fc2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

手作り“ゆべし” 


大掃除三昧の1日。
普段、手抜き、手抜きなので、ふうっ。

そんなとき、ピンポーン。
小包が届いた。
開けると、手作りの“ゆべし”が入っていた。


ゆべし(柚餅子)は、ゆずをくりぬいた中に、つめものをした十津川の名産。
ごま、とうがらし、昆布、椎茸、そば粉などと特性みそを混ぜ合わせて、2か月ほども寒風にさらして作るというもの。
わらに巻いた、どこかユーモラスな格好で売られていることが多い(左の写真はネットから拝借)。

今回送ってくださったゆべしは、十津川出身で奈良市在住のUさんがご自分で作られたもの。

十津川では、この季節どこの家でも作るのだという。

買ったものに比べると、つめものの部分が色も浅くやわらかい。香りがいい。
発酵させた保存食というよりも、作りたてのような新鮮さがある。
ワタクシはこちらのほうが好みカナ。

ご本人には直接お聞きしていないのではっきりしないが、機会があればまたお尋ねしてみよう。

ごはんのおかずというよりも、お酒のあてに最高!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


今年5月から始めたブログライフ、意外にも(と言ってはなんですが)結構楽しい日々でした。

忙しさの合間の更新は、生活に張りを与えてくれたような気がします(その分、HPの更新を怠っていて、まだ最新号がアップできていない状態です^^; ナラ咲くの「奈良の情報誌をご紹介」のところに、いち早く「かぎろひの大和路」のカテゴリを作っていただきながらまだ申し込んでおらず、スミマセン。HPをきちんとアップできたらお願いしたいと思っています。お正月中には…)。

現在、1週間のうち2~4日を高野山麓の実家で過ごすという生活になっています。
思うにまかせない部分もありますが、デスクワークにはむしろ静かな高野山麓のほうが能率が上がるし、故郷再発見の気分もあり、この二重生活をエンジョイしない手はないと思っています。
周囲の皆様のご理解とご協力に感謝しております。

『かぎろひの大和路』は、これまで通りスローペースの発行となると思いますが、ご了承くださいませ。

次号の特集は、葛城の道②を予定しております。
またいろいろと教えていただければうれしく存じます。
どうぞよろしくお願いします。
未知の道を歩き、人や風景に出会うことを思うと、もうワクワクしてしまいます。

本年のブログはこれにて最終となります。
お読みくださった皆様、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えくださいますように。

スポンサーサイト



Posted on 2009/12/30 Wed. 23:49 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 4

30

純米酒 黒牛 

実家での餅つき大会前夜は、当たり前に宴会とナリニケリ。

ちょっと奮発して、てっちりとてっさ。

早寝の父に合わせて、5時に開宴したものの、各地から五月雨式にやってくるので、宴は果てしなく続く。
就寝したはずの父が起きてきて、再び加わるというハプニングもあったりして。


なぜか、飲まない、飲めないという人は皆無。

地元で買って、いつも評判がいいのが、名手酒造の「純米 黒牛」。
吟醸と言ってもいいような上品な味わい。

黒牛というのは、地名。
この蔵がある和歌山県海南市黒江は、その昔、黒い牛の形をした石があったことから、その名がついたと言われる。
『万葉集に』3首、黒牛の名が見える。

黒牛の海 紅(くれない)にほふ ももしきの大宮人し 漁(あさり)すらしも 
(巻7ー1218)

黒牛潟 潮干の浦を 紅(くれない)の玉裳裾ひき行くは誰が妻
 (巻9ー1672)

いにしへに妹とわが見しぬばたまの 黒牛潟を見ればさぶしも 
(巻9ー1798)


蔵の脇には、犬養孝揮毫による歌碑が建っているという。


※名手酒造
http://www.kuroushi.com/

Posted on 2009/12/30 Wed. 00:24 [edit]

category:

TB: --    CM: 2

30