04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

山椒たっぷりタケノコ鍋 2017 

今年もまたお誘いいただき、5月3日、Sさん宅(五條市)での「山椒たっぷり筍鍋の会」に参加しました。
昨年→

最寄り駅はなんと、JR和歌山線隅田駅!

170503隅田駅

のどかな、のどかな、無人駅。
ここはもう和歌山県なんですよね(橋本市)。ワタクシにとっては郷里エリア。友人がいるし、親戚はあるし、隅田八幡神社の宮司さんは高校のときの先生だし(あ、先生、お元気ですか?)・・・。


緑や藤の花に目を奪われ、ウグイスやホトトギスの声を聞きながらSさん宅へ。

170503道中


Sさん手料理の魅力は、その腕前もさることながら、なんといっても、食材のほとんどが自家製だという点。
前日、山へ入って採ったばかりのワラビやフキ、三つ葉も!

伝統の郷土料理に、若いSさんのセンスがプラスされて、バリエーションも豊か。そこに、お母さんの鯖ずしや草餅が加わるものですから、ほんとうにぜいたくなごちそうなのでした。
蔵から出してこられた年代物の食器たちも、ひと役かってますね。楽しませていただきました。

170503鯖すし

170503ごちそう2

あっ、お母様のヨモギ餅、忘れたらあかん! 
亡き母を思い出してウルウルきそうになりました^^;

170503草餅


昨年は、「柿の葉ずし」が登場したのですが、今年は葉っぱが小さすぎて作れないのだとか。それにかわる、山椒の葉。 口の中いっぱいにさわやかな香りが広がりました。

目にしみる柿の若葉。やはり、柿も例年よりだいぶ季節が遅れているんですね。

170503柿新緑

黒豆のビーフシチュー(↑写真、左下から2番目)は初めての味わい。斬新です。

八朔とキャベツの和え物(↑写真、右下から2番目)は、ドイツのザワークラウトを意識したものとか。千切りキャベツに塩麹を混ぜて弱火で蒸し、一晩冷蔵庫で寝かせたものだそう。さっぱりしているのに深い味わい。


途中でお散歩に。山椒の葉を摘んだり

170503山椒とり


すぐ近くの吉野川で

170503川遊び

↑「水切り」して遊ぶ少年少女たち(笑)
あ、水切り、ご存じですよね。川に投げた小石が、あらら不思議、水面を軽々とジャンプしていく~
この日、Mさんがとても上手で、ポーンポーン跳ねながら、向こう岸まで届き、拍手喝采!


散歩から戻って、いよいよタケノコ鍋

170503鍋2

↑おそばはマーキーさんの手打ち
前夜、3時から打ってくれたとか。感謝感謝。

ピリリとする実山椒がアクセント。1年ぶりの、ここでしか食べられない、不思議な味わい。
これに「篠峯」の超辛を合わせて。


気のおけない仲間たち(7人)と飲んで食べて、ゆるゆると過ごした、至福の1日でした。

Mさんセレクトの、飲みほしたお酒たち。
お料理と見事にあって、どちらもすすみました。
が、前後不覚には酔っぱらわなかったので、ご安心を(平城宮跡でのお花見会をご存じの方へ。笑)

170503お酒


Sさん、お世話になりました。ありがとうございました。
もう一度、カンパイ!!

※お酒、メモ
ベアードビール(レッドローズ アンバーエール)
北海道ケルナー
大倉 山廃特別純米(ひとごこち) 直汲み生酒 
みむろ杉 純米大吟醸(山田錦) 無濾過生原酒
篠峯 純米(山田錦) 超辛無濾過生酒
風の森 純米吟醸(山田錦) 笊籬採り

スポンサーサイト

Posted on 2017/05/05 Fri. 13:06 [edit]

category:

TB: 0    CM: 4

05