09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

第7回「酒なら日本酒」に参加して  

1週間以上も経ってしまったけれど、10月19日に開催された第7回「酒なら日本酒」をレポートしておかなくては!
日本酒一杯と酒肴一品が500円。とは信じられないクオリティの高さ! 奈良酒と料理のマリアージュ(組み合わせ、相性)に挑戦する若手店主さんたちの意気込みが感じられる楽しいイベント(参加費1500円)。

171009参加証



そんな魅力にひきこまれて、過去6回皆勤なワタクシ、今年も休むわけにはいきますまい(笑)。
お馴染みのお顔にあちこちで出会えるのもこれまた楽しいのであーる。

第1回の記念品だった、ピンクのTシャツは、ワタクシにとってはこの日のためだけの制服みたいなもん。普段、こんな色を着ることはないので、ちょっとハイテンションでゴー。
残念ながら、行基さん前で行われたオープニングには間に合わず、出遅れ。
この日を思い出しながら、記録しておこうっと。

家族みんな、この日のイベントを楽しみにしているのだけれど、別行動(笑)
東京の娘夫婦とakkoさんのグループ、夫とワタクシはそれぞれ1人で。毎日のように顔をつきあわせて晩酌しているんやもん、こんなときくらい、新鮮な風に吹かれたいよね(笑)


1人でふらりと、高天地下の受付へ行くと、わー、亀ちゃん・川クン夫妻が担当していてビックリ。
亀ちゃんの胸には生後3か月の赤ちゃんが! すやすや。
この子の成長も楽しみやから、これからも欠かさず参加しなければ(笑)

いちばん先に出会ったのが、亜耶さんから出てきたばかりのマーキーさん!
最近、ちょくちょくお会いしていることを思うと、やっぱりご縁があるのね。

亜耶さんは混みこみの様子だったので、マーキーさんと一緒に他所へ。

●大和旬菜・魚・鶏 じゅん平(奈良市上三条町7 TEL:0742-31-7140)
お酒/裏篠峯 純米 山田錦 超辛口 無濾過生原酒 竹山ラベル
アテ/大ちゃんの本鮪とアボガドの酒粕タルタル

171009じゅん平

酒粕を隠し味にしたタルタルがお、おいし~。鮪の赤とアボガドの薄緑の色合いも美しくて。


●和洋バル なか川(奈良市小西町2-3 TEL:0742-26-3700)
お酒/風の森 純米しぼり華 露葉風70%
アテ/合鴨のスモーク ハニーバルサミコソースとサツマイモ、梨、胡桃のポテトサラダ

171009なか川

マーキーさんのお知り合いの団体さんと同じテーブルで。
「風の森」と洋風料理も合うね。


●吟酒遊膳庵 厨(奈良市小西町2-1 ジャパンドビル2F TEL:0742-24-3738)
お酒/みむろ杉 純米吟醸 山田錦
アテ/鰆のポワレ 柿のソース

171009厨

鰆の蒸し焼きと柿のソースがオモシロイ味わい。


東向通りで、歴史探訪仲間のHさんと会って、立ち話。神戸からお友達が大挙して参加されているとか。
このとき、やまさんも通っていかれた。「やまさーん」


●折衷旬菜 香月(奈良市下御門町28-1 TEL:0742-22-1018)
お酒/春鹿 奈良の八重桜
アテ/栗のサヴァイヨン・ブリュレ仕立て レーズン入り生チョコ・自家製柚子ピール添え

171009香月

毎回、デザートと日本酒を合わされて、度肝をぬくようなマリアージュ。ここは外せないわ。
「奈良の八重桜」は甘すぎると敬遠していたのだけれど、こんなふうに合わせると、むしろ甘さがいい感じ。
娘グループにバッタリ(笑)。情報交換。


もちいどの商店街で、Yさんに会って。
この日の朝、FBで髪をショートにされたことを知っていたので、「わぁ、ステキ~」


ここでちょっと休憩

171009泉勇斎

↑泉勇斎さんで
なんで、休憩して日本酒やねん、って? ほんまや^^;  でも、ご同輩が何人かいらっしゃって、「やっぱり休憩せんとね」(笑)
お隣の若いご夫婦が「何のイベントですか? 」 奈良市内に住んでいて、お酒が好きでも、「酒なら日本酒」を知らない人もいるんやと、ちょっとビックリ。PRしておいたので、来年は参加されるかも。


●青天(奈良市東向南町一番地 AMI21ビル TEL;0742-25-2065)
お酒/生酛のどぶ
アテ/牛すじ煮込み 中華風

171009青天

意表をつかれた、ぬる燗のどぶが、なんだかやさしくてホッ。中華風煮込みにもバッチリ!
蔵元社長がお見えだったのも、うれしいなと。あっ、梅さん! お世話さまです。


●ぼうぼう焼き 鶏若(奈良市小西町5番地 アルテ館2F-A TEL:0742-26-1189)
お酒/花巴 山廃純米 雄町 無濾過生原酒 直汲みにごり 28BY
アテ/大和肉鶏と秋の野菜の天ぷら

171009鶏若

天ぷらの材料が置かれていて興味をひかれた。

17100鶏若2

マーキーさんがお知り合いの方にご挨拶。大阪の人気店の大将とか。大阪の同業者にも注目されているようで!
Kさんご夫妻と「また、お会いしましたね」
ぼうぼう焼って? 今度、食べてみたい。
花巴の蔵元も来られていて、お話を聞けたのもよかった。


●グリルチェンバー(奈良市高天町38-3 近鉄高天ビルB1F TEL:0742-22-3538)
お酒/梅乃宿 山香 山廃純米吟醸 ひやおろし
アテ/手作りスモークチキンと自家野菜のおばんざい盛合せ

171009グリルチェンバー

「食堂 てらかわ」(⇒)の店主、山本さんのお顔も。来年は、「酒なら日本酒」の提供メンバーに入っていらっしゃったらいいなぁ。

最後は、マーキーさんと別れて、亜耶さんへ。

●酒房 亜耶(奈良市高天町38-3 近鉄高天ビルB1F TEL:0742-25-0272)
お酒/百楽門コレクション
アテ/サツマイモのレモンマスタードマリネ、若鶏のトマト煮ローズマリー風味、カレイの昆布締め ポン酢ジュレ 酒米の和風リゾット

171009あや3

百楽門の蔵元社長さん!

171009社長


「百楽門」も多種から選べて

171009あや2


わーい、と喜んでいたら、なんと!
「あなたが200人目です」のプレゼントが!(上の写真、新聞紙でくるんだもの)
えー、ラッキーすぎ。

171009プレゼント

梅乃宿酒造と箕面ビールのコラボ「ARAGOSHI×MINOH]と百楽門のおちょこをいただいて。
あなうれし。ありがとうございました。

※「酒なら日本酒」⇒

「酒なら日本酒」イベントはワタクシの友人たちにも広がり、「来年は声をかけてよ」。
遠くから来られる人に、ならまち散策も兼ねて、案内しようと画策中。

スポンサーサイト

Posted on 2017/10/17 Tue. 20:36 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

17

ビアガーデン2017夏 

恒例行事になったビアガーデン、今夏もみんな元気で楽しめたことに感謝しながら、記しておこうっと。

8月17日
娘の家族+(ジジ+ババ)×2=7人
ホテル日航奈良の屋上ビアガーデン。

なんといっても、このビアガーデンのいちばんの魅力は、そこから見渡す奈良の風景でしょう。

夕日を受ける東の山々

170817東


塔が見えるシアワセ感

170817五重塔

↑御蓋山もひときわ神秘的


JR奈良駅を行き交う列車に旅情をかきたてられ

170817jR奈良



西の空のグラデーションを楽しみ

170817西


やがて、夜のとばりがおりて

170817夜景


飲んだり食べたり

170817ビアガーデン

※ホテル日航奈良ビアガーデンは9月9日(土)まで⇒

※⇒昨年(期せずして同じ日だったようで)


そうそう、上京したときに、娘夫婦と一緒にビアガーデンに行ったことも記しておきましょう。
急に上京することになり、しかも金曜日(8月4日)とあって、思いつくお店はすべて満席、ようやく、有楽町のビルの屋上ビアガーデンに予約がとれたとのことでした。

ワタクシは武蔵国分寺跡(⇒)から直行。
♪有楽町で逢いましょう♪を心の中で口ずさみながら、にやにや(笑)

娘「そんな歌、知らないわ」
娘のダンナは即
  あなたを待てば 雨が降る
  濡れて来ぬかと 気にかかる
  ああ ビルのほとりの ティー・ルーム
  雨も愛しや 唄ってる
  甘いブルース あなたと私の合い言葉
  「有楽町で逢いましょう」


おお! すごい!  ワタクシも一気に歌詞を言えないよ。
娘の「知らない」にも驚きましたが、ダンナの「知り過ぎ」にもビックリ。


さて、奈良のビアガーデンでは、飲みホーダイ、食べホーダイという形が多いと思うのですが、
ここは、コース料理とビール飲みホーダイでした。音楽ライヴあり。
あらら、写真はないわ^^;


ビルに囲まれた屋上で

170804ビアガーデン2

たまにはこんなビアガーデンもいいかも~


それから、ちょっと夜のまちをお散歩して

170804東京


千疋屋でデザートを。

170804千疋屋

すべて、おごられました^^;
娘よ、ダンナよ、ありがとうね~

Posted on 2017/08/27 Sun. 07:57 [edit]

category:

TB: 0    CM: 5

27

大和杜氏会 発足 

「大和杜氏会」が発足しました!

5月、日杜連(日本酒造杜氏組合連合会)に正式承認され、8月19日、発足式開催の運びとなりました。


一同、お酒の神様、大神神社に集合。
拝殿で、発足のご報告をし、玉串拝礼。

170819拝殿

↑巫女神楽「浦安の舞」


大杉玉、直径2.5m!

170819杉玉


それから、杜氏の祖、高橋活日命(たかはしのいくひのみこと)をまつる活日神社へ。

170819活日神社2


玉串奉奠

170819活日神社3


大禮記念館、昭和の間で「大和杜氏会」の発足式

170819会場


会長の喜多氏(中谷酒造)

170819会長あいさつ

講習会や技能検定の講座、蔵見学、他組合との交流…などの活動をして、旨い酒を世に放ち、酒造業界を盛り上げたいと挨拶されました。

杜氏というのは、酒造りの最高責任者。南部杜氏、丹波杜氏、但馬杜氏…などが有名ですが、最近は高齢化や、後継者不足で、その数も激減していると聞きます。蔵元社長自らが杜氏を務めていたり、酒造りの技能をもつ社員も多くなりました。
杜氏組合という組織は全国にあるようですが、どこにも所属していない蔵人も多いようですね。
そんな状況から、「大和杜氏会」は立ち上げられたのかなと思いました。全国に先がける画期的な試みのように感じられたのでした。

懇親会にお目見えしていた中谷酒造の「三日踊」。
大神神社のササユリから採取された酵母(山乃かみ酵母)が使われいます。

170819三日踊


この日の司会は漫才師の「にほんしゅ」。お2人ともきき酒師の資格をお持ちです。

170819にほんしゅ2


この日、ワタクシ、お2人と行動を共にすることが多くて。

170819にほんしゅ

すっかりファンになりました。
漫才のサービスも。もちろん日本酒ネタ。

170819にほんしゅ3

オレ、記憶力ええねん。歴代横綱言うで。
大鵬、貴乃花、千代の富士、小錦、山田錦、露葉風…

おいおい、それ、酒米やん


てな感じで、日本酒好きとしてはオオウケのネタばかりでした。


「にほんしゅ」のお2人を囲んで、「大和杜氏会」の役員さん。

170819役員

↑左からあさやん(漫才師にほんしゅ)、北場監事長、喜多会長、溝畑副会長、北井さん(漫才師にほんしゅ)


※漫才師にほんしゅ⇒

Posted on 2017/08/22 Tue. 07:00 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

22

山椒たっぷりタケノコ鍋 2017 

今年もまたお誘いいただき、5月3日、Sさん宅(五條市)での「山椒たっぷり筍鍋の会」に参加しました。
昨年→

最寄り駅はなんと、JR和歌山線隅田駅!

170503隅田駅

のどかな、のどかな、無人駅。
ここはもう和歌山県なんですよね(橋本市)。ワタクシにとっては郷里エリア。友人がいるし、親戚はあるし、隅田八幡神社の宮司さんは高校のときの先生だし(あ、先生、お元気ですか?)・・・。


緑や藤の花に目を奪われ、ウグイスやホトトギスの声を聞きながらSさん宅へ。

170503道中


Sさん手料理の魅力は、その腕前もさることながら、なんといっても、食材のほとんどが自家製だという点。
前日、山へ入って採ったばかりのワラビやフキ、三つ葉も!

伝統の郷土料理に、若いSさんのセンスがプラスされて、バリエーションも豊か。そこに、お母さんの鯖ずしや草餅が加わるものですから、ほんとうにぜいたくなごちそうなのでした。
蔵から出してこられた年代物の食器たちも、ひと役かってますね。楽しませていただきました。

170503鯖すし

170503ごちそう2

あっ、お母様のヨモギ餅、忘れたらあかん! 
亡き母を思い出してウルウルきそうになりました^^;

170503草餅


昨年は、「柿の葉ずし」が登場したのですが、今年は葉っぱが小さすぎて作れないのだとか。それにかわる、山椒の葉。 口の中いっぱいにさわやかな香りが広がりました。

目にしみる柿の若葉。やはり、柿も例年よりだいぶ季節が遅れているんですね。

170503柿新緑

黒豆のビーフシチュー(↑写真、左下から2番目)は初めての味わい。斬新です。

八朔とキャベツの和え物(↑写真、右下から2番目)は、ドイツのザワークラウトを意識したものとか。千切りキャベツに塩麹を混ぜて弱火で蒸し、一晩冷蔵庫で寝かせたものだそう。さっぱりしているのに深い味わい。


途中でお散歩に。山椒の葉を摘んだり

170503山椒とり


すぐ近くの吉野川で

170503川遊び

↑「水切り」して遊ぶ少年少女たち(笑)
あ、水切り、ご存じですよね。川に投げた小石が、あらら不思議、水面を軽々とジャンプしていく~
この日、Mさんがとても上手で、ポーンポーン跳ねながら、向こう岸まで届き、拍手喝采!


散歩から戻って、いよいよタケノコ鍋

170503鍋2

↑おそばはマーキーさんの手打ち
前夜、3時から打ってくれたとか。感謝感謝。

ピリリとする実山椒がアクセント。1年ぶりの、ここでしか食べられない、不思議な味わい。
これに「篠峯」の超辛を合わせて。


気のおけない仲間たち(7人)と飲んで食べて、ゆるゆると過ごした、至福の1日でした。

Mさんセレクトの、飲みほしたお酒たち。
お料理と見事にあって、どちらもすすみました。
が、前後不覚には酔っぱらわなかったので、ご安心を(平城宮跡でのお花見会をご存じの方へ。笑)

170503お酒


Sさん、お世話になりました。ありがとうございました。
もう一度、カンパイ!!

※お酒、メモ
ベアードビール(レッドローズ アンバーエール)
北海道ケルナー
大倉 山廃特別純米(ひとごこち) 直汲み生酒 
みむろ杉 純米大吟醸(山田錦) 無濾過生原酒
篠峯 純米(山田錦) 超辛無濾過生酒
風の森 純米吟醸(山田錦) 笊籬採り

Posted on 2017/05/05 Fri. 13:06 [edit]

category:

TB: 0    CM: 4

05

獺祭 50  

3月27日、大宇陀の城山で風に吹かれていたとき、東京のTさんからメールが届いた。


先日、鈴蘭台駅の写真がアップされた記事がありましたが、何回か伺って飲み明かしたことを思い出しました。
もう何年経つのでしょうか。
さて、先日、獺祭50を飲む機会があり、美味しく思いました。
今年の花見の酒のひとつに加えていただければと思い、本日送りました。



そうそう! 若かりし頃、Tさんとよく飲んだのだった。というよりも、ワタクシにお酒を教えたのがTさん。たった1つ先輩だけなのに、大人の女性な雰囲気をもち、世の中のことをよく知っているようなTさんを尊敬していた。
今のようなおいしい吟醸酒はなかったけれど、コップ酒に氷を放り込んでレモンをギュッとしぼってゴクゴク。おいしかったのだ。
夜が白み始める頃まで、しゃべりながら飲み続け、次に目が覚めると夕方だった、なんてことも^^;

そうそう、あの頃は人生の方向を決めるのに悩んでもいたなあ。奈良には憧れていたけれど、住むことなど考えもしていなかった頃だ。

城山の上で、ひとり、懐かしい思い出にふけっていたのだった。


翌日、明日香村から帰ると、なんと1升瓶でビックリ。

夕食は、サワラのにぎりとアジの棒寿司(夫作)!
わぁきれいね。春色!
サワラは魚へんに春、なるほど、ナットク。
などと言いながら、記念撮影。

170329獺祭


まだ開けていませんよ~。お花見までおあずけ(たぶん)。

Posted on 2017/03/31 Fri. 11:23 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

31