02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

ナンチャッテ「貝合わせ」 

3歳の孫がやってくるという日には、きまって押入れをゴソゴソしているバーサン。
昔、子どもらが遊んだオモチャ、喜びそうなものはないかなあ・・・

見つけた木の箱、んと、何が入っている?
開けてみると、わー、なつかしー

170227貝合わせ


たしか、ハマグリを食べた後の殻を残しておいて、子どもらと一緒に絵具で彩色したのだった。かれこれ20数年前になるかなぁ。
平安時代の雅びな遊びをまねてみたのだったか・・・^^;



※貝合わせ

170227太陽

↑『別冊太陽』から。1973年の発行。古っ。当時は『太陽』(平凡社)が好きでよく買っていた。何回かの引っ越しをくぐり抜けて今も手元に。


昔は、貝の内側に源氏絵や花鳥、和歌などを極彩色や金箔で描いた繊細かつ豪華なものだったのね。
遊び方もいろいろあったようだが、貝殻は決まった一対であるところがポイント。絶対にほかの貝とは合わない。


さて、我が家のナンチャッテ貝合わせは、本流の足元にも及ばない粗雑なもの。
小さすぎるような貝殻もあるしね。あっ。子どものてのひらにはぴったりだったかも!


天使は興味を示したものの

170227貝合わせ2


がちゃがちゃ。わ、われそう~^^;


夢中になったのが、大人(笑)
難しいよね。
まず色別にやってみるわ。それから、貝の形!
私は貝の模様に注目!

わいわい言いながらも、2つの貝殻がピタッと合うと、これが快感。
合わせるのにも少々のコツが必要なので、こ、これは大人の遊びやわ~


やめられなくなって、ついにできた、ハマグリの山!

170227貝合わせ3


ふ、ふ、おいしそう?

このままお片付け~

170227貝合わせ終了


あ、ごめん、ごめん、マゴッチ放ったらかしやった。
この後、2人でお散歩に行ったのよ。

170227佐保川
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/01 Wed. 14:12 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

01