fc2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

広辞苑第六版 

ちょっと出遅れたけれど、本日5日から仕事スタート。
かかえているものが結構たくさんあるので、締め切りに間に合わせられるのか心配なくらい。でもがんばるしかない。ダメなら謝るしかない、という悲壮な思いでやっていたというのに…。

突然、夫から「広辞苑の第六版、手に入れてくれへんか」とのお言葉。

夫は広辞苑の第一版から第五版までを持っているということは以前、このブログでも書いたことがあるぞ。調べてみたら、ちょうど4年前の1月のこと。⇒

その終わりのほうに、
どうやら、夫は、六版も七版もいずれ入手したいと考えていそうなのですが、うーん、まあちょっとオモシロク読ませてはいただきましたが、狭い家に住んでいる身としては複雑でありますな(笑)

と書いているのを見て笑ってしまった。その時が来たということのようで。


たぶん、ワタクシに頼むまで、あちこちの古本屋さんをのぞいているはず。見つからないので、ネットで探してくれという話なのである。

ネット検索してみると、アマゾンでも在庫ゼロ。
と、久しぶりのネットオークションがヒット。以前、夫のワープロをゲットしたことがある。⇒


本日の夜が終了日で、お値段も安く本の状態も良さそうなのに、誰もまだ参加していないのが見つかった。
早速、入札!

ヤフオク

1人なのに、最高入札というのが笑える。

いやいや、油断大敵やわ。初めてワープロで参戦したとき、終了間際に持っていかれた経験あり。1時間ほど前から、画面をにらむ。

220105ヤフオク2

結局、1人のまま、終了時間となり落札とあいなったのだった。やったー。


でも、考えてみたら、第五版まで持っていて、さらに第六版、第七版と欲しくなるって、やっぱり物好きというか、これはもう「広辞苑」研究者の域? いろいろ調べていて、第六版も手元に置きたくなったらしい。


すぐに落札の連絡あり。手続きは明日にしようっと。

20220105ヤフオク


いつもよりも、ブログ更新が遅くなってしまった。
娘らからのラインに笑った。

220105ライン

ありがと。おやすみさん~♪
スポンサーサイト



Posted on 2022/01/05 Wed. 23:08 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

05