fc2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

高林庵で優雅なひととき 

4月28日、「きたまち 奈良八重桜巡り」(「鍋屋連絡所の保存・活用と“奈良きたまち”のまちづくりを考える会(なべかつ)」「なら・観光ボランティアガイドの会」共催)が実施されました。約160人が参加されたとか。

「奈良八重桜の会」が発足した10年前は、まだまだこの花は知られていませんでした。というよりも「奈良八重桜」という名前は知っていても、実際の花を見たことがないという人が多かったのです。
この花を主役にした大々的なイベントは、ワタクシども「奈良八重桜の会」会員にとっても感慨深いものがあるのでした。

イベント開催にあたっては、「奈良八重桜の会」にもお声をかけてくださり、上田会長が話をさせていただくことに。
となれば、ワタクシもカメラを持って会場へ。

奈良女子大学の大教室で講演する上田会長




実は、つい2日前の26日、「奈良八重桜の会」は、10周年記念イベントを行ったばかり。その余韻のなかの「きたまち 奈良八重桜巡り」となったのでした。

「奈良八重桜の会」では毎年4月下旬、奈良八重桜が咲く頃に、この花を愛でる集いを行ってきました。→こちら


そして今年は、10周年の節目にふさわしく、ちょっと盛大に企画。

会場は、石州流茶道のお家元、高林庵こうりんあん(大和郡山市小泉町)。

講師に、冷泉為弘様をお迎えしました。
藤原俊成、定家の末裔でいらっしゃいます。
テーマは「和歌にみる桜の詠み方」。



お話のあとで、参加者が短歌に挑戦、それを選評していただく貴重な機会も。



←点心








石州流の祖、片桐石州は徳川4代将軍家綱の茶道指南だったそうで、「武士(もののふ)の茶道」と呼ばれます。

←武者点席で






←馬上杯でお茶をいただきました。

武将が馬に乗ったまま片手で飲めるように高台(こうだい)が高いのが特徴。

豪快さと繊細さが合流したようなお茶の世界を感じました。

あっ、こんなお茶席で写真を撮るなど無粋で気が引けるのですが、これも写真班、記録班という使命があるものですからね…失礼をお許しください。


窓から奈良八重桜を愛で






広いお庭を散策し




優雅なひとときとなったのでした。


※「奈良八重桜の会」は奈良八重桜が大好きな者の集まりです。会員は、ただいま約30人。
ご興味のある方、入会ご希望の方は、右のメールフォームからご連絡くださいませ。年会費3000円です。

スポンサーサイト



Posted on 2013/04/29 Mon. 01:42 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: --    CM: 4

29