FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

第7回 水木十五堂賞 

1月26日、DMG大和郡山城ホールにおいて、第7回水木十五堂賞授賞式が行われました。
ご報告が遅れましたが、余韻に浸りながら、この記事を書いています。

190126水木十五堂賞

水木十五堂(1865~1938)は、大和郡山に住み、大和の歴史・文化・地理について研究を重ねた人で、中近世の古文書や写本、絵地図、古代瓦や経典など幅広い蒐集でも知られます。その貴重な資料群は「水木コレクション」として残されました。

大和郡山市は平成24年(2012)、水木さんを顕彰し、語り継ぐために「水木十五堂賞」を創設。7回目となる平成31年、映像作家・保山耕一さんが受賞されました。


大ホール(900余人)を保山さんのファンが埋め尽くしました。
保山さんは、「大和の誇り」という演題で、上映とお話を織り交ぜながら進行。

190126保山氏

6年ほど前、保山さんは病気のため、第一線のテレビカメラマンを辞めて奈良へ戻り、ひとり撮影を始めらます。当初は、友達一人もいなかったとか。
それが、今やたくさんの仲間ができたと話され、1人1人のお名前を挙げながら、エピソードなども紹介。保山さんはこの授賞式を、応援してくれた仲間への感謝の式にしようとされている、と感じたのでした。「奈良八重桜の会」もその中に入れていただき、感謝感激!



保山さんの努力と、技術と、感性と、生きる力によって生み出された映像の数々が、大きなスクリーンで、そしてピアニストや歌手とのコラボ!
以前、千住真理子さんのヴァイオリンとのコラボでも感じたのですが、これはもう、ひとつの芸術ジャンルになり得るのではないでしょうか。⇒
映像と音楽の共演が、さらに深い世界へといざなってくれるような気がします。オーケストラと保山さんの映像コラボが実現するのも、そう遠くはない?!


第2部は記念座談会。
保山さん、岡本彰夫先生、柳澤保徳氏、上田清市長と、進行は神崎宣武氏。

190126座談会


とても楽しいひとときでした。
そのなかで、若草山からの大雲海をご覧になった岡本先生が、御蓋山が「浮雲の峰」と言われる理由がやっとわかった、とおっしゃったのが印象に残りました。

保山さんの大雲海をどうぞ。




温もりのある、すばらしい授賞式だったと思います。保山さんの多くのファンと喜び、感動を共有できたと実感できました。
ありがとうございました。

奈良、時の雫⇒
スポンサーサイト



Posted on 2019/01/29 Tue. 19:57 [edit]

category: 大和郡山市

TB: 0    CM: 0

29

今日の新緑③ 

4月16日

180416郡山


180416郡山2


180416郡山3


180416郡山4

ずっと準備を進めてきた「奈良八重桜を愛でる会」のイベントが、4月15日に終了。どこかホッとしながら、自分の仕事が滞っているやん^^;
「かぎろひ歴史探訪」まであとわずか。明日こそ、コースのご案内をします!

Posted on 2018/04/16 Mon. 23:08 [edit]

category: 大和郡山市

TB: 0    CM: 0

16

大和郡山城跡の桜 

3月30日、大和郡山城跡

180330お濠


満開の桜の下で

180330展望施設から


お花見を楽しんでいるのはだ~れ。

180330展望施設から2


もうちょっと近づいてみましょう。

180330お花見3


わぁ、楽しそう~♪

180330お花見4


180330お花見2



あっ、これはこれはかぎろひ歴史探訪仲間ではありませんか!

180330お花見


えへへ、ワタクシもさっきまで、この中にいたんですけどね、ちょっと抜け出して、ぐるっと回ってきたときのシーンなんです。

180330 5枚


時々、花吹雪が舞って

180330花吹雪

ひとひらがグラスにも

180330はなびら

↑そう、ワインもあったのよ。


総勢15人。飲み干したお酒たち

180330お酒たち


楽しいひとときにかんぱーい。

配本、下見などで怒涛の日々のなか、満開の桜の下で、楽しい仲間たちとゆっくり過ごし、たっぷりの充電。また頑張れそうです。

Posted on 2018/04/01 Sun. 21:44 [edit]

category: 大和郡山市

TB: 0    CM: 2

01

修羅引き 見学 

先日、先輩の工場で見せてもらった「修羅」(→)がいよいよ本番登場、とあっては行かないわけにはいきませーん。

4月2日、大和郡山へ。

修羅は屋内で見たときとまた違う迫力がありました。

170402修羅

長さ7m、幅2.5m、重さ2.3トン。石が8トン。

これを、市内の小学生(新5年生、6年生)120人が引っぱりました。

170402子どもたち


想像以上にスルスルと軽やかに動くのですが、
通り過ぎたところの丸太を抱えて前方に運ぶ人や

170402丸太


後方で綱を握る人の重要さ

170402修羅後方


などが印象に残りました。
皆様、お疲れさまでした。


乗ってはるのは市長さん

1700402市長




Posted on 2017/04/04 Tue. 07:57 [edit]

category: 大和郡山市

TB: 0    CM: 0

04

大和郡山お城まつり 修羅引きは4月2日 

大和郡山市でお城まつりが始まりました。3月26日(日)~4月9日(日)。

170322お城まつり

期間中いろいろなイベントが組まれています。
大和郡山市のサイトから↓
奉告祭・数珠くり法要 3月26日(日)9時~柳澤神社
郡山城天守台展望施設完成記念式典 3月26日(日)10時30分~郡山城天守台付近
時代行列・白狐お渡り 4月2日(日)14時~市内巡行(雨天中止)
郡山城天守台展望施設完成記念 修羅引き 4月2日(日)時代行列通過後・元気城下町バスパーク~三の丸会館前(雨天時は9日に順延)
お城まつり市民パレード 4月9日(日)14時~市内巡行(雨天中止)
夜桜ぼんぼり点灯・天守台ライトアップ 期間中の毎日18時~21時


郡山城天守台展望施設は3月26日午後から一般公開されましたが、完成記念の「修羅引き」が4月2日に行われます。

修羅とは、木製のそり状のもので、重機のなかった時代に重いものを運ぶときに用いられました。コロなどの上に乗せ、摩擦抵抗を減らし、重いものを運んだんですね。
「駿府城築城図屏風」などには、修羅で巨石を運搬する様子が描かれているそうで、大和郡山城の石垣も修羅が活躍したと考えられます。

というわけで、今年は天守台展望施設完成記念として修羅引きがお目見えするのでしょう。
見に行ってみようかな、と思っていたところ、なんと!
たまたま先輩Tさんから電話がかかり、「修羅、うちでつくってるのよ~」。
これには驚きました。

先輩は以前にもこのブログに何度か登場していますが、学生時代の下宿の先輩で、その頃おつきあいされていたのがご主人。応援団の団長さんでした。ワタクシはいまでも「団長さん」と呼んでいます。
卒業してからワタクシが奈良へ来るまで、ご夫婦ともに没交渉だったのですが、10数年前になるでしょうか、「お綱まつり」 で偶然再会してからいろいろお世話になっています。雑誌の購読とかも(笑)

「修羅! 見たい! 納品前に見せて~」とお願いして、24日、桜井方面へ配本の後、立ち寄りました。
えへへ、団長さんに三輪駅まで迎えに来ていただいたんですけどね。あの団長さんをアゴで使うなんて、あの頃には考えられなーい(笑)。恐縮、恐縮m(__)m


修羅は団長さんの工場に

170324作業場


どん。クレーンで材木を入れるのも大変だったとか。

170324修羅


木材は米松(ベイマツ)。
日本の松とは種類が違うようですね。太くてまっすぐ。

170324修羅3


長さ7m

170324修羅2

切り込みのある所に、横木を入れます。積んである8本↑


修羅の下に並べる転ばし丸太(コロ)。これですね↓。直径15㎝、長さ4m。
ヒノキだそうです。

170324丸太


これが敷板だったかな。

170324板

修羅の前方には引綱の取付穴があけられていて、この作業が大変だったようですが、写真撮れていませんでした^^;

4月2日が楽しみです。

※修羅引き(大和郡山市のサイトから)

日時:4月2日(日) 「お城まつり時代行列・白狐お渡り」(14時から)の通過後~16時頃まで
場所:元気城下町バスパーク出発~三の丸会館横まで

修羅引きイメージ
syura_image.jpg



(注)雨天時は、4月9日(日) に順延します。

【見学自由】

石垣を支える巨石を、人力で運搬する築城当時の様子を再現。
木製の台「修羅」に巨石を乗せて、「ころ」と呼ばれる丸太を転がし修羅を引っ張ります。
地元小学校の生徒も参加し、みんなで支えあって巨石を引いて、築城時に思いを馳せ、修復された石垣や展望施設の完成の門出を祝います。

【修羅引き時の道路の全面通行止めにご協力をお願いします】
修羅引きの実施に伴い、元気城下町バスパーク前から三の丸会館前の道路が全面通行止めとなります。
これにあわせ、近鉄郡山駅前を13時~16時に発着するすべての奈良交通定期路線バスが、修羅引きの出発地点の元気城下町バスパーク内の仮設バス停からの発着となります。「郡山市役所」バス停もご利用いただけません。
また、タクシーも上記元気城下町バスパークからの発着となります。
ご不便をおかけしますが、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします

Posted on 2017/03/26 Sun. 19:27 [edit]

category: 大和郡山市

TB: 0    CM: 0

26