02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

茨城県から焼きいも 

突然、茨城県の読者、Mさんから冷蔵便で贈り物が届きました。
Mさんからというのも驚きましたが、中身は、え、焼きいも!?

170226焼き芋


開けてみると

170226焼き芋2


ちょっと細身で、ぐたっとしていて、すぐに食欲がそそられた、とはなりませんでした、正直なところ。

けれども、贈ってくださったからには何かワケがあるはずだと、レンジでチンして試食。
えっ。今まで食べてきた、ホクホクした焼き芋とは・・ち、違う!

クリーミー、というか羊羹のような、スイートポテトのような・・・なめらかな食感。
色も濃い!

170207焼き芋3


「焼き芋、要らんわ」と言っていた夫も、ちょっと違うなとペロリ。

食べきれない場合は冷凍保存でと書いてあったので、はい、そのようにしましたよ。
半解凍すれば、焼き芋アイスですって。
皮をむいて、焼き芋と牛乳をミキサーにかければ焼き芋ラテやお芋ジャムになるのだそう。
へえぇ。これは楽しみやわ。

「紅天使」と書いてあったので、そういう品種のさつまいもなのかと思っていたのですが、ネット検索をかけてみると、これは商標だそうで。品種は「紅はるか」というようです。→

今頃はたぶん「かぎろひの大和路」のラストスパートだろうからと、ガンバレって応援でしょうか。
ありがとうございます。焼き芋でエネルギーチャージ! がんばれそうです。


それにしても「焼き芋」とは、意表をつかれた贈り物でありました。
それで思い出した、昨年末にいただいたものの中から、びっくりしたものを2つ紹介してみます。

Suさんから信州のきのこセット。

1612きのこセット


Saさんから新米食べ比べセット。

16新米

※モンベル・フレンドマーケット→


ずいぶん楽しませていただきました! ありがとうございました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/02/08 Wed. 08:27 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

08

1ℓボトル カバー 

昨日(13日)久しぶりに会った飲み友Sさんに、いただきました。

170113ペットボトルカバー


モンベルのこのボトルカバー、同じ色のを持っているんですけどね、これはデ、デカイ!!
1ℓ用ってのもあるんですね。

ワタクシのハイキングや山歩きには、こんな大きいボトルは持っていかないけれど、別件で役立ちそうな予感。
愛用のカバー(500mℓ)と同色っていうのも、なんだかうれしい。
で、親子の記念撮影~。

170113カバーおそろい


いただいた中身はさて、何だったでしょう~
こちら。

170113黒牛


黒牛は和歌山のお酒(→)。郷里で親しんでいたので、懐かしい。ゆっくり味わわせていただきます。

Sさん、ありがとうございました。

※モンベル、ボトルホルダー→
いろいろなサイズがあるんですね。

Posted on 2017/01/14 Sat. 17:32 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

14

船橋のなし、藤岡梨 

梨が大好き。

って、公言していなかった(と思う)のに、この夏、まるでリレーのように梨をいただいた。

まずは、千葉県船橋市在住のS氏から「船橋のなし」

1608船橋の梨

「ふなばしのなし」
声に出すとちょっと快感。韻を踏んでいるのがええね。


食べ尽くしそうになって少々さみしさを感じていたら、東京都八王子市在住のTさんから「藤岡梨」が届いてビックリ。

1608群馬の梨

群馬はご主人の故郷だから、お盆に帰ったときに贈る手配をしてくれたのかな。


奈良県にも梨の産地はあるけれど(大淀町だ!)、なかなか口には入らないのが実情。
梨の収穫量は全国的にみたらどうなっているのかなとネット検索してみた。

順位 都道府県 収穫量 割合(シェア) [2013年]
1 位  千葉県 3万5,400トン  14.37 %
2 位  茨城県 2万6,700トン  10.84 %
3 位  鳥取県 1万8,400トン  7.47 %
4 位  福島県 1万8,300トン  7.43 %
5 位  栃木県 1万4,700トン  5.97 %
6 位  長野県 1万1,700トン  4.75 %
7 位  福岡県 1万100トン  4.1 %
8 位  熊本県 9,870トン  4.01 %
9 位  大分県 9,460トン  3.84 %
10 位  新潟県 9,200トン  3.73 %
(果物なび→

千葉が堂々の1位! ふなっしーも大活躍だものね。

奈良は何番目ぐらいなのかなあ。
地域の入れ物(2013年)→
へえぇ、梨って、全国的に産地があるのね。
群馬は13位に登場、奈良は29位。


歴史的にも古いみたいやで。
弥生時代の登呂遺跡で、梨の種が見つかっているのだとか。
文献では『日本書紀』持統天皇の7年(693)に、植樹を奨励している記述が見える。

丙午に、詔して、天下をして、桑・紵・梨・栗・蕪菁等の草木を勧め植ゑしむ。
(日本古典文學大系)



船橋のなしも藤岡梨もみずみずしくて、甘く、とてもおいしかった。

Tさん
梨、台風前の収穫で良かったです。
今年の群馬は雨が降らず、東京の水がめが干上がって水不足が心配されていました。
そんな年の梨は甘いそうです。


梨のおかげで、猛暑の8月も元気で過ごすことができたのだった。


贈り物って、その人のことを心にかけるということだから、ほんとうにありがたいと思うのだ。
ご縁に感謝。
Tさんとは20代に出会って以来、なかなか会うこともないのだけれど、あの頃と変わらない親しさが続行。
上京したときは、奈良のお酒で歓待してくれたことを思い出す。→

S氏とのご縁も奇跡的としか言いようがないね。
印象に残っている話。

ン十年前? S氏はさだまさしさんの家の近くに住んでいたらしい。
ある夜、酔っぱらって帰宅中、さだ家の門の近くで気を失いかけ、あろうことか、吐いてしまったんだとか…
悩んだ末、思い切って「生さだ(今夜も生でさだまさし)」に懺悔告白。

それを読んだ、さだ氏「こらぁ、S、おまえだったのかぁ!」と叫んだとか。

Sさん、こんなところで暴露してゴメン。
でも、さださんにそんな叫び声をあげさせたあなたとご縁ができてうれしい限り(笑)


今日もまた、いただきまーす。

160831梨


Posted on 2016/09/01 Thu. 07:28 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 4

01

モンベル 山の行動食セット 

オトモダチのささやんからいただきました。

フレンドマーケット



開けてみると、「山の行動食セット」

山の行動食セット

うわぁ、モンベルさん、こんなのまで出してはるんですね!
山歩きのときは、上から下まで、リュックも靴も、モンベル一色なので、テンション上がります。

山の行動食の中身を紹介しますね。
・榧(かや)の実 1袋〈岐阜県〉
・パン・オ・フリュイ 1袋〈岡山県〉
・信州トレイルミックス 1袋〈長野県〉
・オニザキのセサミバー 2本〈熊本県〉
・飲むジェリー「和歌山なちゅるん」 2個〈和歌山県〉
・むかしうめぼし 2粒〈和歌山県〉

「山の行動食セット」は、ダイトレ歩きでちょっと自信をなくしているワタクシに、がんばれ~、大丈夫! と励ましてくれているように感じられたのでした。

秋になって、山歩きをするときに、これを持って行こう。
確認してみたら、賞味期限がそこまでもたないものがあったので、7月23日の正暦寺ハイキング(→)に持参。朝食とってなかったというマーキーさんにも喜ばれ、早速役立ったのでした。

160723正暦寺にて


ビールのおつまみに消えてしまったものも(秋までもつか…^^;)


それにしても、いつのまにモンベルさんが食部門を?
昨年3月からのようです。

全国各地にあるモンベルの会員組織「モンベルクラブ」と提携している「フレンドエリア」や「フレンドショップ」。その中には、さまざまな旬の食材や特産品があり、そして多くの魅力的な生産者の方々がいらっしゃいます。「食」を通じて、各地域や生産者の魅力を伝えたい。そしてモンベルクラブの会員様をはじめとした皆さまに、こだわりの「おいしい」を届けたい。そんな思いで「フレンドマーケット」は始まりました。

モンベル・フレンドマーケット→
フェイスブックページ→

モンベルならではのネットワークで全国の隠れた逸品を見つけ出しているようで興味津々。

ささやん、ありがとう~

Posted on 2016/08/04 Thu. 07:25 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

04

山梨のさくらんぼ 

先日、思いがけず、山梨県からさくらんぼが贈られてきた。
まあ、これがおいしいことといったら。口の中いっぱいにはじけ散る果汁の甘さ。体中の細胞までが元気づいてくるようなみずみずしさなのだ。

味わいの感動が落ち着くと、今度はその紅色、その形に、くぎづけ。愛らしすぎ。
撮りたい心がむらむら(笑) 

1606さくらんぼ


1606さくらんぼ2


1606さくらんぼ4


空中でぶらんぶらんしている感じが撮れないものか。

1606さくらんぼ6


うーん、いまいち。
この忙しいときにワタクシ何やってんでしょ、と苦笑しつつ、ナットクいかないまま撮影終了。

そうや! 天使(孫3歳)のてのひらに、さくらんぼをのっけて撮るのはどうだろう。
小さな手でさくらんぼを持ち上げる瞬間とか、口に運ぶシーンもいいかも!
バババカな妄想をふくらませながら、ついに、天使の手に触れることなく、山梨のさくらんぼはなくなってしまったのだった^^;

さくらんぼと言えば、すぐに山形県が思い浮かぶのだけれど、調べてみると、最近は山梨県が生産量を伸ばしているようだ。
とはいえ、山形県の国内シェアは76%。2位が北海道で、山形県は3位に登場。この3地で90%を占めるのだとか。

ありがとうございました。


Posted on 2016/07/08 Fri. 20:12 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

08