FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

新緑の三輪山と箸墓 

季節がめぐることに感謝しないではいられない!

4月27日の三輪山と箸墓。

190427三輪山と箸墓

↑中央あたり、水をはっているのが見えますか?

古代蓮を植えたばかりなんですって!

夏が楽しみですね。
スポンサーサイト



Posted on 2019/04/28 Sun. 20:13 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 0

28

5/2  篠畑神社と室生湖 

4月25日、「かぎろひ歴史探訪」(元伊勢・篠畑ささはた神社、室生湖)の下見に行ってきました。

近鉄榛原駅から室生口大野駅まで歩くのですが、篠畑神社からは室生湖沿いをハイキング。
まずは、地図をどうぞ(クリックで拡大)。

篠畑地図カラー

結構な距離を歩きますので(たぶん10km以上)、当初予定に入れていた墨坂神社はまた別の機会に回すことに。ひのき坂古墳公園もカットしますが、ご了承くださいね。

榛原駅から、趣ある、いわゆる初瀬街道を通って

190425初瀬街道

ところが、途中で途切れて国道165号線に合流。
国道と近鉄線敷設のために旧街道は消えてしまったようですね。

ま、歩道はありますし、交通量はさほど多くないし、近鉄線と並行しているので、鉄道好きにはいいかも(笑)

190425近鉄

190425近鉄3


お弁当と講座は室生湖畔の「榛原ふれあい広場」で。

190425ふれあい広場

残念ながら、あの「濡れ地蔵」はまだ姿を現さない時期で、申しわけありません。

190425濡れ地蔵2

190425濡れ地蔵


葛神社から

190425葛神社


篠畑神社へはすぐ

190425篠畑神社


さすが、元伊勢にふさわしい風格を漂わせていました。

190425篠畑神社3


さあ、室生口大野駅まで、室生湖畔を歩きましょう。

190425室生湖


あざやかな新緑

190425新緑


名残の山桜は

190425山桜

可憐な風情

190425山桜2


ブラシのようなウワミズザクラも

190425ウワミズザクラ


もくもくふわふわ盛り上がるような白い花はなに?

190425白い花2

190425白い花

↑なんじゃもんじゃ? じゃないのじゃ?


額井岳の麓を歩くので、ファンとしてはワクワク。
山容も徐々に変わります。
赤人橋から

190425赤人橋

見る額井岳

190425赤人橋から額井岳


↓こちらは、下山橋

19042橋

この橋を渡ると、室生口大野駅まではスムーズだったのですが、なんと、老朽化のため通行止めに^^;

190425通行止

というわけで、湖の端っこまで歩いて、ぐるっと回ることになるのですが…

大野寺まで来たら

190425大野寺

駅はすぐそこでーす。

お疲れさまでした。

※「かぎろひ歴史探訪」ウォーク第12期⑥「元伊勢・篠畑神社、室生湖」
5月2日(木)午前10時 近鉄大阪線榛原駅出発
事前申し込みなしの飛び入り参加OK(参加費1500円)
お弁当などをご用意ください。

Posted on 2019/04/27 Sat. 21:54 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

27

4/18 榁木越え 報告 

報告が追いつかなくなってきました^^;

まずは、4月18日の「榁木峠越え」を簡単に。

コース
近鉄生駒線南生駒駅⇒観泉寺⇒菊司醸造⇒榁木峠⇒榁木大師堂⇒矢田自然公園・子どもの森交流館⇒追分⇒富雄丸山古墳⇒丸山橋⇒赤膚山⇒(バス)⇒近鉄学園前駅


南生駒からはとにかく上り、上り

190418坂道

190418坂道2


榁木峠近くは、さらに勾配がきつくなって

190418坂道3

190418坂道4


矢田自然公園、子どもの森交流館でお弁当と講座タイム

190418講座


矢田自然公園と追分を結ぶ土の道はやっぱりいいですね~

190418新緑道

190418新緑道2

追分から富雄丸山古墳、そして赤膚山へ

190418大塩正人

190418古瀬堯三

皆様、お疲れさまでした~

190418坂道5

参加者24人
スタッフ3人

北海道のHさん、東京のWさん、そして久しぶりに京都のTさん、大和の和尚さんのお顔も。
初参加はYさん、旧知のNさん。
ありがとうございました。

Posted on 2019/04/24 Wed. 19:46 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

24

奈良百寺巡礼 

「奈良まほろばソムリエの会」の皆さんが書かれた『奈良百寺巡礼』が届いてビックリ。

190423奈良百寺巡礼

小西通りで、専務理事のtetsudaさんにバッタリお会いしたのはまだ寒い時期でしたかね。
大きなカメラをぶら下げて、この本のことを熱く語っていらっしゃったので、ああできあがったんや! とうれしく拝受しました。
和辻哲郎『古寺巡礼』百周年を記念して企画されたのだそうです。

42人の方が執筆されています。

新書版なのでかさばらず、軽くて携帯に便利ですね。
地図も付いているので、奈良旅のお伴に重宝しそうです。

本を送ってくださった鹿鳴人さんは、浄瑠璃寺のほか、五條の生蓮寺を書かれています。

190423生蓮寺

「かぎろひ歴史探訪」でもお邪魔しましたが、12月でした。
蓮の咲く頃にお訪ねしたいものです。


tetsudaさんも数か寺を書かれていますが、そのひとつ、正暦寺。

190423正暦寺


まほろばソムリエさんの何人かは存じ上げているのですが、今年2月の出会いを聞いてくださーい。

2月15日、和爾座赤坂比古神社(天理市和爾町)の御田植祭の取材に行ったときのこと。
午前10時30分から始まるということだったのですが、準備の様子なども知りたくて9時頃に神社へ着いたのです。

もちろん、ワタクシは櫟本駅からハイキング♪
この時期、歩いている人もいないし、ましてや、櫟本駅、和爾町というと、いわゆる観光地から外れた地。

1902和爾座赤坂比古神社

↑2月15日の和爾座赤坂比古神社

神社の境内にいると、なんと、ハイカーらしき2人連れが! ご夫婦かな?
この時期にこんな所を歩いている人って、「かぎろひの大和路」を気に入ってくれるに決まっているわ!(笑)

ほとんど確信に近い思いで、お2人に近づき、
「よかったら、どうぞ」とかぎろひ誌を見せると、「持っています」というのでまずビックリ。
「これを参考にして歩いているんですよ」と取り出されたのは、なんと!

31hyousi.jpg

もうビックリしたことといったら!
そして、まほろばソムリエの会のお2人だということがわかったのでした。
10時頃だったと思いますが、お2人とは、そこでサヨナラ。

ワタクシは「御田植祭」を最後まで見届けて、午後から、飯田製菓さんの取材を終えると、3時頃になっていたかも。
近くまで来たのだからと、久しぶりに、「柿えくぼ」の清流庵さんをお訪ねしようと歩いていくと、向こうから来られるのは、あれっ、朝出会ったお2人じゃないの!?

これってすごいご縁じゃありません?
朝お会いしただけなのに、旧友のような気がしてしまったのでした。
そうして、初めて名刺交換も。

1902田原さん

↑TさんとUさん

Tさんも『百寺巡礼』で書かれています。

190423世尊寺

世尊寺は、ついこの前(4月4日)にお訪ねしたところなので、思い出しながら拝読しました。

実は、Tさん(田原さん)のお名前は、先日(4月7日)、高取町の因光寺さんをお訪ねしたときにも耳にしたのでした。

改めて報告することもあろうかと思いますが、今日はこのあたりで。

いろいろなことを思い出させてくれる「百寺巡礼」なのでした。
鹿鳴人さん、ありがとうございました。

※京阪奈新書『お寺参りが楽しくなる 奈良百寺巡礼』
定価 980円+税
京阪奈情報教育出版 発行

Posted on 2019/04/23 Tue. 17:00 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

23

ナラノヤエザクラ開花 

4月20日、「奈良八重桜の会」は奈良公園室の協力を得て、奈良公園のナラノヤエザクラにプレートを付ける作業をしました。
開花を確認!

あきらめていただけに、あまりにもうれしかったので、アップしますね。
咲いている花だけを撮りましたが、実際はかなり目を凝らさないと見つけにくいかもしれません。

190420ナラノヤエザクラ

190420ナラノヤエザクラ2

190420ナラノヤエザクラ3

190420ナラノヤエザクラ5

見頃はゴールデンウィークぐらいになりそう。


プレート1番は、興福寺東円堂跡(奈良公園バスターミナル南側)に、

1904201番



その後、みとりい池園地、登大路園地、文化会館前の64本に付けることができました。

19042064番

奈良公園全部のナラノヤエザクラすべてにプレートが付くのはいったいいつになるのでしょうか^^;
通りかかったら、ご確認くださいね。

190420プレート作業


今回は会員とその友達での作業となりました。
4月18日の「かぎろひ歴史探訪」に、はるばる北海道から参加してくださったHさんも一緒でした。
ご挨拶もしないままになってごめんなさーい。


それから、ちょっと感慨深かったこと。
実は、今回、奈良八重桜の会のユニフォームとも言えるおそろいのジャケットを着ての作業となりました。
「奈良八重桜の会」ロゴマークをまかされまして^^;
いやいや、ロゴなんて作ったことないやん。と辞退するも、ほかに作る人おらへんで、と言われまして…。
おだてられると調子にのる、期待に応えたい、と軽薄なのは…O型人間のサガでしょうか(笑)
挑戦してみましたとも!

奈良八重桜の会ロゴマーク胸

結構苦労したのですが、おおむね好評でホッ。ジャケットの胸に付いています。
もっとIllustratorを学ばねばね。

Posted on 2019/04/20 Sat. 22:45 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 0

20

ヒラメの姿造り 

18日「かぎろひ歴史探訪」榁木峠越えの報告をせねばと思いつつ、まだ写真チェックも済んでいない状況で申しわけありません。
来週早々締切の仕事を放ったらかしにしており、アクセク。
今日(20日)は「奈良八重桜を愛でる会」。今回は会員とそのお友達限定イベントにつき、ご案内もせず、こちらもすみません。
奈良公園のナラノヤエザクラにプレートを付けていくプロジェクトが立ち上がり、今年が1回目になります。少しでも咲いていてくれたらいいのですが…^^;

でも、お訪ねくださる方には申しわけなく、出発前に、書きかけの記事をアップしておきたいと思いたちました。




夫の趣味が料理でよかったと思うことがよくある(笑)。
もちろん、買物から自分で品定めをしないと気が済まないタチ。

いくら豪華に見えても、値が張らず、そこそこのものを選ぶ主婦(夫)感覚も自慢だ(笑)

この日(4月16日)の、ヒラメ一匹もそうした品らしい。

190417夕食

姿造りで登場。
この器、20年ほど前に、東寺の弘法さんで、ゲットしたものだとか(知らなかったー)。
これにヒラメの姿造りを盛りつけたいな、とイメージして買ったのだという。
20年経ってようやく思いが現実に、という感慨深い一品なのだった。


190417姿造り


値段は知らないけど(笑)、すこぶるおいしかった。

一匹のヒラメは、姿造りのほか、皮はから揚げに

190417からあげ

↑もっちり。ビールにサイコー


終わりごろになって、冷蔵庫に、えんがわを忘れていたことに気づく。

190417えんがわ
↑小さなおちょこに

お酒すすみすぎやん^^;


最後に、アラで、赤だし。だいぶいただいたところで、あ、写真!
きたなくて、すいませんm(__)m

190417赤だし


こうして、一匹のヒラメは無駄なく料理され、というか、とことん食い尽くし^^;
ちょっと飲み過ぎたかなーてな夜になったのでした。
ごちそうさま。

Posted on 2019/04/20 Sat. 08:37 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

20

日曜日コース② 4月21日、キトラ古墳、檜隈へ 

「かぎろひ歴史探訪」日曜日コースその②は、4月21日に実施します。
18日(木)に「榁木峠越え」を歩きますので、その3日後だなんて、まあこんなに接近した日程を決めたの誰や(笑)

昨日(15日)、下見歩きをしたのですが、これはむしろ「榁木峠越え」の疲れを癒してくれるコースだと実感しました。

のどかな明日香村の風景のなかを

190415風景
↑これは高取町かな

190415風景2

190415風景3

190415風景4

190415風景5


実はこのコース、過去の好評版から選びました。第7期⑤(11月10日)⇒
一部を除いて、ほぼ同じコースと言ってもいいのですが、季節が違うとまた別の魅力が!

一面のレンゲ畑

190415レンゲ畑


芽吹き

190415新緑


坂道があってもゆるやか、大人の遠足気分で歩いてきました。
過去の実施コースということもあり、下見も軽かったカナ。


集合は近鉄吉野線壺阪山駅

190415壺阪山駅


高取町、土佐の町なみと観覚寺遺跡などを巡って、子嶋寺へ

190415子嶋寺


明日香村、キトラ古墳へ。

190415キトラ古墳壁画館

お昼のひとときを、こちらで。

それから、檜隈寺跡(於美阿志神社)

190415檜隈寺跡


宣化天皇廬入野宮跡の石碑あたりは花びらで埋め尽くされていました。

190415宣化天皇宮


線路を越えて、櫛玉命神社

190415櫛玉命神社


マルコ山古墳

190415マルコ山古墳


飛鳥駅近くではやっぱり岩屋山古墳にも立ち寄りましょう。

190415岩屋山古墳


岡寺駅まで歩き

190415岡寺駅へ

牟佐坐神社におまいりして解散です。

190415牟佐坐神社


※かぎろひ歴史探訪第12期日曜日コース②
近鉄吉野線壺阪山駅を10時出発します。
事前申し込みなしでの飛び入り参加OK(1500円)。
お弁当などをご持参ください。

Posted on 2019/04/16 Tue. 11:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

16

都介野岳に登る 

「かぎろひの大和路」の配本、「かぎろひ歴史探訪」の下見と本番、そのほかに趣味の山歩きとお酒関連などが集中していた3月下旬から4月上旬。忙しくも充実していた日々でありました(笑)。
あっ、今週もまだまだ続くのですが…^^;

ブログ報告がなかなかついていきません。
「山」については遅れても、報告していきたいと思っています。

3月29日…龍王山(天理市)586m
4月6日…都介野岳(奈良市都祁)631m
4月7日…船倉弁天神社(高取町)310m
4月9日…局ヶ岳(三重県松阪市)1029m

龍王山は何度か登り、アップもしているので、まずは都介野岳から。
都祁富士とも言われ、その秀麗な山容にひかれます。

170904都介野岳
(2017.9.4撮影)


山行日 4月6日
メンバー 4人(マーキーさん、NATSUOさん、MIUMIUさん、かぎろひ)

190406都介野岳遠望


いやぁ、登山だけが目的ではなかったんですよ。
そして、標高631mとはいえ、登山口がすでに500mと聞いていたので、なめきっていた、と思うのです^^;

190406都介野岳へ


想像以上にきつかったのでアリマシタ。
頂上まで階段続き。

190406都介野岳へ階段


途中からさらに急勾配になって

190406都介野岳へ階段2


写真もあまり撮ってないので、しんどかったのでしょう^^;

ただ、頂上からの展望がないと聞いていたのですが、思いがけず素敵でした。
しんどさ解消!

190406都介野岳展望


下山はもうひとつの道を選んだら、これがゆるやかなスロープで、散策路のようでした。

190406下山

登りもこちらを選んだら楽だったのでしょうね。

考えてみたら、登る前に昼食をとったのですが、ビールをごくごく飲んだのが間違いだったのではと気づきました。登山前にビールを飲むなんて普通はありえないのですが、なめきっていたせいです。
都介野岳さん、ごめんなさい。


Posted on 2019/04/14 Sun. 20:56 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

14

南生駒から榁木峠越えで富雄丸山古墳、赤膚山 4月18日 

4月11日、「かぎろひ歴史探訪」第12期④「榁木峠(むろのきとうげ)越え」の下見歩きをしてきました。

近鉄生駒線南生駒駅から東へ、榁木峠を越えて、県立矢田自然公園に入り(昼食、講座)、それから、追分へ。富雄丸山古墳にも立ち寄り、赤膚山へも。

まずは、地図をご覧くださいね(クリックで拡大します)。

榁木峠越え地図

↑歩くコースは地図の下のほう、代表的なポイントを赤字で加えてみました。


下見では、西ノ京駅まで歩いてみたのですが、道がいまいちのうえ、それまでのアップダウンに耐えた足にはこれ以上は厳しいと思われますので、予定どおり赤膚山からバスで学園前駅へ出ることにしました。バスも1時間に5本あり、便利です。


歩く距離は6~7km程度かと思いますが、まあ峠越えですので、かなり急勾配のアップダウンです。ご期待ください(笑)。

南生駒駅から、観泉寺を経て、どんどん上ります。
見晴らしがよくなると、ホッとしますね。

190412生駒市展望


榁木峠頂上までは、さらに急勾配の道が!

190412榁木峠へ

190412榁木峠へ2


頂上で、道行く人を見守っているお地蔵様

190412地蔵


弘法大師堂

190412大師堂


下り道

190412下り道


県立矢田自然公園へ

190412こども交流館

↑1年前、富雄駅⇒霊山寺から東明寺⇒矢田寺を歩いたときにも使わせていただきましたね。⇒


はい、ここから追分までは、そのときと同じ道を逆に歩くことになります。

190412追分へ2

190412追分へ3

やっぱり土の道は足にやさしくてホッ。なだらかな散歩道。新緑とツツジに癒されながら。

190412つつじ

この後、追分までは急坂!

追分本陣村井家住宅からは東へ下ります。
当初の予定では、そのまま308号線を砂茶屋へ向かうことになっていましたが、国内最大の円墳と話題の富雄丸山古墳へ立ち寄ることに。
中には入れませんが、全体の雰囲気を見ることができます。

190412富雄丸山古墳2

富雄丸山古墳説明

190412富雄丸山古墳

現地説明会の弊ブログ内記事⇒


※「かぎろひ歴史探訪」ウォーク「榁木峠越え」
4月18日(木)10時 近鉄生駒線南生駒駅東口出発(近鉄生駒駅から3つ目)

190412南生駒駅

事前申し込みなしの飛び入り参加OK(1500円=保険、資料代含む)
お弁当などをご持参ください。
昼食後、主宰の田中龍夫が講座をもちます。


Posted on 2019/04/13 Sat. 11:33 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

13

佐保川の桜2019③はなびらロード 

昨日の晴天とはうってかわり、10日は冷たい雨が降り続き、風も吹き荒れました。

午後から所用あり、近鉄奈良方面へ。小雨のなか、佐保川沿いを歩いて行くことに。
花びらロードでした。

190410佐保川3


190410佐保川


まもなく、佐保川は花筏に染まることでしょう。

190410佐保川2

Posted on 2019/04/10 Wed. 22:00 [edit]

category: 佐保川

TB: 0    CM: 0

10