07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

辻邦生への旅② 多磨霊園 

辻邦生さんが亡くなったのは、平成11年(1999)7月29日。73歳でした。
あれからもう18年になるのですね。
当時、ワタクシは家族で鳥取の海へ出かけていて、帰宅した日の新聞で訃報に触れたのでした。その時の衝撃を、ついこの前のことのようにまざまざと思い出します。

学習院大学史料館でこの時期に催される辻邦生に関する展覧会も、命日にあわせてなんですね。辻さんはことのほか夏が大好きだったという意味でも、この時期がふさわしく感じられます。
辻さんの命日は「園生忌」と呼ばれます。初期、というよりも高校(旧制松本高校)時代に書いた短編「遠い園生」に由来するものでしょう。

遠い園生


8月4日、学習院大学をあとに、辻さんの眠る多磨霊園へ向かいました。

170804多摩霊園


広~い霊園に人影なく

170804多摩霊園2


百日紅の花のみが鮮やかな彩りを見せていました。

170804百日紅


170804辻家の墓


奥様の佐保子さんは平成23年(2011)逝去。
墓誌には並んでその名前が刻まれていました。あちらで、また仲良くおしゃべりされていることでしょう。

2015年に亡くなられた女性の名前もありましたが、辻邦生の妹さんのようです。
ご冥福をお祈りします。


多磨霊園には、多くの文学者が眠っていらっしゃいます。
駅前の地図から(クリックで拡大します)

170804地図

スポンサーサイト

Posted on 2017/08/08 Tue. 12:31 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 5

08