FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

紅梅開く 

佐保川で偶然、カワセミの写真を撮ったのは、3年前の昨日だったらしい。
すっかり忘れていたのに、おせっかいにもFBが教えてくれた(笑)
カワセミが魚をゲットするシーンまで撮ることができてすっかり嬉しがって、FBにもアップしていたのだったよ^^;

1701カワセミFB

2017.2.28のブログ記事⇒


でも、最近、カワセミくんをとんと見かけないのだ。
1か月もダウンしてたせいでは、って? たしかに1か月近く、佐保川沿いを歩いていないけれど、いやいや、ここ1~2年見かけることがないのよ。通るたびに、いつもカワセミくんを意識しているのに。

そういえば、サギたちもいなくなったような。カモはいるけどね。
うーん、佐保川に何か変化が? ちょっと気になっている次第。

久しぶりに散歩しようと思ったのだが、朝から大掃除したり、お布団干したり、片づけたりしているうちに、こんな時間。
ふと外を見ると、わぁ、もう紅梅が!

200130紅梅2

例年、こんなに早かったっけ。
紅色に元気をもらって、無精にも窓から。

200130紅梅


近々、歩いてみようっと。

スポンサーサイト



Posted on 2020/01/30 Thu. 16:56 [edit]

category: 佐保川

TB: 0    CM: 0

30

復活宣言 

本日、病院通いが最後に。
レントゲン写真を見たところ、もやもやしていた肺の部分がくっきりきれいになっていて、「もう大丈夫でしょう」とのこと。
血液検査の結果を見て、「内臓疾患もなさそうやけど、まあ1年に1回ぐらいは検診を受けてください」と医師。
確認してみると、ほとんど基準値内なのだけれど、血小板が多すぎやん。「これは放っておいても大丈夫ですか」と尋ねると、
「不調の時は上がるんです。健康な時に、きちんと血液検査を受けてみて」。
(やぶへび~^^;)「はいっ」ゞ

今回は、家族にも迷惑をかけたし、友人知人にも心配をかけてしまったm(__)m

なかに、理系男性からのアドバイスが、ワタクシの辞書にはないものだったので、感謝しつつも、苦笑。


長年、高齢者を介護されていたSさん

肺炎の場合、高齢になると一刻を争うので、長年の間毎日体温と血圧と血中酸素飽和度を計って、変調を見落とさない様にしていました。
三つ目の血中酸素飽和度は馴染みが薄いかもしれませんが、パルスオキシメーターという電池駆動の小さな測定器で測定します。
今回も検査で使ったと思います。
指先を挟んで、血中ヘモグロビンにどのくらいの割合で酸素がついているかを計り、肺のガス交換機能の良し悪しを計ります。

軽い肺炎だと測定値に出ない場合もありますが、素人目で、レントゲン写真の差が判るほどに炎症が拡がっていたら、パルスオキシメーターで検知できると思います。80%台だったのではと思います。

持論ですが、血圧を毎日測るより、血中酸素飽和度(SAT、サット、サチュレーションなどといいますが)を平常時に計る事をお勧めします。健常者で95%98%位の値ですので、自分の普段の値を知っておきましょう。
体調を崩したらすぐにサチュレーションを測り、下がっていないか確認して肺炎のリスクに備えるべきだと言っているのですが。

パルスオキシメーターはAmazonで銘柄品でも二万円以下で買えます。
NISSEI(日本精密測定器株式会社)のパルスフィットと言う物なら、医療機関でも使っていて信頼性が高いです。
今後のこともありますから一つお持ちになることをお勧めします。



Yさん

これからは毎年の健康診断は受けようと思う、と言うと、

年に1回は健康な人の定期検診ですよー。
肺炎になったような人はもっともっと検査しておかないと。
もう、免疫力が下がってる証拠やし。


今回の検査は多分簡易的なものだけやと思うので、ガンスクリーニングとか、脳ドックとか、その他オプションも含めて一度やっておくといいですよ。

費用もかかるけど、安心を買うのと、何かあって病院に担ぎ込まれた時に、基本データがあるのと無いのとでは、初期対応が違うので、やはり定期検診はしておくべきですね。


極めつけは、毎日つけているという血圧グラフの画像。


ワタクシにとっては、なかなか、新鮮なアドバイスだった。
それを実行するかどうか、まだ決心がつかないけれど、こんな意見をくれる友達って、ありがたいよね。

そうそう、今日「元気してますか?大相撲で忙しかった?」とメールをくれたFさん。
わけを話すと
未だ40代のつもりでいるのに。時々、年の報いがきますなぁ!年や年やと。先のことが読めない人なので、いつかポックリ、自分で死んだことがわからんうちに、この世から消えてるようになってそう。
インフル、肺炎、お疲れさまでした。何でもそこそこに経験しとくのは悪くないと思います。
復活の画像を楽しみにしています。


こちらは文系男性(笑)。
こんなのもうれしいな。いい経験だったと思うことにしよう。

皆様、ありがとうございました。


さあ復活や!
今夜は飲みたくなりますように(笑)

Posted on 2020/01/28 Tue. 13:13 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

28

復調 

ご心配をおかけしておりますm(__)m
昨日は病院で血液検査の結果を聞き、かなり改善していることがわかりました。
来週もう一度、レントゲン検査を受けて、「まあ、今月いっぱい無理しなければ大丈夫でしょう」とのこと。

個人的には昨日、吹っ切れたように復調を確信しました。
とたんに、気になり始めたのが「奈良八重桜の会」の会報。もともと1月末の総会に配布するつもりで作成していたのですが、こんなことになって放ったらかしに。会長からも、総会に間に合わなくてもいいと言ってもらっていたのですが、俄然やる気に。今日明日くらいに出稿すれば総会までには間に合うはず。

完成!

1ページは会長の挨拶と、昨年の「奈良八重桜を愛でる会」の集合写真を

会報19号表紙


見開きページは1年間の活動の数々を

会報19号見開き


最終ページは、4月のイベント案内と会員名簿

会報19号


いつも1人で独断と偏見に満ちた紙面づくりをしているのですが、やっぱり会長には目を通してもらわなくてはね。
PDFにしてパソコンに送ったものの、いや今日は遠出されると言うてはったなと、しつこくライン添付^^;

午後にはお返事があって、無事、出稿! 出来上がるのはギリギリ、総会に間に合いそうでホッ。


夕食は、お寿司~♪

200125お寿司

珍しく巻きずしやおいなりさんもあって、食が進んだのでありました。
若草山焼きの花火の音を聞きながら(笑)。ほんとは娘の家から見る予定だったんですけどね、残念。

お酒を飲みたいとは思わないから、まだ完全復活ではなさそう(笑)

思いのほか早く快復したのは、きっと、夫の手料理のおかげ、やね。
ありがとう~。

Posted on 2020/01/25 Sat. 20:38 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

25

あわや入院 

これまでの人生、大した病気にもかからず、医者ぎらい、薬ぎらい、でやってきた。
入院したのは、中学生の時の虫垂炎、と出産のみ。

今回のインフルも、そのうち治るだろうと軽んじていた(と思う)。
インフルエンザ顛末記⇒

発症から1週間経っても、夜になると微熱が出る。
いつになったらすっきりするんやろと思いながら、ゆっくり始動。

娘とのライン記録を確認してみると、14日に38度の熱があったもよう。

200114ライン
200114ライン続き

まあ、この時に素直に病院へ行っていたら、ここまで悪化しなかっただろうと、今は思う。
どこかが非常に痛いとか、苦しいとかという症状があればやけれど、漠然としんどいっていう感じで、すぐに治るんちゃうかと思うのよね(笑)

で、結局、病院には行かず、翌日は新年会に。
完食したし、しんどいと思うこともなくクリア。
が、帰宅したとたん、倒れ込む。発熱(たぶん。測る余裕なし)

朝は解熱。
17日は約束の打ち合わせ。夫が見かねて(本人は普通のつもりだけど)「行かないほうがええのとちゃうか」
が、1度延期してもらっているし、旧知の間柄ならともかく、初対面の方なので、どう考えても2度の延期はあり得ない、よね。

雨降りだった。香久山駅で。

200117香久山駅から


18日、締切仕事をやってしまおうと、朝から根をつめていたら、夕方からしんどくなってダウン。
39度に。これはヤバイかも。月曜日には病院へ行こう、という気になる。


娘からラインが届くも

2001ライン続き

現状を話すと大騒ぎになりそうなので、どうしようと返事をためらっていると、今度は電話の嵐(笑)

正直に話して、月曜日には病院に行くから安心してねと、切ったのだが…


翌朝6時、娘の襲撃。「日曜日診てもらえる所見つけたから、連れて行く!」

病院では、問診、触診、血液検査、尿検査、点滴、服薬、胸のレントゲン、などなどを経て
レントゲン画像を見ながら「肺炎ですね」

「今日は日曜日なので、明日の朝の血液検査の結果次第では入院ということもあり得ます。」

娘は、入院したほうがゼッタイいい、と。
ワタクシは入院だけは免れたい。

そして、20日朝。
重症化していないので、毎日点滴に来られるならそれでOKということに。

マジメに薬を飲んでるでー。こんなの初めてや。

200119薬




今回のことは神妙に受け止めている次第。これからはもう少し、自分の身体に耳をすまそう。
みんなに迷惑かけたしね。
19日は娘が診察室まで一緒に入ってくれたのにもビックリだったけど、2日目は娘2人の付き添い。
ええっ、子どもちゃうで^^;

って、いつの間にか逆転していることに思い至ったのだった。

夫が栄養価のある食事を作ってくれるのもほんとうにありがたい。
これがなければ入院していたかも(笑)

夫への感謝の言葉は言えないままだが、娘がいろいろと心配してくれて「ありがたかったね~」と、夫としみじみ話したのだった。

明日は、再度のレントゲン、血液検査。
こんなに長いブログを書いたのだから、かなり元気になっているよね(笑)。

Posted on 2020/01/22 Wed. 21:18 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

22

櫃屋で新年会 

まだ完全復活には至っておりません。
咳がとれないのがいちばんしんどいですね。
インフル発症から10日を経過し、もう感染力はないだろうとマスクをして淡々と予定をこなしている状況です。

15日は新年会でこんなごちそうをいただきました。

200115櫃屋


最近、食欲不振気味だったので心配しましたが、すっかり完食!

あとはお酒やな(笑)
もちろん、この日、ビールはいただいたのですけれど…


25人による宴会でした。

200115会場


櫃屋⇒

Posted on 2020/01/18 Sat. 08:28 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 0

18

インフルエンザ顛末記 

更新が滞りました。1週間も空いたのは、ブログ開設以来初めてかもなので、ご心配いただいているのではないかと思います。ありがとうございます。

はい、不覚にもインフルエンザにかかっておりました。記憶上初めてのインフル。
39度台の熱がまるまる2日間続き、やっと平熱に下がって安心していたら、それからが大変。咳、身体のふらつき、頭痛、微熱、食欲不振、気持ちが積極的に動かない。
やっと食べることができてよかったと思っていたら、腹痛と下痢の嵐^^;
まだスッキリしておりませんが、もう大丈夫(なはず)。


お正月イベントが終わり、締切仕事にもまだ少し余裕ありという、緊張感の途切れたところにウィルスは入り込んだに違いない。
遅れこんだ仕事が溜まっているのだけれど、まずは、自戒をこめてレポートしておきたい。



1月2日(木)、3日(金)は外出せず。屋内作業。
1月4日(土) 保山耕一さんの上映会へ⇒
暫く歩いていないから、佐保川沿いを通って。水の中の世界って、なんであんなに魅力的に映るのだろうと思いつつ…

200104佐保川


「奈良、時の雫」上映会は、お正月らしい演出もあり、さまざまに楽しむことができた。
奈良の魅力を全国に、世界に発信するのに、これほど素敵な映像はないのではないか、改めて思うのだった。

200104保山さん


5日(日)
我々夫婦の共通の友人Sa氏を招き新年会。昼過ぎ13:30からのスタート。

200105沖縄ビール

↑始まった頃。沖縄土産のビールから。クラフトビールがおいしかった。
それから、途中にいただきものの極上牛肉とご飯を入れながら、宴会は10時頃までえんえん。
この間、夫は2度ほど仮眠(笑)


6日(月)
午前中、旧年中に約束していた所用あり、S事務所へ。

夕食は普通だったと思う。
入浴後、悪寒が。ん? 風邪ひいたらまずいな。葛根湯と、念のため風邪薬を飲み、エアコンを入れ加湿器もONにして就寝。


7日(火)
朝食がまずい。味がない? 珍しく半分ぐらいしか食べられない。
「お正月からの暴飲暴食のツケかも」
「あんたはいつまで経っても変わらんなあ」

仕事にとりかかるが、なんだかしんどい。しばらく横になる。
郷里の友人からライン連絡。10~13日あたりに新年会をしようということになっていて、近づいてきたので最終的にワタクシの都合を聞いてきたのだ。ワタクシがいちばん遠いのでいつも気づかってくれる。

200107ライン

↑我ながらあきれるのは、熱はないから、という断言。
直後、確認したら、39度あった(笑)。経験がないのでわからない?
新年会は延期。

もう一件、大事な約束が。初めての所からお仕事をいただき、9日、初対面の方と打ち合わせの予定だったのだ。
これも延期してもらわなければ。大事な約束の前にインフルだなんて、信頼なくすよね。でも、無理して行くわけにはいかないし。思い切って連絡を入れてこちらも無事、延期。

7日、8日、まる2日間、39度台の熱が続いた。最高が39.5度。

しんどさのなかで、こんな数字、見たことないやん、スマホで(笑)

200107体温計


ほとんど眠っていたようにも思うが、眠りは浅くて断続的に夢を見ていたような感じ。口に入れたのはスポーツドリンクのみ。
こんなとき、音楽が聞けたらと思うのだが、動けない。本も読めない。

9日朝、平熱に戻る。
なんだかスッキリ。他に症状もないので、これで完治? インフル恐れるに足りずやん。普通の風邪が熱が出なくてもだらだらと長期に及ぶのに比べると、考えようによってはこっちのほうがいいかも。どちらか選べと言われたら、考える余地はあるな。などと思ったりもしたのだが^^;

やはりインフル、そう簡単なものではなかったよ。
咳が出始めた。夜中に激しくせき込み、腹筋が痛い(笑)。微熱が出ることも。
どこかぼんやりしんどくて、集中力が続かない。

食欲はまだとても以前のようにはいかないが、徐々においしく食べることができている。
お酒とコーヒーはまだ。

かねがね、健康のバロメーターはお酒をおいしく飲めること。などと豪語していたのだが、ほんまやった(笑)
お酒がおいしく飲めた日を、かぎろひ復活の日としよう。



Posted on 2020/01/13 Mon. 16:15 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

13

ノッカンドゥ(Knockando)21年 

お正月、いかがお過ごしでしたか。
私どもも、非日常な数日を乗り越え(笑)、思い出をざっと記録しとかないと。

12月31日、異例にも家族そろって(7人)、中国料理 桃谷樓の生駒店へ。
気仙沼産のフカヒレフェア中。⇒

191231とうこくろう


その夜は娘宅で、年越しそうめん(夫作)
カメラにSDカードを入れ忘れて、というか、お昼に撮った写真をパソコンで確認して戻すのを忘れた^^;


1月1日、おせち宴会は3時頃からスタート。10人うちそろい、一時的な人口密度マックス(笑)
飲んだリ食べたり、わいわい。

100101おせち2


お酒たち

19200101お酒


↑今年の主役は、なんといっても、KNOCKANDO21年!

ウィスキーなんて珍しいでしょ。
実はもう10年以上も前になるが、夫の誕生日に娘がプレゼントしたもの。
一時期、夫は(スコッチ)ウィスキーに凝っていたことがあって、そのなかでもノッカンドウが一番好きだと言っていたのを覚えていたゆえのプレゼント。ちなみにワタクシはグレンリベットよ。


開封するのはモッタイナイ、みんなが集まる、記念すべき時に開けようと、かねがね言っていたのだった。

200101ノッカンドウ

↑こんな木箱に入っていて

20200101ノッカンドウ

開けると、華やかな香りが部屋中にたちこめ、味わいも、うーん、とろけそう~。
30年の思い出が刻まれたこの家を、今年は出る予定。
おなかにいた子が、30歳! 

めぐる思い出とともに味わうスコッチウィスキーは格別だった。

さあ、今年は激動の年になりそう。がんばりまーす。


Posted on 2020/01/06 Mon. 19:20 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

06

信州のりんご4種 

身体が歩きたがっている(笑)
久しぶりに「室生寺」を訪ねたくなって、それならハイキングだよね。榛原から仏隆寺を経てお寺へお参りして、帰りも古道で室生口大野まで歩いてもいいな。榛原駅から高井までバスで行くとなると、8時12分しかない。あまり遅くならないようにしなければ。
前夜(1月2日)、準備万端。明日はおにぎりでもつくっていくかと、お米まで洗って就寝したのだった。

夜中、悪夢にうなされた^^;
頼まれ仕事がうまくいかず、どこかの事務所でガミガミ叱られている。ついに帰宅できない時間になり、近辺の宿を探さなければ、と焦っているところで目が覚めた(笑)

そうして、「歩いている場合ではない」ことに気づいたのだった。
・『かぎろひの大和路』はまだ取材も済んでいないページがいくつか。
・「奈良八重桜の会」の会報を、遅くとも15日ぐらいには仕上げなければならない。
・総会準備もあるし、ラミネート作業も。
・頼まれ仕事があって9日に打ち合わせ。それまでにざっとした内容を作らないとね。
・そうそう「かぎろひ歴史探訪」のチラシも作りたい。

そういうわけで、室生路ハイキングは中止にして、仕事開始(笑)

そんなとき、さっき、ピンポーンとクロネコさん。

1200103りんご

わぁ、ご褒美やね!


信州から4種類のりんご!
見ただけでは「サンふじ」と「あいかの香り」の区別がつきにくいのだけれど、
白いのは「明月」、下の黒っぽいのは「こうみつ」か。

贈り物って年末までに届けようと必死になるけれど、年始にいただくというのもうれしいものやね、と気づいたのだった。

若い頃、同じ職場だったTさんから。
ありがとうございました。


Posted on 2020/01/03 Fri. 15:43 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

03

子日目利箒 

あけましておめでとうございます。

2020年賀状


毎年、年賀状に使う干支のカットはこれまでに撮ったものから探しているのですが、ねずみ、って?
「ねずみ返し」ぐらいしか思いつかなくて、お正月からあんまりの絵やね(笑)

まあ、「子日目利箒」(ねのひのめとぎのほうき)も「正倉院宝物」とはいえ、おめでたい年の初めにふさわしいかと言えば?なのですが^^;
昨年、「正倉院展」に出陳されましたので、図録から説明をお借りしてみます。

…キク科のコウヤボウキの茎を束ねたもので、紫色に染めた鹿革で包んだ上に金糸を巻き付けて把手としている。茎には濃緑色のガラスの小玉が差し込まれており、現在は六個が残る。

箒と聞いて思い浮かべるものとはいささか違いますよね。


年賀状にお借りしようと思ったのは、「子」つながりであり、昨年の正倉院展に出ていたこともあるのですが、実はひそかに個人的にウケているのが「コウヤボウキ」という植物で作られている点。

コウヤボウキ⇒(ウィキペディア)


以前、このブログでも書いたことがあるのですが、その名(高野箒)からもわかるとおりかつて、高野山や麓の九度山町でよく作られていたらしいのです。⇒


高野箒は、養蚕の室を掃除する道具だったのではと見られています。

高野山麓にあるワタクシの実家でも昔、養蚕業を営んでいた時期があります。
とはいえ、ワタクシが生れた頃にはすでに廃業していました。物置にしていた結構大きな建物を、みんながそう呼ぶので、わけもわからず「ヨーザンショ」と言っていたのですが、後に「養蚕所」のことだったのかと気づいたのでした。今はもう跡形もありませんが。

もしかしたら、その頃、養蚕所では、コウヤボウキで作った箒で掃除していたのかなと想像をふくらませたりしているのです。


正倉院宝物は儀式用の「玉箒」ですが、図録からご紹介しておきますね。

20子日目利箒


この品には「天平寶字二年正月」の墨書名があります。
『万葉集』巻20にも同じ年の「子」の日に詠まれた家持の歌が載っています(4493)

初春の初子の今日の玉箒 手に執るからにゆらく玉の緒

天平寶字2年(758)の最初の子の日に詠まれたようです。この年は正月3日でした。
さて、令和2年の最初の子の日は? 1月10日のようです。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




Posted on 2020/01/02 Thu. 12:51 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

02