fc2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

化粧坂へ 

7月2日、初瀬で所用を終えた後、長谷寺へ向かったときの話。

210702参道

参道を歩いていて、ふと、こんな時期の化粧(けはい)坂はどんな様子かな。久しぶりに行ってみよう。てな気になりまして。

参道を右へ折れて化粧坂へ。

210702化粧坂へ


これまでに2度ほど歩いたことがあります。
かれこれ30年ほど前に、郷土史家の方に教えていただいた旧道です。
坂の途中から望む長谷寺の景観が忘れられません。

210702化粧坂へ2

この日は、参道を歩く人もいなかったのに、こんな山道を行く人などいるはずもなく、やや不安になりながら。でも、さほど長くない道を知っているので、少しは安心感も。


こんな急勾配やったかなあ。トシのせいか、と思いながら(笑)

210702化粧坂


化粧坂の道標、ありました!

210702道標


頂上について

210702頂上

あれ、坂道からの展望は何もなかったことに気づいたのでした。樹木が成長したんですね。


頂上では、休憩しつつ、近鉄電車を心待ち(笑)

210702近鉄

山の中を走る電車が一瞬、姿を現すのです。

210702近鉄1


あまりにも急勾配だったので、元へ戻る勇気がありません。滑りそう^^;

なだらかな道が続いているような道をとることに。

210702集落へ


急坂もありましたが、ぐるっと回るかたちになって、反対側から元の道へ。

210702一周
↑正面が化粧坂。左手は長谷寺参道へ


なかなかオモシロイコースでした。もしかしたら、以前歩いたことをブログに書いているかも。

と、調べてみると、11年前の記事にありました!⇒

同じことをやっていて、我ながら笑ってしまいました。成長してへん(笑)

すっかり忘れていたのですが、11年前は、元に戻らなかったのは同じながら、この道を行ったようです。

210702石標

この7月2日も、ちょっと迷ったのですが、勇気が出ませんでした。
過去のことを覚えていたら、行ったかも。

↑道標は、右 くわんおんちか道

この時、読めていたら、行ったかも(笑)
享保5年(1720)の建立だそうですよ。
桜井市図書館のPDFで知りました⇒


スポンサーサイト



Posted on 2021/07/07 Wed. 07:56 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 6

07