04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

山尾家住宅 

5月15日、「今井町並み散歩」で。

称念寺の障壁画を見学後、賑わいを楽しみながら重文の家々を見て回った

今井町ではいちばん北の「北尊坊通り」にある「山尾家住宅」。



なぜか、誰も入ろうとしないで素通り。
重文ではなく県指定文化財で、ここだけ入館料(400円)が必要なせいかな?

「失礼しま~す」
身体を折るようにして玄関をくぐる。
し~んと静かな家の中は、先ほどから見てきた重文の家とは雰囲気がまるでちがう。
重文の家屋は、たしかに文化財的価値の高さはわかったが、生活のにおいはなかったのだ。

見学者は次々にどかどかと踏み入って、無遠慮に眺め回す、ま、いわば、博物館的な存在だったと思う。

だが、山尾家は違っていた。
入ったとたん、そこに日々の暮らしが感じられた。
「えっ、上がらせてもらっていいんですか」という感じ。
子どもの頃に、親戚のお家を訪ねたことを思い出すような懐かしさもある。


山尾家の屋号は「新堂屋」。幕末に町年寄を務めた大商家だという。
地下には石の蔵があって金庫として使われていたとのこと。
竹筒を通して、地下の壺の中にどんどんお金を流し込んでいたそうな。
地下は湿気も多くお金にカビがつくそうで、時にはお金の虫干しをした、とか。

こんな歌が伝わっている。
今井新堂屋 大金持ちや 金の虫干し玄関まで
今井新堂屋 大金持ちや 金の光で灯がともる


蔵の1つが「今井まち衆博物館」として公開されている。



明治天皇が称念寺に泊まられた際、勅使の三条実美(さねとみ)と桂小五郎(木戸孝允)は山尾家に投宿、ゆかりの豪華な品々をはじめ、江戸から昭和初期までの民具なども並べられていた。




朝から夢中で動いていたワタクシ、山尾家の静かさの中でやっと我に返った。と、何だか疲れたような…^^;

そういや、朝一番で家を出てから、橿原考古学研究所附属博物館を見て、今井町まで歩いて、興味のおもむくままにあちこちウロウロ。食べようと思っていた茶粥が売り切れで昼食にもありつけていないことを思い出した。そのとたんどっと疲労感を覚えて、もうアカン、ちょっとゆっくりした~い。

幸い、山尾家ではお抹茶をいただくことができた(500円)。

案内されたのは、なんと上段の間。冗談ではありませぬゾ。



通行止って書いてあるでしょう。お茶をいただくと通れるんですよねicon22
手前が山の間、向かって右が鳥の間。左は桂小五郎が泊まられた松の間。


お茶は松の間で。



1人きりで、こんなお部屋で、静かにお茶をいただく、ぜいたく…

やっと疲れもとれてきたような気がして、お部屋を眺めると、これが何とも豪華!

襖絵は狩野派の手によるもの。二条城の襖絵と共通しているという。




欄間など細部の意匠も凝った造り




桂小五郎直筆の書



「人在春風忘喜愠」か。
「人春風在りて喜愠を忘る」?

愠(うん)は調べてみると、憤りや恨みの意味。
山尾家で春風のようなあたたかいおもてなしを受けて、ちっぽけな喜怒哀楽の感情など忘れてしまうなあ。ああなんて穏やかでのびのびした気分であることよ。

あ、これはかぎろひ流解釈につき、間違っていたらごめんなさい。


ワタクシは、この部屋と、この静かさと、放っておかれることが、それだけで最大級の“おもてなし”と感じいって、ひとときをゆったり過ごさせていただいた。

寝転がりたい気持ちを抑えながら(笑)くつろいでいると、外から声が聞こえてきた。
「さぁさぁ、もうすぐ茶行列が通りますよぉ」

あ、あ、見なくちゃ。
あわてて、外へ飛び出したのであった。

この後は→こちら



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/31 Tue. 10:27 [edit]

category: 橿原市

TB: --    CM: 8

31

ベジフルカフェ ドリンクドランク 

先日の「まちなかバル」のチケットが1枚残っていたので「あとバル」(5月29日まで)で。5月26日、一緒に「まちバル」を楽しんだmikkoさんとランチ。

mikkoさんが“ベジベジごはん”を食べてみたいというので、「ベジフルカフェ ドリンクドランク」へ。
「まちなかバル」では、いちごのスムージーとチョコシナモンのパニーニが人気だったと聞く。
我々も何軒かの後、向かったのだけれど、すでに閉店の時間がきていたのだった。


ドリンク ドランク。

ドリンク、ドランク、ドランクって思わず声に出してステップを踏みたくなるような…

ん? ちがうか…^^;


あっ、DRINK DRANK DRUNK。現在、過去、過去分詞。ふふ、むか~し、この特異な変化が好きやったんや。でも、DRANKとDRUNKの発音の違いができないまま…


おっと、脱線…
ドリンクドランクの響き、何だか楽しくて好き♪ というお話。


ベジベジごはんは、前菜盛り合わせ、メイン料理、一口デザートのセットで950円。

前菜盛り合わせ



春キャベツとリンゴのコールスロー、スイートパンプキン、なすの冷たいポロネーゼ、スナップエンドウのマリネ、おぼろ豆腐 紅いお塩とバジルの香り。
ヘルシーで彩り豊かな楽しいプレート。


メイン料理はAとBの2種類から選ぶ。
この日、Aは豚と小松菜のピリ辛炒め、Bは特製野菜カレー。

我々は週替わりのAをチョイス。



奈良産ひのひかりの麦入りごはんとお味噌汁は白味噌仕立てだった。グリーンサラダがつく。

ベジベジというネーミングから、ダイエット志向の女性向きかもと、野菜ばかりのランチを想像していたのだけれど、意外にお肉のボリュームがあってビックリ。


ごちそうさま、って思っていたら、最後に一口デザートが。こんなのに弱いのよね、女性は。

プラス200円で、食後のドリンクがつく。




ホームページを見ると、野菜ソムリエがプロデュースしているお店のよう。

厚生労働省が推進する1日野菜350gの約2/3が入っています。
お肉もバランスよく入っていて、心にも体にもおいしいごはんです。
奈良でとれる無農薬野菜をできるだけ取り入れて、野菜本来の甘みを楽しんでいただけるように調理します。


これは安心。
ごちそうさまでした。

今度は、DRINK DRANKオリジナル、人気のスムージー(飲む果物)をいただいてみたい。


※ベジフルカフェ ドリンクドランク

奈良市橋本町8
TEL・FAX 0742-27-6206
http://www.drinkdrank.com/
11:00~20:00(ラストオーダー19:30)営業
水曜日定休




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Posted on 2011/05/29 Sun. 07:39 [edit]

category: こんな店

TB: --    CM: 8

29

歯の守護神 

3月から歯医者さんに通っています。
2週間に1度くらいとはいえ、直前の緊張感や診療後のげっそりとした感じは、子どもの頃から変わっていないような…(T_T)

5月27日は、歯医者さんの診察日。
ん? 以前ほどのストレスはない?
妙な安心感が出てきたのは、医師への信頼だけではない、はず…。

ヘヘッ、2週間ほど前に「歯の守護神」さまにお参りして手を合わせたからかもしれませぬ。

15日の「今井町並み散歩」のときに、偶然通りかかって足をとめました。



歯の守護神「慶巳(けいみ)大善神」。
「古くから歯の守護神として霊験あらたかで、いつも参詣者が絶えないと昭和5年の新聞にも掲載されています」とありました。

これはこれは。
丁重にお参りさせていただいたという次第です。

蓮妙寺という日蓮宗のお寺の境内に鎮座。



↑門から赤い鳥居が見えるでしょう、あれが慶巳大善神さまですよ。

←本堂は新しいのですが、お寺の由緒についてはクリックしてどうぞ。



歯の守護神さまがついていてくださると思うだけで、気持ちが安らぐから不思議なものですね。
もうこれだけで、霊験あらたか、と言えましょうか。






大きな地図で見る

Posted on 2011/05/28 Sat. 07:55 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 4

28

奈良市長室へ 

社団法人奈良市商店街振興会が「東日本大震災」の被災地へ義援金を送ることになり、5月25日、仲川げん奈良市長へ思いを託しました。

ワタクシ、機関紙『商振会ニュース』に載せる写真を撮るために行ってまいりました。



写真は、正木康雄会長ら役員の皆さんと仲川市長(市長室で)。


義援金は、采女祭(うねめまつり)や物産展などで交流の深い福島県郡山市(姉妹都市)と宮城県多賀城市(友好都市)の、復興の一助にしてほしいと、仲川市長に200万円を手渡しました。

奈良市商店街振興会では例年、総会後は盛大に“懇親会”を開いているのですが、今回は浮かれている場合ではないと自粛、そういった費用も義援金の一部に充てられたようです。

↑ワタクシ、こんな大金の義援金を目の当たりにするのは初めて。立派な包装です。で、こちらも1枚。


市長としばし懇談する商店街振興会の役員さん




奈良市と郡山市は昭和46年(1971)、姉妹都市提携を結んでいます。
両市には“采女伝説”があり、奈良市では中秋の名月の日に「采女祭」が、郡山市では8月に「うねめまつり」が催されています。両市はこのお祭りに訪問団を相互派遣して親睦を深めている間柄。


両市の“采女伝説”が微妙に、というよりも、かなり違っているのをご存じですか。
おもしろい(と言っていいのか)のでちょっとご紹介します。

奈良の伝説
奈良時代、帝の寵愛が衰えたのを悲しんだ采女は猿沢池のほとりの柳に衣を掛け、池に身を投げた。
帝はその霊を慰めるために「采女神社」を建てたが、池を見るにしのびないと社は一夜のうちに後ろ向きになった。采女の出身が現在の郡山市。
奈良市役所のホームページから


郡山の伝説
奈良時代、陸奥の国安積の里(現在の郡山市)へ来た巡察使葛城王が里長の娘を見初めて、奈良の都へ連れ帰り采女として帝に献上。娘には相思相愛の許嫁がいたのだが、朝廷への貢物を3年間免除するという条件を受けて、冷害で困窮する村のために犠牲となる。采女は帝の寵愛を受けたが、恋人が忘れられず、中秋の名月の夜、猿沢池に入水した、と見せかけて郷里に帰る。恋人はすでに死んでいた。采女も後を追う。
郡山うねめまつりから


う~ん。この違いやいかに…icon46

Posted on 2011/05/27 Fri. 10:43 [edit]

category: 仕事

TB: --    CM: 0

27

称徳天皇陵が! 

5月24日、西大寺駅から新大宮駅近くまで歩いたときのお話。

西大寺駅から北東へ歩くと、まず出合うのが、称徳〈孝謙〉天皇高野陵(たかののみささぎ)に治定されている前方後円墳。

なぜか、この古墳の、もくもくっとした感じの樹木にひかれるワタクシ。

ほんまは称徳天皇高野陵と違うやろ、と内心では思っているのですが、古墳の樹木がちょっと華やいで豪華なところが、何だか女帝にふさわしいような気がしたりして気に入っています。


ところが、この日、ほんとうに驚きましたface08



近づいてみます。



伐採されたようです。
以前の風格ある趣がないっ!icon59


松枯れとか、虫がついたとか?
ちょっとショック。
近くで作業されていた方に聞いてみました。

伐採されたのはこの4月頃。
「松枯れとかなかったと思うけどね。ちょっと散髪しはったのと違います?」というお茶目なトーク。


以前の写真を見てみましょう(2007年3月撮影)。




ね、こんなに魅力的だったのにぃ。
でも正面の部分がちょっと黄色くなっているような?




残念ですが、病気にかかったのかもしれませんね。


古墳の写真をいっぱい見せられても、この「称徳天皇高野陵」だけは言い当てることができると思うほど樹木が個性的で素敵だと思っていたので、残念な気持ちが後を引きました^^;
何かわからないかしらとネット検索。我ながらシツコイ…^^;

で、見つけたぞぉ。宮内庁から依頼を受けて伐採作業をされた奈良の庭師さんのブログbikkuri-01

「やっと終わった宮内庁の仕事!!」でその様子を書かれていたのです。

その中にこんなフレーズがありましたよ。

松の剪定、支障木の伐採、剪定と公共の仕事では過去最大の仕事量でした。
もう二度としたくない感じでした。

松の剪定はわかるのですが、伐採は必要だったのか?
と思います。
立ち入り禁止の所なので良い自然の森って感じでしたよ。


http://ameblo.jp/mnkbg114/archive-1-201104.html


済んだことなので仕方がないとはいえ、本職の庭師さんが「伐採は必要だったのか?」と感じているのを読むと、またぞろ残念な気持ちがわいてくるのでした。

※山水河原者ラムジさん、勝手に引用して失礼しました。
お疲れさまですm(_ _)m

Posted on 2011/05/26 Thu. 06:18 [edit]

category: 奈良市

TB: --    CM: 2

26

緑したたる佐紀盾列古墳群 

24日午後、若草書店橿原神宮前店と八木店へ『かぎろひの大和路』を補充してまいりました。両店とも完売状態で、うれしい限り。お求めありがとうございます!!
橿原神宮前店では、飛鳥特集号(17号、23号)も置いていただいています。


その帰り、西大寺駅から新大宮駅近くの自宅まで歩くことに。
いやぁ、最近、運動不足か(暴飲暴食か;;)、体重がオーバー気味なので。というよりも、近頃あまり歩いてない。歩きたいっ。
それにそれに、佐紀盾(楯)列(さきたた〈て〉なみ)古墳群は今頃、どんな緑色に包まれているだろうか。そう思うだけで、足は自然に向かっていたのだ。

奈良で好きな所はと聞かれたら、上位に入れたい、日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)陵あたり。深い緑と静けさがただよう。







水上池近くでは、田植えの準備が進んでいた。豊かな水をたたえた風景を見ていると、気持ちがどんどん潤されていくような気がする。




磐之媛命(いわのひめのみこと)陵のカキツバタは、ちょっと時期が遅かったかな。




磐之媛命陵に沿う道も緑のトンネル。
白い花が満開。これはウツギの種類?




ウワナベ古墳も新しい緑をまとって初夏の装い。



約1時間のハイキング。リフレッシュicon61


佐紀盾列古墳群あたりの地図。矢印は日葉酢媛命陵


Posted on 2011/05/25 Wed. 07:24 [edit]

category: 奈良市

TB: --    CM: 4

25

出世男 

5月23日は1日デスクワーク。
請け負っている機関紙の発行元では総会も終了し、材料がほぼそろったので急がなくては。
雨降りだと、作業がはかどる。
息抜きのブログ更新も楽しからずや~♪

夕食時、おおっ、鱧(はも)やん!
夫が1匹買い込んで料理した、“鱧のおとし”を梅肉で。
最近は、骨きりまでする腕前。

京都出身の夫は、鱧に初夏を感じるらしい。
でも「ちょっと寒いから半分は鍋にしよか」

となると、飲まない手はないよね。
6月の飲み会まで置いとこうと思っていた「出世男(しゅっせおとこ)」を開封することに(許せ、皆の衆<(_ _)>)。
先日、「今井町並み散歩」で買ってきた橿原市今井町の酒蔵・河合酒造の「出世男」無濾過生純米酒。




今井町で唯一の酒蔵、「出世男」を醸す河合酒造。



重要文化財「河合家住宅」は明和9年(1772)には酒造業を営んでいたことが文書でわかるという。
屋号は「上品寺屋(じょうぼんじや)」。

歴史を感じさせるものが展示されていた(5月15日)。



駕籠とほっかい(行器、外居)。
昔、お嫁入りされた駕籠?
ほっかい(ほかい)は、食糧を入れて持ち運んだり、贈答に使われたり、また婚礼のときはこれにお菓子などを入れて見物客に配ったのだそう。塗りが美しい。


お酒の数々


「出世男」しか知らなかったけど、「今井の里」や「うねび」の銘柄も見つけ~

Posted on 2011/05/24 Tue. 07:38 [edit]

category:

TB: --    CM: 4

24

今井町の重文民家 

「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている橿原市今井町は、かつての寺内町の面影をそのまま今にとどめています。東西600m、南北310m、町域民家のほとんどが江戸期のもので、国の重要文化財が9軒、県指定が3軒。

重厚な町並みを歩くだけでも楽しいのですが、5月15日の「今井町並み散歩」のときに、重文民家を見学させていただきました。普段は要事前連絡のところも、この日は全て内部公開されていたのです。


西の端に威風堂々とした構えを見せる今西家住宅はお城のよう。「八つ棟造り」とも呼ばれています。
手前は復元された環濠




今西家住宅の内部
慶安3年(1650)に建てられたそうです。



※重要文化財今西家住宅
http://www.imanishike.or.jp/imanishike.html


上田家住宅。
延享元年(1744)頃の建築とみられています。




年に1度の「今井町並み散歩」の日は、重文の家でさまざまな催しが行われていました。
古い家はそれだけですばらしいのですが、そこに人の営みが感じられると、さらに魅力は増すものですね。


旧米谷(こめたに)家住宅は「名工の館」となって、お茶道具の展示がされていました。




川邊庄造の釜、久保左文の茶筌、古瀬尭三の赤膚焼、川崎鳳嶽の木竹工芸など一級の品々が並んで、重文の民家としっくり調和していました。

その昔、先代の川邊庄造氏を取材させていただいたことなどを思い出して感無量。
またまた、昔の記事を引っ張り出してみました。




旧米谷家住宅の蔵前座敷




豊田家住宅は「箏のしらべ」の会場。
始まるまで30分あるというので、待ち時間を惜しんで他をウロウロしていたら、もう興味のそそられることばかりでついには失念し、舞い戻ったときにはすっかり終了という、なんともとんまなお話。
写真は開始前と終了後^^;




心をのこし、余韻に浸りながら、帰途につきました。

近鉄電車でお隣に座り合わせた方と何気なくおしゃべりが始まったのですが、なんと「箏のしらべ」で司会を務められたとおっしゃるではありませんか! それも奇遇なのに、歴史が好きであちこち歩いていらっしゃること、近くにお住まいであること、はては共通の友人「法華寺の池田さん」にたどりついて、驚くやら感動するやら…

やっぱり世間は狭いのですねbikkuri-02

Posted on 2011/05/23 Mon. 15:11 [edit]

category: 橿原市

TB: --    CM: 6

23

佐保川清掃2011 

5月21日、地域ぐるみで年に1度実施している佐保川清掃(佐保川小学校区)に参加しました。

朝8時30分、佐保川小学校にはたくさんの人が集まりました。



写真には映っていませんが、左のほうには、小学校の児童とその父兄。写真は自治会の団体です。

娘らが幼稚園~小学校の頃は、こどもと一緒に作業をしていたものですが、それも今は昔、今じゃ自治会の一員としての参加です。
時の過ぎゆく速さはこんなときに、ふと感じたりするものですね。

もっぱら公園の草むしりを担当しました。



作業も終わり近くなって、あそうそうと、ちょっとサボって写真、写真。



皆さん、きびきびと働かれていました。
みんなでいっせいにすると、あっという間に美しくなるものですね。
皆様、お疲れさまでした!




「佐保川の蛍」は室町時代頃から、南都八景の1つに数えられていました。

「佐保川にホタルを!」は流域の人たちにとって悲願の合言葉。
今年は、ホタルの幼虫が5万匹放流されたとか。ホタルのえさとなるカワニナの育成などにも力を入れているようです。

佐保川小学校の児童たちも調査や学習を重ねながら、見守っています。

水辺の楽校


佐保川にホタルが戻ってきますように!

Posted on 2011/05/22 Sun. 07:19 [edit]

category: 佐保川

TB: --    CM: 7

22

奈良のまちを食べ(飲み)歩き 

気軽に食べて飲んで、奈良のお店をハシゴできる「あるくん奈良 まちなかバル」。

5枚つづりのバルチケット(前売3000円、当日3500円)を持って、好きなお店(参加70店)へ行くと、バルメニュー「1ドリンク+1品」(チケット1枚)が味わえるというもの。



居酒屋、イタリアン、和食、カフェ、ラーメン屋、創作料理、民族料理…などお店もいろいろ。

わぁ楽しそう♪
5月20日18時、仕事仲間のmikkoさん、tonoさんと一緒にレッツゴーhoshi-02

どこで何をいただいたか、紹介しま~す。

icon611軒目。
藝育カフェSankaku(さんかく)
*奈良市餅飯殿町12 もちいどの夢CUBE



バルメニュー
Sankakuカレー(ミニ)or ワッフルバーガー + ビール or ソフトドリンク


icon612軒目
月吠(げっぽう)
*奈良市椿井町45 tel 0742-26-4325



バルメニュー
エビとカニのマカロニグラタン + グラスビール or ソフトドリンク


icon613軒目
スペインバル*イタリア食堂Gentry(ジェントリー)
*奈良市花芝町16-1
tel 0742-27-1477




バルメニュー
海老のパンタパス + グラスハウスワイン


この時点でチケットの残りが2枚。
お茶漬けを食べて、デザートで締めっ、と3人の意見が一致したのですが、「酒旬菜 お茶漬け 風神」がなんと1時間待ち。

icon614軒目
cafe Fluke(カフェ フルーク)
*奈良市東向中町10 tel 0742-23-8981



バルメニュー
ミニチョコオレオパフェ + コーヒー or 紅茶

ここまでくるともうおなかがパンパン。
残った1枚は「あとバル」(600円の金券として、5月22日~29日使用可)でしっかり使い切ろうと思っています。


腰を落ち着けてというよりも、奈良のまちを散歩しながらブラッと立ち寄る感じが新鮮。

「次どこ行こ」というワクワク感。メニューが決まっている。精算の手間が要らない。行きにくそうなお店も入りやすい。

何人かの顔見知りにも会ってヨッ。知らない人同士も何だか親近感あふれる、奈良のまちだったのでした。


↑東向商店街入口で出会ったまんとくん

昼間の暑さはどこへやら、涼風を感じながらの、なかなか素敵な夜でした。
何軒かの後、グルッと奈良公園を散策するのもいいかなと思いました。


一夜明けて、まだおなかがいっぱい(佐保川清掃後です)icon10
考えてみたら、洋風に偏ったカナ、という感。

今度は日本酒コースを選んでみようっと。
あ、そうなると、mikkoさん、tonoさんはつきあってくれそうもないかぁ。

どなたかご一緒しませんか~


※まちなかバルは5月21日も開催。お昼12時からのスタートとなります。
当日券あり。情報は↓で。

http://www.nara-cci.or.jp/~chukatsu/machinaka_bal/

チャリティも兼ねていて、チケット1冊につき5%が義捐金として寄付されます。

Posted on 2011/05/21 Sat. 10:48 [edit]

category: こんな店

TB: --    CM: 10

21