fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

見納めの興福寺五重塔 

塔にはいつも憧れの気持ちを抱いている。
ン十年前、奈良の編集社に勤め始めた頃、行きづまったとき、塔を仰ぐと感謝の念が沸き上がり元気が出た。

興福寺五重塔が長期間の保存修理工事に入ると聞いてから、見かけるたびに撮っている。
現在は塔の下部で工事が進んでいるが、まだ素屋根で覆われていないので、遠望は変わらない。

先日(15日)、撮ったもの。

240218五重塔

興福寺五重塔は4月頃から素屋根で覆われる⇒
スポンサーサイト



Posted on 2024/02/25 Sun. 11:42 [edit]

category: 塔の見える風景

TB: 0    CM: 0

25

興福寺五重塔は今 

120年ぶりの保存修理工事が行われる興福寺五重塔。

8月29日、博物館へ行く途中、覆屋(素屋根)の写真も撮っておこうと、汗をふきながら、三条通りから石段を上ってみると。

あら、まだでした。

230829五重塔

近づいてみると、工事は着々と進んでいるようですから

230826五重塔2

素屋根建設もまもなく始まるのでしょうね。

どこからでも、つい撮ってしまいます(;^_^A

230829五重塔3

Posted on 2023/08/29 Tue. 21:10 [edit]

category: 塔の見える風景

TB: 0    CM: 0

29

薬師寺双塔を追っかけながら 

4年前、富雄丸山古墳の現地説明会に行ったときは、近鉄富雄駅からバスを利用した⇒

今回(1月29日)は自宅近くのバス停から「奈良県総合医療センター」(奈良市七条西町)行きに乗り終点から歩いてみた。富雄川沿いに徒歩15分~20分くらい。

富雄丸山古墳は住宅地(若草台)の中にあるので、バス便が結構あって、意外に便利なことを前回知った。どのバスに乗っても、近鉄沿線のどこかの駅に運んでくれる、という感じだ。

今回も帰りはどのルートにしようか決めていなかった。富雄か学園前まで歩いてもええな、と思ったり。

見学を終えてぶらぶら歩いていると、バスが横づけに~。
行先を確かめずにバスに乗り込んだら「郡山」行きだった。
それなら近鉄郡山駅から電車に乗るつもりだったのだが、途中、気が変わり、秋篠川沿いに歩いて帰ることに。大和郡山城ホール前で降りて休憩してから、ハイキング。

薬師寺の塔の見え方の変化を楽しみながら歩いたよ。

平城京西市跡から

230129西市跡


以下の写真は秋篠川畔から

230129薬師寺双塔2

230129薬師寺双塔3

230129薬師寺双塔4

230129薬師寺双塔5

230129薬師寺双塔6


やがて、唐招提寺の杜が目の前に広がって

230129唐招提寺


塔を見ながらのハイキングも終了。

富雄丸山古墳の立地。この次は、古墳から歩いて帰ろう。

230129地図2

Posted on 2023/02/03 Fri. 21:16 [edit]

category: 塔の見える風景

TB: 0    CM: 0

03

東大寺山手観音堂から五重塔が見えた 

8月9日、二月堂の「およく」へお参りしたときのこと⇒
日没までのひととき、山手観音堂でボーっとして過ごしました。

二月堂から、北への石段を上り、遠敷(おにゅう)神社を過ぎたところにあります。

220809観音堂


小さなお堂で、二月堂の賑わいからは信じられないほどひっそり。
大きな樹々が風にゆれて、ツクツクボウシが大合唱。

220809観音堂3


ここからのぞむ大仏殿

220809観音堂2


あっ、興福寺の五重塔が!

220809観音堂から

この上の道から見えることは知っていたのですが、ここからは初めて。

220809観音堂から2

※興福寺五重塔 特別公開
2022.9.17(土)~10.16日(日)
9:00~17:00(最終受付16:45)
詳しくは興福寺⇒

約120年ぶりの大規模修理が行われる興福寺五重塔(国宝、高さ約50メートル)は、来年1月から塔を覆う素屋根が設置されるようです。2030年3月末までの予定。

しばらく、五重塔の姿が見られなくなりますね。というか、うわ、8年後やん。それまで生きていられるという保証もありませんが、ふたたびまみえることができますように。目に焼き付けておきましょう。

※東大寺山手観音堂は普段、閉まっていますが、毎月18日に法要が行われ開扉、如意輪観音さんを拝むことができます。


Posted on 2022/08/18 Thu. 07:35 [edit]

category: 塔の見える風景

TB: 0    CM: 0

18

秋篠川畔から薬師寺双塔 

8月30日午後、久しぶりに秋篠川サイクリングロードを走る。

210830秋篠川

↑右手は唐招提寺の杜、稲穂も青々として順調に育っている様子。

いろんな不安がたちこめる世の中だけれど、たしかに季節はめぐっている。
暑い陽ざしのなかにも、秋の気配が!

210830柿

210830ススキ2


せっかくここまで来たからには、薬師寺の塔を撮ろうとするのだけれど

210830双塔1
↑電信柱が…


210830双塔
↑松の木が…(笑)


210830双塔3
↑西塔がもうちょっと


210830双塔4
↑うーん、前の建物が…


210830双塔5
↑横の建物を外してタテイチで


田んぼをいれて、まあ、今日のところはこのへんで

210830双塔6


とあきらめて、所用に向かったのだった(笑)

Posted on 2021/08/31 Tue. 14:58 [edit]

category: 塔の見える風景

TB: 0    CM: 0

31