03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

食堂 てらかわ 

もう5~6年前になりますが、王寺にあるお店をひいきにしておりました。
過去形? す、すいません、あれから全く行かなくなりましたので、そのお店の現在のことは存じません^^;

あれからというのは、当時、料理長をされていた山本文徳さんがお店を辞めて、シンガポールの日本料理レストランへ(修行に?)行ってしまわれたときから、なんです。

お若いのにウデとセンスが光っていて、そのお料理にはたびたび感動をもらっていました。
ブログにも何度か書いたのですが、大半は写真が失われているので、大急ぎで修正した記事(2012.11.19)→

こんな記事を読むと、今のお酒仲間は、山本さんのお料理がご縁だったんやなあと思い出して、しみじみ。

辞められる直前には、1人で訪ねていたり(2013.4.23)→

そうそう、送別会にも参加。写真が残っていましたよ(2013.7.25)

130725送別会

シンガポールへ行かれることがわかったときに、ブログで書いておりますが
きっとステップアップされる山本さん。また追っかけていきたいな。
でも高級料亭だと、そうは行けない…^^;
ありがとう。ごちそうさまでした。


いつか、日本でご自分のお店をもたれるにちがいないと思ってはいましたが、想像以上の速さで実現されたのにはビックリしました。
今年3月1日、奈良市きたまちに「食堂 てらかわ」をオープン!

気になりながら、なかなか行く機会がなかったのですが、4月23日(→)、二月堂で夕日を見てから、迷わずこちらへ向かいました。

日本酒好きな友人2人。初めてのお店なのに、自信たっぷりにお連れしました。

170423てらかわ1

予約も入れておらず、何がいいとか言わなかったのに、お酒に合うアテを次々に作ってくださり、みんな大喜び。
実は、この日お昼に食べたお弁当がボリュームたっぷりで、奈良公園を散策したぐらいではまだ空腹感がなかったんですよね。でもお酒は飲みたい、アテも軽くほしい(笑)。そんなこちらの気持ちをズバリ察したかのような配慮なのでした。
あっ、いつもこんなスタイルなんですかね、豆皿料理。それなら酒のみにバッチリやわ(笑)。

170423てらかわ2


神戸のFさんは奈良のお酒ファン。うれしいじゃあありませんか。
こんなのもいただきました。

170423酒


何も言わないのに、和らぎ水がそっと出てきたことにも、3人はいたく感動。

170423水

普通の居酒屋では、こういうことって少ないのです。もちろんお願いしたら持ってきてくれるのですが、ちょっと言いにくいところもあるんですよね。

〆におそばをいただきました。10割蕎麦。こちらもおいしかった~

170423そば


結構、長居してしまったのでした。
でも、この時間、客は我々だけで、まあのんびりゆったりできたのですが、PR不足を痛感。
ほんとうは何度か通って写真もとって、全貌をつかんでから、ブログアップしたかったのですが、少しでも早くと思いまして。


こんなお店というより、何だかどんな注文にも対応してくれはりそうな感じ(要予約で)。臨機応変にというか、なんでもこい?
午後はケーキセットとかもあると聞いて唖然! お昼はお蕎麦が主流のようだし。

手を抜くことがない山本さん、しかもお1人で、これって、とても大変なことだと思うのですが、なんだかまだまだオモシロイことが起こりそうで、目が離せません。

山本さんのプロフィール(↓クリックで拡大)を読むと、やっぱりね、という感じです。

18120162_1048844908579433_439578266_o.jpg


山本さん

170423山本さん


※食堂 てらかわ→
奈良市坊屋敷町42 石原ビル1階
TEL 070-4191-3923
営業時間 12:00~22:00(現在は16:00~18:00クローズ)

170446てらかわ



スポンサーサイト

Posted on 2017/04/26 Wed. 19:36 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 0

26

春日庵でかき氷 

8月25日、奈良国立博物館で忍性展を鑑賞(→)。
館を出た昼下がりの暑さときたら! 陽ざしも地面からも熱さがじんじん。
暑さも引き受けようという神妙な気持ちも、長くは続かず。。。^^;

どこかで休憩しなきゃ。
で、思いついたのが、そうそう、春日庵さんの2階!
喫茶室をオープンしますと聞いていたのですが、まだ行ってなかったのでした。


さすがに、この時間帯は、ならまちも人影なく…

160825春日庵


ご存じでした? 「さつま焼」で知られる春日庵さんに喫茶室がオープンしたこと。

1608252階

ゆったりした和室の、
大きな窓の向こうは世界遺産、元興寺さん。

160825元興寺


樹木が勢いを増していますが、すぐそこに境内や屋根を見ることができます。

メニューはさつま焼きとお茶のセット。抹茶、煎茶、ほうじ茶などお好みで。


おお、かき氷!
巷で奈良のかき氷がもてはやされているのに機会がなくて、数年ぶりにありついた感。これもご縁ですね。

160825かき氷

↑抹茶金時白玉添え

手作りあんこが甘すぎず、さすが「さつま焼」のお店ならでは。


黒蜜きな粉わらび餅添えというのもありましたよ。
わらび餅が絶品だとか。
こちらも食べてみたいけど、この夏は無理かも。


ゆったりと時間が流れる部屋で、ひとり、ひたすらかき氷~。
涼しくなりました。

季節が移ると、どんなメニューが登場するのか、これも楽しみですね。
ぜんざいとか?


掛け軸は、東大寺長老、上野道善師の書と見受けられました。
一日清閑一日福

心静かに過ごせたひとときに感謝です。


※春日庵→
奈良市中新屋町29

当ブログ内記事→


Posted on 2016/08/28 Sun. 10:23 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 0

28

ラ・ポーズの森 ビアガーデン 

7月2日、久しぶりにAちゃんからメールがきたと思ったら
「今、テレビ大阪で橋本駅出てるよ」
「テレビ見てる? 次は九度山駅みたいよ」
「九度山駅、去年の秋あたりにキレイになった? 六文銭マークがいっぱいになってるな」
と、立て続け。

「テレビ大阪、見られへん」と返信してから、突然ひらめきまして!
「いきなりやけど、今晩、ラ・ポーズのビアガーデン、行かへん?」

「ビアガーデンしてるんや♪ イイね」
あんまりすんなり決まったので、誘ったほうがビックリ。
Aちゃん、大阪からかけつけてくれまして。
私ときたら実はこの日、夫が留守で、夕食どないしようかなあ、と^^;


昨年末、新大宮駅前に出現した「ラ・ポーズの森 カフェ ラ・ポーズ」

160702外観

カフェは連日、女子でいっぱい、大人気のようです。
こちらはオープン早々、行きましたとも!

16パンケーキ


ビアガーデンがオープンと聞いて、一度行ってみたいと思っていたのでした。

店内に入ると、ここが線路際にあるとは、お、思えなーい。周りの雑踏ともすっかり切り離されて。

160702室内


テーブルの配置もゆったり。
意外にもお客さんが少なくて、ちょっと拍子抜け。
まだPRが行き届いていない? それともこの日、中央商店街あたりで繰り広げられていた「まちなかバル」の影響?

全体に照明が落とされてムーディ。

ではビアガーデン利用の手引を。
まず、受付で「フリードリンク&バスケット引換券」(2500円)を購入。

160702バスケット


バスケットの中身は、ガーリックトーストやサラダなど。
これで足りるわけはなく、他のお料理はチケットを購入します。1枚500円。
我々は6枚綴り(↑写真左はし)で買ったのですが2500円。ちょっとお得になっているようです。

生ビールは「一番搾り」と「ハートランド」

160702室内2

ビールはセルフサービスで。
グラスを置いて、ボタンを押すとうまい具合に入りました。
他のドリンクはスタッフが作ってくれます。

料理の注文は、テーブルに置かれている伝票に記入しチケットを添えて、スタッフに渡します。

6枚のチケットを全部使ったら、満腹~。
あ、2人で6枚ですからね、念のため。

160702料理
160702料理2

お隣の「桃谷樓」(→)の直営とあって、なるほど、中華風メニューが多いのが特徴でしょうか。

「飲みホーダイ」なればこそ。つい、あれもこれもと、飲んでしまいました、えへへ。

160702飲み物


この日のメニュー

160702メニュー


ビアガーデンご利用方法

160702説明


南国をイメージしているとか。店内には海の映像が流れ、レイが配られましたよ。

160702レイ


ビアガーデンと言っても、やはり女性向きでしょうかね。
ノンアルコールも多いので、飲まない人も楽しめそう。
デザート類もありましたよ。

ビアガーデンは午後6時~9時営業。
9月中旬頃までされるようです。

※ラ・ポーズの森 カフェ ラ・ポーズ→
奈良市芝辻町2-11-62
0742-30-3450

Posted on 2016/07/04 Mon. 16:12 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 0

04

月雲(つくも) 

ダイトレ歩き(→)は、自分の体力や筋肉のことを考えさせられる結果になった。

トシやで。
彼女がいなければ、ワタクシもそう思って、山歩きをやめるほうへと向かったかもしれない。

最近一緒に山歩きをしているFさんは学生時代の同級生。
ワタクシがふうふう言いながら、重い足取りで必死に階段を登っているとき、彼女は涼しい顔で、リーダーにぴったりついて軽やかに進んで行ったのだった。

下山後はおんな二人でおきまりの反省会。以前、連れて行ってもらって印象に残っていた「月雲」さんへ(→)。

この日はまず、ビールで「お疲れさま」

160614ビール

↑伊勢角屋麦酒。やっぱりおいし~


それから奈良のお酒を。
「奈良のお酒、おいしいね」「でしょう~」「次、何にする?」
彼女は神戸在住。他県の人から奈良のお酒をほめられると、単純にうれしい。自慢したくなる(笑)
月雲さんは日本酒1杯が90ccで、あまり強くないワタクシ向き。いろいろ飲めるのでね。
というわけで、ほぼ制覇?

160614奈良酒


こんなものまで。

160614菩提もと


さらに、彼女が静岡のお酒が好きだというので

160614静岡


アテもおいしくて、彼女も気に入った様子

160614あて


学生時代はほとんど接触のなかったワレワレが、卒業以来、ン十年経って一緒に山歩きを楽しみ、その後、お酒を飲んでおしゃべりしている不思議! あの頃のクラスメートが知ったら、ビックリするだろうな。

彼女とこれからも山歩きしたいから、そしてその後、一緒にお酒を飲みたいから、ワタクシも筋力をつけなければ。がんばるぞ。


※月雲(つくも)
橿原市久米町540-2
0744-27-5755

tukumo.png

Posted on 2016/06/20 Mon. 21:36 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 0

20

春日庵 

春日庵の「さつま焼」は、奈良を代表する銘菓ですから、今さら紹介する必要はないと思いますが、このほど店舗を新しくされたのをご存じですか。

先日、通りかかったら、あれぇ。

新店舗2
 

正面から

新店舗

↑右隣が前のお店

店内が広く、明るくなりました。

店内


以前、少し離れた所にあった工場も一緒になり、製造風景がちょっとのぞけるのが、なかなか楽しいのです。

製造風景


近く(3月?)、2階に喫茶室もできるそうで、こちらも楽しみですね。


帰ってから、お抹茶といっしょに「さつま焼」をいただきました。
親しみのわく形ですよね。

さつま焼


こうばしい皮の風味と、あっさりしたこし餡がおいしい~。改めて、しみじみいただいたのでした。

さつま焼2


↑真ん中の穴は、一個ずつ串にさしてくるくると焼き上げた、その跡ですね。


※春日庵
奈良市中新屋町29
0742-22-6483
http://www.kasuga-an.co.jp/

Posted on 2016/02/12 Fri. 22:59 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 2

12