04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

特別展「木×仏像」  

大阪市立美術館で、4月8日(土)から特別展「木×仏像ー飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」が始まります。

木×仏像


お出ましの木彫仏はいずれも魅力的というだけではなく

木×木像2

(↑あっ、右から2つめの千手観音立像(重文、滋賀・阿弥陀寺)は出品がとりやめになったとか。本日発表されました。残念)


素材である木に注目しているところが従来の展覧会とちょっと違う視点でしょうか。

趣旨から
・・・人間よりはるかに大きな樹木は、人間の寿命をはるかに超えた長い時間風雪に耐えて大地に立ち続けます。樹木は日本人にとって身近でありながらも、祈りの対象でもありました。そうした「樹」を伐り出し、大地から切り離された「木」に彫られた仏像や神像、それが本展のテーマである木彫像です。本展覧会では仏像の素材となった木の種類、あるいは木材の用いられ方など素材に注目することによって、仏像に込められた深い意味を理解する手掛かりとし、その魅力を再発見します。

・・・
何の木で造られたの? どうしてその木なの? どうやって彫ったの?
素朴な疑問に答えながら素材の秘密を探り、技術の妙に目を見張る。本展覧会ではあなたの知らない仏像の世界へご案内いたします。



そういえば、木彫仏に向き合うとき、何の木か、なぜその木なのか、ということを重視してこなかったような気がします。
新たな世界がひらけるかも。

07_秋葉権現三尊像

↑円空作 木像 秋葉権現三尊像(江戸時代)


『かぎろひの大和路』誌にも掲載しましたが、希望者に招待券をプレゼントします。5名様に2枚ずつ。

170321招待券

メールやコメントでも受け付けたいところなのですが、かぎろひ誌の読者はどうもSNSに関わりのない方が多いように思われますので、あえてハガキでのご応募ということにさせてください。
締切は4月5日(水)

詳しくは「かぎろひの大和路」復刊33号で。

※特別展「木×仏像-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」→
平成29年4月8日(土)~6月4日(日)
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
月曜日休館」(5/1は開館)
一般 1,300円(1,100円)、高大生1,100円(900円)
※( )内は、20名以上の団体料金
大阪市立美術館
06-4301-7285(大阪市コールセンター)
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/21 Tue. 21:35 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 2

21

第12回大阪アジアン映画祭 

今年も「大阪アジアン映画祭」が明日から始まります。3月12日まで。

第12回大阪アジアン映画祭チラシ


2月中旬にリーフレットが送られていたのに、ご紹介が遅くなってしまいました。

今年で12回目。アジア全域から集められた57作品が10日間にわたって上映されます。

170203大阪アジアン映画祭


詳しくは→

会場マップ(クリックで拡大)

170203大阪アジアン映画祭マップ



こういうイベントって、ほんとうに熱心な映画ファンで支えられていると思うのです。
学生時代の友人Eさんもそのひとり。

Eさんはフリーの編集者ですが、第一回の「大阪アジアン映画祭」から深く関わり、ポスター、チラシ、公式カタログ等の編集・校正を全面的に担当されています。

学生時代はほとんど接触がなかったのですが、卒業してン十年経って、ネット上で偶然の再会。
メールを交わすうちに、いちど同窓会をしてみようという話に発展、クラスメートの連絡先を探すのにずいぶん苦労をしましたが、思いがけずたくさんの人が集まって・・・それからもう10年になります。

最近はEさんとも音信不通な関係に戻ってしまいましたが、今年も「アジアン映画祭」の時期になって懐かしく思い出しています。

そうそう、10年前の同窓会のとき、次回の幹事を決める段になって、やっぱりEさんとワタクシが選ばれてしまったのだった、ということを今、思い出しました^^;

また、やりますか、Eさん。

Posted on 2017/03/02 Thu. 20:16 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

02

アウル古楽アンサンブル演奏会 2016 

「アウル古楽アンサンブル演奏会」が今年も開かれます。

2016アウル


12月10日(土)午後1時30分開場 2時開演
奈良ホテル 聖ラファエル教会
チケット3000円(前売り2500円)

お問い合わせ・お申し込みは
池口さん 0742-24-5781
ワタクシのほうへご連絡くださってもOKです。右のメールフォームからどうぞ。


メンバー
池口秀樹
池口由紀子
金谷くるみ
杉田明徳
寺内知子
吉岡昌信

アウル古楽アンサンブルは、ルネサンス・初期バロック時代の音楽を、復元した古楽器を用いて再現されています。
使用楽器は、各種リコーダー、クルムホルン、コルムナーゼ、ゲムスホルン、フィーデル、ルネサンスギター、リュート、ガンバ、チェンバロ、ハープ、打楽器、など。

聖ラファエル教会も魅力です!

聖ラファエル教会

チラシ裏面もご参考に。クリックで大きくなります。

2016アウル2


2015年の演奏会案内→


Posted on 2016/11/21 Mon. 07:18 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

21

池口由紀子ピアノライヴ 

池口由紀子さんのピアノライヴが奈良ホテルで開かれます。

160827池口由紀子ピアノライヴチラシ

と き: 2016年8月27日(土)13:30開演(13:00開場)
ところ: 奈良ホテル 金剛の間
料 金: 4,000円(ファーストドリンク、デザートブッフェ付)全席自由


プログラム、プロフィールはチラシ裏面をどうぞ(クリックで大きくなります)。

160827池口由紀子ピアノライヴチラシ2

卓越したリズム感と独特の即興センスでジャンルを問わない多彩なレパートリーを駆使し、その情熱的かつ繊細なピアニズムとダイナマイトパワーで聴衆を魅了している。

とチラシにありますが、まさにそんなコンサートになると思われます。
ご本人は、華やかな雰囲気のなかに、少女のようなかわいらしさと繊細さを秘めた、不思議な魅力をお持ちです。しかーし、見かけによらず(あ、失礼だった?)、気さくでフレンドリー。
当日の演奏、トークにそれがあらわれるでしょうね。

4年前(2012.7.16)、奈良ホテルでのライヴの様子→

お問い合わせ・お申し込みは
池口さん: 0742-24-5781
黒滝さん: 090-6911-7975

ワタクシのほうへのお申し込みもOKです。
このブログの右下、メールフォームからどうぞ。


Posted on 2016/08/02 Tue. 15:58 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

02

首都圏シンポジウム「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~」 

昨日(16日)、鹿鳴人さん(→)とお話する機会に恵まれまして、この話題になりました。
鹿鳴人さんはいいタイミングで出張があるとのことで、上京されるそうですよ。いいなあ。あっ、お忍びだったらごめんなさーい。


遅れましたが、ワタクシもご紹介しなければ。残念ながら、ワタクシは叶いませんが、首都圏の皆様に。そして、娘よ、ハハは行ってほしいぞ~

首都圏シンポジウム「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~」

首都圏シンポジウム
(写真は奈良県のHPからお借りしました)

○内 容
[第1部] オープニング 法螺貝演奏と朗読
     映像「吉野への誘い」/岡本彰夫作『奥大和は日本の「床の間」』
[第2部] 講 話
  ・「過去、現在、未来、祈りの道」 櫻本坊 住職 巽 良仁
     ・「桜色に染まる想い」 如意輪寺 副住職 加島 裕和
[第3部] 映像上映 「映像詩・桜とともに生きる」
[第4部] 座談会 「吉野・生命と再生の聖地」
    ・岡本 彰夫(奈良県立大学客員教授)
     ・巽 良仁(大峯山護持院 櫻本坊 住職)
    ・加島 裕和(浄土宗如意輪寺 副住職)
    ・保山 耕一(映像作家)

開催日時: 2016年6月17日
(開場17時30分 / 開演18時 (終演21時頃予定)

場所:虎ノ門ヒルズ 5F メインホール (東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階)

参加費:無料(申し込みが必要)

定員720名(先着順)
E-mail・はがき・FAXにて、郵便番号・住所・氏名・電話番号・申込人数(ご自身含む、最大3名まで)を明記の上、下記事務局へお申し込み下さい。

申 込 先:  奈良県首都圏シンポジウム運営事務局 宛
         〒150-0011 東京都渋谷区東3-15-6 百百代ビル2F
          E-mail: sympo@welcome-nara.jp
          F A X: 03-6418-4735
         
※申込代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号、申込人数(ご自身含む、最大3名まで)を明記のこと


詳しいことは奈良県のHPで→


※映像作家、保山耕一さんの「時の雫」より「吉野山の桜」

Posted on 2016/05/17 Tue. 14:56 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 2

17