02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

倉本酒造 

『かぎろひの大和路』誌上のシリーズ「蔵めぐり」、今回は大和高原にある倉本酒造さんを紹介します。

訪ねたのは、1月26日のこと。過日、都祁の雪景色をアップしましたが(→)その日の第一目的は、倉本酒造さんの取材でした。

主要銘柄は「金嶽」(きんがく)。ご存じでしょうか。
ワタクシは毎年1月、正暦寺の「菩提酛清酒祭」に行って、全種試飲してから1本決めるのを恒例の楽しみにしているのですが、実は倉本さんの「つげのひむろ」を選ぶ確率が高いのです。

つげのひむろ

今年一緒に行った女性たちにも「つげのひむろ」は人気でしたよ。

「菩提酛」づくりに参加する蔵元さんたちの顔ぶれにも世代交代が見られるるようになりましたが、倉本酒造さんは当初からのメンバー。今や、筆頭で頑張っていらっしゃるのではないでしょうか。

201701菩提酛仕込み


でも最近、きれいなHPができているし→
フェイスブックページもあるし→

もしかしたら、息子さんが蔵に入られたのかも、なーんて勝手に想像していたのです。
ピンポーンでした(笑)。どうやら、正暦寺での菩提酛仕込みに息子さんも来られていたようです。

何だかとても、うれしそうな倉本社長なのでした。
「まだまだ教えることがある」とおっしゃりながら「オレより頭がええ」とワハハ。
これからも大いに期待されますよ。お酒がもっともっと、おいしくなりそうです。



倉本酒造全景

170126全景


冷涼で澄んだ空気と美しい風景、それだけでも、お酒造りに適した風土なのだろうと思えます。

170126倉本酒造


そうそう、お聞きしてみたいことがありました。
HPのトップにこうあります。
ご挨拶
 当蔵は清酒発祥の地 奈良の北東部 大和高原の山間にあります。
 山々に雲がたなびき、雲の間から光が差す時、
 黄金色に輝く遠岫は金の嶽を形成します。
 その様は、まさに【金嶽】なのです。


「金嶽」の由来は知っていたし、想像もできるんですけど・・
遠岫って?
そもそもって漢字、し、知らないわ^^; 

広辞苑には載っていないしね、夫の部屋に忍び込んで「大漢和辞典」を繰って

170205辞書2


ようやく発見!

170205辞書


「えんしゅう」って読むのか・・・
しかし、この字をすらすら読める人もそう多くないのでは?
それを、ホームページのトップに堂々と使っているなんて、ね。興味津々。

それで思い出したのが、この蔵のお酒にも、読めない漢字があったぞ。
これこれ。

12.2古酒


5年ほど前になりますが、これも辞書を調べたんやったわ~^^;
読みはしょじゅん。中国で美酒を意味するのだそうですよ。


漢字の使い方が尋常ではないですよね。
今の蔵元がそうだとは思えないけど(失礼)、先代とか先先代に、漢学者とか漢籍に詳しい人とかいらっしゃったのではないかなあと。それを聞かなくちゃ。

酒蔵の取材前夜、そんなことを考えるのも珍しい(笑)
ハイ、勉強になりました。


で、お聞きしてみたところ。
オモシロイ友人がいらっしゃって、ラベルやネーミングなどもその人のアイディアだとか。

「ちょっと変人やね」とおっしゃるので、思わず「類は友を呼ぶ!」と言ってしまいましたよ^^;

なかなか読めないけれど、インパクトが強いですよね。もう忘れない。


お酒造りにお忙しい時期なのに、つい取材のことを忘れて雑談的おしゃべりに。まあ、以前から存じ上げているという親近感はあるのですけどね。山々に囲まれた静かな雰囲気に浸っていると、のんびり~、ゆるゆる~。
そのうち奥様もおしゃべりに仲間入りされて、友達の家に遊びに来たような気分に。

向こうもそうだったでしょうか、白菜要らない? お芋は? となり、厚かましくいただいて帰ったのでした。

170126白菜など

ありがとうございました。


※倉本酒造
〒632-0231 奈良県奈良市都祁吐山町2501
TEL:0743-82-0008
http://kuramoto-sake.weebly.com/
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/05 Sun. 22:08 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

05

追悼 油長酒造 山本会長 

1月9日、今年も正暦寺で「菩提酛清酒祭」が行われました。

170109菩提酛清酒祭

今年は5人の仲間と参加し、そのことをブログに書こうとしたのですが・・・。

菩提酛の仕込に山本長兵衛さんの姿がないという事実に、改めて衝撃を受けました。蔵元の皆さんはもっとひしひしとその大きさを感じられていたのではないでしょうか。
500年前のお酒づくり、菩提酛復興の、いちばんの立役者とも言える油長酒造の会長、第12代山本長兵衛さんは、昨年11月、急逝されました。64歳という若さでした。

菩提酛復興の足跡を振り返ってみます。
平成8年(1996)、山本長兵衛さんが蔵元仲間に話をもちかけて「奈良県菩提もとによる清酒製造研究会」が発足。座長は山本長兵衛さん(このときは油長酒造の社長)。設立時の蔵元会員は15。奈良県工業技術センターの協力を得て、文献を研究しつつ、天然微生物の採取などに取り組まれます。
3年間の研究を経て、平成11年(1999)復興の成功と市販にこぎつけました。

当時の写真(紙焼きを撮影)

1999写真


『かぎろひの大和路』誌では、菩提酛のことをシリーズで取り上げさせていただきお世話になりました。ワタクシの担当ではなかったのがちょっと残念なのですが。
シリーズ②(1999.5発行)に載る山本座長の言葉
菩提酛づくりが奈良の風物詩になるよう、さらに酛の完成度を高めるよう研究を続けます。

それから20年近く経った今、まさに奈良の風物詩になりつつあるなあと、たくさんの見学者を見て思わずにはいられません。
菩提酛づくりに関わる蔵元さんたちにも世代交代が感じられるようになりました。こうして受け継がれていくことを長兵衛さんも喜んでいらっしゃるでしょうと、M先生。

奇しくも、12年前に菩提酛づくりを体験した3人が今年、正暦寺に集まり、長兵衛さんにとても丁寧に教えていただいたことなど共通の思い出話ができたのもなによりでした。


個人的な思い出話もご紹介させてください。
平成16年(2004)『かぎろひの大和路』御所特集のとき、裏表紙に、御所の3つの蔵が並ぶ広告をいただいたことがあります。大好きな御所のお酒に並んでほしいという企画を持っていったところ、応援をいただき、あとの2つの蔵にも行ってきなさいと送り出してくださったのでした。2蔵にも快くOKをいただいたことは忘れられません。

20号表紙


その4年後、もっと個人的な話で恐縮ですが、母を亡くして落ち込んでいたとき、高校生の娘がワタクシの誕生日に「風の森」をプレゼントしてくれたのです。ずっと前にも書いたことがあると思うのですが、改めて。
あまりにうれしくて、蔵元にメールを送ってしまったのでした。

秋色ただよい始めました。
たいへんご無沙汰しております。
私事でいろいろありまして、かぎろひ誌の発行が大幅に遅れているような状況でございます。

さて、そんななか、今日はとてもうれしい出来事がありましたので、ご報告させてください。
昨日、私の誕生日だったのですが、高校生の娘から思いがけないプレゼントがあったのです。
それがなんと、「風の森」純米大吟醸 しぼり華(山田錦 精米歩合45%)の逸品! 
制服姿で、一升瓶をかついで帰ってまいりました(きちんと包装してくださっていましたのでご安心を)。
アルバイトでためたお金をつぎこんでのプレゼントに胸が熱くなりました。
私が、珍しく最近ちょっと元気がなかったものですから、大盤振る舞いのプレゼントとなったようです。母親を元気づけようとひらめいたのが日本酒というのも、ちょっと複雑なものがありますが(^_^;)
・・・


お返事は全く期待していなかったのですが、蔵元じきじきにメールが届いてビックリ。

お誕生日おめでとうございます。
娘さんの誕生日プレゼントが風の森だったとは造り手としてもうれしいかぎりです。
母親思いの娘さんですね。
また、元気を出してかぎろひの大和路発行してください。
きっとかぎろひさんの文章で元気をもらっている読者の方が待って下さってますよ。

稲穂が頭をたれてきました。またお酒造りが始まります。
今年も皆さんが元気になっていただけるような風の森を造りたいと思っております。



今読んでも、いや今だからいっそう胸をうたれます。


そうそう、山本長兵衛さんは、「風の森」の生みの親でもあります。純米、火入れなし、加水なし、無濾過にこだわったフレッシュなお酒は、じわじわと酒好きの間に広まり、今や全国区ですよね。いわゆる酒米ではなく、アキツホという食米を用いて、おいしくてリーズナブルなお酒をつくられたことは画期的だったのだと思います。

今期の「風の森」初しぼり、会長も見届けられたでしょうか。

笑う門には福きたる


お米を磨いたらうまい酒ができるのかと思っていたワタクシに、そうではないことを教えてくれたのも「風の森」でした。20%しか磨いていない「風の森 雄町80」や「風の森 山田錦80」にお酒造りの奥深さを感じたものです。


長兵衛さんは、けれども、自分の蔵のことだけではなく「奈良のお酒は全国的にみてもレベルが高い」とおっしゃり、酒造業界全体のことを考えていらっしゃるようでした。

ずいぶん前に、ある蔵元を取材したときに聞いた話が印象に残っています。
頼りにしていた杜氏が突然倒れ、お手上げ状態だったときに、長兵衛さんが駆けつけてくれたのだとか。年末年始の、自分の蔵も多忙を極めるときに来て支えてもらい恩義に感じている、足を向けては寝られないと、しみじみおっしゃっていました。


蔵元仲間からも一目おかれ、尊敬される、存在だったのでしょう。


どうもありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。
あちらで、今西酒造の先代とお酒談義をされているかも、と考えると、少し気持ちが和みます。

Posted on 2017/01/12 Thu. 00:04 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

12

第6回 酒なら日本酒 

今年もしっかり予定にいれていた「酒なら日本酒」イベントは10月16日。

ところが、この日、(ジジ+ババ)×2で天使をおもりすることになりましてね。
4人ともお酒は好きなのですが、天使を連れて酒場めぐりというのも、何だか気が引けるではありませんか。
というよりも、天使と遊ぶほうが楽しい~♪

161016猿沢池あたり


161016大乗院庭園


天使「疲れた~。もう歩けない~」

161016おんぶ


で、「酒なら日本酒」に参加。天使が食べられそうなアテをということで「折衷旬彩 香月」へ。

161016香月

↑「猩々 純米 妙童鬼 無濾過生原酒」と「上北山村 天然鹿のパテ」

天使も大丈夫でしたが、「折衷酒菜 Arome Lune」の洋菓子はぺろりと完食。

161016アロマルナ

↑新生姜のコンフィチュール入り生姜のパウンドケーキ、フランボワーズのムース・オー・ショコラ
梅乃宿の25年古酒にとても合いました。

161016古酒


中華処「青天」

161016青天

↑「大倉 山廃純米吟醸」とふわふわ卵のエビチリあんかけ

さすがに、ピリリと辛いエビチリは大人の味わい。と思っていたら、なんと子供さんにとやさしいお味の一品を差し入れしてくださって感激! ありがとうございました。


「大和旬菜・魚・鶏 じゅん平」へ。

161016じゅん平

↑奈良豊澤酒造の新ブランド「儀助 特別純米 無濾過生原酒」と、手作りつくね3種盛り(季節の野菜 青唐辛子味噌添え)

楽しい出会いもあり、ビールを飲んでいたら、タイムオーバー。

161016ビール

結局、今年は4店どまりでしたが、あまり残念感がないのは天使力のせいやろな。

一緒に「酒なら日本酒」を楽しめる日まで、あと16年7か月…(笑)



Posted on 2016/10/17 Mon. 21:52 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

17

ナポリ料理を味わう 

おいしいお料理と、お酒と、仲間と。

7月10日、Iさんのご自宅で開かれた、イタリア料理の会にお招きいただきました。
イタリア料理研究家のYさん(NATSUOさん)とIさんが心をこめて作ってくださる手料理を満喫!

以下、赤色の文字は、料理人NATSUOさんの解説をそのままコピーしたものです。

160710食卓3

↑中央はfocaccia フォカッチャ
サーレグロッソをまぶした、シンプルなフォカッチャ。


160710グラス



どれもこれもおいしくて、おいしくて。

160710食卓

↑いちばん奥: alici marinate イワシのマリネ
新鮮ないわしを3枚に降ろし、オリーブオイル、レモン汁、イタリアンパセリで一晩マリネしたもの。(カンパーニャ)

左: caprese di burrata ブッラータのカプレーゼ
ブッラータは、モッツアレラのなかに生クリームを包んで口を縛ったフレッシュチーズでプーリア州の名産品。今回は東京のCHEESE STANDというお店のものを取り寄せた。フレッシュチーズは鮮度が大切。冷凍品のイタリアのものと比べて、ミルク感が段違いだった。(プーリア)


右: cipolline in agrodolce siciliana 小玉ねぎのアグロドルチェ
アグロドルチェとは酸っぱい甘いと言う意味で、言うなれば「甘酢漬け」のこと。
(シチリア)


手前: pizza parigina napoletana ピッツア パリジーナ
ピッツア生地に具を乗せ、パイ生地を被せ焼いたナポリの郷土料理。具はチーズとトマトが多いけど、今回はビエートラ(フダンソウ)というイタリア野菜のソテーを包んだ。
(カンパーニャ)


次々に出てくるお料理

160710お料理


melanzane alla parmigiana ナスのパルミジャーナ
薄切りにして揚げた茄子をパルミジャーノ、トマトソース、パン粉とともに重ね、オーブンで焼いた。

insalata di polpo con fagioli  白インゲン豆とタコのサラダ
茹で蛸を白インゲン豆とセロリ、キュウリと合わせたサラダ。

vongole macchiato ヴォンゴレマッキーアート
あさりのパスタで、少しのトマトを加えたのがマッキアート。パスタはグラニャーノ産リングイネ。

polpette di melanzane napoletane ナスのポルペッタ
ポルペッタは肉団子のことだけど、これはナスを使ったポルペッタ。ナスとパン、パルミジャーノとペコリーノを混ぜ合わせ丸めパン粉をつけて揚げる。トマトソースを添えて。


polpo bollito 茹で蛸
ずっと食べたかった料理。新鮮なタコを足先からちょんちょんと塩茹でして、ハサミでちょきちょき切って、レモン、オリーブオイル、イタリアンパセリを散らした。蛸は海道さんで買った渡りダコ。(カンパーニャ)


fusilli al pesto di rucola ルッコラペーストのフジッリ
ジェノベーゼペーストのバジリコの代わりにルッコラを使ったペーストをフジッリに絡めた。


途中、1時間ほど散歩に出たのですが、すぐに第2部のはじまり~

160710夜の部


イタリア南部、ナポリの家庭料理がテーマとのこと。
ヨーロッパではタコは食べられないと思いこんでいたのですが、南イタリアでは好まれるんですね。
和食と、どこか接点のようなものを感じました。もっとも、本場のナポリ料理を、我々の舌に合うように少しアレンジしてくださっていたのかも。大和肉鶏や大和ポークの生ハム、椎茸入りソーセージなども登場しましたよ。

けむり工房の生ハム
奈良の白毫寺近くにあるけむり工房の生ハム。
豚ロース肉を一週間ソミュール液につけ込み、冷燻したもの。茹でていないので「生ハム」と称しているが、イタリアの生ハムとは違った。不思議な食感のハム。


crostini di fagioli  白インゲン豆のクロスティーニ(トスカーナ)

pollo alla potenza ポテンツァ風 鶏の煮込み
大和肉鶏の胸と骨つきのモモ肉をじっくり煮込んだ。鶏は大柳生の雅チックファームの大和肉鶏。添えたジャガイモのローストもチックファームの鶏糞で作ったもの。今回のメイン料理。

peperoni verdi con pomodorini ししとうのトマト煮
素揚げしたししとうをプチトマトで煮込んだ。ししとうの香りが移った揚げ油を使うのがポイント。
今回は黒ししとう、万願寺、ひもとうがらし、甘長の4種を使った。


ロワゾブリュのしいたけソーセージ。
イタリア式にボイルせず切ってソテーした。

zucchini scapece e zucca scapece ズッキーニのスカペーチェとカボチャのスカペーチェ
スカペーチェはいわゆる「南蛮漬け」で、揚げたものを酢でマリネしたもの


お料理はお酒によってさらに引き立てられると、改めて実感。
さすが、Mさんのセレクト! きっと、きめ細やかに考えてくださったのだなあと感じることができました。
日本酒にもとても合いました。ワインおいし~。日本酒、うま~(笑)

160710お酒

↑お酒、もっと飲んでるはずですが、撮り忘れたみたい。

午後1時から、気がつけば夜の10時。
いつもながら、時間が経つのが早すぎ。明るい光が降り注いでいたはずなのに、いつのまにか夜のとばりが・・
時間って均等に流れていないのでは、といつも思ってしまいます。。。

ありがとうございました。
素敵な仲間に、もう一度、カンパイ!




Posted on 2016/07/11 Mon. 22:21 [edit]

category:

TB: 0    CM: 1

11

「第5回奈良で酒めぐり 酒なら日本酒」のこと  

気がついてみたら、あらら、ブログに書いてなかったなあ、というできごとが結構多くて。
まあええかとそのままになることも多いのですが、これだけは記録として残しておきたい、というものもあるんですよね。

今回の「第5回奈良で酒めぐり 酒なら日本酒」もそのひとつ。
4月24日のことでした。もう1か月以上も経っているのですが、毎年欠かさず参加しているので、やはり書いておきたいと思います。


今年は12店舗の参加、奈良のお酒も12種類。

160424行基広場2





出遅れたので、5店舗行ったところでタイムオーバーだったんですけどね。ざっとご報告しておきまーす。

和洋遊膳 ほおずき

160424睡龍

お酒は「睡龍」(久保本家酒造)
アテは、鯛にゅうめんといなり寿司


酒房 亜耶

160424神韻

お酒は「神韻しぼりたて 特別限定酒(吟吹雪)」(増田酒造)
アテは、僕が好きな酒の肴5品


吟酒遊膳庵 厨(くりや)

160424百楽門

お酒は「百楽門 純米酒」(葛城酒造)
アテは、アサリと分葱、春野菜のヌタ


ぼうぼう焼き 鶏若(とりわか)

160424風の森

お酒は、「風の森 純米真中採り 秋津穂」(油長酒造)
アテは、鶏のすき焼き風


大和旬菜・魚・鶏 じゅん平

160424みむろ杉

お酒は「みむろ杉 露葉風 辛口 特別純米(無濾過生)」(今西酒造)
アテは「肉厚穴子の天ぷら」


まだまだお酒を飲む余裕はあったのですけどね、時間がリミットに。残念。
このほかに、こんなお店でお酒がいただけたのでした。

12802829_1692039414385703_1653978761658645620_n.png


「酒なら日本酒」をご存じない方に。
コンセプトは「料理人による、日本酒と料理のマリアージュを通じて奈良県内の美酒を広く紹介する」

参加店(今回は12)で、日本酒1杯と酒肴1品が500円でいただけます。
ただし、事前に参加資格を得る必要があり、こちらは1500円。記念品(参加の目印)とスタンプラリーカードのゲットが必須です。

次回は秋でしょうか。
フェイスブックなどで発信されると思いますので、チェックしてみてくださいね。→

よろしければ昨年の「酒なら」→

今回はIさんとご一緒しましたが、あちこちでおなじみの顔ぶれに会い、こちらも間違いなく「酒なら日本酒」の楽しみの1つですね。
酒の輪がどんどん広がる~♪

Posted on 2016/05/30 Mon. 07:55 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

30