FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

餅商一ツ橋の焼き餅 

まずは、『かぎろひの大和路』最新号(28号)の納品状況から。
下記の書店やお店に置かせていただきました。

西の京みやげ処 きとら(奈良市)
※26号「秋篠川の流域」もお求めいただけます。

ジュンク堂難波店(大阪市)
※27号「かつらぎの道②」もお求めいただけます。

桜井誠文堂(五條市)
※25号「歴史の交差点 五條」もお求めいただけます。


…………………………………………………………

1月14日、五條市で唯一置いていただいている書店「桜井誠文堂」さんへ行きました。
おお、14日って、念仏寺の陀々堂「鬼走り」の日やん!

実は、ここを訪ねたいがために、五條へ行く日を14日と決めていたのです、ホホ^^;
1か所納品のためだけに五條へ行くのはモッタイナイのでね、ついでにどこかへ行こうと考えるのがとても楽しい。

五條の中心交差点、本陣から大川橋へ至る途中にある桜井誠文堂は老舗の本屋さん。五條のまちに溶け込んで信頼もあついように見受けられます。
こちらの“おじいちゃん”(先代店主)が『かぎろひの大和路』をとても気に入っている(店主夫人談)とかで、うれしい限り。地味なかぎろひ誌を愛読してくださっている方もいらっしゃるようで、励みになります。はるばる五條へ行く甲斐があるというもんです。
ありがとうございます。たいへん遅くなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。


古いまちなみをのこす新町通りの入口は、道をはさんで桜井誠文堂さんの斜め向かい。
新町通りを抜けて大和二見へ、念仏寺をめざすことにしました。

五條は結構、土地勘があるのでicon22、念仏寺は初めてでしたが、だいたいの場所はわかる~(とエラソーに言いながら、結果的には遠回りをしたみたい^^;)

新町通りでは、あの餅商一ツ橋が開いていたらいいな、と期待しながら…

わおっ、開いてる~♪




ウィンドーをのぞくと



ややっ、焼き餅が4個だけしかない!

「あの、これでおしまいなんですか」
「そうなんや、悪いね」
「じゃあ全部ください」

ワタクシのすぐあとに、男性が
「あ、売り切れたね」

ごめんなさーい。

このお店、いつも閉まっていることが多いので、尋ねてみました。
「月曜日から土曜日まで開けてるよ。日曜日が定休」とのこと。

「えぇー、何度も通っているんですけど、閉まっていることが多いような…」

と言いますと、
「売り切れたら閉めるのでね」

午前中に売り切れることが多いのだそうですよ。


夕食後にいただきました。
(形がいびつなのは、リュックの中でもまれたせい?)

手作り感たっぷり、素朴な味わい、気持ちがほっこり。

この次は揚げ饅頭だぁ!





※念仏寺陀々堂の鬼走り、昼の部を見学することができました。
その様子は次回にご紹介しまーす。

スポンサーサイト



Posted on 2012/01/15 Sun. 11:12 [edit]

category: こんな店

TB: --    CM: 10

15