FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

元日の室生寺 

1月1日、室生寺へお参りしました。



ずいぶんのご無沙汰ですが、そんな気もしないのが不思議。

娘のひとことで、何にも考えずにお参りを決めたのですが、思いがけなく弥勒堂を特別拝観することができました。



↓弥勒堂におはしますのは、ご本尊の弥勒菩薩立像さま(重文)と釈迦如来座像(国宝)さま。



普段は外からちらり、じいっと憧れるように拝みます。

イメージをふくらませて、さらに憧れを強くしていくそのような拝観もいいのでしょうが、やはりまぢかに対することができるのはうれしいものです。



↑写真は、記念品としていただいた特製クリアファイルから。
チケットサイズの小さなファイルで、受付のおばさまは「貧しいお寺やからこんな小さなもんしか作れなくてね…」とおっしゃったのですが、娘ら(ワタクシも)は「わぁ、うれしい」「すてきぃ」「レアものやぁ」と大感激。



ほのかな透かしとして入っている釈迦如来さまの横顔に胸がキュッといたむような心持ちがします。
「横顔の君」と名づけたのは誰でしたっけ? elsur147 さん? ほんとにいつまでも見つめていたい、横顔。

弥勒菩薩像は、ふっくらとしたお顔、厚い唇など、どこかあどけなさが漂います。
頭部がやや大きめなのも、そんな感じを抱かせる一因でしょうか。

お厨子の両側が開いていて、横顔を拝すことができるのもいいですね。


弥勒堂は実はお参りの最後に拝観しました。

↓五重塔にため息をつき




↓奥の院への石段を登らなければ気がすみません。




もちろん、桂昌院さんにも敬意を表しましょう。



←五輪塔に刻まれた文字はかなり薄れてきています。

なにか、顕彰の言葉や説明があってもいいのかなと思いました。








石仏たちにもご挨拶して、というよりにらめっこ(負けた~)




心洗われるようなひとときを過ごし、室生龍穴神社へ向かったのでした。→こちら


※室生寺弥勒堂特別拝観
1月1日(日)~1月22日(日)
(←特別拝観券)
別拝観時間:9時~15時
・特別拝観料(¥400)(特製記念品授与) 入山料別途要


※五重塔秘仏五智如来 本堂 両界曼荼羅 特別拝観
2月4日(土)~2月19日(日)
別拝観時間:9時~15時
特別拝観料(¥400)(特製記念品授与) 入山料別途要


※金堂諸仏 国宝 釈迦如来像・十一面観音像 特別拝観
3月17日(土)~4月22日(日)
別拝観時間:9時~16時
特別拝観料(¥400)(特製記念品授与) 入山料別途要

http://www.murouji.or.jp/

スポンサーサイト



Posted on 2012/01/03 Tue. 22:35 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 8

03