fc2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

役行者と五色のウサギ 

左は、前回紹介した杉村商店「行者米」の袋にあったコピー。

役行者(えんのぎょうじゃ)は五色の兎にしたがって御所(ごせ)まちに現れ、葛城山の頂に籠もったとある。

そんな話あったっけ?
これって有名な話なん?
五色の雲っていうのは聞いたことがあるような気がするけど…

ワタクシ、恥ずかしながら、役行者と五色のウサギのことは知らなかった。

たった数行の「品」の紹介だからといって、原典も知らないままサラリと流すわけにはどうしてもいかない(家事は手抜きだが、仕事はキマジメ^^;)。

五色のウサギを省いたら商品の紹介にはならないし…

原典に触れないまでも、おさえておく必要はあるだろうな。

正史である『続日本紀』に書かれているのは、讒言によって役小角(えんのおづぬ)が伊豆に配流されたということとそれにまつわる話だけ。

伝説のたぐいはいったいどれほどあるのだろうと考えると、ちょっと気が遠くなる。

奈良県立図書情報館で調べることはできるだろうが、1日こもっても探し出せるかどうか…。

ちょっとその前に、ヒントつかめないかなあと、龍センセ(かぎろひ誌主宰)の書庫におもむいてみる。

すぐさま「これに目を通してみて」と出してきてくれたのが、『役行者伝記集成』(銭谷武平著)。

これがすごい本だった!

パラパラとめくって、ものの1分ほどで、解答が見つかったのだから。
感動のあまり、身体のチカラが抜けてしまったほど。

役行者の主な略伝が、平安時代から鎌倉、室町、江戸、と時代ごとに紹介されている。

それも、読みづらい原文ではなくて、やさしく現代語訳されているのがありがたい。
タイトルや内容は堅いはずなのに全編、温もりが感じられるやわらかい文章で、著者のお人柄がしのばれる。
たちまちファンになってしまった。

著者の銭谷武平(ぜにたにぶへい)氏は、長崎大学名誉教授で農学博士。
天川村洞川(どろがわ)の陀羅尼助丸で有名な「銭谷小角堂」がご実家のよう。

1920年生まれとあるから今年90歳。
ご健在なのでしょうか。

ありがとうございました。
この後も、ゆっくり読ませていただきます。


あ、役行者と五色のウサギ、は何に書かれていたかって?

はい、鎌倉時代の『源平盛衰記』。

Posted on 2010/08/19 Thu. 13:37 [edit]

category: 読書

TB: --    CM: 3

19

行者米 

御所(ごせ)市の、ややさみしいメインストリート・新地商店街の中で、ひときわ目立っているのが杉村商店の行者米(ぎょうじゃまい)だ。

御所のまちが大いに賑わう「霜月祭(そうげつさい)」は今年12回目を迎えるが、初回に地域おこしをめざして考案されたもの。

御所には、修験道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)の生誕地・吉祥草寺(きっしょうそうじ)があり、修行した葛城山がある(その頃の葛城山は今の金剛山と言われるが)。

また、霜月祭のときに、全国から集まった山伏が歩く道は「行者街道」と名づけられている。

「行者米」は、役行者を葛城山へ導いたと伝えられる五色のウサギにちなんで五穀をブレンドした杉村商店オリジナル。
奈良県産のヒノヒカリ・古代米の赤米と黒もち米・あわ・きび。

健康ブームにものって、全国から注文がくる人気商品。

1袋300g300円という手軽さがありがたい。

重いとちょっと躊躇するよね。
お土産にお米とお酒どっち? やはり後者でしょう^^;

おかげでこの日はどっちもゲット!


お酒はすでに飲んでしまったのに、行者米はやっとこのほど炊くことに。
炊く前に観察、観察。
5種類、取り出してみた(右)


かなり色が染まると聞いていたので、白米1合をプラスして炊く。


それでもなかなかいい色に炊きあがったicon22
違和感なくおいしい。

「五穀を決めるとき、いろいろ試してみたんですよ」と杉村商店の杉村佐知子さんがおっしゃっていた。
「ひえ」などには、ちょっと抵抗感をもったという。
五穀の配分も、試行錯誤の末の決定。

炊くときの注意事項bikkuri-01
行者米を、いつものお米のように洗っていて、ザルにとったとき、ああっ、ザルの目から流れ出したものが…
「あわ」と「きび」の粒がザルの目よりも小さかったのだぁicon10

行者米を炊かれるときはお気をつけあそばせ(って、こんなアホなことやらかすのはワタクシだけ?)


※杉村商店

御所市新地

TEL0745-62-2379

地方発送もしてくれる。



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Posted on 2010/08/18 Wed. 12:53 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 8

18

「コトコトコースター」活躍の図 

東京へ戻って行った娘から画像付きメールが届いた。

コトコトコースターを使ってお酒を飲んでるよface02

「火の鳥」は御所市油長(ゆうちょう)酒造の米焼酎。

そう、あの「風の森」の蔵は焼酎も造っているのだ。

これを選んだのは娘で、支払いももちろん本人。

誰かへのお土産かと思っていたら、なぬなぬ、自分が飲むために買ったのかぁ。

右はジャガイモ焼酎、だと。

備前で飲むとは、ううむ、わが娘ながらやるね。

コトコトちゃん戸惑っていなければいいけれど^^;

娘と一緒に訪れた酒屋さんは、磯城郡(しきぐん)田原本町(たわらもとちょう)にある「あべたや」さん。
奈良のお酒を多種扱っていることを知りながら、地理的にご無沙汰ばかり。
この日は久しぶりに“ついで”訪問。

ご主人は熱いタイガースファンなので、顔を合わすとその話題になることも多い。
この日もしばらくぶりなのに開口一番「今日は阪神どうです?」などと聞いているワタクシ。
「アカン、アカン、大量点で負けてるわ」(この日は10ー0で中日に完敗)

タイガース、優勝のアカツキにはまたお酒を買いに行こうicon09
そして喜びを分かち合いたいと思う。


娘は奈良の焼酎を選ぶといって「火の鳥」を見つけたのだった。

※コトコトコースター
http://kagiroi.narasaku.jp/e25691.html
http://www.kotokotomori.com/?pid=20401880

※酒のあべたや

磯城郡田原本町三笠43-3
TEL0744-32-4335
FAX0744-33-0509
http://www.abetaya.com/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Posted on 2010/08/17 Tue. 12:52 [edit]

category:

TB: --    CM: 6

17

高野山麓でブログのご縁 

ブログを始めてから、世界が広がったような気がする。

「ナラ咲く」ブロガーさんの何人かにお会いしたし、飲み会にまでお誘いいただくことも(モチ、都合がつく限り参加icon45)。

そして、昨日は、ブログのご縁がついに高野山麓の実家にまで及んだという話。

発端はtetsudaブログ「日々ほぼ好日」だった。
tetsudaさんが高野口町で講演された記事に、ワタクシがコメントを書いたのがきっかけ。

実家にほど近い学文路(かむろ)に在住されて、野迫川(のせがわ)村へ勤務されている松原佳史さんからメールを頂戴したり、『かぎろひの大和路』に興味をお持ちいただいたり。
で、昨夕、お訪ねくださったというわけ。

ずいぶんお若い方とお見受けしたが、松原さんは熊野古道や高野山町石道の語り部などもされていて、話はすこぶるおもしろかった。

生駒郡・平群町・王寺町などで配布されているタウン紙『うぶすな』に、「大和の南山中と熊野古道」を連載されている。
ubusuna.gif


高野山から野迫川村、十津川村を経て熊野本宮まで歩くリレーウォークなども開催されているという。
参加したい! と思ったけれど、すでに定員いっぱいなのだとか。

いつか参加させていただこうと思う。
山は先達がいないとちょっと厳しいので、ほんとうにうれしいご縁となったのだった。
今後ともよろしくお願いしま~す。

興味深い話ばかりで、初対面なのに、かれこれ2時間ほども話し込んでしまったのだった。
もっとも、仕事の顔でお会いするのではなく、普段着、スッピン(まあいつもと変わらないが)、隣組の気安さみたいなものもあったと思うが^^;

先日、西吉野村(あ、今は五條市でした^^;)へ行ってからすぐに黒滝村・天川村へ。そして昨夕の野迫川村の話。
このところ、なんだか吉野郡にご縁があり、魅力やパワーを感じるばかり。

Posted on 2010/08/16 Mon. 09:37 [edit]

category: 高野山麓から

TB: --    CM: 6

16

勝福寺笠塔婆 

8月7日、御所市の中西遺跡現地説明会へは、御所駅から歩いていった。

現地への案内の多くは、「JR和歌山線玉手駅から徒歩40分」となっていたので、これを見ただけで二の足を踏まれた人も多かったのではないだろうか。
この暑さのなかだもの、ね。

ワタクシもあの道を歩きたくな~い(>_<)

幸いにも、御所通いを続けているワタクシ、最近ちょっと土地勘もできてきたicon22

歩いて楽しいはずのルートが浮かんでくる。
JR御所駅からまっすぐ南へ、ごせまちを抜け、蛇穴(さらぎ)集落を通って行く道。
上の写真、田んぼの向こうに車が走っているのが国道24号線。

蛇穴集落では、先日お会いした彩色の野口家地蔵石仏に手を合わせる(下の写真の上、こんもり見えるのが野口神社の樹叢)。


集落から南へはずっと田んぼの間を縫う道。
車はほとんど通らず(歩いているのも1人だったが^^;)、西には雄大な葛城・金剛の山。
稲穂はだいぶ育っていた。


中西遺跡見学レポート
http://kagiroi.narasaku.jp/e25472.html

同じ道を戻らないのがかぎろひ流(って、これは失敗も多いのだけれど^^;)
でもまあ今回は、土地勘があるので(何度も自慢するヤツ(^O^))、宮山古墳から24号へ出てバスで御所駅へ戻ろうという算段。
室(むろ)大師と言われる高野山真言宗の寶国寺(ほうこくじ)へ立ち寄ったりしながら、寺田橋のバス停に着くと、なんと40分待ち(-_-;)

行き当たりばったりのかぎろひ流は、こんなところですぐにボロが出る。
う~ん、40分もこんな国道沿いで待てないわ~
どうする、どうする、とあれこれ考えて、そうだっ、たしか奈良県で2番目に古いと言われる「勝福寺(しょうふくじ)の笠塔婆」はここからすぐ近くなのではと思い出した!

行ってみよ。
道を聞きながら(最初に聞いた家の人には知らないと言われた)行ってみると


田んぼのはるか向こうに、それらしい笠塔婆と説明板?が見える。
ええっ、あそこへはどうやって行くのよ。
道がないbikkuri-02

田んぼの横をシンチョーに通る。


目指す笠塔婆




4面に仏像を刻む。
説明板によると、「文永七年五月二日 願主沙弥妙蓮敬白」の文字が刻まれているというが、摩滅が進んでいて、肉眼では確認できなかった。
高さ2.185m(説明板による)。
奈良県で2番目に古い笠塔婆だという。文明7年は、鎌倉時代中期の1270年だ。

最古は、ご存じ般若寺のもの(2009年12月撮影)。これも鎌倉中期の弘長元年(1261)。重文指定を受けている。

勝福寺の笠塔婆は、般若寺のものほど大きくはないが、とても優美だと思う。

田んぼの奥に、忘れられたように建っているのが、なんともさみしすぎはしまいか。

道しるべもなく、わざわざ行かないと出合うことができない地にあるし…

などと、つらつら考えていると、おっとバスの時間がぁ……

必死になって走り下ったのであったicon16

なんとか、セーフicon10


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Posted on 2010/08/15 Sun. 14:44 [edit]

category: 石仏

TB: --    CM: 2

15

商店街の燈花会 

8月13日、奈良市商店街振興会の機関紙(『商振会ニュース』)に載せる写真を撮っておくために歩いてみた。

奈良公園一帯で開催されている「なら燈花会」に比べると、エッと思うほど人通りも少ないけれど、また違う趣が感じられた。

東向北(ひがしむききた)商店街

地蔵堂周辺に灯りが集められてなかなかの風情。


東向北の北、花芝(はなしば)通り商店街

人通りは少ないけれど、心ひかれる居酒屋があったりする…^^;


















猿沢池の南側、今御門(いまみかど)商店街(左)と西寺林(にしてらばやし)



さらに、ならまちへ足を伸ばしてみる。中新屋(なかのしんや)町


ここまで来ると、ほとんど人通りがなく、昼間の賑わいとは全く別の顔を見せている。しっとりした情趣。

三条通り。猿沢池の手前、御高札場の石段を彩る燈花会はいつも美しい。
この日も、カメラを持った人がいっぱいの人気スポット。これは実は「橋本商親会」という商店街の燈花会(鹿鳴人さん撮影)。

例年と違うのは、今年5月に復元された「奈良縣里程元標」が建っていることか。

三条通りを下っていくと、賑やかな一角が。

ライブ演奏は、14日もあるとのこと。







Posted on 2010/08/14 Sat. 07:27 [edit]

category: 奈良市

TB: --    CM: 6

14

コトコトコースター 

吉野杉の美しい柾目と香り、かわいい鹿のコトコトちゃん。

数か月前に「コトコトコースター」をゲットしたものの、もったいなくて使えないままになっていた。




コースターの役割は果たさずとも、時折、コトコトちゃんを見てニンマリ、いい香りをかいで満足、どうやらワタクシにとって癒しグッズとなっていたように思う。

これに目をつけたのが、帰省中の娘「わぁ、かわいいね~♪」

「使う?」

「うん♪」

というわけで、ワタクシの手元から東京の娘の部屋へと、「コトコトコースター」は旅だっていったのだった。

元気でね~、可愛がってもらうのよ~icon23

コースターのコトコトちゃん、右は包装紙のコトコトちゃん


※コトコト森
http://www.kotokotomori.com/?pid=20401880

Posted on 2010/08/13 Fri. 12:54 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 11

13

黒滝村でキャンプ 


8月8日から2泊3日で、吉野郡黒滝村へ。
総勢6名でテント2張のキャンプ生活。

人間本来が持っている野生の血が目覚めるのか、はたまた幼少期に野山を駆け回っていたワタクシ自身の環境のなせるわざなのかはわからないが、歳を重ねても自然の真っ只中に身を置くキャンプの魅力は色褪せない。

蚊や蠅がいたり(黒滝村にはいなかったが)、やや清潔度に難点あり、などもその魅力に比べたら何ほどのこともない。

なぁんてエラソーに言っても、きちんと整備されたオートキャンプ場なのだけれど^^;


黒滝村は奈良県のど真ん中。奈良県のへそと言われる。

黒滝村の位置(クリックで拡大)






大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


テントの中に横たわると、大地をじかに感じることができる。普段の暮らしにはないこんな野性味が新鮮bikkuri-01

満天の星に感動して眠りにつき、しらみ始めた空をテントの中から見る。

鳥のさえずり、川のせせらぎ、山の冷涼な空気。








早朝、山々から立ち上る水蒸気


すぐそばを黒滝川が流れる。


川歩きを楽しむ。


こんな浅い川、楽勝でしょ、って?
いやいや、激しい流れも渡ったのよ。

写真ではわからないカナ。滑らないようにカメラを抱えて必死で急流を渡る。

小さな魚や、素早い動きのおたまじゃくもいた。


近場を散策。あの吊橋を渡ってみようよ。下はあまごセンター。


黒滝吊橋。長さ115m、高さ35m



こわごわ渡っていると、小学生の男の子が全力疾走でこちらにやってくるのにはまいった。お願いやから、そっと渡ってね~


野趣いっぱいの食事もまた楽しからずや。レトルトでもインスタントでも、ちょっとぐらい野菜がゴリゴリしても、何でもおいしいからふしぎ。


おなかがいっぱいになると

マージャンに興じたり、シャボン玉で遊んだり。

残ったお酒たちを川で冷やしてみる。

おお、なかなか絵になるね~









天川村までドライブして洞川(どろがわ)温泉へ。帰りは下市(しもいち)の湯で汗を流す。


黒滝村の道の駅では名物のコンニャクも忘れなかったicon61


3日間、カンペキに仕事を忘れ、童心にもどり、ゆるゆるとしたひとときを過ごしたのだった♪

リフレッシュicon09

さあまた現実に戻って、がんばりましょphana

※みよしのオートキャンプ場
吉野郡黒滝村御吉野193
TEL0747-62-2340
http://www3.ocn.ne.jp/~miyosino/

Posted on 2010/08/11 Wed. 16:40 [edit]

category: 吉野郡

TB: --    CM: 14

11

掖上博多山上陵 



8月4日、高野山麓の実家から奈良へ戻る途中、御所駅(JR和歌山線)で下車。

午前11時過ぎなのに、暑うっicon01

こんな日も取材?
ちゃうちゃう、この前忘れた手帳を引き取りにね^^;
ほんと、いくつになってもそそっかしくて、お恥ずかしい限り。

「すいませ~ん」とお訪ねすると
「まあまあ暑いなか、どうぞ冷たいお茶でも」と言われて
「ありがとうございます。それでは」
って、素直な(厚かましい)のがかぎろひ流だけれど、いいんですかね。
京都では、お断りするのが鉄則っていうけれど…^^;

しばらく雑談したおかげで、いろいろおもしろい情報をゲット!
取材は終了後の雑談の中からっていうのは真実やね、とつくづく(でもあまりの裏話は書きませんよぉ)。

すっかり元気になって、このまま戻るのモッタイナイなと、行きそびれている「掖上博多山上陵(わきのかみのはかたのやまのえのみささぎ)」へ。孝昭天皇(記紀に第5代と伝える)陵に比定されている。



隣接して孝照宮




御陵のある三室の集落。



このあたりでバテ気味。
息苦しさを覚えるぐらいの照り返し。
アカン、早よ帰ろ、と散策したい気持ちをおさえて引き揚げたのだった。

葛城山に入道雲が出ていた。



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Posted on 2010/08/06 Fri. 11:38 [edit]

category: 御所市

TB: --    CM: 0

06

ル・ベンケイで親子体験食味学習会 


8月1日(日)、大和郡山市にあるフレンチレストランLe BENKEIで「親子体験食味学習会」が開かれた。

社団法人国際観光日本レストラン協会が昨年から全国的に取り組む「美味しい夏休みを体験しよう!」の一環としての開催となっているが、ずっと以前から食育の大切さを提唱している尾川欣司オーナーシェフのLe BENKEIでは今年で14回目となる。

ワタクシ、親子約70人が集うLe BENKEIバンケットホールへ潜入。以下はそのレポート。

食事の前に、デコレーションケーキ作り。


完成まぢか。


かんせ~い! かんげ~き!


各グループで個性が出たケーキ。
これが食後のデザートとなる。楽しみ~♪


いよいよ食事。
子ども向け料理ではなく、トリュフもキャビアもフォアグラも…のフルコースhoshi-02

尾川オーナーシェフから、テーブルマナーについて学びながらお食事。
かんぱ~い!

「グラスは目の高さで。正式にはカチンといわせませんが、楽しい時にはどうぞやってください」

ナイフとフォークはこうして


パンの食べ方は…ちぎった時にパラパラ粉が落ちるのは気にしないで。
ソースを残さないようにね。パンにつけて食べてください。


この日のメニュー。
テーブルの上にはオーナーシェフによるイラスト入りの説明が置かれていた(クリックで拡大)。

こんな趣向も。

沈んでいるトマト、浮いているトマト、何が違うのだろう?
興味津々の子どもたち。
のぞいているのは、糖度計。

最後に修了証書授与式。



もらったばかりの修了証書を見せてくれたあかりちゃん。

あなたは第14回スローフード「親と子のテーブルマナー教室」を受講され、食べ物がいかに大切かを研修されました。今日学習したことを忘れないで勉強や運動に励んでください。また、お家の方のお手伝いを進んで行い、楽しい食事で大切な体を優しく守ってあげてください。


子どもの味覚は10歳までにインプットされるという。
特に、離乳期から5歳までが大事だとのこと。

写真を撮りながら、ワタクシの耳もダンボに。
ひぇえ、うちの子たち、もう遅いかぁ。
テーブルマナーもきちんとできてるかなあ、とちょっと心配になったり^^; 


で、こんな方が参加されていることにも、最後まで気づかなかった。

帰ってから撮った写真を見ていたらこんな姿が。
ケーキを作る息子さんを見守る河瀬直美映画監督。
左手にカメラ。

やさしいお母さんのまなざし。



この日参加した子どもたちは、こんな素敵な食事会に参加したことを一生忘れないでしょうね。


※Le BENKEI
大和郡山市北郡山町276-1
TEL 0743-53-3588
http://www.benkei.ne.jp/

Posted on 2010/08/04 Wed. 22:35 [edit]

category: こんな店

TB: --    CM: 4

04