FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

内山永久寺跡から朝日寺跡、在原寺跡 

「かぎろひの大和路」復刊35号のラストスパート。
とはいえ、2月1日はお水取りイベント(⇒)のお土産用松明箸の作業に参加、まる1日を費やし、急な頼まれ仕事もかかえて、なかなか一直線に進みません。まだ取材も残しているし^^;  
あと、ひと山、ふた山…。

今号の特集は廃寺跡。
といっても、その数は膨大で、シリーズ化するのは必至。今回はおもに、天理~桜井あたりに絞っています。

1月28日、内山永久寺跡から朝日寺跡~在原寺跡(在原神社)と歩いてきました。

コース
天理駅⇒石上神宮⇒内山永久寺跡⇒夜都伎神社⇒朝日寺跡⇒長柄駅⇒(JR)⇒櫟本駅⇒在原寺(在原神社)⇒(上つ道)⇒天理駅

石上神宮から山の辺の道を歩くのはほんとに久しぶり~。柳本から三輪、桜井のほうはよく歩いているんですけどね。

かつては大寺院を誇った内山永久寺。神仏分離・廃仏毀釈のもとに、明治9年廃絶しました。
今はただ、風が吹きすぎるだけー

190128永久寺跡池

現地の説明版

190128永久寺跡

190128永久寺説明板

多くの堂宇や宝物は破壊されたり、散逸していきました。
そのひとつは、石上神宮の摂社、出雲建雄神社の拝殿として移築され、国宝指定を受けています。

190128出雲建雄神社拝殿

ほかに、どこでどんなものを見ることができるかは、なむさいじょうさんのブログをご参照くださいね。⇒


しばらくは山の辺の道をハイキング。
寒い時期に歩くの大好き。冬枯れの風景も魅力です。

190128山の辺の道


枝いっばいにつけた小さな桜の花に見とれていると

190128桜

「梅の花ですかー?」と、立ち止まる若者たち。

感じのいい、親しみやすそうな皆さんで、なぜかワタクシも自然に合流してしまいまして(笑)
どうやら、一人が引率してレクチャーしているような感じ。
「奈良でいちばん初めに咲く桜はどこでしょう?」
「氷室神社」
「正解!」
とか、やってはります。

そこで、ワタクシもそれを受けて
「奈良で、いちばん遅く咲く桜は?」
「吉野山?」

ああ、ナラノヤエザクラは、全然有名じゃないのね、やっぱり、とちょっとかなしく思いつつ^^;

結局、夜都伎神社までご一緒したのでした。いやぁ、楽しかった~!

190128夜都岐神社

なんと、若者グループは、奈良のホテルにお勤めの方々だったのです!
「お客様によく聞かれるのですが、各地のポイントについて説明することはできても、線としてつながっていないことを実感。これは歩くしかない」ということで、先生をつけて現地学習しているとのこと。この日は天理から三輪あたりまで歩かれるようでした。
すばらしいことですよね! がんばってくださーい。 

あ、夜都伎神社では梅の花がほころび始めていましたよ。

190128梅



ワタクシはそこから、西へ下って、朝日寺跡へ。
墓地の聖観音さま。

1901281朝日寺跡


長柄駅から櫟本駅まではJR万葉まほろば線で。

貝原益軒の『和州巡覧記』に、「一面に在原寺、裏面に在原神社」とあり、今もそのまま。

190128在原寺跡

↑この石碑の背後には

190128在原神社


以上、簡単に写真だけで紹介しましたが、詳しくは『かぎろひの大和路』35号で(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2019/02/03 Sun. 15:56 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 0

03

今日の新緑② 

4月13日

180413大和神社


180413フサギ古墳


180413山並み


180413三輪山


「かぎろひ歴史探訪」10-③の下見歩きをしてきました。
コースについては追ってご案内する予定です。
ちょっとお待ちくださいね。

Posted on 2018/04/13 Fri. 22:00 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 0

13

三角縁神獣鏡のマンホールふた 

過日、6月4日、「かぎろひ歴史探訪」第4期の最終回で山の辺の道を歩いたとき(→)、マンホールのふたが三角縁神獣鏡になっていて、ビックリ。

というのも、4年前に歩いたときはそうじゃなかった、だけではなく、娘が「三角縁神獣鏡にしたらいいのに!」 と言ったのがなるほどとおもしろくて心に残っていたからです。

4年前の記事→


↓三角縁神獣鏡をデザインしたマンホールのふた

15.6.4マンホールふた


いつ頃から、こんなふうに変わったのかなと、ネット検索をかけてみると、どうやらちょうど4年前のこの後から、少しずつ増やしていったようですね。もしかしたら、娘のひと言がヒントになっていたりして・・(笑)

Posted on 2015/07/04 Sat. 19:04 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 6

04

天理で出あった彼岸花 

9月19日、郡山城天守台の現地説明会へ行った後は、天理市内で取材三昧。密度の濃い1日となりました。

ご報告はいっぱいあり過ぎるほどなのですが、まずは出あった彼岸花たちから。
彼岸花のことは念頭になかったので、うわぁ、とテンション上がりました。今年はもう無理かなあと思っていたものですから。

石上神宮の近くで

14.9.14彼岸花石上

14.49.19彼岸花2


北山の辺の道で

14.9.19北山の辺2

14.9.19彼岸花アップ2


大国見山(ですよね)をのぞむ

14.9.19大国見山


東大寺山古墳を

14.9.19東大寺山古墳


その形も色もほんとうに華やか、ですよね。

14.9.14彼岸花アップ


とか言いながら、古墳へつづくほのぐらい小道で出あうと、何だかちょっとこわくて

14.9.19古墳へ

足早に(笑)


思いがけない所に、ひと群れというのも、ほほえましくて

14.9.19彼岸花3



僧正遍照と小野小町の歌碑がある厳島神社境内には、白い彼岸花がそっと咲いていました。

14.9.19彼岸花白


Posted on 2014/09/20 Sat. 08:23 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 4

20

桃尾の滝 

暑中お見舞い申し上げます。

14.7.17桃尾3

14.7.17桃尾滝石仏

14.7.17桃尾滝岩

先日、古墳探検→大国見山の後、たどりついた桃尾の滝。

うわぁ、すずしい~♪
滝からのミストシャワーを浴びて、暑さもしんどさも一気に吹っ飛びました。


14.7.17桃尾2

↑ものすごい速さで滝へ向かわれ、水と戯れるおふたり


桃尾の滝、説明板(クリックで拡大)

桃尾滝説明


滝近くにある不動三尊摩崖仏は鎌倉中期のものだそう。

14.7.17桃尾滝不動


如意輪観音さん(南北朝時代のものとか)

14.7.17桃尾如意輪


秋の頃、もう一度来てみたいな。

14.7.17桃尾4


地図

桃尾の滝地図


『大和名所図絵』(江戸時代後期)を見てみると
・・・
白虹雲を穿てそそぎ 寒声月を誘ふて走る 絶景窮り無ふして 

漢文風の名文にうっとり・・読み進めると

廬山の銀河三千尺ともいひつべし 

書き手の筆がすべりすぎ? おいおい、いくらなんでも、大げさすぎるでしょ(笑)

李白の「廬山の瀑布を望む」を念頭においたものだと思われますが、“三千尺”が中国独特の誇張表現だとしても、李白が詠んだのは、今や世界遺産の、落差155mの滝(三畳泉かな)。かたや、桃尾の滝は23m、なのですから・・・

おっと、妙なところにいきついてしまいました。

まだまだ猛暑、酷暑が続きます。どうか皆様、くれぐれもご自愛のほどを!

かくいうワタクシ、数日前から喉の調子がおかしくて、声が出なかった・・・のですが、本日ようやく復活しつつあります。そのままでよかった、という声も・・・・(^^;)

Posted on 2014/07/29 Tue. 16:12 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 7

29