FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

桃尾の滝 

暑中お見舞い申し上げます。

14.7.17桃尾3

14.7.17桃尾滝石仏

14.7.17桃尾滝岩

先日、古墳探検→大国見山の後、たどりついた桃尾の滝。

うわぁ、すずしい~♪
滝からのミストシャワーを浴びて、暑さもしんどさも一気に吹っ飛びました。


14.7.17桃尾2

↑ものすごい速さで滝へ向かわれ、水と戯れるおふたり


桃尾の滝、説明板(クリックで拡大)

桃尾滝説明


滝近くにある不動三尊摩崖仏は鎌倉中期のものだそう。

14.7.17桃尾滝不動


如意輪観音さん(南北朝時代のものとか)

14.7.17桃尾如意輪


秋の頃、もう一度来てみたいな。

14.7.17桃尾4


地図

桃尾の滝地図


『大和名所図絵』(江戸時代後期)を見てみると
・・・
白虹雲を穿てそそぎ 寒声月を誘ふて走る 絶景窮り無ふして 

漢文風の名文にうっとり・・読み進めると

廬山の銀河三千尺ともいひつべし 

書き手の筆がすべりすぎ? おいおい、いくらなんでも、大げさすぎるでしょ(笑)

李白の「廬山の瀑布を望む」を念頭においたものだと思われますが、“三千尺”が中国独特の誇張表現だとしても、李白が詠んだのは、今や世界遺産の、落差155mの滝(三畳泉かな)。かたや、桃尾の滝は23m、なのですから・・・

おっと、妙なところにいきついてしまいました。

まだまだ猛暑、酷暑が続きます。どうか皆様、くれぐれもご自愛のほどを!

かくいうワタクシ、数日前から喉の調子がおかしくて、声が出なかった・・・のですが、本日ようやく復活しつつあります。そのままでよかった、という声も・・・・(^^;)

スポンサーサイト



Posted on 2014/07/29 Tue. 16:12 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 7

29