fc2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

文集 水門 第4号 

本日、3月27日(水)から「かぎろひ文芸講座」第6期がスタートします。

第4期の成果、文集「水門」も出来上がっています。

230327水門

一期(6回)を終えての作品集、今までは、センセの手作りだったのですが、「ひとり同人誌 芝辻」同様、こちらも初めて印刷しました。
時間と費用を考えると、こちらのほうがオトクだということがわかりまして。仕上がりもきれいだし。

これが講座の前日(26日)に届くという綱渡り状態(;^_^A
生徒さんの原稿提出締め切りが3月半ばだったのに、最終稿が届いたのが23日の朝。まあ、センセのほうの作業はほとんど終わっていたのですが、パソコンに取り込んで校正などを済ませ出稿したのが当日の夜。2日の納期で大丈夫だろうと印刷所(ネット)へお願いしたら、問題がなければ26日の出荷になるとのお返事。これでは27日着やん。あかんあかん。

急いで、すみませんが26日必着でお願いしたいのですが可能でしょうか? とメール。

お返事は明朝やろなあと思っていたら、すぐに返信があって承知しましたと。
ネット印刷業界って、どんなふうなシステムになっているんでしょうね。深夜の対応にビックリ。

まあ、そういうわけで無事に昨日26日、納品。
今後はもう少し作品の提出締め切りを守ってもらわないとねー。センセの半ばあたりというええ加減さもアカンよね。15日なら15日ときっちり指定しないと。とエラソーに言うてますが、これがなかなかね(笑)

では、行ってきまーす。

スポンサーサイト



Posted on 2024/03/27 Wed. 08:36 [edit]

category: かぎろひ文章教室

TB: 0    CM: 0

27

第6期 かぎろひ文芸講座 

奈良出版館代表、田中龍夫が講師を務める「かぎろひ文章教室」。
第6期、この3月から、名称を「かぎろひ文芸講座」に改めることになりました。

「文章教室」と聞いて想像する内容とは全く違いますので、ずっと違和感をもっていたのですが、センセもやっと気づいたようで(笑)

あわてて、HPの文字も修正⇒

240318HP.jpg
↑メインは「かぎろひの大和路」なんですけどねぇ。すいませんm(__)m


文芸HP


第6期はこの3月27日(水)からスタートします。
2月の出席者には予定を配布したのですが、ホームページにもアップしています。⇒

内容は今までどおり、現代文と俳句鑑賞は続行しますが、新たに『源氏物語』を読むことになりました。

240318文芸講座予定表

飛び入り参加OKですので、興味がありましたらぶらっといらっしゃってください。

Posted on 2024/03/18 Mon. 21:20 [edit]

category: かぎろひ文章教室

TB: 0    CM: 0

18

2月の文章講座は28日(水) 

月に1回開講している田中龍夫の「文章教室」

第5期最終回になります。

2月28日(水)10:00~12:00
奈良県女性センター(東向商店街)
講座室1
(エレベーターで3階へお上がりください)
飛び入り参加もOKです(1500円)

テキスト
①現代文は「気仙沼」(高村光太郎)(『日本の名随筆79 港』より)

2402文章講座

②万葉集 磐之媛皇后

③俳句鑑賞 高浜虚子

第6期は3月からスタートします(予定は当日配布)。
新たに『源氏物語』を読みます。
講座名称は、「かぎろひ文章教室」から「かぎろひ文芸講座」に変更することになりました。
追って、ホームページにもアップしますね。⇒
どうぞよろしくお願いいたします。

Posted on 2024/02/21 Wed. 16:24 [edit]

category: かぎろひ文章教室

TB: 0    CM: 0

21

1月31日、現代文のテキストは「わ・が・ほ・さ」 

田中龍夫が講師を務める「かぎろひ文章教室」、1月は31日(水)となります。

現代文のテキストは「わ・が・ほ・さ」(田中龍夫、ひとり同人誌・芝辻2号所収)

240124テキスト

「万葉集」は海上うなかみ女王

俳句鑑賞は
荻原井泉水
種田山頭火

事前申し込みなしの飛び入り参加、歓迎です(1500円)。

※「かぎろひ文章教室」
1月31日(水)10:00~12:00
奈良県女性センター 講座室1

Posted on 2024/01/24 Wed. 22:33 [edit]

category: かぎろひ文章教室

TB: 0    CM: 0

24

12月の文章教室は13日(水) 

田中龍夫の「かぎろひ文章教室」は1か月1回。(11月29日に終わったばかりなので)まだまだな感じをもっていたら、おっと、12月やった、早かったんやった(;^_^A

しかも、センセはずっと前に(歴史探訪より早く)資料を準備していたので、バタバタな気配もなくてね。ご案内が遅くなりました。

かぎろひ文章教室 
12月13日(水)10:00~12:00
奈良県女性センター(ひがしむき商店街)

①現代文のテキストは「漁師町にて」(立原正秋)

231213文章教室テキスト

②万葉集 鏡王女

③俳句鑑賞 中村汀女


実は、今日から明日と、かなりドタバタしそう。
というのも、娘(なっちゃん、あーちゃんの母)が友人の結婚式で沖縄へ。

2312101755沖縄
↑昨日12月10日、17時55分

留守をまかされたワタクシ、今日はまずあーちゃんを保育園へお迎えに行き、お泊り。
夫が「3人分の弁当作ったるわ」。これはありがたい(笑)

翌朝は、パパがいるので保育園への送りは任せて、ワタクシはいったん、家に帰る予定。
午後から、別件、役員会議があるので出席して、終了後、またまたあーちゃんのお迎え。以上がミッション。

でも、こうして確認してみると、一緒にいるだけで、お迎え以外は大したことしないわね(笑)
もっと小さければ大変だろうけれど。

んで、我が家の女子はみんなお気楽やなあとつくづく(笑)。もちろん、ワタクシもふくめ(;^_^A

そうそう、なっちゃんとあーちゃんと一緒にやろうとひそかに楽しみにしていることが。
先日、歴史探訪に参加してくださった京都のYさん(センセの幼なじみ)から「お孫ちゃんに」といただいたもの。

231211京の桜

また、報告しまーす。

Posted on 2023/12/11 Mon. 11:27 [edit]

category: かぎろひ文章教室

TB: 0    CM: 0

11