fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

江包・大西の御綱祭り 

資料を整理していたら、ずいぶん前のアルバムが出てきた。
なんと、ちょうど20年前!

20030211アルバム

ブログを始める以前のことで、カメラもデジタルではなかったらしい。紙焼きにしたものが残っていた。

桜井市の江包と大西の行事で、別名「お綱はんの結婚式」。今は国の重要無形民俗文化財(平成24年=2012指定)
2月11日はもうすぐやし、懐かしいので、写真とともに思い出しアップ(以下の写真は20年前の紙焼きをデジカメで撮ったもの)。

20年前のこの日、たしか、三輪素麺組合の当時のU理事長(故人)にお誘いいただいて出かけたのだった。そして、奇遇にも、我らが団長さんにバッタリ再会。今ではこのブログにもよく登場していただいているが、大学時代の応援団長で、奥様は下宿の先輩という間柄。この日から、先輩夫婦との親交が復活したといってもいい、思い出の行事でもある。

JR桜井線巻向駅から西へ20分くらい歩いたところにある素戔嗚神社で、お綱さんの結婚式がある。



初瀬川をはさんで北にある江包集落では男綱を、南の大西集落では女綱を作り、素戔嗚神社で夫婦の契りを結ぶというもの。

言い伝えはこうだ。
昔、むかし、川が氾濫し、上流から2人の神様が流れつかれた。江包村には素戔嗚尊、大西村には稲田姫。隣り合わせた村に助けられた神様は結婚し仲睦まじかった。

逆に、両大字の住民は縁組しないと聞いた。

奈良県のサイトによると⇒
 2月 9日:男綱づくり(春日神社/桜井市江包)
 2月10日:女綱づくり(市杵島神社/桜井市大西)
 2月11日:入舟の儀式(素盞鳴神社/桜井市江包)

両集落から男綱、女綱が運ばれてくるのだが、まっすぐ目指すのではなく、途中の田んぼで相撲をとる。

20030211江包2

寒い中、泥んこになりながらの激しい取り組みだった。

20030211相撲

ひと足早く素戔嗚神社へ着くのは女綱。

20030211大西

20030211大西2

この時聞いた話では、綱の重さ700kg。100mもの長い尾がつく。

20030211大西3
↑向こうに見えている木にも綱を巻き付けたと思うが、後の台風でこの木は倒れたようである。


いよいよ男綱が動き出し

20030211江包

めでたくドッキング

20030211お綱

20030211ドッキング

巨大な綱がしっかりと結ばれるさまは壮観で、あっけらかん。人々の笑顔があふれる。

五穀豊穣と子孫繁栄を祈る多くの祭りのなかでも、スケールの大きさは随一?

※江包・大西の御綱祭り
2月11日(祝)9時頃からのようです。
詳しくは⇒
スポンサーサイト



Posted on 2024/02/05 Mon. 21:01 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 0

05

久しぶりの「山の辺の道」16km 

11月5日、4年ぶりに「桜井市ウォーキングフェスティバル」に参加しました。

5km、7km、10km、16km、23kmのコースがあり、どれに参加するかちょっと迷ったのですが…、結局16kmに。最初は高取城跡へ登る23kmに、不安を覚えつつ、意気込んだのですが、一緒に参加するFさんが出発時刻に合わせるにはきつすぎることがわかり、断念。どこか、ホッとしたのでした(笑)

16kmコースは天理駅を出発、まさに「山の辺の道」でした。
何度も歩いていますが、久しぶりです。


受付は天理駅

23110516km受付


出発直後はぎゅうぎゅう

231105出発


天理の商店街を抜け

231105商店街

マイペースで

231105永久寺跡


三輪山が姿を現したのはお昼頃だったかな。思い思いにお弁当を広げたり、休憩したりで、人影が少なくなりました。

231105三輪山


この日は、暑くてね、9月のような陽気でもあり、春霞がもわもわかかっているようでもあり

231105畝傍耳成


たわわに実る柿やみかんに秋色も感じつつ

231105柿、ミカン?


コスモス畑

231105コスモス畑

無人売店を眺めて、ミカンを買ったりもして、山の辺の道を楽しむことができました。

231105地図

↑YAMAPを作動させていたので、それにポイントを書き込んだのですが、大神神社のところに、わざわざ活日神社を入れているのは、お酒の神様、高橋活日命様にお参りしたからです。他のポイントはほとんどスルーしたのに、ここだけはね、特別(笑)

231105活日神社

231105活日神社説明


231105距離

↑一応リミットというのもあるので、道草くわずにそれなりに歩いたのですが、平均よりちょっと速いペースだったみたい。ほんとはもう少しゆっくり歩きたいなあ、って感じ。距離が16kmでないのは、YAMAPを動かすのがちょっと遅れたため。


ゴール会場では、エントリーナンバーでの抽選会がありまして、なんと、当選!


↑桜井の名産いろいろ


先輩に挨拶に行ったら「おうどん、食べていき」と御馳走になり

231105うどん

参加費は無料やし、至れり尽くせり。
ありがとうございました。


Posted on 2023/11/07 Tue. 16:16 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 0

07

桜井市ウォーキングフェスティバル2023 

おはようございます。
本日11月5日、桜井市ウォーキングフェスティバルに参加します!

コロナ禍でお休みだったので、久しぶりです。
2019年が最後かな⇒

あ、去年から再開されていたのに知らなかったんです。
一度参加すればくる案内が届かなかったので、ないものと思いこんでいたのですが、よく考えたら、引っ越ししていましたわ(;^_^A

田んぼラグビーのとき、先輩から聞いて今年は忘れず申し込んでおいたのでした。

231105ウォーキングフェスティバル

さて、どのコースに参加するでしょうか(笑)
またご報告しますね。
ではでは、行ってきまーす。

Posted on 2023/11/05 Sun. 06:54 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 0

05

たんぼラグビーinやまと桜井 リハーサル大会 ② 

7月30日、桜井市上之郷地区の休耕田を整えた会場で「たんぼラグビーinやまと桜井」のリハーサル大会が行われた。

10時、開会式。参加チーム

230730参加チーム2


最初に、桜井市ラグビーフットボール協会の大井会長のあいさつ

230730会長挨拶

会長は白いシャツにスラックスという、なんだかちょっとたんぼラグビーにはそぐわないようなきちんとした装い。あいさつの後、前に進んだかと思うと、たんぼの中へダイビング!

230730会長

一瞬、誰もがアッと驚き、その後、大拍手に包まれた。心にくいサプライズ演出に会場はは大いに盛り上がり、試合がスタート。


たんぼラグビーのルールをきちんと聞いたわけではないので、間違っていたらごめんなさい。
いわゆる「タグラグビー」が基本。タグベルトは付けないが、タックルのようなアラワザはなく、タッチ4回で攻守交替する。4人ずつでプレイするが、自由入れ替え制。

230730開始

230730開始2

トライは1点だが、ダイビングトライは2点。ほとんどが豪快なダイビングだった。

230730トライ


トライすると、ボーナスキックが与えられ、成功すれば(バーを越えたら)1点

230730女性4


女性も子どもも大活躍!

230730女性2

230730女性3


田んぼラグビー、ほんとに楽しそうで、見ているほうも笑顔、笑顔

230730たんぼラグビー


時にはこんな光景が

230730くつさがし2
↑靴が脱げてしまい行方不明。みんなで探し中


ちなみに、靴は、地下足袋(だよね)

230730くつ


先輩に教えてもらった、名言
ラグビーは子どもをいち早く大人にし、大人に永遠の子どもの心を抱かせる

その言葉どおりの感想をもった。
紛れ込んだワタクシのようなおばさんに対しても、みんなウェルカムな感じで、違和感なく溶け込むことができた(笑)
団長さんと先輩のおかげでもあるのだろうが。
さわやかで、おおらかで、底抜けに笑える雰囲気が満ち満ちていて。

この次、子どもをもつことがあったら、ラグビーをさせよう(笑)

そうそう、この日、先輩が紹介してくださったTさん、「九度山でしょ」「サントリービール工場行ってたよね」とおっしゃるのでびっくり。毎日、このブログを見てくださっているとか。恥ずかしさとうれしさと。ありがとうございました。

そして、帰りは、お孫さんの応援に来られていたご夫妻の車に乗せていただき、桜井駅まで。お世話になりました。


今年は、桜井市ウォーキングフェスティバルにも参加したい。

Posted on 2023/08/01 Tue. 10:06 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 0

01

たんぼラグビーinやまと桜井 リハーサル大会 

学生時代の先輩、われらが「団長さん」とその奥様から、「7月30日に、たんぼラグビーすることになったので来ない?」とのお誘いが。

数年前から準備を進めてきて、来年第1回を開催できるまでになったとか。今年は試しにやってみようということで、知り合いのラグビー関係者さんたちに声をかけて実現したという。

おもしろそう! 「行きます!」と即答したのだが、会場の「上之郷」ってどこやねん。場所を確認してみると。


↑まだ1回もやってないのにGoogle mapに「桜井たんぼラグビー会場」が出ているので、まずびっくり。


それから、と、遠いやん(;^_^A バス便はなさそうやし、どうやって行こうかと考える。
以前、忘れもしない、桜井市ウォーキングフェスティバルに初めて参加したとき、長谷寺駅から初瀬ダム~笠荒神~龍王山~三輪と歩いたので、場所はだいたいわかるのだけれど…距離を確認してみると13.4km。

ううむ、この時期、ちょっとシンドイよね。しかも上りいっぽうやし。

長谷寺駅前にレンタサイクル(電動)があれば決行しようと思うのだがままならず、レンタサイクルのある桜井駅からではちょっと遠い。

地図をにらんでいると、上のほうに山辺高校、発見。ここからだと6.7km。これくらいなら行けそう。下りやしね。高校ならバスがあるはずと調べてみると、天理駅から1日2便だが通っている。7時56分に天理駅を発車するバスが山辺高校に着くのは8時38分。おお、これやったら、試合開始の10時頃には着けそう。

あ、タクシーは選択肢にはないので、念のため(笑)

初めての道なので、迷いそうなところは拡大コピーしたりして、不安を感じながらも、どこか楽しみ(笑)

と、前夜、先輩から電話。「どうやってくるん?」
山辺高校から歩いていく、というと「何を言うてんねん」みたいな感じで呆れられて、結局、巻向駅から団長さんの車に乗せていただくことが、あっけなく決まった。ホッとしたような、ちょっと残念なような(笑)。


さて、7月30日。「たんぼラグビーinやまと桜井」の当日。
巻向駅から車でも結構遠かった。山辺高校から歩いていたらどうなったことやら。ほんとうにありがとうございます。


上之郷は山に囲まれた素敵な所だった。

230730場所

230730のぼり
↑全国で初めて「たんぼラグビー」を開催したのが福知山。今では全国何か所かに広がっているようだが、奈良県では桜井が初開催となる。桜井市ラグビーフットボール協会主催

230730掲示


ここに至るまでのご苦労がしのばれる。
まず、休耕田をたんぼラグビー場に整えるまでが大変だったようだ。
背丈ほどもある草が茂っていたそうで、毎週のように作業をされていたとか。

水はすぐそばを流れる川から発電機とポンプでくみ上げている。

230730川から


泥んこになった身体はまず、会場に設えられたシャワーで洗い

230730シャワー


それから、清流で。川へおりる階段も付けられていた。

230730川へ2

230730川


女性には、特別シャワールームや更衣室が、近くの、旧上之郷小学校の体育館に。廃校になった小学校の体育館が健在なのだ。トイレなどもこちらを利用。細部まで気を配られていた。
団長さん「たんぼラグビーやってみるか」
ま、まさか(笑)

でも、最後まで見ていたら、たんぼの中に入りたい気持ちになってしまったのは不思議(笑)

屈強と見える男性も、子どもたちも、女性も、自然のなかで、はじける笑顔が印象に残った。


長くなってしまったので、「たんぼラグビー」の様子は次回に。

Posted on 2023/07/31 Mon. 15:15 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 0

31