03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

阪神タイガース ラッピング電車 

10月16日朝9時過ぎ、西大寺駅で、橿原神宮前行きの電車を待っていると、反対側のホームに阪神タイガースのラッピング車がすべりこんできた。

15.10.16藤波

まぢかに見たいと願っていたのに、今やすっかりトーンダウン(笑)

しか~し、なぜか停車時間が長いので、一応写真撮っとこ。

15.10.16鳥谷


懐かしい方も登場されていましたよ。

15.10.16電車


↑は生まれてないけど、↓こっちは盛り上がった、盛り上がった! 

15.10.16岡田

忘れもしない昭和60年。
その翌年に長女を出産したこともあり、2年連続で大きな喜びに見舞われたのだった。
娘はものごころつくと、ボールを持っては「ハンシンしよ」と言っていたなあ。野球=阪神やった(笑)


阪神ラッピング車にカメラを向けていたのはワタクシだけ。心なしかさみしげに駅を離れていったような…

15.10.16電車3


この電車が登場したニュースを、タイガースのサイトで見っけ。
今年3月16日から11月下旬まで走らせる予定だそう。→


その夜、フェイスブックで、昭和60年の阪神タイガースの優勝はこの日(10月16日)に決まったということを知った。
吉川さんが書かれている。
阪神ファンである私(^_^)/今日は忘れてはいけない日なんですね~・・・・(^_^)/1985年(^_^)/昭和60年の今日!! 阪神タイガースが21年ぶりのリーグ優勝を決めた日(^_^)/掛布・バース・岡田!!すごい打線でありました(^_^)/私も若かった~(笑)この年の最初の巨人戦!伝説のバックルクリーン3連発がありました・・・毎年毎年・・・裏切られ続けた阪神・・・肝心な時には負ける・・・イライラさせる阪神(笑)今も伝統を受け継いでいますが!・・・!


阪神のラッピング車を見かけたのが、優勝を決めた日だったなんて、それなりにご縁があったのね。

と、ここまで書いたところで、娘からメール。

監督、アニキに決まったよ~


タイムリーすぎやん。
わぁ、うれしいなぁ。阪神熱アップしそう。


「金本阪神」フレーフレー(^_^)v




スポンサーサイト

Posted on 2015/10/17 Sat. 20:44 [edit]

category: 鉄道

TB: 0    CM: 0

17

長谷寺ー榛原、棚田と電車 

長谷寺駅と榛原駅あたりを走る近鉄電車の窓から見える景色が好きだと今朝、ブログアップしたところ、大和の和尚さんから、今日、その国道から近鉄電車を撮りました、と先ほど写真が送られてきました。

わぉ、うれし、たのし!

大和の和尚さんのメール

12日に大宇陀へ行かれた記事、
電車から国道方向を撮られた写真を拝見しました。
私が今日(15日)この国道を榛原から桜井方面へ伊勢街道のウオーキングの
下見をしており、逆に国道側から大阪線を撮りました。

時期的にも同じ頃で、国道側から見ると色づいた棚田の風景と電車が
素敵でした。
ブログには写真を貼付出来ないので、参考にメールに添付して送ります。



大和の和尚さんが国道から撮られた写真

ハセ-ハイ間


そして、ワタクシが撮った電車からの風景

15.9.12車窓から


ドラマチック!
ネット時代ならではの楽しさを味わっています。
大和の和尚さん、ありがとうございました。

参考までに、だいたいの地図を載せておきますね。

Posted on 2015/09/15 Tue. 22:14 [edit]

category: 鉄道

TB: 0    CM: 2

15

雪原を行くかぎろひバス&まほろば号 

この蒸し暑さ、たまらないですね。いかがお過ごしでしょうか。

では、少しでも涼しさをお届けしましょう。

雪の金剛山麓を走るバスにご乗車くださ~いicon23










どうです? 少しは涼しくなりました?

ならば、電車にも乗られますか。









↑ちょっと調子にのりすぎましたかね……^^;

さあ、仕事に戻ろうっと。


(↑背景写真はすべて、2013年1月15日に撮ったものです)

よろしければ、以前の撮り鉄を→icon52
バスかぎろひ号→icon52

Posted on 2013/07/06 Sat. 05:52 [edit]

category: 鉄道

TB: --    CM: 6

06

近鉄吉野線ラッピング車 

3月21日、近鉄吉野線を走るラッピング車を初めて目撃!

たしか、吉野線開業100周年を記念して生まれ、昨年10月1日から運行している(のだと思う)。



しかし、突然のできごと。
橿原神宮前駅吉野線のホームで、ボーっと電車を待っていたら、目の前に入ってきたのが、なんと見たことのないラッピング車。

撮りたい! と思うけれど、カメラは急に取り出せないicon10
しかも、ワタクシ、この電車に乗るヒト。

車内はフツー。
降りたら撮るぞ、はやるココロ。

飛鳥駅で、いちばん初めに降りて、カメラを向けるも、あっという間に動きだして…撮ったのはこれだけ↓



飛鳥、吉野山、十津川もあったかな…もうちょっと全身を見たい。
今度、めぐり合えるのはいつ?

Posted on 2013/03/22 Fri. 00:33 [edit]

category: 鉄道

TB: --    CM: 4

22

六田(むだ)駅あたり 

9月23日、美吉野醸造(→icon52)からの帰り、美吉野橋の真ん中でしばし立ち止まる。




奈良県北部にはない風景。今度いつ見られるかわからないので、目に焼きつけておこう(大げさ? 笑)


あっ、彼岸花!




あそこまで行っている時間がないので、対岸からねらってみる。
バックがいまいちだけど、棚田と彼岸花、見られたぞ。わーい。




あそこまで行くのに、そう、美吉野橋が架かる大正8年(1919)までは簡単ではなかった。

吉野山の花見客はもとより、吉野、大峰、熊野の奥駈修験者たちも、この吉野川を渡らないことには始まらなかったのだ。


↓六田駅からすぐ東にある「柳の渡し」。




平安時代、理源大師が開設したと伝えられる。
理源大師聖宝さんと言えば、東大寺にも餅飯殿センター街(→icon52)にもゆかりのある方。
渡しは、実際はもう少し上流にあったようだけれど、橋が架かるまでは多くの人で賑わい、また筏のたまり場でもあったという。

←「柳の渡し」説明板をどうぞ






美吉野醸造の蔵元さんに、貴重な写真を見せていただいた。

←水量の多いときは船で
















←水かさが少なくなる冬場には、簡易の橋ができて、人は歩いて渡った。下の写真には、馬が!


修験者にとっては、ここが大峰山への北の入口にあたり、最初の行場になっている(逆のコースでは最終点)。







当然、宿場町(六田の宿)としても発展。
静かな現在も、そのおもかげを残す。


初めて吉野に電車が乗り入れた頃、吉野線の終点は六田駅(当時の名前は吉野駅)。人はここで下りて吉野山へ向かったのね。

では、六田ー吉野が開通したのはいつかと調べてみると、昭和3年(1928)(このとき六田駅に改称)。→ウィキペディア


それ以前は、JR吉野口ー吉野駅(現在の六田駅)間を吉野軽便鉄道が走っていたとか。大正元年(1912)開業。
往時の名残が今もちょっと残っている。




現在、近鉄さんが吉野線開業100周年キャンペーン(→icon52)を展開されているが、なるほど、最初に乗り入れた吉野軽便鉄道から数えてのことなんやね。


今回は、吉野川BBQのついでに、ちょこっと知った、見た、教えてもらった、ことばかりだけれど、またゆっくりと歩き回りたい。次はまず、世尊寺かな。


↓六田駅



Posted on 2012/09/27 Thu. 10:51 [edit]

category: 鉄道

TB: --    CM: 10

27