FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

かぎろひ歴史探訪 2020秋期予定コース 

「かぎろひ歴史探訪」第15期は9月から始まります。

日程、コースをホームページにアップしました。⇒

かぎろひ歴史探訪第15期

詳しくは⇒

かぎろひ歴史探訪第15期2

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



Posted on 2020/07/04 Sat. 12:11 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

04

切手 国宝シリーズ 

6月17日、「かぎろひ歴史探訪」第14期の最終回に来られなかった方に、来期の案内を発送しました。
43通。

200617発送


料金別納にするのは味気ないので、というよりも、個人的な楽しみ♪
どんな切手が出ているかなー。

国宝シリーズを選びました。この5月29日に発売されたばかり。

200617切手

第一集「建築物」ということで登場しているのは

東大寺鐘楼………奈良県
興福寺北円堂……奈良県
正倉院正倉………奈良県
醍醐寺五重塔……京都府
羽黒山五重塔……山形県
円覚寺舎利殿……神奈川県
石山寺多宝塔……滋賀県
浄土寺多宝塔……広島県
中尊寺金色堂……岩手県
三徳山三仏寺奥院(投入堂)……鳥取県


63円切手の国宝シリーズは「考古資料」

200617切手2
↑お礼状に1枚使ってからの撮影で失礼

紹介しておきますね。

・土偶が5つ
長野県茅野市米沢棚畑遺跡出土/北海道函館市著保内野遺跡出土/青森県八戸市風張1遺跡出土/山形県舟形町西ノ前遺跡出土/長野県茅野市中ツ原遺跡出土/

・埴輪武装男子立像
・袈裟襷文銅鐸(伝讃岐国出土)
・肥後江田船山古墳出土品(獣帯鏡)
・火焔型土器(新潟県十日町市笹山遺跡出土)
・奈良県藤ノ木古墳出土品(金堂鞍金具)


※ネットつながりの方はついうっかりしてご住所をお聞きしていないことが多いと判明^^;
来期のご案内資料は、PDFにして、メールやメッセージ、ラインなどでお送りしますね。ご了承願います。
郵送ご希望の方は、ご住所をお知らせくださーい。

近いうちに、HPでも公開する予定ですが、送付ご希望の方は遠慮なくどうぞ。




Posted on 2020/06/17 Wed. 17:30 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

17

第14期終了 ご縁に感謝 

6月11日(木)、「かぎろひ歴史探訪」第14期最終回が無事終了しました。

コース
近鉄大和八木駅南口⇒八木の旧民家群⇒八木札の辻交流館⇒大和国分寺⇒延命院八木寺・春日神社⇒JR畝傍駅⇒おふさ観音⇒飛鳥川沿い⇒正蓮寺・入鹿神社⇒近鉄八木駅


近鉄大和八木駅を少し東に入るだけで、かつての宿場町の面影が色濃く漂います。
半九旅館で。

200611半九旅館


八木のまちなみ

200611八木まちなみ


八木札の辻交流館では、少人数ずつ見学させていただきました。

200611八木札の辻交流館


儒学者、谷三山の生家前で

200611谷三山生家前


大和国分寺

200611大和国分寺



JR畝傍駅では、普段は無人なのですが、駅員さんが何人も来られていて、非公開の貴賓室を特別に見学させていただいたのでした。
そのうえ、鉄道のことにも詳しい「今井町町並み保存会」の若林会長から興味深いお話も!

200611JR畝傍駅

200611若林氏


200611階段

↑講演会場は、貴賓室とをつなぐ階段。
手すりは木造、デザインも凝っていて華やかな雰囲気。
やや暗いとはいえ、貴重な場所での体験となりました。

かたわらのザクロの木も存在感が!

200611ザクロ

歴史を見守ってきたのでしょうね。


常時使われている階段の横にも、かつてのものが残されていました。

200611階段2





200611線路図
↑(若林氏作成図) かつて、こんな線路があったんですね!


JR畝傍駅でたっぷりと過ごさせていただき
畝傍駅からおふさ観音へと歩き

200611おふさ観音


飛鳥川に沿って北へ。

若林氏に教えていただいていたので、昔の橋脚跡にも気づくことができました。

200611橋脚


覚悟のうえの雨天歩きだったのですが、意外にも激しい雨は畝傍駅構内でのひとときだけというラッキーさ。むしろきびしい陽ざしよりよかったかも? 飛鳥川沿いや正連寺大日堂境内の紫陽花がイキイキと素敵でしたし。


若林会長、駅員さん、正連寺大日堂でお世話くださった辻本さん。ありがとうございました。感謝申し上げます。
ご参加の皆様、お疲れさまでした。ありがとうございます。

200611記念撮影
参加者24人(スタッフ2人)


これで14期の8回は滞りなく、無事に終了しました。
次期は9月からスタートします。
すでに8回分の予定は決定、11日の参加者には配布しています。
欠席された方には郵送させていただきます。しばらくお待ちくださいね。
追って、HPにも掲載します。

Posted on 2020/06/13 Sat. 07:43 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

13

激動の年 

明日、6月11日(木)は、「かぎろひ歴史探訪」第14期の最終回。
明日の資料と、来期の予定も整いました。

200610資料


明日は初めて、移転先からのスタート。
昨年の今頃は考えもしなかったことなので、人生やはり何が起きるかわかりませんね。
ワタクシはおもしろがるほうですが、いいことばかりではありませんよね。心しておこうと思います。


今年の初め、2月頃だったかな、四柱推命? などに詳しい知人に会ったとき、「個人的に今年は激動の年になりそうなんです」と言ったところ、あ、それは30年ぶりの引っ越しや新年早々にかかった人生初のインフルエンザや肺炎のことを念頭においたのですが、彼は「それはあなただけのことではありませんよ。世界的に激動です」と言われたのでした。


そして、今日は夫の誕生日。
こんな時期ということもあり、誕生日パーティはお預け状態。
2人で静かに乾杯。
結構ええトシなので、不安もありますが、夫いわく「出発点に立った」とのこと。まだやりたいこと、やらねばならないことがあるようです。

Posted on 2020/06/10 Wed. 20:40 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

10

2020春季最終回の歴史探訪 

6月11日(木)は「かぎろひ歴史探訪」第14期の最終回。
重要伝統的建造物群保存地区の今井町をお訪ねする予定でしたが、コースを変更します。

こんな時期ですからね、団体でまちに入るのはいかがなものかと思いまして、旧知の「今井町町並み保存会」若林会長に相談。
6月4日、会長にお会いし、まちも案内していただいたのですが…。

200604今井町

この状況がもう少し落ち着いて平穏さを取り戻す来年以降、改めて今井町をお訪ねすることに。その時はもう今井町三昧でどっぷり見学させていただくことになりました。


今回、今井町を楽しみにされていた方には申しわけございません。
が、変更したコースも、若林会長のおかげで、魅力に富んだものとなりました!

集合場所は変わりません。近鉄大和八木駅南口を10時に出発。
スタートしてしばらくは当初の予定どおり。

八木駅から東へ、八木のまちなみを歩きます。
江戸末期から営んでいらっしゃる半九旅館さん。

200606半九旅館2


一歩入ると、タイムスリップ!

200606半九旅館


当日もちょっとのぞかせていただけることに。


八木のまちなみ

200604八木まち


下ツ道と横大路(伊勢街道)が交差する場所に建つ、江戸時代の旅籠が現在、「八木札の辻交流館」として公開されています。

200604札ノ辻交流館

この時期なので、人数や時間に制限があり、要記帳など、注意事項はありますが、ルールを守って見学させていただきましょうか。

200606交流館注意事項

200606交流館2


入館待ちの間に、趣ある民家のたたずまいや意匠を見て回るのも楽しいのです。


200606八木まち2


200604谷三山生家
↑幕末の儒学者、谷三山の生家とか。吉田松陰も訪れたそう。


大和国分寺はこの地にありました。
大和には総国分寺(東大寺)があったせいか、ちょっと影が薄い?

200604大和国分寺


延命院八木寺。ご本尊の十一面観音さんは、長谷寺のものと同じ霊木から彫り出されたと伝わります。

200604延命院


独特の雰囲気が漂うJR畝傍駅

200604JR畝傍駅

皇室の休憩用として設けられた「貴賓室」があることで知られます。
普段は非公開なのですが、なんと! 若林会長のおかげで見学させていただけることになりました。
そして、若林会長から、往時の鉄道のお話も。
お楽しみに!


JR畝傍駅から長寿道を通って「おふさ観音」へ。

200604おふさ観音山門

思いがけず、バラが咲き誇っていてビックリ。

200604おふさ観音

例年は5月末頃がピークだそうですが、今年は遅いのだとか。
まだ、蕾もたくさんありましたよ。

200604バラ


この後は、飛鳥川沿いの遊歩道を通って北へ。
いい道だったのに、なぜか、写真がない^^;


正蓮寺大日堂・入鹿神社が最終ポイントになります。

200604入鹿神社


静かな境内にいるだけで満足だったのですが、なんとなんと! 若林会長のお声掛けで、大日堂を拝観させていただけることに。
感謝、感謝です。

写真は、3年前の「大日さん」(7月15日)の日。

170715正連寺大日堂

拝観もさせていただいたのでした。

170715大日堂拝観

あ、ご本像の大日如来坐像は現在、修復中とのことですが、たくさんの美術品を所蔵されています。
御朱印にも応じてくださるようです。

正蓮寺大日堂・入鹿神社のHP(充実しています)⇒


今井町をお訪ねするわけではないのに、若林会長にはすっかりお世話になりました。
ほんとうにありがとうございます。


※「かぎろひ歴史探訪」第14期⑧最終回
6月11日(木)近鉄大和八木駅10時出発

事前申し込みなしの飛び入り参加OK(1500円)。
お弁当、敷物などをお持ちください。
雨天決行

そろそろ梅雨入り?
正蓮寺大日堂・入鹿神社の境内には紫陽花がいっぱい。雨を待っているようでしたが、少雨にしてね。

200604紫陽花


Posted on 2020/06/07 Sun. 23:48 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

07