FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

高取町一泊二日 

約一か月近くも体調不良でダウンしていたあおりがジワジワ。
2月も後半に突入しているというのに『かぎろひの大和路』が進んでいない^^;。 3月には「かぎろひ歴史探訪」が始まるというのに。

かぎろひ誌次号(36号)の特集地は高取町。
昨年から何度か現地に行ったものの、まだまだ残していることがいっぱい。

宿泊施設のなかった高取町に、昨年11月「ゲストハウスUME」がオープン。「宿」のページでぜひ採り上げたいと思っていた。
そうや! ここで1泊して、残した取材をやってしまおう! と思いつき、19日~20日、高取町で滞在。


「文学」のページに登場するのは、高取町が生んだ俳人、阿波野青畝(1899~1923)。そこに載せる写真を撮るのもミッションの一つ。

生家を訪ねたり

200219阿波野青畝生家


歌碑を何か所か撮りに行き

200219歌碑

載せる写真は1枚なんだけどね^^;

翌日は思いがけず、普段は非公開の「青畝文学館」を特別に見せていただく機会を得たり

200219-文学館


また、ミルクのお酒「乳華」や

200219乳華


「大和当帰」の栽培地を見学させてもらったり

200220大和当帰


歩くのが、「かぎろひ」スタイルとはいえ、広~い町内は回り切れなかったはず。
地元にお住まいの「大和の和尚さん」が車での案内をかって出てくれたり、大和当帰を栽培されているHさんが、ゲストハウスに立ち寄ってくださっての移動など、皆さんに助けられ、感謝しまくり。そうそう、貝吹山にも登ったのよ。


外食三昧も楽しかった。現地に泊まったからこそ、やね(笑)

当日のお昼はnoko nokoさんでランチ。

200219nokonoko.jpg


夜はゲストハウス近くの、手造りうどんのお店「にしかわ」で。
お味もさることながら、大将の話がおもしろかったなあ。

200219にしかわ


ほんとうは、泊まった夜に「やまと吉永」さんで一献するのを楽しみにしていたのだけれど、臨時休業で残念すぎ。しかも、翌日のお昼は貸し切りとのことで、なんてこった(笑)
でも、帰る間際、立ち寄ることに成功。

200220吉永


それやこれや、個々について、改めて紹介するつもり。
あ、肝心の「ゲストハウスUME」さんのことに触れなかったので、この次はUMEさんから始めることにしよう。オーナーは笑顔の素敵な若い女性。お楽しみに!


スポンサーサイト



Posted on 2020/02/21 Fri. 23:22 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 2

21