02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

背教者ユリアヌス 

7月もあとわずか。。。
1年のうちでも、もの思いにふけることが多い月である。

大事な人の命日が続くのもその一因だろう。
母が2年半の闘病の後逝ったのは、7月16日になって間もない真夜中だった。深夜1人で看取った。もう8年も前になる。

大好きな作家、辻邦生さんが急逝したのも7月。小学生の娘たちを連れて鳥取へ海水浴に行き、帰宅してから新聞で訃報を知った。1999年7月29日。

160729新聞


17回目の辻さんの命日に、辻さんのことを書こう。

午後から、やりかけの仕事を放ったらかしたまま、辻ワールドに没頭。
辻さんからの大切な手紙も久しぶりに見る。自筆のおたよりはやっぱりいいね。もういただくことは絶対に叶わないと思うと、奇跡的なご縁に胸が熱くなる。

手元に、辻さん直筆のはがきが5枚。手紙が1通。

160729はがき

はがきはこれまでに紹介したと思うが、手紙は初公開。
鳩居堂の便せん4枚にびっしり書かれてあって、うれしさよりも申しわけない気持ちがわき起こる。

160729手紙


辻さんは必ずお返事をくださったので、多忙な作家の手をわずらわせてはならないと、おたよりは控えていた。
当時、ちょっと気持ちが滅入ることがあって、その事柄には触れずにお手紙を書いたのだった。さとられないように、努めて明るく書いたつもりだったのに、看破されていてドキリ。

辻さんのお手紙公開~

拝復 「かぎろいの大和路」とお手紙ありがとう存じました。
何となく元気のないような文面でしたから すぐお返事をと思いましたが ちょうど入学試験にぶつかり 採点と立ち番とでまるまる四日も拘束され こんなに遅くなってしまいました。

お手紙をいただいてからまた一度大雪が降りました。東京で一冬にこんなに雪の降ることは珍しいですね。実はいつか京都に雪見にいって 一度は三千院、もう一度は銀閣寺を訪ね あまりの美しさに息もつけないほどでした。
奈良の雪景色もきっとすばらしいでしょうね。そんな中を飛びまわっていらっしゃるあなたが羨ましい限りです。
でも毎日すばらしいものに囲まれておられると、ぼくらが思うほど痛切にそれが感じられなくなるのでしょうか。あなたはそんなことはないと思いますが。

(中略) 

最近は ぼくも昔のようにいくら書いても疲れないというほど若くなくなりました。
年をとったという実感はありませんが 無茶はしないようにしています。ただ日々 私的な高揚感を生きなければ せっかくの「生」がもったいないので それこそ聖フランシスのように太陽の前に跪くような気持でおります。あなたから雑誌や手紙をいただくことだって ぼくにとっては何か奇跡的な喜びで嬉しさが胸に満ちます。あなたがお元気だといっそう幸せになります。
落ち込みそうなとき もしそれがお役に立つなら いつでもお便りをお書き下さい。

(略)

いつかきっとあなたに奈良を案内していただきたく それが楽しい夢としてあります。
今日の東京は大雪を忘れたような早春の明るい陽ざしです。
どうか春にむかっていっそうお元気でご活躍ください。

(消印は1984.2.22)


膨大な辻作品に一貫して流れるテーマがこの手紙にもあると思う。
小説の舞台が西洋でも日本でも、現代でも古代でも、それは同じ。

昨年、久しぶりに『背教者ユリアヌス』を再読した。
4世紀のローマ帝国、キリスト教が公認されるなかで、ユリアヌスはかつての多神教時代の神々への信仰を復活させ「背教者」と言われた。と書くと、時代も場所もはるかに離れている、そんな本がおもしろいかと思われるかもしれないが、場所や時を超え感動を呼び起こすものがあるのだ。

中公文庫で(上)(中)(下)と出ているし

160729背教者ユリアヌス


歴史小説集成にも3巻に所収

160729歴史小説集成


信長を取りあげた『安土往還記』、本阿弥光悦、俵屋宗達、角倉素庵の独白のかたちで進む『嵯峨野明月記』、江戸時代初期の、長崎奉行通辞と混血の美少女の物語『天草の雅歌』。谷崎純一郎賞を受けた『西行花伝』などなど、日本に材をとった歴史小説も多いが、いずれも歴史上の人物を書くというよりも、その姿を借りて、生き方を問う。それは、はるか昔の話ではなくて、今を生きる読み手の心をぐいぐいと引き込むのだ。



著者の言葉を借りよう。


たとえば私が『背教者ユリアヌス』を書こうと思ったのは、古代異教世界の崩壊期に、運命の偶然から、たまたま皇帝となった学問好きの青年が、時代の潮流にさからって、もう一度古代の叡智の支配する世界を実現しようと努める姿のなかに、現代の知識人の姿勢と、どこか似たものを感じたからである。いわば地中海世界の崩壊という鏡にうつしてみて、現代の複雑多様な歴史の展観の全貌を、包括的に、つかむことはできまいか、と考えたからである。

作者にとっては、直感的にとらえたある想念があり、それが、何か可視的な姿をとって外に現れることを求めていたのだ。そしてこの場合にも、小説家の心をそそるのは、歴史家とちがって、「ロマネスクな部分」、つまり皇帝ユリアヌスの姿を借りて架空に作者の心に抱かれた人物の「夢想、喜悦、悲哀、自己との対話など」である。まさしくこのようなものの展開を、眼に見えるものにするために、さまざまな出来事が史実から借用されたり、架空につくられたりする。
(辻邦生歴史小説集成第十二巻 歴史小説論「歴史小説の地平」より)


辻邦生歴史小説集成全十二巻(岩波書店)は、装丁も素敵。
帙(ちつ)から取り出すと現れる本は、濃い緑の布張り。手触りがよくて読書の楽しみの1つだと感じる。

160729布張り




過日、西山厚先生の著書『語りだす奈良』にサインをいただいた(→)直後、先生にご連絡しなければならない所用ができた。
メールの初めに、サインのお礼を申し上げ、目前でサインをいただいたのは、30年ほど前の辻邦生さん以来です。
なーんて書いてしまった・・・

西山先生のお返事

辻邦生さんにお会いしたとき、
「先生が《背教者ユリアヌス》をお書きになったことに感謝しています」
と言ったら、辻邦生さんは私をじっと見て、
「あなたとはまたどこかでお会いするような気がする」と言われました。
その瞬間、どこかって浄土のことかな‥と思ったのですが、
それからしばらくして辻邦生さんは亡くなりました。



おふたりの対談を聞きたかった。


スポンサーサイト

Posted on 2016/07/29 Fri. 22:17 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 0

29

犬養孝先生の色紙 

『かぎろひの大和路』のタイトルはもちろん、柿本人麻呂の「東の野にかぎろひの立つ見えて…」からお借りしています。

どんないきさつで、この名前が付いたかを思い起こすと、創刊当初のさまざまなできごとが脳裏をよぎります。
天理市内の、いまはなき赤提灯の屋台で、応援者の10人近くが集まってくれて、ワイワイがやがや、飲みながら白熱議論(?)。
酔いが回った頃、Tさんがふとくちずさんだ「ひむがしの野にかぎろひの立つみえて」に、誰もが賛同するかたちで、決まったのでした。

あれから約30年。
このほど、犬養孝先生の直筆色紙が、ワタクシのもとにやってまいりました。

色紙


何だか不思議なご縁のことを、聞いてくださいますか。

この記事のカテゴリは、ワタクシの大好きな作家「辻邦生」。
辻邦生さんが、犬養孝さんにつながったというお話なので~す。

ことの発端は、2年4か月ほど前。
奈良大学博物館で企画展「斎藤茂吉 北杜夫 辻邦生“三人展”」が開催されたことを、終了後に知ったワタクシ、残念な思いでネット検索したところ、展覧会へ行かれた我太呂さんのブログ「鉄道の旅 音楽の旅」に行きつきます。
勝手にリンクさせていただいたので、おことわりコメントをしたところ、なんと図録は2冊手元にあるから、1冊進呈しますといううれしすぎるお返事。

ブログ内記事→


我太呂さんは、かつて、犬養先生主宰の万葉旅行に参加されていたメンバーの1人で、「かぎろひ歴史探訪」にも興味を示されて、昨秋からたびたびお顔を見せてくださるようになりました。

忍阪にある、この苔むした歌碑↓も、どうやら建立当時をリアルタイムでご存じのよう。

16114歌碑


先日お会いしたとき、「持つべき人が持っていてください」と、なんと、犬養先生直筆の色紙をくださったのです!

とはいえ、こんな貴重なものを、ワタクシがいただくのもモッタイナイではありませんか。
一応、いただいたものの、いいのかなあ、という思いばかりがわいてきます。

我太呂さん
犬養先生の色紙は大切にしていただけると幸いです。

かぎろひ
こんな貴重なものを私がいただいていいのかなと申し訳なく思っています。
やっぱり返してと思われたら、いつでもおっしゃってくださいね。大事にお預かりします。ありがとうございました。


我太呂さん
この色紙は特別に書いてもらったものではなく、積んであったなかから、断っていただいたものです。
書いてもらったものは、私の名前が入っています。
持つべき方のところへ落ち着いて良かったと思ってます。
どこかへ飾っていただけるとそれは望外のことです。


かぎろひ
>積んであったなかから、断っていただいた、とは!
親密なご関係がしのばれますね。
おじいちゃんと孫みたい、だったりして。
ありがとうございます。



こんなメールを応酬した後、色紙をもう一度、ゆっくり見直してみました。
と、裏面に記されていた日付を見てビックリ。
なんとなんと、ワタクシの誕生日だったのです!

遠慮や迷いは、この時点で吹っ切れ、すっきり、いただく気になりました。
ワタクシのところへ来る運命だった? とまで思えるのでありました(笑)

『かぎろひの大和路』にも32号から掲載させていただきます。

3P.png


我太呂さん、ありがとうございました。

Posted on 2016/02/28 Sun. 18:18 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 0

28

新装版『十二の肖像画による十二の物語』 

平成11年(1999)に急逝された作家、辻邦生さんの『十二の肖像画による十二の物語』が新装版としてPHPから発行されていることを、かぎろひ掲示板仲間の円亀山人さんに教えていただきました。

大好きなこの本については以前、とりあげたことがあります。→

これまでに発行されたものを持っているし、本棚に余裕もないしで、入手しようかどうかちょっと迷ったのですが・・・
亡くなった著者の本が新装復刊されるなんて、うれしいではありませんか。

やっぱり、ほしい。
A5版で、これまでにないサイズ。

手元にあったものと一緒に撮ってみました。

15.6.14十二の

中央が今回入手したA5版。

左の大型本(縦30㎝)は、辻さんの直筆サイン入り貴重本。えへへ。
サインしていただいたいきさつは→

右は文庫本で、これは『十二の風景画への十二の旅』と一緒になって『風の琴』として文春文庫から出ています。

15.6.14十二


これ以外にも、「辻邦生歴史小説集成」の第1巻に所収。

15.6.14歴史集成


これはモノクロ画像。

15.6.14歴史集成2

が、巻末に『十二の肖像画による十二の物語』『十二の風景画への十二の旅』歴史紀行ー自作解題ふうに、という文章が付いているのが集成ならでは。著者からの肉声メッセージのようで、うれしいのです。

どんだけ好きやねん。って自分でも思うのですが(笑)

全て発行すぐにゲットしているのですが、その年を確認してみると
大型本・・・1981年
風の琴・・・1992年
歴史集成第1巻・・・1993年


初出は『文藝春秋』誌上での1年間(1980年3月~1981年2月)の連載です。
はい、毎月楽しみに読んでいましたよ。
実は、終了後、ぶ厚い雑誌をそのまま保存するスペースはなく、連載ページだけを切り取ってスクラップ(文藝春秋さん、ごめんなさい)。

15.6.14スクラップ


十二のタイトルをご紹介。ー右は肖像画(画家)

第一の物語 鬱ぎ(ふさぎ)ーある男の肖像(ロヒール・ファン、デル・ウェイデン)
第二の物語 妬み(ねたみ)ー老婆の肖像(ジョルジョーネ)
第三の物語 怖れ(おそれ)ー自画像(ティツィアーノ)
第四の物語 疑い(うたがい)ーヤーコブ・ムッフェルの肖像(アルブレヒト・デューラー)
第五の物語 奢り(おごり)ーエラスムスの肖像(ホルバイン)
第六の物語 偽り(いつわり)ー黄金の兜の男(レンブラント)
第七の物語 謀み(たくらみ)ー婦人の肖像(アントニオ・ポライウォーロ)
第八の物語 驕り(たかぶり)ーラウラ・バッティフェルリの肖像(ブロンツィーノ)
第九の物語 吝(しわい)ーレオナルド・ロレダーノの肖像(ジョヴァンニ・ベルリーニ)
第十の物語 狂い(ものぐるい)ー美しきフェロニエール(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
第十一の物語 婪り(むさぼり)ーフェデリコ・モンテフェルトの肖像(ピエロ・デラ・フランチェスカ)
第十二の物語 誇り(ほこり)ー婦人像(バルトロメオ・ヴェネト)

「物語のはじめに」から引用
〈人間〉とは何だろうー年々歳々、ますますこの疑問は強くなる。電車に乗っても、向かいの席の人に思わず見入ってしまう。むっつりした人、楽しげな人、無関心な人、内気な人・・・。街角ですれ違う無数の人。笑う人、喋る人、若い人、年をとった人・・・。
だが、こうした無数の人々の外見の下に、どんな人間が隠されているだろう。にこやかな美女が思わぬ残忍さを秘めていたり、傲慢な男が意外に小心であったりする。人間の本性は、おそらく当人にも謎なのであろうか。
・・・


いくつもの楽しみができるのがこの本の魅力だと思います。

Posted on 2015/06/16 Tue. 08:10 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 0

16

地図を夢みる 

3年ぶりぐらいに熱を出した。

ここ数日のめまぐるしさのせいか?
本人はタフだと思っているのだが、ちょっと自信喪失。
トシだよって? 実は結構繊細なのかも(笑)

娘らがなんと南の島で挙式するというものだから、11月1日、日本を発った。
それなりに感慨深く花嫁のハハをやり

14.11.2結婚式


ほかの日は、海岸を散歩したり、まちへ繰り出して多種のビールを飲んでみたり、いるかウォッチングツァーに参加したり(船酔いでそれどころではなかったのだが^^;)と楽しんだはずなのだけれど・・・


帰ってすぐに「かぎろひ歴史探訪」があったのもきつかったか。
ドキッとする失敗をして(それも1つではない・・)、精神的負担もあったかなあ(すべてはワタクシのそそっかしミス^^;)。

気になることはいっぱい。『かぎろひの大和路』編集作業が中断したまま、頼まれている記念誌は急かされないのをいいことに手つかず状態・・^^;

でもっ、熱があるんだから、全てを忘れて、サボろう。
熱といっても、38度程度だから、まあ大したことはないので、ゴロゴロしながら音楽聴いたり、本を読んだり、パズルをしたりの、のんびりさ。たまにはいいわねぇ、こんな時間。

14.11.9ナンプレ

↑ナンプレ、昨日、2つ完成!


食事にありつけないという心配がないのも、恵まれているかも。普通、女性が寝込んだら家族の食事の心配が起きるのでしょうけれど・・・

さあ、久しぶりに辻邦生を読もう。

14.11.9地図を夢みる

30数年以上も前に新潮社から出た「楽しみと冒険」(1~10)シリーズの、その1。
編とあるとおり、辻さんの小説ではなくて、辻さんがテーマごとに、いろいろな作家の文章を選んで載せてある。

↓こんな感じ(クリックで拡大)
14.11.9目次


実は、ワタクシのお気に入りは巻末の索引。
いわゆるの索引ではなくて、こんな気分のときはこのページをどうぞ、というココロニクイ遊びがあるのだ。

辻さんの解説によれば、ケストナーの『人生処方詩集』ふうにしたものらしい。
大きく〈明るい気分〉と〈暗い気分〉に分けてあって、もうこのフレーズを見ているだけで、なんだか凝縮した人生のなかで笑ったり泣いたりしているような気になりはしないか。

たとえば
〈明るい気分〉の項なら
どっと大金がころがりこんだとき
口笛を吹きながら散歩に出たいとき
恋人とデートできたとき
1日の雨が晴れて夕方虹が出たとき
・・・

〈暗い気分〉では
眠れないとき
孤独に悩むとき
自然の美しさが感じられないとき
自分がちっぽけに感じられるとき
山に登りたいのに時間がないとき
・・・

↓クリックしてどうぞ〈見にくいかも、すいません〉
索引


ちなみに、「楽しみと冒険」はこんなシリーズ。

14.11.9楽しみと冒険

編者の、なんと懐かしくて感慨深い顔ぶれ。もう皆さんお亡くなりに・・・あっ、山崎正和氏はご健在ですかね。


おかげさまで休養させていただき、ほぼ回復。明日と明後日は連日、「正倉院展」呈茶席のお手伝いに出かけまーす。
「正倉院展」最終日(12日)は無料観覧日となっていますが、お茶席は有料です、念のため。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/11/10 Mon. 16:27 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 10

10

あの女(ひと)に、会って 

あの女ひとに会いたくて、会いたくて!

mainvisual.jpg


ミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館から初来日中の「貴婦人の肖像」。
7月14日、この人に会うために、あべのハルカス美術館へ。

14.7.14ハルカス美術館



ワタクシが親しんできた『十二の肖像画による十二の物語』(辻邦生著)の表紙を飾るこの女性と同一人物ですよね。

14.7.14肖像画

画家はどちらも、ピエロ・デル・ポッライウォーロ。15世紀フィレンチェで活躍したと言われます。
ただ、こちらの絵↑は、ベルリン国立絵画館所蔵。

着ているものや装身具、へスタイルなどは違いますが、広い額から流れ出す線が鼻梁、口元、顎へいたる何という美しさ! モデルはまぎれもなく同じ女性でしょう。


ポルディ・ペッツォーリ美術館からやってきた女性は
結い上げた髪の毛に真珠の飾りをつけ、薄いガーゼのようなヴェールで耳を覆い、首には大きなルビーと真珠のペンダント。
説明によると、真珠の白は純潔を、ルビーの赤は愛の情熱を象徴するそうで、この肖像画は結婚の際に制作されたらしいとのこと。婚礼が決まると肖像画(横顔)を描かせる習わしがあったこと、緑色のドレスは婚礼の季節である5月を象徴するものであるとも。

14.7.14貴婦人


館内でその人を見つめていると、あれっ、『十二の肖像画による十二の物語』の表紙で見続けてきた人と印象がずいぶん違うことに気がつきました。もしかしたら、別人? と思うくらい。

ちょっと比べてみますね。

14.7.14あの女

右の女性が初々しく溌剌としているのに対して、左の女性はどこか憂いを含んだ表情ではありませんか!

顔の輪郭からみて、同一人物であるのは間違いなさそうですが、描かれた年代に隔たりがあるのでは。
結婚前、結婚後?
結婚前はまっすぐ前を向いていた視線が、結婚後は内面を見つめてもの思いにふけっているような。
結婚生活は幸福ではなかったのだろうか。

などと、勝手な想像がどんどんふくらみます^^;

調べてみると、なんということでしょう、憂いに満ちたほうが先に描かれたようです。
うーん。憂いとみえたのは若い時特有のもの思いか、悩み多き恋? 結婚が決まって何もかもふっきれたのは間違いなさそうですが・・・。

それにしても、肖像画は魅力的ですね。

そこから起こる感興を辻邦生ならではの短編に紡いだのが『十二の肖像画による十二の物語』。

辻邦生は、この女性を主人公に、「謀(たくら)み」という題名をつけて、ドラマチックな物語に仕立てています。
女性の名はポリーナ。

・・・
当時のフェラーラ宮廷の、立居振舞いの優雅さを競うなかで、ポリーナの風変わりな趣味は、とくに若い宮廷人たちの話題となった。彼らは、ポリーナの物静かな挙措と可愛らしい容貌に魅了されながらも、この風変わりな好みのために、気軽に近づくことができなかった。気むずかしいのでもなく、冷淡でもないのだが、どこか、涼しげに笑っている表情が、男たちに、一瞬のためらいを与えたのである。
・・・


この後の展開、気になる方は、実際の本でどうぞ。

ハードカバーはたぶんもう出版社にもないと思われますが、その後に出た『十二の風景画への十二の旅』とあわせ、二十四の絵の物語『風の琴』として、文春文庫から出ています。

14.7.14風の琴中

文庫本とはいえ、絵はカラーで入っていて、いろいろな楽しみ方ができます。

※「ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション」は7月21日(月・祝)まで
あべのハルカス美術館
http://www.aham.jp/

Posted on 2014/07/15 Tue. 13:05 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 2

15