fc2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

黒滝村でキャンプ 


8月8日から2泊3日で、吉野郡黒滝村へ。
総勢6名でテント2張のキャンプ生活。

人間本来が持っている野生の血が目覚めるのか、はたまた幼少期に野山を駆け回っていたワタクシ自身の環境のなせるわざなのかはわからないが、歳を重ねても自然の真っ只中に身を置くキャンプの魅力は色褪せない。

蚊や蠅がいたり(黒滝村にはいなかったが)、やや清潔度に難点あり、などもその魅力に比べたら何ほどのこともない。

なぁんてエラソーに言っても、きちんと整備されたオートキャンプ場なのだけれど^^;


黒滝村は奈良県のど真ん中。奈良県のへそと言われる。

黒滝村の位置(クリックで拡大)






大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


テントの中に横たわると、大地をじかに感じることができる。普段の暮らしにはないこんな野性味が新鮮bikkuri-01

満天の星に感動して眠りにつき、しらみ始めた空をテントの中から見る。

鳥のさえずり、川のせせらぎ、山の冷涼な空気。








早朝、山々から立ち上る水蒸気


すぐそばを黒滝川が流れる。


川歩きを楽しむ。


こんな浅い川、楽勝でしょ、って?
いやいや、激しい流れも渡ったのよ。

写真ではわからないカナ。滑らないようにカメラを抱えて必死で急流を渡る。

小さな魚や、素早い動きのおたまじゃくもいた。


近場を散策。あの吊橋を渡ってみようよ。下はあまごセンター。


黒滝吊橋。長さ115m、高さ35m



こわごわ渡っていると、小学生の男の子が全力疾走でこちらにやってくるのにはまいった。お願いやから、そっと渡ってね~


野趣いっぱいの食事もまた楽しからずや。レトルトでもインスタントでも、ちょっとぐらい野菜がゴリゴリしても、何でもおいしいからふしぎ。


おなかがいっぱいになると

マージャンに興じたり、シャボン玉で遊んだり。

残ったお酒たちを川で冷やしてみる。

おお、なかなか絵になるね~









天川村までドライブして洞川(どろがわ)温泉へ。帰りは下市(しもいち)の湯で汗を流す。


黒滝村の道の駅では名物のコンニャクも忘れなかったicon61


3日間、カンペキに仕事を忘れ、童心にもどり、ゆるゆるとしたひとときを過ごしたのだった♪

リフレッシュicon09

さあまた現実に戻って、がんばりましょphana

※みよしのオートキャンプ場
吉野郡黒滝村御吉野193
TEL0747-62-2340
http://www3.ocn.ne.jp/~miyosino/

スポンサーサイト



Posted on 2010/08/11 Wed. 16:40 [edit]

category: 吉野郡

TB: --    CM: 14

11