fc2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

第5回 ならまち演芸 

奈良市商店街振興会のお客様感謝イベント、人気シリーズの「ならまち演芸」が下記のとおり開催されます。

毎回、申し込みが殺到して抽選になるほどの人気なのですが…、ココダケの話…今回は出足が鈍そうなので、申し込んだら皆いけるのでは、と。

あっ、でもこれはあくまでも、ワタクシのダイロッカンってやつなので、もしもはずれるようなことがあったら、ごめんやしておくれやす…_(._.)_


←ポスター



◆日時:平成24年2月17日(金)
◆場所:ならまちセンター

●1部/開場12:00~ 開演12:30
●2部/開場15:30~ 開演16:00




■出演

露の新治(落語)
露の雅(落語)
豊来屋板里(太神楽曲芸)
暁照夫・光夫(音曲漫才)
幸助・福助(漫才)


入場無料のうえ、景品があたる抽選会などもあり、楽しめると思います。


お申し込みについては、奈良市商店街振興会のHPでどうぞ。

商店街備え付けのハガキ、普通の往復ハガキでも申し込めますが、今回はメールでもOKとなっています。

ご住所、ご氏名、年齢、性別、お電話番号と、
ご希望の時間帯(1部、2部、希望なし)、人数(2名までOK)、
を書いて、下記メールアドレスへお送りください。

Eメール naramachiengei@gmail.com

応募締め切りは、1月27日(金)必着となっています。


毎回、ほんとうに楽しくて、会場全体が爆笑につつまれます。

昨年、第4回の様子です。↓



そうそう、フレッシュな女性落語家、露の眞さんとの出会いもこのときでした。
当ブログ記事


ワタクシ、1部、2部とも写真班で入ります。

今、思い出しても笑えるエピソード、ちょっと聞いてくださいますか。

えっと、何回目かの「ならまち演芸」のときの話。
スタッフとして開場前からホールへ入るのですが、まだ誰もいないガランとした会場の、1つの座席に、ワタクシのリュックを置いておきました。
リュックにはカメラ一式と一脚など。

それが一瞬、離れた間に、リュックが忽然と消えてなくなったのです。
誰もいないのに、なんで? どこへ? 

←左はワタクシの一脚。
袋は、娘の幼稚園グッズを作った時の余り布を利用したものですが、紐を通すところまではできなかったので、ギュッと縛ってあります^^; 

一脚をリュックに入れると、ちょっと顔を出すんですよね。

これ、一脚に見えません?



どうやら、楽器とかバチとか? 出演者の持ち物に間違われたらしいのです。
出演者のお一人が勘違いされて、ワタクシのリュックは楽屋裏へ運ばれていたのでした。

「ならまち演芸」が催されるたび、狐につままれたようなあの瞬間の気持ちと、謎が解けて大笑いしたことなどを思い出して、やっぱり今でもクスリと笑ってしまうのです。

スポンサーサイト



Posted on 2012/01/18 Wed. 00:48 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 8

18