fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

転院が決まりました 

ご心配をおかけしておりますm(__)m

朝から、転院することに決まったリハビリ病院(面談)⇒入院中の病院へと回り、いったん帰宅。その後、リハビリ病院で必要な買物を済ませると夕方。朗報がありますので聞いてくださーい。

病院で、担当の方とお話ししました。
初めの頃はちょっと体が傾くようなところもあったが、最近はそのようなこともなく、机で手紙を書いている姿はとても安定している。応答もしっかりしているので、リハビリ病院のことを家族よりも先に本人に聞いて決めてしまった。

と謝られました。
いやー、我々もあそこだったらいいね、と願っていたところなのでラッキー。

今日託された手紙は11通。病院前のポストから投函しましたー。

220325手紙


そして、

あれくらの症状の方は、完全に治って出ていかれますよ。
という言葉がうれしすぎ。


リハビリ病院では、どんなふうになってほしいか、と聞かれたので、

歩いて引率する仕事をしているので、元のように10kmは歩けるようになってほしい。

と言うと、別に驚くふうでもなく、それは厳しいですね、と言われることもなく、10km歩くことをめざしましょう、と事もなげに笑顔で言われたのも、とてもうれしい出来事でした。

リハビリ病院へ移ると、1日3時間のリハビリが課せられようです。
がんばってくれー。

帰宅するとFAXが。
久しくご無沙汰いたしています。
2017年3月23日の"女帝をしのんで"ウォークに参加させてもらいました。
『かぎろひの大和路』も20号まで送ってもらいました。

また、ウォークの企画や雑誌の21号から読んでみたいと思いましてFAXいたしました。


お電話して、事情を説明しました。秋季の予定が決まったらお送りしますと申し上げ、注文いただいた、21号から16冊、お送りしたのでした。

センセが入院してから、事情を全く知らない人から連絡があったり、バックナンバーの注文がきたり、なんか不思議な感じがします。
『かぎろひの大和路』もそろそろ発行しなくちゃと思わせてくれたのでした。

ほころび始めた佐保川の桜を見ながら、子どものように自転車をこいでしまいました。ヤッホー(笑)

スポンサーサイト



Posted on 2022/03/25 Fri. 19:16 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

25