FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

大国見山 

天理市の東にそびえるひときわ秀麗なお山にずっと登りたいと思っていました。

龍王山から見た大国見山おおくにみやま(2011.11.27撮影)

14.7.竜王山から

ここから見ると二峰になっていて、二上山のような感じがしますね。


こちらは初夏の大国見山(2012.5.11)

12.竜王山から


7月17日、古墳探検の後、いよいよ大国見山をめざしました。

大国見山の場所(クリックで拡大。天理市発行の観光ガイドを拝借)

天理地図

どんなふうに歩いたかは、この日のリーダー、リンネさんがブログにルートラボで示されていますのでご参照ください。→こちら


↓大国見山登り始め。それまで歩いていたアスファルト道とうってかわり、涼しい~。
足にやさしい山道、大好き。

14.7.17大国見山へ

498mと低山ですが、変化にとんでいて楽しく登ることができました。

樹林の中の道はほんとうに気持ちがよくて

14.7.17大国見山2


藪漕ぎふうな箇所もあり

14.7.17藪漕ぎ


木の根っこがつくる自然の階段をよじ登り

14.7.17根っこ


山頂に近づくにつれて大岩がごろごろ。磐座いわくら

14.7.17山頂近く磐

14.7.17山頂近く磐2



山頂~

14.7.17山頂2

小さく開けた頂は樹木に覆われ、エッ見晴らし抜群って聞いていたんやけどなあ・・。
龍王山のような山頂を想像していたので、ちょっと拍子抜けな感じもありましたが・・・

西南方向に樹木のとぎれたところがあって、そこから二上山や盆地部を眺めることができました。やっほー。

14.7.17二上山


カメラをすこ~し北へ、こちらは生駒、矢田丘陵

14.7.17生駒、矢田

ここで、ゆっくりランチタイムとおしゃべり。中心は古代史だったかな。皆さん、あちこち行かれていて詳しく、楽しいひとときでした。

山頂には不自然に穿たれた穴が印象的な岩があって、これは烽火(のろし)を上げるときに油を溜めた名残なのだそう。

14.7.17のろし岩

下山は、桃尾の滝のほうへ向かいました。つづく。
スポンサーサイト



Posted on 2014/07/23 Wed. 10:52 [edit]

category:

TB: 0    CM: 4

23