01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

広辞苑 

先ごろ、『広辞苑』第七版が出ましたね。

インターネットの普及で辞書をひく機会は減ったし、広辞苑って一家に一冊あったらええのとちがうん? 売れるんやろか?

ご心配は無用ですぞ。

身近な人間を見て、そう思う次第でアリマス。

わが家には、というよりも、夫が「広辞苑」を第一版~五版まで持っているのです。

180123広辞苑


一年前に書いた、夫の文章からちょっと抜粋してみますと…

広辞苑

我が家には、広辞苑の第一版から五版までが揃っている。

 私は学生時代、読物がわりに一版を枕辺に置き、寝付けない夜はとりとめもなくページを繰っていた。と、城郭の[多門]という見出しがねむた目にとまった。解説に「松永久秀が近江佐和山に築いた多門山城にならった一種の築城法」とある。おやっと思った。佐和山城は石田三成じゃなかった? 
 調べてみると、佐和山城は戦国時代からあった城を石田三成が本格的な城郭建築に仕立てたとある。また、〃石田三成に過ぎたるものは、佐和山城と島左近〃とも言われるのも知っている。いずれにも松永久秀の姿は見えない。この辞典一冊だけでは、ちょっと恐いところがあるぞと思った。

 『二版』を開くと、[多門]は「城の石垣上の長屋。城壁を兼ね、兵器庫などに用いる。松永久秀が大和多門城で始めたからいう」と書き替えている。一版から二版までは十四年の歳月が経っていた。『三版』以後は二版を踏襲している。

 その後、暇な時に一から五版までを並べ読みして楽しんでいる。
 例えば[おてんば]。『一版』では「オランダ語からの外来語とする説もあるが、〃お〃を伴わぬ用例多く、信じ難い。臆面もなくはしゃぎ回る女。出過ぎた女」と、「はしゃぎ回る」とか、「出過ぎた」や「女」という言葉遣いにどこかトゲを感じさせる説明がつく。

『二版』では「オランダ語の、手に負えない意からの外来語とする説もあるが、〃てんば〃だけでも用いる」と、やや丁寧な説明となっている。しかも、一版の「はしゃぎ回る女。出過ぎた女」が姿を隠している。〃オイ、出過ぎた女とするのは、言い過ぎでないかい、活発に行動する、ぐらいでどうだろう〃という編集者の声が聞こえてきそうだ。で、説明が[女が、つつしみなく活発に行動すること。また、その女]と、なんとなく言葉のカドが削られてはいる。しかし、「女」「女」と、うるさく重出する言葉に、〃女に恨みでもあるのか〃という文句がでそうだ。三版は、二版を踏襲するが、語源説明の箇所が省かれている。

 ただ、一、二、三版の説明では、〃女はつつしみ深く、あまり活発でないもの〃とする、女性が眉を顰めかねない底意ありと、見られかねないとでも思ったか、『四版』では[女]という言葉から一歩ひいた[少女や若い娘が]に替え、「つつしみなく活発に行動すること。また、そういう女」と訂正している。使用文字数を少なくするためか、最後はまだ「女」を使っている。尻尾はとれたが、尾底骨が残っているようにも思えるが、とまれ、その後の五、六版は四版を踏襲。どうやら、一件落着というところだ。

 もう一例、奈良時代、称徳女帝の寵愛を受けて、とかくの噂をもつ弓削道鏡。
 [道鏡]『一版』では、「奈良時代の僧。河内の人。弓削氏。称徳天皇の殊寵を得て、太政大臣禅師となり、遂に法王の位を授けられて専横を極め、後、宇佐八幡の神託と称して皇位をうかがったが、和気清麻呂によって阻まれ、光仁天皇即位により、下野国薬師寺の別当に貶され、宝亀三年(七七二)配所に没」と説明。『二版』は「殊寵」の「殊」が消え、「貶され」が「左遷」と言葉ひとつ分、客観的表現になっているものの、他は『一版』を踏襲している。

 ところが『三版』になると、説明に変化が見られる。一、二版とは最初の「河内の人、…弓削氏」までは同じだが、称徳天皇との間柄について、「宮中に入り看病に功があったとして称徳天皇に信頼され、太政大臣禅師、ついで法王…」と書く。
 一、二版の「殊寵」、「寵」という、言葉が「信頼」と粘性を離れた表現になり、「皇位をうかがう」も「皇位の継承を企てた」と書き換えられている。

 今少し補足すると、道鏡は宮中の内道場の禅師となり、天平宝字六年(七六二)、近江国石山に造営された保良宮に滞在中の孝謙太上天皇(重祚して称徳女帝)が病気。これを治療平愈させ、信頼を得ている。
 これとは別にこの『三版』で大きく変わったのは、道鏡は「宇佐八幡の神託と称して皇位の継承を企てたが、藤原一族の意をうけた和気清麻呂に阻止され…」と、道鏡の野望を食い止めたのは和気清麻呂の尽忠報国の思想による行為だけではなく、藤原一族の、政敵道鏡を排除する策謀が後に控えていたことを書き加えていることだ。

 『三版』が発行されたのは昭和五十八年(一九八三)。時代を担う四十歳前後の人達は戦前戦中の歴史教育を離れた戦後生まれ。そこでは、忠臣のお手本とされてきた和気清麻呂も奈良時代末から平安時代初期に活躍した一政治家として客観視され、和気清麻呂の存在が遠のく、と同時に〃藤原氏の策謀あり〃する歴史的な認識が初めて顔をだしているのも見逃せない。『四版』以降は、この三版の説明を踏襲している。

 上の二つの例はいずれも『三、四版』で、一応の形を整えたと言えそうだ。しかし、広辞苑は文字通り、広く言葉を集めそれに説明を加えるという作業は止まるところがないらしく、『六版』になって初めて登場した見出し語も目につく。
 本棚の一隅を占めて、背文字の四角い顔に冷めたい表情を見せる「広辞苑」ではあるが、それなりに時代を映す変化と増殖がある。お前は生き物なんだなあと思わず口に出ていた。



夫は一方的に書いたので、『広辞苑』編集部に一応おことわりしておかなきゃな、という気持ちで、岩波書店へ文章を送ったのだそうな。

すると、思いがけず、辞典編集部のHさんから丁寧なお返事がきて、ビックリするやら親近感をもつやら。

平素より『広辞苑』をご愛用くださり、誠にありがたく存じます。

『広辞苑』を取りあげてくださった随筆を拝読いたしました。
「おてんば」「道鏡」などの項目について各版の記述を比較検討された結果、およその記述の定型が第三版で定まったとのことは、私自身も調べたり考えたりしたことがありませんでした。お教えくださり、どうもありがとうございます。
目下、第七版に向けた編集作業を進めております。よりよい内容の辞典となりますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
                                              2017年2月6日



ワタクシは『広辞苑』の各版を比較するようなそんな趣味はありませんが、ちょっとおもしろかったので、ブログネタにしようと思いついて(笑)、夫の留守に、広辞苑を撮影することに。

で、気づいたこと。

一版・二版と、三版からは大きさが微妙に違っている! ねっ↓

180123広辞苑2


それと、五版から? 、アルファベット略語も付いているのね。ワタクシが愛用していたものには無かったので。

180123アルファベット


辞書編集に携わる人のことを考えていると、『舟を編む』(三浦しをん著)が思い出されて仕方がないので、ちょっと調べてみたら、小説を書くにあたって、岩波書店と小学館を取材したんですって。やっぱり、ね。


どうやら、夫は、六版も七版もいずれ入手したいと考えていそうなのですが、うーん、まあちょっとオモシロク読ませてはいただきましたが、狭い家に住んでいる身としては複雑でありますな(笑)

広辞苑 第七版⇒


スポンサーサイト

Posted on 2018/01/23 Tue. 22:38 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

23

児のそら寝 

関わっている会の総会&懇親会の締切が1月20日だった。
事務局を担当しているので、案内を送り、出欠を確認する役割も。
しかーし、締切日を過ぎても音沙汰のない数人が。
返信のなかった人は欠席だろうとは思うのだけれど、その中で、いつもきっちりされている方から何の連絡もないとちょっと心配になるのだ。高齢者の1人暮らしとなれば、なおさら。

今回はUさんが気になった。90歳近い年齢でお1人暮らし。とはいえ、とてもそんなお歳には見えないくらい若々しくて、上品で、知的な方。いつもならきっちり返信してくれるのに、連絡がないのが気がかり。

電話をしてみた。
「あらっ、昨年暮れ、FAXをいただいてすぐに返信したわよ。……
あっ、もううれしくて、うれしくて、すぐに返信しようと思ったんだけど、はしゃぎすぎた子どもみたいで恥ずかしいでしょう。でね、あなたに一筆も書いて、しばらくしてから送ろうと思っていたの。でも、そのまま忘れてしまったみたい。ごめんなさーい。」

90歳にして! 子供のような、いきいきと動く心が感じられて、こちらも楽しくなったのだった。

ふと、よく似た話をどこかで知っているような気がするんだけど…、なんだったっけ。思わず笑みがこぼれるような、楽しい気持にさせられたんだけどなぁ。

と考えていて、思い出した。

高校の頃、初めて読んだ『宇治拾遺物語』の「児(ちご)のそら寝」や!

宇治拾遺


比叡山の稚児の話。
お寺の僧たちが夜になってぼた餅を作ろうということに。

子どもはそれを聞いて、わーい、うれしいな、と思ったのだけれど、いつもなら寝ている時間なのに、待っているのがわかるってのもアカンかなあと、狸寝入りを決めこんだ。
どうやら、できあがったような感じ。きっと起こしてくれるよね、と期待して寝たふりをしていると
「ぼた餅できたよー、目をさませー」 という声が。

やったー、と喜びながらも、すぐに返事をしたら、待っていたのがばれるやん。
ちょっとバツが悪いから、もう一回呼ばれてから返事をしようっと。と我慢しながら寝ていた。

が、「起こすのかわいそうやで。幼い子はもう寝入っているみたいや」という声が。

子ども「ひやぁ、なんてこった。もう一回、起こしてよ」と思いながら寝ていると、僧たちがお餅をバクパクむしゃむしゃ食べる音が聞こえてきて、悲しくなるばかり。
しばらく経って、子どもはもう我慢の限界! 呼ばれてからだいぶ時間が経っているのに「はい!」

僧たちが笑うことといったら。


こんな話でしたかね。
だいぶ意訳していると思うので、原文をひいておきますね。

今は昔、比叡の山に児ありけり。
僧たち、宵のつれづれに、
「いざ、かいもちひせむ」と言ひけるを、この児、心よせに聞きけり。

さりとて、し出ださむを待ちて、寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでに、し出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。 
この児、さだめておどろかさむずらむと待ちゐたるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせたまへ」
と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、
「や、な起こしたてまつりそ。幼き人は寝入りたまひにけり」
と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、いま一度、起こせかしと思ひ寝に聞けば、ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期の後に、
「えい」
といらへたりければ、僧たち、笑ふこと、限りなし。


Posted on 2018/01/21 Sun. 19:11 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

21

季刊誌 やまとびと 

おもに中南和(奈良県)の情報を発信されているフリーペーパー『やまとびと』が届きました。

160911やまとびと

ご縁があって、『かぎろひの大和路』と相互寄贈というかたちでお世話になっています。うちのほうが発行頻度が低いのですけどね、毎号送っていただいています。

今号が届いて、あれ、これまでとなんか違う!
紙質や手触り、デザインなども、以前とはちょっと趣を異にしていて、新たな意気込みが感じられます。

同封されていたのが

160911やまとびと大学


どうやら、これまでの設置型フリーペーパーから、会員制に移行されたようですね。

新しいシリーズも始まって、内容も充実。
「古事記・いにしえの言葉の響きを体に感じて」(大小田さくら子さん)
「風景の声に耳を澄ませる」(増田隆さん)

あら、増田隆さん!

1609風景の声に

増田さんは最近、フェイスブックのお友達でもあり、1度お目にかかったこともあるのですが、それよりもずうっと以前、『かぎろひの大和路』のバックナンバー全冊のご注文をいただき、ご住所を見ると近くなので、自転車で届けに行ったことがあるのです。

普通なら忘れてしまいそうなのですが、たしか、三十八神社(京都府加茂町)の「猫の耳」という行事を検索されていて、かぎろひ誌(復刊5号「生活と風習と」)がヒットしたということ、それならその号1冊を求められたらいいのに、バックナンバー全部ください、というようなことで、とても印象に残ったのでした。ありがとうございます。

今度は逆にワタクシが検索をかけてみると、増田さんのブログを発見。「久延毘古 独言」でしたか、ね。神さびた神社や鬱蒼とした杜などが大きな写真で載せられていて、ゾクゾクするような臨場感がありました。
お礼のコメントも書いたと思うのですが、いつのまにか、ブログをやめられてしまったのですね。残念。

『やまとびと』の連載ではまたそんな雰囲気が味わえそうで、とても楽しみにしています。
初回は、廃集落の奥深い山に分け入って大塔神社の旧社地を訪ねていらっしゃいます。詳しくは『やまとびと』で。

風景の声に2


長期連載の「やまとのこころ」(岡本彰夫奈良県立大学客員教授・宇賀志屋文庫庫長)も『やまとびと』の目玉のひとつでしょう。
本当の鹿が間違えたという話があるほど巧みに鹿を描いた近世の絵師、内藤其淵(ないとうきえん)について書かれています。

旧字体を駆使しての流暢な文語体はさすが。
文語体も旧字体も好きなのですが、これってかなり編集者泣かせよね、と『やまとびと』編集部につい同情したりして^^;
ああ、致命的な校正ミスを発見するや、我がことのようにドキリとしてしまうのでした。

フリーペーパー『やまとびと』→
ウェブで読めるのですね→

Posted on 2016/09/12 Mon. 15:33 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

12

奈良の「隠れ名所」 

先頃、『意外な歴史の謎を発見! 奈良の「隠れ名所」』(実業之日本社)という本が発行されました。

奈良の隠れ名所


2012年10月から2015年3月まで、毎週土曜日、産経新聞に連載された「なら再発見」の中から選ばれた72編が収録されています。
著者は、奈良検定(→)の最上級「奈良まほろばソムリエ」資格をもつ12人。


産経新聞で連載中、楽しみに読んでいました。終了したときは、残念に思ったので、こんな形で手元に置いておけるのはうれしい限り。そのうちに入手しようと思っていたところ、オトモダチのソムリエさんから贈られてしまいました。ありがとうございます。


本のカバーや帯で謳っているフレーズから、この本の趣旨が一目瞭然。
いわく、
ガイドブックには絶対のらないネタが満載! 
観光客は知らない隠れた名所
地元の人も知らない意外な真実
“まほろば”奈良の歴史と文化を再発見!



どの記事も現地で丁寧に取材調査されていて、臨場感と説得力があります。読みやすくまとめられ、また新書版(じっぴコンパクト新書)という手軽さがいいですね。
ワタクシ、先日の実家日帰りの行き帰り、電車の中で読みました。


では、目次をご紹介しますね。奈良県を五つの地域に分けて

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章


読めば、現地へ行きたくなり、奈良好き度がアップすること、うけあい。
第2弾も、期待しています。


30数年前、ワタクシの関わる『かぎろひの大和路』がスタートしたのは、書店に並ぶいわゆる観光ガイド本にもの足りなさを感じたのが原点。ならば、自分たちで見つけて、書いて、発信しよう、てなわけでした。若かった~(笑)

あの頃、こんな本があったら、『かぎろひの大和路』は出ていなかったかも。


※意外な歴史の謎を発見! 奈良の「隠れ名所」
実業の日本社 発行
奈良まほろばソムリエの会 著
執筆者(敬称略)
石田一雄、大山恵功、小北博孝、雑賀耕三郎、鈴木浩、辰馬真知子、田原敏明、露木基勝、鉄田憲男、西川誠、藤村清彦、安井永
900円+税

この本に関わられた方のブログをご参照ください。
tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」→
鹿鳴人のつぶやき→

Posted on 2016/08/23 Tue. 06:20 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

23

小辺路に跳ぶ 

4年前、38歳という若さで逝ってしまわれた松原佳史さん。

奥様から、追悼文集『小辺路に跳ぶ』をお贈りいただきました。

小辺路に跳ぶ

A5版167ページ
第1部 松原佳史WORKS
第2部 贈る言葉-松原佳史さんへ-
第3部 寄稿論文


この遺稿集は父親の存在もはっきりわからないまま、別れることになってしまった二人の子供にとって、父を知るよすがとなります。38歳という若さでこの世を去ってしまった「松原佳史」が一生懸命頑張ってきたことを多くの方にもっと知っていただける、大切なものになると思っております。…

(はじめにより)

ワタクシに対しても、「忘れないで。思い出してね!」と言われたような気がしました。
ああ、そういえば、松原さんのことを書いた記事も、ブログサービス移行で写真が失われたまま、放ったらかしにしていたのでした。

大急ぎで確認、写真を入れなおしました。
よろしければ、ご覧くださって、松原さんのことを思っていただけたらうれしい限り。

高野山麓でブログのご縁(2010.8.16)→
追悼 松原佳史さん(2013.5.3)→


この本は、松原さんの足跡とご友人たちの追悼文からなるだけではなく、寄稿論文を載せていることで、より資料価値の高いものとなっていると感じました。

●栃原猿楽の動向…吉野歴史資料館長 池田 淳(いけだ きよし)氏
●龍門寺跡出土塼仏に関する予案ー塼仏の製作・分布に注目してー…吉野歴史資料館 中東 洋行(なかひがし ひろゆき)氏
●野迫川・高野の民俗文化と今…大淀町教育委員会 松田度(まつだ わたる)氏


「野迫川・高野の民俗文化と今」のなか、「北今西のオコナイ」取材メンバーに写真家の野本暉房さんのお名前を発見。もしかしたら、写真をアップされているかもと確認してみたら、松原さんご本人が映っていて、胸がキュッとなりました。

野本さんの「大和路写真帳」から→


Posted on 2016/05/23 Mon. 19:31 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

23