FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

36㎞ウォーク 

5月3日、(財)桜井市体育協会が主催する「ワンデーウォーク」に参加しました。
下市口駅から御所駅まで36㎞を歩こうという企画です。




無事に、36㎞完歩しました!



と、ご報告したかったのですが……^^;

いやぁ、御所駅まで歩く気まんまんだったのですが、一言主神社の鳥居あたり(30㎞)にさしかかったとき(4時45分ぐらい)、スタッフの方が近づいてこられて
「終着地まであと6㎞あります。6時がタイムリミットですが、1時間余りで到着するのは無理かと思われます。この先まだアップダウンがありますし、雨もひどくなってきています。よろしければ、車で駅までお送りしましょう。歩かれる気でいるのに申しわけないのですが…」

それでも歩きますという元気も自信もなく、もはやワタクシの足は悲鳴をあげておりました。
アンカー集団5人は素直に車に乗り込んだのでした。


応援いただいた皆様には、完歩できなくて申しわけありません。
ありがとうございました。


反省をこめて、コースを振り返ってみました。

36㎞というと、4㎞/hペースで歩いても9時間かかる計算。
これは、得意の寄り道も絶対してはならぬし、歩きながらおにぎりを食べることになるかもしれないな。

悲壮な覚悟でのぞんだはずだったのですが…

あの金剛寺が、ワンデーウォーク参加者には特別のはからいで無料拝観させてくれるというではありませんか。

これは立ち寄らないわけにはいきませんよね。




見頃を迎えた牡丹園がすばらしくてね、わぁ~




オオデマリやマロニエ、エニシダの大樹に目を見張り、おっこれはオオヤマレンゲ?…、珍しい花々がお庭をうめつくしていて見ごたえがありました。いい香りが漂う楽園で、気持ちもほんわか、ゆったり~。ウォーキングもなんか余裕たっぷりの気になって…。




お弁当だって、シートを広げてハイキング気分。
荒坂峠のてっぺんで(17㎞地点)。霧が上がっていくお山をみながらのランチタイム。





24㎞地点の高鴨神社。

ここは希少種の「日本さくらそう」が育てられていることで有名。

ちょっと寄っていきましょう。

ちょうど見頃の時期で、可憐な花たちが迎えてくれました。



展示されている花は写真×だったので、販売されているものを。

緑したたる境内を散策したかったのですが、さすがにこれはやめましたよ。
お抹茶とお菓子セット500円にも心ひかれたけれど、アカン、アカン。




ここから、高天彦神社への道がいちばんの難所でした。
これも予想していたことなのですが、このとき、ワタクシ、かなり足腰にきておりました^^;

しかも、今まで痛くなったことがない、足というよりも、おしりの横あたり。調べてみると、どうやら中殿筋といわれるところのようです。
長距離を歩いて、弱点が露呈したということなのでしょう。
坂道を登ると非常に痛い(>_<)

出発したあたりから五條市街にかけては平坦地だったこともあり、5.5㎞~6㎞/hという信じられないハイペースで歩いていました。マラソンランナーのKさんと一緒だったので、いろいろと教えてくださいます。

Kさんも、この調子なら、少々道草くっても取り戻せると思っていたのかもしれません。
24㎞以降でワタクシがこんなにペースダウンするなんて想定外だったとしたら、ほんとうに申し訳ないことでした。

Kさんなら、あそこからでも好記録で完歩できることは間違いありません。
「(ワタクシに構わず)先に行って」と言ったのですが、
Kさんは「タイムを競っているわけではないからゆっくり行こう」。
これまで何度も36㎞を完歩しているKさんまで巻き添えのタイムオーバーとは、ほんとうに申しわけないことでした。
ごめんなさーい。



写真を撮りながら歩きましたので、ここでもう一度スタート地点から思い出してみましょう。

←コースマップ(クリックで大きくなります)




←近鉄吉野線下市口駅前での出発前の様子。
参加者は200人ぐらいだったのかな。

結構、年配者が多く見受けられましたが、皆さん、慣れた様子のハイスピードには恐れ入りました~


千石橋を渡り、吉野川沿いの道を歩きます。




やがて、五條市入り。栄山寺は歩きながらのチラ見。
今頃の季節も美しいのだろうなあ。
ミストシャワーのような小雨のなかを気持ちよく歩きました。




金剛寺を出た頃から、雨脚が強くなり、レインウェアを着ました(お気に入りのモンベルゴアテックス製)。
大川橋を渡って、古いまちなみの新町筋へ。
餅商一つ橋でお饅頭を買おうかなと思っていたら、売り切れ~




国の天然記念物「二見の大ムク」もルートに入っているのがうれしい。

あっ、われらが団長さん!
「写真撮らせてください。ブログに載せていいですか」
「ええで。誰も見てないやろ」




そこから24号線をしばらく歩いて、本陣の交差点からまっすぐ、北へ、北へ、だらだら上り道。
京奈和自動車道と並行しながら荒坂峠越え。




峠を下ったあたりの風景




藤岡家住宅前をすぎ、御霊神社の大ケヤキのすがすがしさ!




五條から御所への山越えは覚悟をしていたけれど、想像以上。










けれども、坂道を上りきると、ご褒美のようなすばらしい風景が待っていました。
さっきまでの雨雲がウソのような青空。




後半にアップダウンが続いて、かなりバテ気味でしたが、高天彦神社への道がコース中いちばん素敵でした。
最近、新設されたばかりという山道は足にやさしく、癒される感じ。やっぱり歩くのは、土の道がいいですね。




神話の舞台「高天原」の伝承地




重い足をひきずりながらも、ここまで来て、もう少しだと思ったのですが…




平坦地の30㎞とアップダウンのある30㎞の違いを痛切に感じました。
で、ワタクシはアップダウンに必要な筋肉を鍛える必要があることも。
「ウォーキング」をスポーツとして、真摯にとらえなければ、とも思ったのでした。

やっぱり歩きを楽しめるのは20㎞ぐらいまでかな。

と思いつつも、くやしいではありませんか。
来年、リベンジするぞicon09


細かなお気遣いをしてくださったスタッフの皆様、ほんとうにありがとうございました。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Posted on 2012/05/04 Fri. 21:43 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 20

04