fc2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

手づくり柚餅子2022 

十津川村の出身で奈良にお住まいのUさんから、毎年のように手作りの柚餅子(ゆべし)をいただく。

2212柚餅子


商品となって売られている柚餅子は、藁苞に巻かれた、いわば保存食。

2212柚餅子ネットから
↑ネットから拝借


もちろん、これはこれでおいしいのだが、いただいたのは作って3日目ぐらいという品。
まだ中味がやわらかくて、食感がまるで違うのだ。香りもいい。たぶん買えない。

ワタクシ的にはこっちのほうが好み。お酒のアテにバッチリ。絶品だわ。

202212柚餅子2

十津川村の郷土食として有名だが、商品として販売されているのは1軒だけとか。

けれども、どこのお家でも作られていると聞く。中に詰めるものも、その家によってさまざまだという。十津川を離れても、毎年作り続けられているのがすばらしい。

『出会い大和の味』によると

2212出会い大和の味

材料は
柚子、米麹味噌、もち米粉、そば粉、いりゴマ、かつおぶし、干しシイタケ、だし昆布、唐辛子、みりん

作り方
①柚子の上方を蓋になるように輪切りにして、実をくりぬく
②味噌、柚子、みりん以外の材料を粉にして混ぜ合わせ、味噌の硬さくらいになるように、みりんを加えて練る
③味噌と混ぜ、実をくりぬいた柚子に詰める。7分目くらいまで。蓋をする
④強火で1時間ほど蒸す
⑤形を整えて1個ずつネットに入れる
⑥寒風の通るところにつるし、陰干しする。約1か月でできる

以前の記事を探してみたら、2009年、ブログを始めた年だったよ。⇒(写真は消滅したまま^^;)
いただき始めて10年以上も経っているんですね。ありがとうございます。

スポンサーサイト



Posted on 2022/12/17 Sat. 14:08 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

17