FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

篠峯 ろくまる 

2週間ほど前になりますが、磯城郡川西町から田原本町まで歩いたときicon52、最終地点の目標にしていたのが「酒のあべたや」。
なぜ最終点かというのはご想像のとおり、ここへ立ち寄ったらリュックが重くなるし、ゲットした品は冷蔵庫から冷蔵庫へ、できるだけ短い時間で移動させたいから^^

←近鉄橿原線田原本駅から歩いて6~7分ほどの所にある、あべたやさん
(磯城郡田原本町三笠43−3 0744-32-4335 )。




昨年夏参加させていただいた、生演奏を聴きながらの“酒ばー”がとても楽しかったことを思い出しますicon61
お店が会場になる素敵な催しでした。→こちら



←さて、今日は何にしようかなっ、と冷蔵庫をジロジロ。








あれぇ、見たことない奈良のお酒が並んでいますねえ。
「篠峯 ろくまる」(千代酒造

「篠峯」はそのうまさで定評がありますが、「ろくまる」は聞いたことがなかったなあ。一瞬、新商品かしら、と思ったのですが、数年前から造られているとのこと。どうやら限定品で、置いている所が少ないということのようです。

↓いきなり後ろ向けですみません。
並んでいた数種の「篠峯 ろくまる」は純米吟醸、無濾過生酒、うすにごり、というのは共通なのですが、それぞれ用いている酒米が違っています。
岡山県産雄町(おまち)、広島県産八反(はったん)、富山県産雄山錦(おやまにしき)。




←ラベルには、裏・篠峯バージョンのお酒、と書かれてありました。

篠峯ファンは、こちらもお試しを! 
もうすでにご存じかな。











うーん、どれにしよ。
悩みまくっていると、店主「試飲できますよ~」「では~♪」



普段あまりいただくことがない「八反」と「雄山錦」を試飲させていただきました。

お酒の味わいをうまく表現するのは難しいのですが、こうして飲み比べてみると、違いがわかるんですよね。

試飲した感じでは、八反はさわやかなうま味、雄山錦はどっしりとした頼りがいのある兄貴のような…とでも言ったらいいでしょうか。
最近のアニキは少々頼りないからというわけでもありませんが、八反を選びました。

店主「暑いなかを歩いてこられたから、こちらのすっきりした口当たりがいいのかもしれませんね」


しばらく冷蔵庫に温存(ふふ)してあったのですが、最近は毎晩少しずつ楽しんでいます。




2人だけの夕食は、いつも居酒屋風(笑)

「篠峯 ろくまる」は(も)、上品なサヨリのお刺身によく合います。
でも不思議、歩き回って汗をかいて試飲したあの時の味わいと、いささか違うような。その日の体調や料理によっても、微妙な違いがあるお酒の深さを改めて実感しましたね。


むいた皮を串にクルクルッと巻き付けて焼いた「サヨリの皮焼き」が酒のアテにめっぽうおいしくて。
↑写真右下。わかりにくいですか。ちょっと大きくしてみましょう。

←串が焦げていますが、気になりませーん。
歯でしごくように食べます。んん、香ばしくて、なんてオツな味!


あっ、ご推察どおり、料理人はワタクシではありません^^;


サヨリは好きな魚の上位にランク! 腹黒ですけれど^^;

●サヨリは うすい
 サヨリは ほそい
 ぎんのうお サヨリ
 きらりと ひかれ(北原白秋)


●魚棚に サヨリ見つけて あらうれし(夫)


「篠峯 ろくまる」もうしばらく楽しめそうです。

「ろくまる」の名も、ラベルの篆書文字も、いい味出してますよねえ。

スポンサーサイト



Posted on 2012/05/06 Sun. 21:49 [edit]

category:

TB: --    CM: 8

06