03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

上つ道探訪は4月19日 

おっと、すっかり遅くなってしまいました。実施日は明後日やん! すいませんm(__)m

13日に下見に行ってきたご報告を大急ぎで。

JR万葉まほろば線の長柄駅と巻向駅間の上つ道を歩くコースですが、知られざる古墳がわんさか。古墳街道でした!

まずは馬口山(ばぐちやま)古墳へ。

1804馬口山古墳2

↑左手のこんもりした所


1804馬口山古墳


馬口山古墳から西をのぞむと

1804馬口山古墳から西

↑左手に見える樹叢が大和(おおやまと)神社


大和神社の境内にも古墳が!

1804星塚古墳

↑北から神社へたどると、目の前に見えるのが星塚古墳。もちろん古墳には入れませんが。


大和神社にお参りして

180413大和神社

上つ道を行くと

フサギ塚古墳

1804フサギ塚古墳


ちょっと東に入るのでわかりにくいのですが、ちゃんと標識が立っていましたよ。
耕作中の方がお仕事の手を止めて案内してくださって。ありがとうございました。

1804耕作中

この方、中学時代の夏休みに「大和(おおやまと)古墳群」について調べたんですって。懐かしそうに話されました。現地下見の楽しさはこういうところにあります~。皆さん、笑顔でとても親切でした。

最終ポイントの「柳本大塚古墳」でも、畑でお仕事中のおじ(い)さまが、「偶然、鏡を見つけたのは、父親や」とのこと。大型の内行花文鏡が発見されているのです。
古墳全体が畑(私有地)になっているのですが、見学OKの言葉をいただきました。

墳頂への道

1804柳本大塚2

墳頂から見る三輪山

1804柳本大塚から三輪山

それにしても、知名度のある「柳本大塚古墳」についての看板や説明板がないのでビックリ。私有地だからかもしれませんね。


あれれ、すっとばしてしまいました。

柳本大塚古墳までに、

矢ハギ塚古墳

1804矢剥塚古墳


大和古墳群中、最も西に位置する弁天塚古墳

1804弁天塚古墳


東の山並みが美しい~

1804弁天塚古墳から

↑中央が龍王山


お弁当や講座は黒塚古墳周辺で

1804黒塚古墳

墳頂からの眺めは何度見てもいいですよね。

1804黒塚古墳から


以前の歴史探訪で、黒塚古墳からスタートしたことがありましたね。彩雲に出あったことが忘れられません⇒
もう3年も前になるんですね。


JR巻向駅で解散となりますが、時間に余裕があれば、纏向遺跡を見学しましょうか。
ずいぶん整備が進んでいるのですね。駅のホームから。

1804纏向遺跡


反省会は桜井駅近くで。
3~4時には開けていること、奈良の地酒が飲めること、リーズナブルであること、などなど、制約が多いのですが、見つけましたよ~。

一応、こちらも下見~

1804いにしへ


お楽しみに!

※かぎろひ歴史探訪第10期③
JR万葉まほろば線長柄駅10時出発
事前申し込みなくてもご参加いただけます(1500円)。
お弁当などをお持ちください。
昼食後、約1時間、田中龍夫による地域にまつわる歴史講座をもちます。
スポンサーサイト

Posted on 2018/04/17 Tue. 16:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 1

17

風の森から歩く葛城古道 

4月5日の「かぎろひ歴史探訪」遅くなりましたが、ざっと写真でご報告しておきまーす。

コース
近鉄御所駅⇒(バス)⇒風の森バス停⇒志那都彦神社(風の森神社)⇒高鴨神社⇒金剛・葛城山麓散策⇒極楽寺⇒住吉神社⇒高木神社⇒春日神社⇒長柄神社⇒寺田橋バス停⇒(バス)⇒近鉄御所駅


近鉄御所駅から新宮行きバスに乗車、約15~20分で風の森バス停に到着

180405風の森着


そこから開ける風景に、歓声が!

180405風の森から


志那都彦神社(風の森神社)

180405風の森神社



高鴨神社

180405高鴨神社


風景を楽しみながら

180405風景


極楽寺さんの境内でお弁当と龍センセ講座

180405極楽寺

記念撮影もこちらで

180405記念撮影

とてもさわやなか1日、39人がのんびり歩きました。
東京からWさん、横浜からYさん、いつも遠くからありがとうございます。
西宮からTさん、奈良市のIさんか初参加。お2人ともすっかり溶け込んではったのが印象的です。

仮解散してから、葛城酒造さんでの試飲会へも参加されたのも大きいでしょうね。
お酒はすぐに垣根をとりはらいますもの、ね。

歩いた後、蔵で飲むお酒は格別~
奥の一角を開放していただきまして、15人。

180405百楽門2

「百楽門」うまいっ!

180405百楽門


お忙しいところ、大勢でなだれこみ、すいませんでしたm(__)m
ありがとうございました。

1時間に1本しかないバスに合わせて飲んでいたはずなのに、うわっ、間に合わない! という時間になり、結局、御所駅まで歩いたのでした^^;

※参加者のブログ
鉄道の旅、音楽の旅⇒
団塊世代プラスONE⇒

次回の「かぎろひ歴史探訪」第10期③は4月19日(木)上つ道・柳本大塚古墳コース
近々、下見に行きますので、またご案内します。

Posted on 2018/04/11 Wed. 07:33 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

11

葛城古道南部コースウォークは4月5日 

「かぎろひ歴史探訪」第10期の2回目は、4月5日、「かつらぎの道」を風の森から歩きます。
集合時間は近鉄御所駅9時30分。バスの都合でいつもより早くなっていますので、ご注意くださいね。

9時47分発の新宮駅行きバスに乗車します。

180329近鉄御所駅バス停

↑バス停は御所駅から道を渡って少し北へ歩いたところ

約20分ほど乗って、「風の森」で下車

180329風の森バス停


実は下見の日(3月29日)、近鉄御所駅から同時刻のバスに乗ったら、ぎっしり超満員でビックリ。
補助席も利用して空いた席がない状態。
うわ、これは大変。本番にこれだったら乗れないやん。増発していただかなくては。
あわてて、奈良交通さんに連絡してみると、「ああ、あれは31日までのキャッシュバックキャンペーンのせいですよ。4月5日でしたら、ゆったり乗っていただけると思います」ですって^^;


のどかな風の森の風景にはいつも心洗われます。

180329風の森風景2


これは撮らなきゃね。

180329道標


「風の森峠」の頂上にある風の神様「志那都彦神社」

180329風の森神社

↑右手のこんもり


志那都彦神社あたりからのぞむ風景

180329風の森神社から


この日はあちこちで桜満開! 高鴨神社も

180329高鴨神社

180329高鴨神社2


極楽寺さんの境内でお弁当を広げさせていただきます。

180329極楽寺


近くの「極楽寺ヒビキ遺跡」は葛城氏の居館跡発見と大騒ぎでしたが、今は痕跡なし。
現地説明会にも来たんですけどね、うーん、このあたりだったかなあ、とウロウロしましたよ。
念のため御所市へ電話してみると、埋め戻した後はなんの道標も説明版もないのだそう。


葛城金剛の風景と眼下に広がる景色、彩る花々を楽しみながら

180329葛城山桜


180329レンギョウ



これは春日神社

180329春日神社


長柄神社から寺田橋バス停へ

180329寺田橋


※「かぎろひ歴史探訪」第10期②
4月5日(木)午前9時30分近鉄御所駅集合
9時47分発新宮駅行きバスに乗ります。

事前申し込みなしの飛び入り参加OK(1500円)
保険、資料代込み。昼食後約1時間、田中龍夫センセの、地域にまつわる講座があります。
お弁当などをご持参ください。

Posted on 2018/04/02 Mon. 21:47 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

02

西方院の快慶仏 

長雨がようやく終止符をうちかけた3月22日に、「かぎろひ歴史探訪」第10期がスタートしました。
冬に逆戻りしたかのような肌寒さで、参加者は少ないかなあと思っていたのですが、38人の方が元気なお顔を見せてくださいました。

近鉄橿原線尼ヶ辻駅を10時に出発、垂仁天皇陵へ

180322垂仁陵

↑ワタクシはひと足お先に、次の目的地、西方院さんへ向かう途中から

180322垂仁陵2


唐招提寺の奥の院、西方院さんで快慶作阿弥陀如来立像を拝観させていただくのをとても楽しみにしていました。

180322西方院2

像高約1m、桧材寄木造、玉眼、来迎印を結んでいらっしゃます。左足に「巧匠法眼快慶」の墨書銘があり、快慶の晩年の作とみられています。


順番に拝観させていただきました。
その間、石田太一師(唐招提寺副執事長)が興味深いお話をしてくださって。よく通る優しいお声、わかりやすい語り口に聞きほれました。

180322太一師

ご本尊阿弥陀如来さん、明治の廃仏毀釈で盗難にあったり、その後昭和初期には、東京国立博物館に委託されていたそうで、何度も「旅に出ている」とおっしゃっていました。災難に遭いながら無事に戻られる! 旅好きには特にご利益あり?


境内に、唐招提寺中興二世證玄師の五輪塔。約2メートル!

180322五輪塔


あの隆光さんは江戸時代、西方院で得度しているということも教えていただきました。

清楚、静謐の気にあふれた西方院さん、控えめな風情の椿の花も素敵でした。

180322椿


1803西方院土塀


太一師にも入っていただき記念撮影

180322記念写真

ほんとうにありがとうございました。

その後、唐招提寺拝観

180322唐招提寺

180322唐招提寺2


秋篠川沿いを歩き

180322秋篠川


大池へ

180322大池


最終ポイントの三松禅寺さんでもお世話になりました。

180322三松寺


本堂や道場にも入らせていただき、ありがとうございました。

180322三松寺2

※参加者の方のブログもご参照ください。
鉄道の旅、音楽の旅⇒


※次回の「かぎろひ歴史探訪」は4月5日(木)午前9時30分集合
バスの都合で、集合時間が早くなっていますのでご注意ください。
近鉄御所駅9時47分発新宮駅行きバスに乗車、「風の森」バス停で下車。

詳しいコースは、来週下見に行きますので、ご報告します。

Posted on 2018/03/24 Sat. 06:53 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

24

かぎろひ歴史探訪第10期がスタートします 

いよいよ「かぎろひ歴史探訪」第10期が始まります。
1回は3月22日(木)。

昨日(17日)、下見に行ってきましたので、ざっとご紹介しますね。
親しみ過ぎているコースのせいか、あまり写真を撮っていなかった~ことに後で気づく始末^^;


近鉄橿原線尼ヶ辻駅(西大寺から普通電車で1つめ)を10時に出発して、
垂仁天皇陵に治定される宝来山古墳へ。

180317垂仁2

↑右手の丸い小島が、田道間守(たじまもり)の墓とされます。
記紀によれば、田道間守は天皇の命を受け「非時香菓(ときじくのかくのこのみ)」を求めて常世国へ旅立つのですが…。持って帰ってきたとき、天皇はすでに亡くなっていました。嘆き悲しんだ田道間守、天皇の陵で絶命したとか。

180317垂仁天皇陵

非時香菓とはタチバナ。
陵の近くには大和橘がたくさん植えられています。

180317橘プロジェクト

180317橘2


唐招提寺の奥の院、西方院(さいほういん)へ。

180317西方院

快慶作「阿弥陀如来立像」(重文)の拝観が叶います!

唐招提寺の副執事長、石田太一師にご案内していただきます。
えへへ、新年会でお目にかかったとき、ちゃっかりお願いしてあったのです。
とっても楽しみです。


唐招提寺(⇒)もゆっくり拝観する予定です。

180317唐招提寺

拝観料600円、団体(30人以上)480円、奈良市内在住の「ななまるカード」保持者は無料

土塀沿いの桜がもうこんなに!

180317土塀沿い



秋篠川の土手を歩いて薬師寺へ(時間の都合で拝観なし)

180317秋篠川


大池畔から

180317大池


天武神社を経て

180317天武神社


三松禅寺(⇒)へ

180317三松寺


※かぎろひ歴史探訪ウォーク(⇒)第10期1回

3月22日(木)10時、近鉄橿原線尼ヶ辻駅出発
事前申し込みなしの飛び入り参加OK(参加費1500円)
お弁当などをお持ちください。

雨天決行します。

Posted on 2018/03/18 Sun. 21:06 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

18