fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

日本の古本屋 

センセは最近、毎日のように図書館へ通っている。
初めて歴史小説に挑戦するにあたり、資料探しをしているのかなあ。古代と違って中世になると、資料がありすぎてタイヘンだと言っていた。

と、「この本、探してくれへんか」
新日本古典文学大系の43「保元物語 平時物語 承久記」

学生時代は、日本古典文学大系が主流だった。ワタクシの時代も、少し上のセンセの時も。
このシリーズはほぼ揃っていると思うし

220227日本古典文学大系

もう少し後に出た「新潮日本古典集成」も持っているのだが

220227新潮古典文学


それより後の「新日本古典文学大系」は盲点だった。
というより、もう物理的に場所がない^^;

まあ、100巻全部と言われたらひくけど、1冊ならね。

図書館の、同じ本を何度も借りているらしい。

出版元の岩波書店にはもちろん在庫なし。

2202岩波


アマゾンはどうかな。

アマゾン

5940円。
た、高っ! 定価3800円やで。
まあ、古書が高騰することはよくあるとはいえ、いや、この種の本でこれは高すぎるやろ。


ヤフーときたら7071円!

2202ヤフー


これはちょっと手が出ないわね。
本と飲食が出費のほとんどを占めるセンセなら買うというかもしれないが、ナイショにして(笑)、検索を進めていたら、ヒットしたのが「日本の古本屋」というサイト。

2202日本の古本屋

見つかったー。しかも1700円。安い。
早速、登録して購入手続きへ移ろうとしたところ

「在庫を確認しますのでしばらくお待ちください。2~3日かかることもあります」というお返事。

うわ、無いかもしれないってこと?

でも、その日のうちに在庫確認できて、カード決済へと進めると
「発送手配します」

2日後くらいに到着。送料が520円。

220227新日本古典文学大系43

結構きれいな状態で、センセはご満悦。

この本にこだわったのは、学生時代に教わった、尊敬する先生が書かれていることも大きな理由のようだ。佐竹昭広先生(故人)。
へえ、そんなエライ先生の講義を受けていたんや。

「日本の古本屋」は全国950の書店が加入しているとか。
これからもお世話になりそう。

日本の古本屋⇒

スポンサーサイト



Posted on 2022/03/03 Thu. 21:15 [edit]

category: 耳より情報

TB: 0    CM: 2

03