


倉庫のような、役所のバックヤード的な建物だったのではないかということでした。


なかには、礎石が捨てられたとみられる土坑群があり

240127建物2石

近くに、礎石建物があった可能性もあるとのことです。


大土坑は

240127大土坑

井戸らしい。

遺構図

240127調査区遺構図

出土物

240127須恵器

240127土師器


瓦はあまり出ていないそうですが

240127軒丸瓦

Posted on 2024/01/29 Mon. 17:50 [edit]

category: 発掘情報・古墳

TB: 0    CM: 0

29

鶏の焼肉 

1月27日は、今年初めてのオンライン飲み会。
久しぶりだけれど、我が家ではすっかり根づいてしまった感がある。

じーさんが「最近オンライン飲み会ないな」と言う頃、なっちゃんとあーちゃんも「やりたい」となって実現。

いつもと変わらない夕食なのに、前日から何をしようかとあれこれ考えている料理人。

この日は、鶏の焼肉がメイン

240127鶏
↑セセリ、皮、ハツ、レバー、ズリ


過日、珍しく上等の牛肉を手に入れて焼肉をしたところ、翌朝、おなかをこわしてしまったじーさん。そういうお年頃なようで。脂のキツイのはどうも合わなくなってきているみたい。好きなのにウナギも。まあ、安上がりでいいか(笑)

炉端焼器で、少しずつ

240127焼肉


ムコドノがインフル感染中とかで、料理人のいない娘宅につき、いつものおいしそうな写真はなく、1人、チーズとオリーブの実でワインを飲んでいる。そのうち宅配ピザをとっていた。なんてこった、親の顔が見たい(笑)



スタートする頃、若草山焼きも始まり。花火の後、あっという間に燃え始めた。
心配になるくらいの火の激しさ。

240127山焼き


オンラインは4地点を結んで深夜まで続いたのだった。

240127オンライン

Posted on 2024/01/28 Sun. 21:01 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

28

若草山焼きの日 

今日、1月27日は若草山焼きの日ですね。

昔は1月15日が成人式で、その日にこの行事があったので、その印象が強くて、なかなかなじめません(;^_^A

昨日26日、奈良博で所用を済ませた後、ウロウロしていたら飛火野が普段と違う様相だったので、なになにと行ってみたら

240126飛火野

27日に春日大社の大とんどが行われる、その準備のようでした。

27日には若草山麓一帯でいろいろなイベントがあるのですね。
若草山焼きについてはこちらから⇒

時間順にピックアップ
●12:30~15:00 鹿せんべいとばし大会 (エントリー受付)12時~14時30分
参加料 300円

●13:00~ 春日大社大とんど ⇒古いお札やお守り、しめ縄飾りなどが焚き上げられます。当日は会場に直接持ち込むこともOK

●15:45~16:30 若草山焼き 奉納演奏 
 18:15~19:00
出演 寧楽音素描(ならおとそびょう)
ピアノやヴァイオリン、篠笛、和太鼓など 

●16:45 御神火奉戴祭(ごしんかほうたいさい) 飛火野
春日の大とんどより御神火をもらいうけます

●17:05 聖火行列出発~若草山麓の野上神社
 約40人による時代行列

●17:25 松明点火 水谷茶屋周辺

●17:40 野上神社祭典

●18:15  大花火打ち上げ
15分間約600発の規模で打ち上げ

●18:30  山焼き一斉点火

実はワタクシまだ、若草山すぐの麓から山焼きを見たことがありません。
一度くらいは行ってみたいと思います。

が、今年は無理。
その頃から、娘らとオンライン飲み会の予定です。

さあ、今から発掘現場の現地説明会に、ぶらっと平城宮跡まで行ってきまーす。
また、報告しますね。

Posted on 2024/01/27 Sat. 11:48 [edit]

category: 奈良市

TB: 0    CM: 0

27

復曲能《奈良八重桜》受付終了しました 

「奈良八重桜の会」が4月27日(土)に予定している復曲能《奈良八重桜》公演は、満席に達しましたので受付を終了しました。

いやー、まさか、この時期に満席になるとはよもやの想定外。たくさんのお申し込みをありがとうございます。

今日も数名の方から申し込みがありましたが、キャンセル待ちということでご了承いただきました。

個人的には、ワタクシの友人たちも20人が来てくれます。

学生時代のクラスメートも5人。
集客がおぼつかなければ、奈良県内に住んでいることがわかっている同級生にも案内を出そう。いやこれは同窓会になるのでは。となると、他の人にも連絡しなければ。会場はどこにしよう。などとあれこれ考えていたのでしたが…(笑)

とりあえず、ホッ。


240126鹿
↑2024.1.26 奈良公園で

Posted on 2024/01/26 Fri. 19:39 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 2

26

ダイサギとカワウ 

1月24日、佐保川沿いを通りかかると

240124カワウ

これはいつもの風景、カワウ。


あっ、これは珍しい! ダイサギの姿が!

240124ダイサギ


ひときわ大きくて白くて、やっぱりきれいですよね。

240124ダイサギ2
↑嘴は繁殖期は黒、それ以外の季節は黄色なんですって


と、いつのまにか、ダイサギとカワウが接近

240124ダイサギとカワウ

ねえねえ、何かおいしそうな獲物、いたら教えて、とばかりカワウに近づくダイサギ

240124ダイサギとカワウ2

カワウ、そんなん知らんでー。飛び立っていきました。


残念~

240124ダイサギ羽

ダイサギも、後を追うように飛んでいったのでした。

ダイサギとカワウで検索してみると、どうやら仲間のようです。⇒
一緒にコロニーを形成することもあるとか。

Posted on 2024/01/25 Thu. 22:19 [edit]

category: 佐保川

TB: 0    CM: 0

25

1月31日、現代文のテキストは「わ・が・ほ・さ」 

田中龍夫が講師を務める「かぎろひ文章教室」、1月は31日(水)となります。

現代文のテキストは「わ・が・ほ・さ」(田中龍夫、ひとり同人誌・芝辻2号所収)

240124テキスト

「万葉集」は海上うなかみ女王

俳句鑑賞は
荻原井泉水
種田山頭火

事前申し込みなしの飛び入り参加、歓迎です(1500円)。

※「かぎろひ文章教室」
1月31日(水)10:00~12:00
奈良県女性センター 講座室1

Posted on 2024/01/24 Wed. 22:33 [edit]

category: かぎろひ文章教室

TB: 0    CM: 0

24

お年玉付き年賀はがき  

過日、お年玉付年賀はがきの当選番号が発表されましたね。

1等賞品 現金30万円または電子マネー等31万円分または2023年発行特殊切手集&現金20万円/各組共通・くじ番号6けた(100万本に1本)
394372
2等賞品 ふるさと小包等/各組共通・くじ番号下4けた(1万本に1本)
1879
3等賞品 お年玉切手シート/各組共通・くじ番号下2けた(100本に3本)
71
69
00


1等や2等など当たったことはありませんが、3等の切手シートは毎年いただいています。
今年は4枚ゲットできました。

240123お年玉切手

その年の干支をデザインしていることが多いような気がするのですが、今年は「束ね熨斗」。ん? 熨斗に龍のイメージをもたせているのかな?

年賀状、皆さんは書かれていますか?
我が家の娘らもたぶん書いてないのとちゃうかなあと思うのですが、若い人の年賀状離れは著しいようですね。

トシをとればとったで、年賀状じまいします、という文面も少なからずあってさみしい限り。
まあ、年の瀬に、年賀状を書かなくてもよければ時間的にずいぶん楽になるとは思うのですが、年に1度だけこの時だけやりとりをするような旧友もいて、顔を思い出しながら宛名を書くというのも大事なことのように思えるのです。

それにしても、印刷だけの年賀状というのも増えましたね。そんななかに手書きのひと言が添えられていると、心和んだり。

個性的な年賀状はやはり素敵です。

2024年賀状

お年玉付き年賀はがきっていつからあったんやろ、と調べていたら、へぇというようなことを知りました⇒

お年玉付き年賀はがきは昭和25年(1950)のお正月から始まったとか(発売は前年の12月)。お年玉くじを付けることをを思いついたのは郵政省ではなく、林正治さんという民間人なんですって。

そのままコピーペーストしますね。

林は自前で見本となるはがきや宣伝用ポスターを作成し、更には具体的に景品まで考えてプレゼンテーションを行った。だが前例のないものであり、戦後の混乱期でもあったので「時期尚早」とあっさり却下された。
それでも林は諦めず粘り強く交渉を続けた結果、同年暮れに正式に採用された。この頃の賞品は特等・ミシン、1等・純毛洋服地、2等・学童用グラブ、3等・学童用コウモリ傘だった。
ただし林の息子である林みのるによれば、初年度はさほど売れ行きが伸びず売れ残りが相当数出たため、林は次年度以降の発売がなくなることを恐れ、所有していた土地を売り払ってまで売れ残ったハガキを買い占めたという。

Posted on 2024/01/23 Tue. 22:34 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

23

アジずし 

いい鯵があったと言って、じーさんが結構大きなのを仕入れてきたのが一昨日のこと。

ほんとはこの段階から撮らなあかんよね、とブログを書く段になって気づく、のんきなばーさん(笑)

その日は3枚におろして、お酢に漬けて冷蔵庫へ。

骨も捨てませんぜ。
じっくり揚げた骨せんべいはビールのおつまみにグー♪
これも撮り忘れ(;^_^A

翌日、酢飯を作り、押しずしに。これで3合。

240121鯵ずし


この日は2人で1本を平らげ

240121鯵ずし2

240122鯵寿司アップ

翌日の朝昼兼食に1本

240122にゅうめん
↑にゅうめん付き。ちゃちゃっと天ぷらまで揚げて、お好みでにゅうめんに入れる


そうして、最後の1本は今夜

240122夕食
↑鯵寿司の手前はエイヒレ。乾燥したのを買ってきてお酒に漬けておいて軽くあぶったやつ。左のお鍋はホウレンソウとチクワの炊き炊き


酢の物は続いても全然飽きがこないよね。日本酒にも合うし(笑)。
ごちそうさまでした。

Posted on 2024/01/22 Mon. 23:16 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

22