fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

お刺身パックの中身が貧弱だったのでお寿司になった 

我が家の食生活はじーさんによって成り立っている。買物から料理まで。
これって、珍しいのかも?

「じーさんの手料理」に特化したブログもできそうだとは思うのだけれど、本人はSNSには全く関心がないから、無理があるよね(笑)。ワタクシが書いてもおもしろくないと思うのだ。

「かぎろひNOW」としては、時間がない時などに、便利なネタとしてブログ更新に使わせてもらっている。しかし、これが結構人気なので、管理人としては複雑でもあり(笑)

水曜日は近くのスーパーマーケットで、新鮮な魚がお安く買えるので、毎週水曜日は我が家も決まってお刺身の日。じーさんはそれを楽しみに出かける。

しかーし、今日行ったところによると、値段は一緒だが中身が貧弱とのこと。
じーさん、本当は一尾買いをしてさばきたいのだが、2人では食べきれないし、同じ魚ばかりになるので、ワタクシがやや不満なのを知っている(笑)。なので最近は4種類ぐらいの魚が入ったお刺身パックを買うことが多い。

今日はその切り身の数が少ないというのである。
近くまで帰ってきて、それならばと、ひらめいたのだそう。量が少ないのなら、寿司にしたらええやん(笑)

240207夕食

たしかに、お刺身4切れならすぐになくなってしまうが、お寿司にすれば、食べ応えがある。
じーさんのグッドアイディアであったことよ(笑)

それにしても、慣れているとはいえ手際がよい。お米を洗ったのはばーさんだぜ(笑)

エビの頭は、その場で焼きながらポリポリ。

食べ過ぎたー

スポンサーサイト



Posted on 2024/02/07 Wed. 22:34 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

07

節分の鬼に泣くのは何歳までか(笑) 

2月3日、節分の日を迎えると、気になるのは、なっちゃんとあーちゃん。今年も鬼は来るだろうが、さて、どんな展開になるのか興味しんしん。泣き叫びながら鬼に向かう子どもを見たい(笑) あんなに純真でいたいけな姿って、人生のほんのわずかな時間なのではないだろうか。

ラインで状況をうかがうばーさん

240203ライン

なっちゃんはすでに泣く子から卒業したらしい。あーちゃん一人で鬼退治となると、ちょっとかわいそうな気も。

しかし、あーちゃんは果敢にも福の神で応戦するという。

240203福の神

届いた動画から。
パパ鬼さん、登場

240203鬼

豆をぶつけるあーちゃん。がんばれ

240203鬼2


なごやかに終了したかに見えたのだったが、

240203泣きべそ

最後は大泣きだったとか(笑)。笑って、こんな写真載せてごめんね、あーちゃん。


いっぽう、じーさんとばーさんは、こんな動画を見ながら、巻きずしをかぶりついたのだった。

節分だからという、そこまでの意識はなかったのだが、こんな品が贈られてきて

240203須磨のり
↑鬼さんで隠れてしまったが須磨の新のり

じーさん「これは、巻きずし作れってことやな」

240203巻きずし

茶碗蒸し付き

240203茶碗蒸し

と、ホウレンソウの炊き炊き小鍋と焼き鳥(イカもあったけど)

240203焼き鳥

Posted on 2024/02/03 Sat. 23:33 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

03

鶏の焼肉 

1月27日は、今年初めてのオンライン飲み会。
久しぶりだけれど、我が家ではすっかり根づいてしまった感がある。

じーさんが「最近オンライン飲み会ないな」と言う頃、なっちゃんとあーちゃんも「やりたい」となって実現。

いつもと変わらない夕食なのに、前日から何をしようかとあれこれ考えている料理人。

この日は、鶏の焼肉がメイン

240127鶏
↑セセリ、皮、ハツ、レバー、ズリ


過日、珍しく上等の牛肉を手に入れて焼肉をしたところ、翌朝、おなかをこわしてしまったじーさん。そういうお年頃なようで。脂のキツイのはどうも合わなくなってきているみたい。好きなのにウナギも。まあ、安上がりでいいか(笑)

炉端焼器で、少しずつ

240127焼肉


ムコドノがインフル感染中とかで、料理人のいない娘宅につき、いつものおいしそうな写真はなく、1人、チーズとオリーブの実でワインを飲んでいる。そのうち宅配ピザをとっていた。なんてこった、親の顔が見たい(笑)



スタートする頃、若草山焼きも始まり。花火の後、あっという間に燃え始めた。
心配になるくらいの火の激しさ。

240127山焼き


オンラインは4地点を結んで深夜まで続いたのだった。

240127オンライン

Posted on 2024/01/28 Sun. 21:01 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

28

アジずし 

いい鯵があったと言って、じーさんが結構大きなのを仕入れてきたのが一昨日のこと。

ほんとはこの段階から撮らなあかんよね、とブログを書く段になって気づく、のんきなばーさん(笑)

その日は3枚におろして、お酢に漬けて冷蔵庫へ。

骨も捨てませんぜ。
じっくり揚げた骨せんべいはビールのおつまみにグー♪
これも撮り忘れ(;^_^A

翌日、酢飯を作り、押しずしに。これで3合。

240121鯵ずし


この日は2人で1本を平らげ

240121鯵ずし2

240122鯵寿司アップ

翌日の朝昼兼食に1本

240122にゅうめん
↑にゅうめん付き。ちゃちゃっと天ぷらまで揚げて、お好みでにゅうめんに入れる


そうして、最後の1本は今夜

240122夕食
↑鯵寿司の手前はエイヒレ。乾燥したのを買ってきてお酒に漬けておいて軽くあぶったやつ。左のお鍋はホウレンソウとチクワの炊き炊き


酢の物は続いても全然飽きがこないよね。日本酒にも合うし(笑)。
ごちそうさまでした。

Posted on 2024/01/22 Mon. 23:16 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

22

我が家のイタリアン 

趣味というのは、工夫と研究のみならず、チラ見、チラ聞きからでも広がっていくものらしい。
じーさんの手料理を見てそう思う(笑)

じーさんは年甲斐もなく、中華にも洋風料理にも手を染めるが、あくまでも自己流である。
最初は、ネットからレシピを出してくれるか、と謙虚だが、そのうちに異なものを投入して、すっかり別の料理に変身してしまったりする(笑)。

「初めてのものが入ってるのわかるか?」と聞いてきて、うん? という場合は、隠し味として成功、ということが最近わかってきた。
冒険心いっぱいだが、さすがに、あまりにも特殊なものにまで手は出さないのだろう、まずくて食べられないということは皆無。


昨日1月15日の朝昼兼食はグラタンだった。ホワイトソースから自分で作る。これは、テレビの料理番組でちょこっと小耳にはさんだのが基本だそう。レシピ書けなくてごめんね(笑)

240115グラタン

長らく、チーズが糸を引かないことで悩んでいたが、数年前にあっけなく解決して、安定期。


今日16日の夜は、アサリのパスタ。

240116あさりパスタ

これは、インスタントソースを使っているかな。
安物の白ワインを合わせて。

副菜

240116副菜
↑大豆の煮物と、塩昆布つくだ煮もじーさんの作品。真ん中は、いただきものの、柚餅子。お酒に合う。


ごちそうさまでした。おなかいっぱい。

そうそう、ビックリしたのは、この後、じーさん、天ぷらが食べたくなったと言って台所に立ち、手際よく作ってきた。ご飯も食べていた。

240116天ぷら

Posted on 2024/01/16 Tue. 23:17 [edit]

category: じーさんの手料理

TB: 0    CM: 0

16