FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「奈良、時の雫」上映会は1月4日 

今年7月から毎月第一土曜日に開かれている、映像作家・保山耕一さんの上映会は、次が7回目、来年1月4日となります。

190104保山さん
↑クリックで大きくなります。


映像作家 保山耕一作品上映会「奈良、時の雫」(珠玉の映像詩と音で綴る奈良の四季)
2020.1.4(土)14:00~16:00(開場13:30)
奈良公園バスターミナル2階レクチャールーム
参加費 1,000円
定 員 先着 300人


お正月早々なので出にくい方も多いかもしれませんが、ワタクシはむしろラッキー!
先日、「ならどっとFM」事務局(もちいどの)でゲットしてまいりました。
テーマは「祈りの風景」とか。
残席あるようです。
いつもあっという間に完売になりますので、まだの方はこの機会にぜひ!

ウェブからの申し込みはこちらから⇒



スポンサーサイト



Posted on 2019/12/15 Sun. 15:40 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

15

アウル古楽アンサンブル演奏会2019 

昨日(12月5日)、「かぎろひ歴史探訪」第13期は終了しました。皆様、ありがとうございました。
追って、ご報告する予定ですが、しばらくお待ちくださいね。
FBページには一部写真をアップしていますので、よろしければそちらを。⇒


明日(7日)は郷里へ。そして、10日締切の頼まれ仕事が半分もできておらず、アセアセ^^;

と、大事なご案内を忘れていたことに気づきました。
毎年12月恒例、アウル古楽アンサンブル演奏会が今年も開かれます。

191214パンフ

12月14日(土)午後1時30分開場 2時開演
奈良ホテル 聖ラファエル教会
チケット 3,000円


このブログに何度も登場していると思うのですが、ピアニスト池口由紀子さん。「アウル古楽アンサンブル」は彼女のご主人を中心としたメンバーで構成されています。由紀子さんはパイプオルガンをはじめ、リコーダー、打楽器とさまざまにご活躍です。

ワタクシは池口さんファンであるとと同時に、バロック音楽も好きなので、毎年のように聴きに行っています。もちろん、今年もその予定です。「かぎろひ歴史探訪」が終わってホッとしている時期というのもタイムリー♪

遅くなりましたが、たぶん残席ありと思いご案内します。

今回は、これまでとちょっと趣向がかわり、ケルトの音楽だそうです。

ひと口でケルトと言われると、ピンとこないかもしれませんが、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、ブルターニュ、ガリシアの地域。

191214ケルト
↑ネットから拝借


中学や高校の音楽の授業で、アイルランド民謡やスコットランド民謡は親しんできましたよね。
アニーローリー、ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)をはじめ、卒業式の定番「蛍の光」がスコットランド民謡だと知ったときはビックリしました。今は歌わないのかな? でも、閉店メロディーとして脳にインプットされてしまっています(笑)。

メロディに日本的抒情があふれ、何だか胸にしみます。
ずいぶん前に日本に入ってきたのでしょうね。「庭の千草」なんて、ワタクシが幼稚園のとき、一緒に寝ていた祖母に教えてもらったんですもの^^;


「アウル古楽アンサンブル」はおそらく、こういった音楽も演奏されるのでしょうね。

今回のために、バグパイプも入手されたとか。

とても楽しみです。

舞台が教会というのも魅力のひとつ。

1712奈良ホテル教会

お問い合わせ、お申し込みは池口さん0742-24-5781

ワタクシのほうにご連絡いただいてもOKです。
ブログ右のメールフォームからどうぞ。メールアドレスをご存じの方は直接でも(^_-)-☆


Posted on 2019/12/07 Sat. 07:06 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

07

東大寺深発見PARTⅡ 

昨年に続き今年も「東大寺深発見」が開かれます(奈良ゾンタクラブ⇒主催)。

東大寺深発見②ちらし-(4)

11月8日(金)
第一部:13:00~14:30 上司永照師講演
東大寺金鐘ホール
参加費 2500円
要申し込み / 定員300名

第二部:15:00~16:00 上司永照師同行「二月堂特別拝観」

参加費は一部二部含めて4000円
要申し込み / 先着100名
※二月堂拝観のみの参加はできません。
締切:10月20日

お申し込み、お問い合わせは
FAX:0742-23-7352
E-mail:i-onishi@fancy.ocn.ne.jp


ワタクシ、昨年の第一回には参加したんですよ。
写真も撮ったはずなのに、見当たらなくて…^^;
たしか、naraclubさんが丁寧に報告されていました。⇒


ワタクシは第二部にも参加しました。
永照師の案内で二月堂へ。礼堂へ入れていただき、お話を聴くことができて感動したことを思い出しました!


Posted on 2019/09/22 Sun. 08:07 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

22

池口由紀子×保山耕一コラボ、三たび 

池口由紀子アフタヌーンライヴのご案内です。

190831池口さんチラシ

と き:2019.8.31(土)13:00開場/14:00開演
ところ:奈良ホテル[金剛]
参加費:4,800円(デザートビュッフェ付き)
定 員:150名(全席自由)

池口さんは夏の終わりに、毎年のように奈良ホテルでライヴをされています。

1607池口由紀子ライヴ
↑↓2016.8.27

1607ピアノ

今年も2台のピアノを使われるのではないでしょうか。1台は奈良ホテルが有する百年ピアノ。


加えて、今年はなんと、映像作家の保山耕一さんとのコラボが実現することになりました!

お2人が初めて共演されたのは、忘れもしない昨年4月の「奈良八重桜を愛でる会」でした。⇒

保山さんの映像に触れながら紡ぎ出されてゆく池口さんの即興演奏は、会場を感動の渦に巻き込みました。
お2人のもつ高度な技術と感性の融合だからこその世界だったと思われます。

機会があればまた聴きたいと思ったのはワタクシだけではなかったはず。

そして、お2人も、どこか合うと感じられたのでは?
池口さんは、本来の自分に改めて気づくことができた、いいきっかけをいただいたというようなことをおっしゃっていました。

今年1月の水木十五堂賞授賞式(⇒)でも、お2人のコラボシーンがあり、今回が3度目となります。
とても楽しみです。

お申し込みは黒瀧さんへ。 090-6911-7975

お2人のコラボは、いわば、「奈良八重桜の会」がきっかけとなったことでもありますので、ぬかりなく、全会員にいち早く連絡済み。
「奈良八重桜の会」会員については、ワタクシがとりまとめています。もし会員以外の方で、ご希望があれば(知人、友人限定ですみませんm(__)m)、ワタクシのほうにご一報ください。

参考までに、チラシ裏面をどうぞ。

190831池口さんチラシ裏


Posted on 2019/07/19 Fri. 21:21 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

19

奈良公園バスターミナルで保山耕一さんの作品上映会 

「奈良公園バスターミナル」の2階レクチャーホールで、毎月(第一土曜日)、保山耕一さんの作品上映会が開かれることになりました! 「珠玉の映像詩と音で綴る奈良の四季 奈良、時の雫」

その第1回「春日大社」は7月6日に開催され、超満員、大感動のうちに終了しました。
想像はしていたのですが、ものすごい人がつめかけていてビックリ。ホール300席にその2倍くらいの人が来られたのではないでしょうか。入ることができなかった方もたくさんいらっしゃったと聞きました。

保山さんは闘病しながら、毎日、早朝から撮影に出かけ、それをYou Tubeに公開されてきました。
「奈良、時の雫」⇒

観る者の心にしみいる映像は、じわじわとファンを増やし、反響は全国に広がっていったと思われます。
この日も、泊りがけで来られた方も少なからずいたもよう。急遽、前のほうに、段ボールを敷いて席を作ったり、階段席、立ち見も。
こんなにたくさんの人が来てくださったうれしさと、いすに座っている申しわけなさを感じつつ、どっぷり保山ワールドに浸ってまいりました。

190706レクチャーホール


やはり大きなスクリーンで観るのはいいですね。
すみかおりさん、野上朝生さんのピアノ、平岩雅子さんのソプラノとのコラボもあって、会場の感動は最高潮に。
司会は、ならどっとFMの中川直子さん。

190706出演者

季節の移ろいとともに変化する春日大社の映像には、たしかに神様が感じられたのでした。

いつも確信をもって思うのですが、ワタクシが奈良に魅かれた原点は、小学校4年生のとき。
高野山麓の山間の小学校で、クラスの女子から「奈良へ行ってきたのよ」と渡された、春日大社本殿前の朱の楼門の絵はがきを見たとき、身体中を、何と言えばいいのでしょう、憧れに似た感情がめぐったのを覚えています。

その頃は奈良のことは何ひとつ知らなかったはずで、それから10数年後には奈良に来て、そうして今ここで、春日さんの美しい映像を観ている奇跡。

春日大社境内の銀杏が降りしきるように散る映像を見つめながらそんなことを思い出したりしていました。


第二部は、奈良まほろばソムリエの会から松森さんが登場されて、『奈良百寺巡礼』(⇒)の紹介、五條市生蓮寺(⇒)の高畑住職が蓮のことを話されて、楽しいひとときとなりました。

190706第二部


保山さんによる映像の裏話もとても楽しくて、会場全体がいい雰囲気でしたね。

190706保山さん



※第2回は「祈り」
8月3日(土)14:00~15:30(開場13:30)
奈良公園バスターミナル2階 レクチャーホール(⇒)


1908チラシ


※鹿鳴人のつぶやき⇒

Posted on 2019/07/07 Sun. 20:48 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

07