fc2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

掖上博多山上陵 



8月4日、高野山麓の実家から奈良へ戻る途中、御所駅(JR和歌山線)で下車。

午前11時過ぎなのに、暑うっicon01

こんな日も取材?
ちゃうちゃう、この前忘れた手帳を引き取りにね^^;
ほんと、いくつになってもそそっかしくて、お恥ずかしい限り。

「すいませ~ん」とお訪ねすると
「まあまあ暑いなか、どうぞ冷たいお茶でも」と言われて
「ありがとうございます。それでは」
って、素直な(厚かましい)のがかぎろひ流だけれど、いいんですかね。
京都では、お断りするのが鉄則っていうけれど…^^;

しばらく雑談したおかげで、いろいろおもしろい情報をゲット!
取材は終了後の雑談の中からっていうのは真実やね、とつくづく(でもあまりの裏話は書きませんよぉ)。

すっかり元気になって、このまま戻るのモッタイナイなと、行きそびれている「掖上博多山上陵(わきのかみのはかたのやまのえのみささぎ)」へ。孝昭天皇(記紀に第5代と伝える)陵に比定されている。



隣接して孝照宮




御陵のある三室の集落。



このあたりでバテ気味。
息苦しさを覚えるぐらいの照り返し。
アカン、早よ帰ろ、と散策したい気持ちをおさえて引き揚げたのだった。

葛城山に入道雲が出ていた。



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト



Posted on 2010/08/06 Fri. 11:38 [edit]

category: 御所市

TB: --    CM: 0

06