fc2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

静岡から新茶のご縁 

静岡市の方からワタクシ宛に封書が届いた。

憧れの富士山の切手が3枚も貼ってある!

う~ん、どなたかしら?

開封してまた驚く。
新茶が!!
「希岩の恵みいらくぼ」八十八夜新茶、なるものが入っていたのである。



やはり富士山の絵はがきが添えられていてこんな文面がしたためられていた。

…奈良八重桜を愛でる会に参加でき、たいへん有意義な一日でした。
あなたに出会えたのもその1つです。
本日、新茶を少々お届けいたします。
お仕事の合間にいっぷく召し上がってください。
今年は富士山も雪がかなり残っていて、朝夕眺めております。
またお目にかかれる機会があれば…と願っています。


そうそう、そうだった~♪
過日のイベント「いにしえの奈良八重桜、再発見の集い」で、奇遇な出会いがあったのだ。

イベントの始まりは、森谷英俊興福寺執事長の講話を聴くというもので、集合は興福寺会館だった。
三重塔の奥にあるこの場所はわかりにくいので、ワタクシ三条通りに近い石段に立ち、誘導する役にあたっていた。

集合時間よりもだいぶ早く来られたのがTさんご夫妻だった。
三重塔あたりの静かな風情をたっぷり味わうかのような感じで、しかも初めてではない様子が見てとれた。

写真を撮リ合っていらっしゃるので、「ご一緒のとこお撮りしましょか~」「すみませんね、お願いしようかしら」「どちらからですか」「静岡なんですよ」「遠くからありがとうございます」というような、たわいない会話をして、それきり忘れていた。

そうして、昼食会場の奈良ロイヤルホテルで。
1人だけスタッフ席からあぶれることになり、なぜかワタクシがお客様とご一緒のテーブルへ。
「失礼します」と席につくと、
「あっ」「確か朝の…」「奇遇ですね!」

それから、Tさんが法華寺に思い入れがあるということ、富士山がお家から見えるという話などをお聞きして盛り上がる。

今から考えると、奈良の話よりも、富士山の話ばかりしていたような気がする。
せっかく好きな奈良へいらっしゃったのに、申し訳なかったなあ。

数年前、仕事が一段落した早朝、突然思い立ってJR奈良駅始発の電車で富士山を見に行ったことがある(青春18きっぷで。無謀^^;)。
日帰り予定だったが、富士山が顔を出してくれないので1泊。

それから、昨年2月「忍野八海をめぐる旅」ですばらしい富士山を見ることができた。



それから、それから。
娘の下宿シェアの相手が静岡の方なんですよ~。
私の夢は、富士山を見ながらハイキングすることなんです。

などなど、お酒も入ってないのに、初対面の方にべらべらしゃべったワタクシ。
いやぁ、普段は寡黙なほうなんだけど、波長が合ったというか、不思議なご縁を感じていたのだった。

どうやら、それはワタクシだけではなかったようで、Tさんは「あなたとはご縁を感じますので、ここへ住所と名前を書いてくれませんか」

もちろん、ワタクシは名刺をお渡しして、その時初めて自己紹介をした。

というような経緯の、新茶だったのである。

こういう思いがけない出会いこそ、人生の醍醐味といったものではないか、と思わずにはいられない。


写真は、送っていただいた新茶。

山の吉原で“馬糞岩(まぐそいわ)”と呼ばれる土壌は、風雨にさらされるとボロボロと細かな粒子に変わり、水はけの良い茶樹の育ちやすい環境を作り上げます。

ゆっくり味わいたいと思います。

土谷さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト



Posted on 2010/05/30 Sun. 13:02 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 0

30