FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

北のまほろば 

本州最北端の地、青森県は憧れながら未踏の地。
司馬遼太郎は「北のまほろば」だと言いましたね。

51opNIUHSqL.jpg

個人的には、三内丸山古墳、遮光器土器の亀ヶ岡遺跡、垂柳遺跡などが魅力。
岩木山(津軽富士)にも登ってみたいなあと思いながらも、まだまだ遠くにありて思う「北のまほろば」。


先日、青森県に住まわれている弘前りんごさんが奈良へ出張され、ちょっとお近づきになりました!
その名も「弘前りんごの北のまほろば」というブログの管理人でもあります。⇒


弘前りんごさんとは初対面だったのですが、共通のお友達に、我太呂さんがいたというわけで。
弘前りんごさんと我太呂さんは古くからのお友達。ワタクシと我太呂さんはまだ数年のおつきあい(⇒)なのですが、今や、「かぎろひ歴史探訪」の常連さんで、飲み友的な存在^^;
人の縁とは不思議なもので♪ 

この日、弘前りんごさんと我太呂さんとは久しぶりの再会のようだし、ワタクシがお邪魔していいのかなあと思いつつも、のこのこ出かけて行った次第。初対面ということで、ちょっと緊張していたのですが、あらら、違和感なく、いつしか昔からの仲間だったような気になったのでした。

お2人はかつて万葉故地を回られ、奈良好きということも関係しているでしょうね。
弘前りんごさんは、奈良へ着くなり、入江泰吉奈良写真美術館、新薬師寺、白毫寺まで歩かれたとか。
翌日からも、学会の合間を縫って、興福寺や奈良国立博物館などへも。

奈良入りされた日にお会いしました。
約束の場所は「じゅん平」。これは、我太呂さんのリクエスト。
大和肉鶏を中心にあれこれいただき

180801肉鶏

お酒も、何種類か飲んだはずなのに、写真はこれだけ

180801儀助


この後、「のより」さんで「風の森」をいただいて、お開きとなりました。

180801風の森

弘前りんごさんは、奈良の全蔵元のお酒がそろう「うまっしゅ」へも行かれたとか。
すっかり奈良のお酒を気に入ってくださったようで、うれしい限りです。


弘前のお土産をいただきました。

180801らぷる

箱にはおせんべいって書いてあったような気がして思い込んでいたのですが、開けてみると、ふんわりした生地にりんごの小さな片がいくつも入っていて、りんごの風味がいっぱい。自然な甘みと香りがやさしくて、いっぺんに気に入りました。「しかない」という会社の名前も、なんだか親近感。こちらは「しかあり」だけど(笑)

楽しいひとときでした。
弘前りんごさん、我太呂さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Posted on 2018/08/11 Sat. 10:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

11

かぎろひ歴史探訪第11期は9月から 

「かぎろひ歴史探訪」第11期の予定をやっとHPにアップしました。⇒

180703歴史探訪第11期

日程は下記のとおりです。

① 9月20日(木) 当尾の里、古寺と石仏の道

② 10月11日(木) 畝傍山山麓コース

③ 10月25日(木) 古市古墳群

④ 11月 8日(木) 三輪山西北麓の古墳群

⑤ 11月22日(木) 額安寺・中家住宅・飽波神社

⑥ 12月 6日(木) 宇治、平等院・三室戸寺 

コース内容はホームページでご確認ください。⇒
180703歴史探訪第11期2

詳しくは、下見歩きのあと、このブログでご報告します。

第11期もよろしくお願いいたします。
猛暑を乗り越えて、お会いできるのを楽しみにしております。
くれぐれもご自愛のほどを!


Posted on 2018/07/03 Tue. 20:55 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

03

夏のグリーティング切手 

6月11日、「かぎろひ歴史探訪」第10期の最終回に欠席された方に、来期の予定を発送しました。

180611発送


お気に入りの古墳マステで封をして

180611古墳テープ


郵便局へ。
料金別納にしてもいいのだけれど、やっぱり切手を貼りたい!
個人的に、きれいな切手が貼られているとうれしくなりますので、ね。
記念切手をあれこれ探して、6月2日発売の、「夏のグリーティング」見っけ~♪

180611切手

うちわや浴衣の形をした切手もあって、涼しそう~。⇒

あっ、「かぎろひ歴史探訪」第11期の予定は、追って、HPやFBにも公開しまーす。

Posted on 2018/06/11 Mon. 20:38 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

11

二上山東麓探訪の報告 

「かぎろひ歴史探訪」第10期も滞りなく終了。
ホッとする間もなく、予定がつまっておりまして、ブログ報告が遅くなりました。

最終の第6回を簡単にご報告しておきたいと思います。

実施日 6月7日(木)
参加者 38人
コース
近鉄南大阪線二上神社口⇒加守神社⇒加守廃寺跡⇒教善寺⇒二上山ふるさと公園⇒腰折田伝承地⇒阿弥陀橋⇒「恵心僧都誕生之地」碑⇒阿日寺⇒狐井城山古墳⇒狐井稲荷古墳⇒杵築神社⇒福応寺⇒近鉄五位堂駅


二上山を仰ぎ見ながらのハイキングは格別♪

180607二上山

180607二上山2


↓これは、腰折田伝承地で

180607腰折田伝承地



加守神社(葛木倭文坐天羽雷神社、二上神社)で

180607加守神社


加守廃寺跡へ

180607加守廃寺へ


近くの教善寺で塔心礎を見せていただいてから、二上山ふるさと公園へ。
公園館でお弁当と講座

180706講座


食後に、456段の階段を上って展望台まで行く人も。
奈良盆地一望~

180607大和盆地一望


狐井城山古墳

180607狐井城山古墳2


180607狐井城山古墳


「かぎろひ歴史探訪」の会員で、地元にお住まいのTさんは、下見に同行してくださっただけではなく、あちこち奔走のおかげで、
個人宅の敷地内にある狐井稲荷古墳を見せていただいたり、

180607狐井稲荷古墳


「板仏」で有名な福応寺を拝観

180607福応寺

ご住職のお話を聞かせていただく幸運にも恵まれたのでした。

180607福応寺


記念写真は阿日寺で

180607集合写真

ご参加の皆様、Tさん、お世話になった皆様、どうもありがとうございました。

来期は9月からのスタートとなります。
欠席の方には追って案内資料を郵送させていただきます。しばらくお待ちくださいますように。

ご参考に
※鉄道の旅、音楽の旅⇒

Posted on 2018/06/10 Sun. 19:52 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

10

二上山麓コース探訪は6月7日 

「かぎろひ歴史探訪」第10期も最終回になってしまいました。

6月1日、下見に行ってきましたので、簡単にご報告します。
実は、まさにこの地域にお住まいの、会員Tさんから「道案内します」とのうれしいお言葉をいただき、スムーズに歩いてまいりました。
けれども、雨天に備えて、ちょっとコース変更もしております。

近づく二上山、電車の中からテンションが上がります。

180601電車から


近鉄南大阪線二上神社口駅集合

180601二上神社口

次が「二上山駅」なのですが、お間違えのないように。


加守廃寺は、まさに「夏草や…夢の跡」の様相

180601加守廃寺

180601加守廃寺2

↑左の建物は四天王堂


加守廃寺の説明(クリックで拡大)

180601加守廃寺説明

加守神社

180601加守神社

180610葛木


腰折田伝承地

180601腰折田2

當麻蹴速が野見宿禰に腰の骨を折られて敗れたことに由来…


二上山をのぞむ

180601腰折田


ちょっと東へ歩くと阿弥陀橋

180601阿弥陀橋


橋のたもとに、長持形石棺の蓋石が!

180601蓋石

180601蓋石2


少し北にある、香芝市最大の前方後円墳「狐井(きつい)城山古墳」のものだとみられています。

180601狐井城山古墳

で、でかすぎて、近くからではそれとわかりませーん^^;

航空写真でどうぞ




狐井城山古墳の説明(クリックで拡大)

180601狐井城山古墳説明

Tさんが、地主さんに、古墳内に入れないか聞いてくださったのですが、今の時期はマムシの世界だそうで(゚д゚|||)


あ、古墳までに阿日寺さんにお参りします。恵心僧都源信ゆかりのお寺ですね。

180601阿日寺

180601阿日寺2


お昼は二上山ふるさと公園の

180610ふるさと公園

こうえんかんでお世話になります。

180601こうえんかん

道の駅にも寄りましょう。

そうそう、加守神社からふるさと公園までの道は、見上げると二上山、東への展望も開けて気持ちのいいコースでしたよ。

180601ふるさと公園へ


※「かぎろひ歴史探訪」第10期⑥
6月7日(木)午前10時 近鉄南大阪線二上神社口駅をスタートします。

事前申し込みなしの飛び入り参加OKです(1500円)。
お弁当などをお持ちください。

今回は解散地から酒蔵までちょっと遠いので残念ながらあきらめることに。
反省会は八木あたりでと思っています。


Posted on 2018/06/03 Sun. 13:41 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

03