FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

佐保川の桜2020② 

『かぎろひの大和路』36号、本日ようやく出稿しました!
発行までいましばらくお待ちくださいますようにm(__)m

個人的に年初から波乱含みのスタートでしたが、まさか、世界全体がこんな状況になるとは。

所用を終えての帰り、佐保川へ出ると、あっという間に満開の風情になっていてビックリ。

20200331佐保川

20200331佐保川2


でも、まだつぼみもありますので、ご安心を。

20200331佐保川3



と、ご夫婦らしきお2人が、桜並木をバックに、かわるがわるお互いの写真を撮られているので、思わず「お2人ご一緒にお撮りしましょうか」と声が出てしまいまして。

そうすると、とても喜んでいただき、さっきはスマホで撮られていたのに、別のカメラを出されて「これでお願いします」。
何枚か撮らせていただいて、失礼します、と別れたのですが、

しばらくして、またバッタリ。
「JR奈良駅の案内所で教えてもらって来たのですが、想像以上にすばらしいですね!」

というお言葉を聞いて、あれ、奈良の人じゃないのかな、と思い「どちらからですか?」とお尋ねすると、なんと「千葉県です」

「こんな時期に移動してちょっと不謹慎かもしれないのですけど…」と申しわけなさそうにおっしゃるので、
「いえいえ、こんな時期に奈良へ来てくださってありがとうございます」と返し、
しばらく立ち話。

佐保川へ来られる前に、岩船寺~浄瑠璃寺を歩いてこられたとか。
そして、年に何度か? 大阪に所用があるので、それを利用して3~4日、関西に滞在されてあちこち回られているのだそうです。
奈良県各地のこともよくご存じのようで、とても嬉しくなったのでした。

今度はワタクシのカメラでも撮らせていただいて、ブログ掲載許可もいただきました。

20200331出会い


いやぁ、こういう偶然の出会いって、とてもうれしいものですね。
ありがとうございました。



スポンサーサイト



Posted on 2020/03/31 Tue. 19:33 [edit]

category: 佐保川

TB: 0    CM: 0

31

かぎろひの大和路36号表紙 

『かぎろひの大和路』編集作業の最後のトリデ、表紙にやっと到達しましたー。
頭の中では、高取城跡しかないと決めていたんですけどね。
昨年、紅葉の時期に訪ねた折の写真から⇒

いくつか候補を挙げてセンセにも見てもらって決定したのが

表紙

↑表紙と裏表紙で1枚の写真を使っています。


表紙としてはこんな感じです。

かぎろひ36号表紙1


猿石以外にも、

五百羅漢とか

2003五百羅漢


岩屋不動とかもやってみたのですが

2020岩屋不動


猿石クンに落ち着いたのでした。

出稿まであと少し!

Posted on 2020/03/29 Sun. 19:09 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 2

29

ようやく修復 

たいへんお騒がせしましたが、『かぎろひの大和路』のデータ修復がやっと完了しました。
大失敗をしたのが25日ですから、26日は所用で着手できなかったとはいえ、3日も延びたことに^^;
それでなくても大幅な遅れ、読者の皆様にはたいへん申しわけありません。

今さら大急ぎでやっつけてもなんなんで、この際、しっかり校正して出稿したいと思います。

2~3P

あっ、カラーになった? って早合点しないでくださいね。
実は今号から、いわゆる表2と表3がカラーになります。冊子代も300円⇒500円にさせていただきますので、これくらいはしないとね。

表紙は明日1日かかって作成するつもり。

もう少しお待ちくださいね。

Posted on 2020/03/28 Sat. 19:54 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

28

佐保川の桜2020 

4月2日(木)に実施する「かぎろひ歴史探訪」(14期③)の下見に行ってきました。昨日、3月26日(木)のことです。

このコースを企画したのは、まず、ワタクシの愛する佐保川沿いの桜をお見せ(自慢)したいと思ったことに始まります。
ワタクシの佐保川というのは、新大宮駅の北、大宮橋から大仏鉄道公園あたりまで。ほんとうにすばらしい桜並木なんですよ。

3月26日、大仏鉄道記念公園のしだれ桜は見ごろを迎えていましたが

200326大仏鉄道公園

佐保川沿いはほころび始めたばかり。

200326佐保川


200326佐保川桜3


樹齢170年? の川路桜

200326川路桜


「かぎろひ歴史探訪」の4月2日、ちょうどいい感じになりそうでワクワクしています。

200326佐保川桜5


佐保川沿いの桜並木を楽しむのは、このコースの最後になりますが。

その前に佐紀盾列古墳群を縫って歩きます。

200326佐紀盾列古墳


お昼はいったん平城宮跡までおりて、お弁当と講座。

200326大極殿

下見に同行してくださったHさん、Yさん、ありがとうございました。


※「かぎろひ歴史探訪」第14期③
4月2日(木)10時 近鉄西大寺駅北口出発、新大宮駅解散
歩く距離はだいたい7~8km

飛び入り参加、大歓迎(1500円)
お弁当などをご持参ください。

Posted on 2020/03/27 Fri. 06:46 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

27

大失敗 データが消えた(泣)  

あまりのショックで立ち上がれそうもなく、落ち着かせるために書いています。アホな失敗談なので、スルーしてくださいね。

遅れに遅れている『かぎろひの大和路』36号。

ここ数日、かなり根をつめて作業をしておりました。
センセの原稿はとっくに書き上げられて、初校も済み、写真も入れてほぼ完成に近づいています。

ワタクシのほうは細かい記事が多いのですが、それもやっと書きあげて、昨日でほぼ完了。あとは表紙だけ。
という段階まできておりました。

いつも、パソコンのドキュメントで作業をしているのですが、万が一、不具合が起きてデータが壊れたら泣くだけでは済まないなと思い、外付けのハードディスクにも保存しておくことに。

これで安心。やったー。あと校正と表紙で終わりやー。今月中には出稿できる!

ちょっと力を抜いてのんびり。
朝は早く起きたのですが、まずは22日の歴史探訪の報告をブログアップ⇒
朝食後、さあ、やってしまおう、と編集画面を開いたら…

ん、以前の、まだまだ最初の頃の画面が出てくるではないですか。
なんで? 外付けハードディスクを見るも、これも古い画面が出るのみ。

誌面
↑センセの原稿は入っているが、赤字は修正できていない。写真も消えたぁ。


ま、まさか!? 胸がドキドキ。

最新のドキュメントデータを外付けディスクに送ったはずが、どうやら、逆だった?
初めの頃の編集作業しか入っていない外付けディスクのデータをドキュメントに送って、上書きしてしまった、としか考えられません。

修復を試みるも無理(泣)
プリントアウトしておけばまだキズは浅かったのですが…

立ち上がれないほどのショックを受けて、泣きそうだったのですが、ここで馬鹿な話をしてちょっと落ち着きがもどってきた次第。
さあ、やりなおそうか…

失礼しましたm(__)m

Posted on 2020/03/25 Wed. 10:56 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 4

25

役行者の息吹を追って千光寺へ 

3月22日、令和2年春の部、初めての日曜日版。

コース
近鉄生駒線元山上口⇒金勝寺⇒竜田川まほろば遊歩道⇒生駒山口神社⇒清滝石仏群⇒千光寺⇒ゆるぎ地蔵⇒鳴川大橋⇒生駒山口神社⇒元山上口


まずは金勝寺へ

200322金勝寺



竜田川まほろば遊歩道を上り下り(このあたり先頭を歩いていたので写真はありません)
千光寺をめざします。

200322千光寺へ


途中の生駒山口神社

200322生駒山口神社


急な石段が印象的

200322生駒山口神社2


さあ、千光寺へ

200322千光寺へ2


このあたりは眺望のいい道

200322千光寺へ3


山道に入り

200322千光寺へ6


やがて清滝石仏群にであいます。

200322清滝石仏群


最後の急坂を上ると

200322最後の急坂


千光寺の総門が見えてきました。

200322千光寺門


境内をぐるり

200322千光寺3



お弁当と龍講座もこちらで

200322講座
↑役行者から道鏡、不比等…脱線しながら(笑)


行場見学

200322行場


帰りは

200322帰り道2


少し道をかえて

200322帰り道

200322帰り道3


鳴川大橋からの眺めを楽しみ

200322鳴川大橋


元山上口駅に向かって

200322帰り道4
↑向こうのこんもりは、往路立ち寄った生駒山口神社


早めの解散となりました。
午後からの雨予報もくつがえり、ふられることもなく全員元気で歩いてきました。
こんな時期にご参加くださってありがとうございました。

参加者18人
スタッフ2人

日曜日の顔ぶれはいつもと違うのが特色です。
奈良まほろばソムリエの鉄田さん、現役世代のSさん、Uさん。Yさんは鉄田さんのFBをご覧になっての初参加。
ワタクシの友人Tさんも初参加。


記念写真は千光寺で、満開のハクモクレンの下

200322集合写真


鳴川大橋でもパチリ

200322鳴川大橋2


次回は4月2日(木)
佐紀盾列古墳群から、佐保川沿いの桜並木へ。花を愛でるのに、ちょうどいい時期ではないかと思います。
午前10時、西大寺駅北口を出発します。
事前申し込みなしの飛入り参加OK(1500円)。お弁当などをお持ちください。
近々、下見歩きをしますので、またご報告しますね。



Posted on 2020/03/25 Wed. 06:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

25

明日(3月22日)、参加者数は? 

明日22日(日)は「かぎろひ歴史探訪」第14期の2回目。今回ものどかな山歩きなので、実施します。

いつも日曜日は、参加者がぐっと減りますし、こんな時期でもあるし、お天気も午後から下り坂?
となると、来てくれる人いるの? 指折り数えても数人?

配布資料も少なめに準備していたところ、
あの鉄田さんがFBで、ワタクシの記事をシェアしてくれたうえに、参加します、みなさんもどうですか、と発信されまして。

鉄田さんFB

新コロ騒動のせいで、運動不足に(それなのに食べる量は同じ)。これはイカンと、明日(3/22)は…「かぎろひ歴史探訪」に参加することにしました。千光寺(病気封じのご利益)など、平群町周辺を約7km歩きます(ややアップダウンあり)。申し込み不要、弁当持参。参加費は@1,500円です。午前10時に近鉄生駒線「元山上口駅」集合です。皆さんも、いかがですか?

返信したところ
わー、ご参加、シェアありがとうございます。日曜日はもともと参加者が少ないし、こんな時期なので、数人程度? かな。と予想して配布資料も少なめに準備したのですが、ちょっと心配になってきました(笑)


鉄田さん、資料はたっぷりご用意ください❗ですって(笑)


鉄田さんといえば、今をときめく「奈良まほろばソムリエ」の専務理事で事務局長。発信力もありますしね。

とはいえ、そんなに多くはないとふんではいますが、読めませんねー^^;

どう思われますか?

そうそう、鉄田さんは前期の明神山コースに参加してくださり⇒

今期の案内もブログで丁寧に書いてくださっています。⇒

明神山探訪の記事は「ブラタモリ」の案内にあわせて⇒

ありがとうございます。

Posted on 2020/03/21 Sat. 20:11 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

21

小学校一年生 

孫のなっちゃんはまもなく小学一年生。

そんなことを考えながら、片づけをしていたら、思いがけないものが見つかった。

娘が小学一年生のとき、夫が書いたものらしい。当人は忘れているだろうが、ここにメモしておこう。

ほら、あそこを躍びはねながら帰ってくるのが私の娘なのですよ。
おや! 立ちどまりましたね。
しゃがみこんでしまった。
たぶん、小さな虫と一緒に柵の上を歩いているのでしょう。
それとも
小さな花とお天気のあいさつでもしているのでしょうか。
また、かけだしましたよ。
誰かを呼んでるみたい。誰なのでしょう。
笑いながら、手を振りながら。
自慢の薄紅色のスカートをひるがえさしながら。
ほら、あそこを躍びはねながら帰ってくるのが私の娘、小学校一年生なのです。

1993.10.18

その娘も今、30歳を超えた。
当時のアルバムから。↓ これは一年生になる前、おじいちゃん、おばあちゃんから贈られたランドセルがうれしくてたまらない、というシーン、だったかな。

200319アルバムから


アルバム

200319アルバム

おーい、娘らよ。取りにきておくれ。
要らないと言うなら処分しようと思っていたのに、見てみると、やっぱり捨てられそうもない。

Posted on 2020/03/19 Thu. 21:41 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

19

千光寺へ 女人山上道 

「かぎろひ歴史探訪」第14期の2回目は日曜日コース。3月22日本番1週間前の15日、下見歩きをしてきました。


近鉄生駒線元山上口駅前にある石碑

200315石碑


千光寺は、役行者が大峰山を開く前に、ここで修行をしたと伝えられています。
元山上、女人山上の由来⇒

千光寺までは約3kmほど。
もともとは修行をめざして歩く道だったはずですが、格好のハイキングコースとなっています。
しばらく山歩きをしていない身にとっても、満足感ありましたー。

まずは千光寺までの道を紹介しますね。

はじめは舗装されたなだらかな道を

200315千光寺へ
↑↓あっ、モデルがいまいちですがご容赦ください(笑)


次第に、山へ入っていきます。

200315山へ

素敵な道とはいえ、やはり女性1人で歩くのはちょっと不安になりそう。
以前(かれこれ20~30年前?)はそんなことも感じずに1人で歩いたのですが^^;

200315山へ2


とても歩きやすい道です。最後のほうは急勾配になりますが、

突然、豪壮な民家があらわれてビックリ。鳴川集落。

200315民家


千光寺はすぐこの先

200315千光寺門


途中の風景も紹介しておきますね。

200315風景
↑こんもりは生駒山口神社の杜


200315風景2
↑おだやかでのどかな風景を見ながら


200315風景3


やがて、山へ

200315風景4


ずうっと「櫟原川」の渓流に沿って歩きます。

200315風景 渓流


このあたりは清滝石仏群で知られるところ

200315清滝石仏群


岩々に八尺地蔵、五智如来、貝吹地蔵などが彫られていると聞きますが、なかなか見えづらくなっているようです。
ご確認くださーい。


200315石仏


ゆるぎ地蔵と十三石仏

200315ゆるぎ地蔵


千光寺ではたくさんの役行者さんが出迎えてくれます。

200315役行者


コースとしては
元山上口駅⇒金勝寺⇒竜田川まほろば遊歩道⇒生駒山口神社⇒清滝石仏群⇒ゆるぎ地蔵⇒千光寺⇒鳴川大橋⇒元山上口駅



見上げながら歩いた鳴川大橋

200315大橋


帰路はこの上から眺めを楽しみます。


※「かぎろひ歴史探訪」第14期②「役行者の息吹を追う」
3月22日(日)午前10時 近鉄生駒線元山上口駅出発

事前申し込みなしの飛入り参加OK(1500円)
お弁当などをお持ちください。
昼食後、30分~1時間、講師の田中龍夫が歴史講座をもちます。

歩く距離は約7km(アップダウンあり)

Posted on 2020/03/17 Tue. 21:51 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

17

古代豪族、和爾氏の里を歩く 

3月12日、「かぎろひ歴史探訪」第14期がスタートしました! 
今日(15日)は、次回22日の歴探下見歩きをするのですが、その前に、簡単ですが写真報告しておきたいと思います。

コース
JR櫟本駅⇒高良神社(長寺跡)⇒上ツ道⇒櫟本分署跡参考館⇒在原神社(在原寺跡)⇒(馬出の道)⇒和爾下神社(柿本寺跡)⇒赤土山古墳⇒石上大塚古墳⇒石上神宮外苑公園⇒石上神宮⇒布留の高橋⇒(仮解散)⇒西山古墳⇒塚穴山古墳⇒天理駅


長寺跡へ

200312高良神社

200312高良神社2


赤土山古墳

200312赤土山古墳


北山の辺の道へ(名阪国道沿い)

20200312山の辺の道へ


石上大塚古墳へ

200312石上大塚古墳へ


竹藪の道

20200312山の辺の道


柿の木道

20200312山の辺の道2


ちょっと遅いお昼を石上神宮外苑公園で。昼食後の講座

200312講座


石上神宮へおまいりして

200312石上神宮


布留の高橋へ

200312布留の高橋へ


天理教本部前で仮解散。希望者は西山古墳、塚穴山古墳へ

200312塚穴山古墳
↑塚穴山古墳

参加者 27人
スタッフ  3人

こんな時期だから少ないだろうとみていたのですが、たくさんの方にご参加いただき、ビックリしました。
鹿鳴人さんには、これまで歴史探訪中に何度かお会いしましたが(笑)、初めてご参加いただきました。姫路からお越しのIさんとは、他のイベントでニアミス続きだったのですが、初めてお会いすることができました。
また、今はなき奈良のポータルサイト「ナラ咲く」以来10年にもなるブログ友達、カチャーチャンさんがご夫婦で顔を見せてくださって、感激の対面!
すばらしいお天気にも恵まれて、春の部、何よりのスタートとなりました!
ご参加の皆様、ほんとうにありがとうございました。

20200312記念写真小
↑記念写真は赤土山古墳で

※参加された方のブログをご参照ください。
鹿鳴人のつぶやき⇒
鉄道の旅、音楽の旅⇒

Posted on 2020/03/15 Sun. 08:07 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

15