FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

ラッキョウ騒動 

ラッキョウはお好きですか?

ワタクシ、好き嫌いはほとんどないのですが、なぜかラッキョウだけは苦手。同じ仲間のような、ニンニク、ネギ、ニラは好きなんですけどね。ラッキョウ、ノビルはいけません^^;

味が好きとか嫌いとかいう以前の問題で、今では、身体に合わないのではと信じるに至っているほど。
食べると胸がムカムカして、気分が悪くなり、吐いたことも。若い頃、もしかしたらニンシン? と青ざめたことも(笑。ケッコン以前の話^^;)

というわけで、数十年は食したことがないのです。ラッキョウさんには申しわけないのですが、できるなら永遠に忘れていたいかも。


いつだったか、「かぎろひ歴史探訪」の反省会の二次会でしたかね、なじみの立ち飲みでワイワイやっているときに、ラッキョウの話題になりまして。

驚くことには、苦手な人が意外に多かったんですよ。6人のうち、好き派と嫌い派が3:3に!
そのうちに、知らない人にまで声をかけ始めると、これも半々ぐらいだったカナ? 

ラッキョウっていう名前もなんか妙ですよね。
結局、Yさんが「センセに調べてもらいましょ」というようなことでお開きになったのでした。

1906-ラッキョウ

↑個人的には写真を見ただけでアカン^^;


龍センセは、調べましたとも。何度も図書館へ通って、時間も費やしたようですが、だんだんおもしろくなったそうです。
成果は随筆になって結実しています。そのままご披露したらいいのですが、ちょっと長いし、難しい書名もたくさん出てきますので、まとめてみました。ワタクシは原典にはあたっておりません。センセの文章の引用となりますのでご了承ください。ただし、読み仮名と詳しい編纂年はネットで調べて付け加えました。


『新撰字鏡しんせんじきょう平安時代の昌泰年間(898年~901年)に編纂されたと伝わる。現存する漢和辞典としては最古

『本草和名ほんぞうわみょう(延喜年間の918年編纂)現存する日本最古の薬物辞典

上記2つには、「薤」があり、いずれも奈女彌良(なめみら)、於保美良(おほみら)と読んでいる


『倭名類聚抄わみょうるいじゅうしょう(和名抄)平安時代中期、 承平年間(931年 - 938)の編纂
『本草和名』を引用、奈女彌良と読む

『類聚名義抄るいじゅみょうぎしょう平安時代後期の11世紀末から12世紀に成立。漢字を引くための辞書(字書)
オホミラやナメミラに混じってニラが登場

『日葡にっぽ辞書』(江戸時代の1603年~1604年、日本語をポルトガル語に訳した辞書)ポルトガルの宣教師たちが作成
Racqioという見出し語はあるが、煩わしいことがなくなり、解放された状態で居ること、とあり、日本語で書くと「楽居」。
「ラッキョウ」の項目は無いが、NiraやNinnicu、ニラ、ニンニクはある


『本朝食鑑ほんちょうしょっかん(元禄10年=1697年頃、食べ物事典)
羅津岐與(ラツキヨ)

『農業全書』(元禄10年=1697)
らつけう


『書言字考節用集しょげんじこうせつようしゅう(江戸時代の元禄11年=1698)
「薤」にラツキヨウ、ヤブニラと振り仮名

『和漢三才圖会わかんさんさいずえ』(江戸時代中期の正徳2年(1712年)成立)
匂いのある草をいう葷草の欄に「薤」があり、「おふにら」と訓み仮名がつく。
次の項目「水晶葱」に「らつきよ」とある

『古事類苑こじるいえん(明治時代)…明治政府により編纂された百科事典。古代から1867年(慶応3年)までの様々な文献から引用した例証を分野別に編纂。
その植物部、草の項に「薤」


『日本国語大辞典』(1972年~1976年、小学館)
ラッキョウに漢字の辣韮、辣韭、薤をあてる

『大漢和辞典』(初版1955-1960、大修館書店)
辣韮、辣薤。辣薑があり、皆ラツキヤウと読みがつく。
次の見出し語「辣根」は、わさび、山葵。
次の「辣菜」には、禅家にて漬物をいふとある

『広辞苑』
ユリ科ネギ属の多年生作物。中国原産。日本でも古くから栽培。葉は細く、秋に花茎を出し、その先に球状に集まった紫色の小花をつける。冬を越して、初夏に地下に生ずる白色の短紡錘形の鱗形は一種の臭気を有し、漬けて食用とする。オオニラ。サトニラ。


以上の記録をみると、中国に起源をもち、平安時代に日本に伝わったときには、「なめみら」「おほみら」「にら」と呼ばれていたようですね。「ラッキョウ」という言葉が登場するのは、それから約800年も経った1700年頃。
ラッキョウという言葉を流行らせた、言い出しっぺは誰?

龍センセは、犯人(?)を禅宗のお坊さんとみています。
江戸時代になって、お坊さん仲間で使っていた読み方が外へ出て、一般にも広がっていったのではと、「二上山」の読み方を例に挙げて推測します。もとは「ふたがみやま」と呼ばれていたのですが、当時インテリだったお坊さんたちが「ニジョウザン」と音読みしたのです。本居宣長さんは、そんな風潮をけしからんと怒っています。

随筆「ラッキョウ騒動」を詳しくお読みになりたい方は「ひとり同人誌」でどうぞ⇒


「ひとり同人誌」のサイトをずっと放ったらかしにしていて、3年ぶりに更新しました^^;
田中龍夫「ひとり同人誌」はすでに9号。ご興味のある方はご一報ください。





スポンサーサイト



Posted on 2019/08/03 Sat. 11:50 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

03

ヘパリンZクリーム 

激しく転倒してからまもなく4か月になる。⇒

結局、病院に行かないまま…。
しばらくの間、打ちつけた右足に違和感があったが、すっかり元に戻った。
欠けた前歯もすぐに補修してもらった。

いちばんひどかったのが唇と鼻の間の負傷。
傷は癒え、痛みもなくなったが、アザのような濃い痕はとれそうにない。
夫は「チョビヒゲ」のようだと笑うが、これってヒドイよね。
親しい友人は「一生のこるかもね」と心配してくれたが、これもちょっとキツイ。
ま、自分でも半ばそういう不安を抱いているだけに、友人とはいえ、こうもはっきり指摘されると、やっぱりショックだ。いや、もう人生の後半、顔などどうでもいいではないかと思うのだが…


そんなとき、Fさんが「ヘパリンZクリーム」を紹介してくれたのだった。
すでに、転倒してから3か月ほど経っていた頃のことで、今さら効果がないのではと言うと「古傷にも効くのよ」ということだった。

一縷の望みをもって、薬局で尋ねてみた。
店主が自分の頬骨の上の黒いシミ状の所を指さして「これ、30年前の傷やねん。自転車で転んだときの」。

それを聞いて「30年経っても傷はこんなにのこるのか、やっぱりね」と、落胆。
が、店主はその後、こう言ったのだった。
「30年前の傷痕はいったん消えたんやけど、最近、こんなアザのようなものが出てきてね。家内がそこって30年まえにケガしたところではないの、と気づいて…」「ヘパリンZクリームを塗り始めたら、ずいぶん薄くなってきたのよ」

おお! 身をもって語られる薬の効力! なんて説得力のあることよ(笑)


すぐに買って帰ったのは言うまでもない。

190610ヘパリンZ

有効成分ヘパリンナトリウムが患部の血行を促し、組織液・リンパ液の循環を促進。組織の新陳代謝を盛んにして打ち身やねんざ後の気になるハレを改善します。
とある。

毎日、塗り続けて約1か月が経った。

知っている人に、「目立たなくなったね」と言われることが多くなり、自分でも、薄くなっているように感じる。

ヘパリンZ、おそるべし!


皮膚のターンオーバー(新陳代謝)についてネット検索してみた。

周期はおよそ1か月と言われるが、年齢により変わるらしい。
加齢とともに遅くなるのは、そりゃそうでしょう。
1か月というのは20代、30代~40代は45日程度とか。

それ以後は?
自分の年齢×1.5~2、なんですって!

と、いうことは、ん、ん、ようやくワタクシの皮膚もターンオーバー時期?
とすると、傷痕が薄くなったのは、薬のせいばかりではないのかい!?

Posted on 2019/06/11 Tue. 06:20 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

11

キズパワーパッド 

顔面負傷した翌日のこと

娘「お医者さんで診てもらったほうがゼッタイええよ。一生、顔に傷が残るのいややろ」
夫「あと30年ぐらいやから、残ってもええやん」
娘「私は顔にケガしたら仕事(美容系)でけへんけど、おかんの場合、手でも困るし、足やったらもっとヤバイ。そうか、顔しかない! 顔でよかった!!」

言われっぱなしのなか、娘のダンナが、「キズパワーパッド」の効力を語ってくれたのだった。
早速、病院のコンビニでゲット。

キズパワーパッド

これまでのバンドエイドとは全く違うらしい。
いわく、キズは水道水で洗え、消毒液は使うな、キズは乾かさない。かさぶたはつくらない。

体液自体にキズをなおす成分が含まれているので、皮膚の自然治癒力を高める、ものらしい。

使ってみた。
粘着力が強く、貼ると、キズの部分が白くふくらんでくる。
初日は夜中に、液が漏れてきて、外して顔を洗い、新しいのと交換した。

今のところ、8時間ぐらいで、白い部分がパンパンになるので、貼り換えている。
2日目にして、キズはかなりおさまってきたように思う。

しばらく、外出は控えようと思っていたのだが、今朝、どうしても仕事の関係で会わなければならない人が。
ケガのことを報告してあったので、「お岩さんのようになっているかとこわかったけど、大したことないじゃない。大丈夫よ」と言われて、かなり気が楽になった。

申し込んであった明日のお酒の会、代理人を立てようと何人かに打診したが、急なこととてみんな予定あり。
こうなったら、行くしかあるまい。楽しみにしていたので、行けということだろう。

それにしても、キズパワーパッドの効果は絶大。


Posted on 2019/02/22 Fri. 21:56 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

22

大根鍋 

1月21日夕方、大阪から帰宅すると、「丸大根(聖護院)とお揚げさんの炊いたん」が、鍋一杯に出来上がっていた。
丸大根は先日、Le BENKEIさんでゲットしてきたもの。⇒

1901丸大根


京都出身のわが家の調理人は、子どもの頃からよく食べてきたのだという。
冬はわが家の食卓にもよく上る一品。
いや、一品というより主役。土鍋に移して炊き炊き食べるので、まあ、お鍋料理のような。

190122大根鍋


青首大根よりもキメが細かくてやわらか。
柚子皮を細く切ったものや、七味をふっていただく。夫はとろろ昆布が好み。
お酒にも実に合うが、ご飯との相性もバッチリ。つい食べ過ぎてしまう。
2日続いても飽きない。

それでは、「かぎろひ料理教室」~(笑)
下準備
丸大根の表皮をむく(かなり分厚く、大胆に)
食べやすい大きさに切る
お揚げさんは油抜きをしておく
お出汁は濃くとる。カツオ、昆布、煮干し

調理
丸大根をゆでる。お米のとぎ汁で。なければお米を入れてもOK
やわらかくなったら、水洗いする
丸大根と油揚げを煮る
調味料は、砂糖、薄口しょうゆ、みりん、お酒

以上、聞き書きでした^^;

Posted on 2019/01/24 Thu. 08:06 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

24

マト(ウ)ダイ 

一歩も外へ出ず、デスクワークの一日。

料理人がいるから、とにかくありがたい(笑)

「こんなの見つけたから買うてきた」

181220マトウダイ

↑側面に、的のような黒丸があるので、「的鯛」と思いこんでいたら、馬に似ているから「馬頭鯛」とも言うらしい。いや、「マトウダイ」のほうが正式か⇒
各地で呼び方も違うらしいね。


夕食時、お刺身の写真を撮ろうとしたら、「きれいに盛り付けてないから、撮るなよ」と言われのだが、まあ、ええやんね。

181220おさしみ


もっちりとした上品な味わいで、おいし~♪
肝と卵も入っていたとかで、皮とともに煮つけたのが、すこぶる美味であった。
肝はアンコウやカワハギにまさらずとも劣らずの風味。


あとは、本場香川県からいただいたばかりの半生うどんを

181220さぬきうどん


鍋焼きに

181220うどん


スーパーで売っている冷凍うどんもいけるが、やはり別物やね。

ごちそうさまでした。

もうしばらく、仕事がんばりまーす。

Posted on 2018/12/20 Thu. 21:18 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

20