01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

水仙の咲き方で 

おおさむこさむ 山から小僧が泣いてきた♪
寒さが身にしみる~。

昨日、たまたま、お花屋さんのご主人とお話しすることがあった。
「今年は、水仙の咲きが遅いから、寒波がくるで」

水仙は冬の寒暖を教えてくれる花なのだという。

「彼岸花は気候に関係なく、お彼岸がきたら咲くやろ。けどな、水仙は寒くなりそうなときは咲かへんねん」

彼岸花には、咲く時期がインプットされているけれど、水仙は気候に左右される、ということらしい。というよりも、水仙の咲き方で暖冬なのか、寒くなるのかがわかる、ということのようだ。

そういえば、以前、般若寺で、12月にすでに花がいっぱいだった時と、1月になってもちらほら咲きの年があったことを思い出した。

ちょっと古い写真で恐縮ですが

hannyazisuisen200412.gif

↑2004.12


hannyazisekibut11120.gif

↑2011.1.20


ちょっと調べてみたら、水仙もヒガンバナ科なんですね。ご主人が比べておっしゃったのは、なるほど、と思った次第。

今冬は厳しい寒さのよう。
皆様、くれぐれもご自愛くださいますように。
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/19 Tue. 21:06 [edit]

category: 耳より情報

TB: 0    CM: 0

19

NHK Eテレ「趣味どきっ」で奈良シリーズ 

昨夜(5月2日)9時30分から、NHK Eテレ「趣味どきっ」で、「神の山に捧げる三輪そうめん」が放映されると聞いていましたので、久しぶりにテレビの前へ。
ところが、スイッチオンすると、○○カードを挿入してください、という表示。ん? なに? カードって?
昨年、真田丸を観ていたときは何ともなかったんですけどね。

検証する間もないので、テレビをあきらめ、ガラケーのワンセグで。
画像ちっちゃい(笑)

170502テレビ

↑㈱三輪山本の社長さんと、素麺組合の理事長さん

再放送は、5月9日(AM11:30~AM11:55) NHK Eテレ。


来週からも、奈良が登場しますよ!
 
●5月 9日(火)午後9:30~9:55 よみがえる日本初の清酒「菩提泉」
  (再放送:5/16 AM11:30~AM11:55) NHK Eテレ

●5月16日(火)午後9:30~9:55 まんじゅうのルーツを訪ねて 春日大社と漢國神社 
   (再放送:5/23 AM11:30~AM11:55) NHK Eテレ

5月9日に放映される、清酒発祥の地の取材については、先日、都祁の倉本酒造さんでお聞きしていました。

倉本さんを取材されたときの写真。

1703テレビ

山田まりあさんが来られたんですね。


日本酒好きで、今年の「菩提酛清酒祭」にもご一緒したTさんに、テレビ放映の話をすると、「NHK来てたわよ」とのこと。

あら、そうだったっけ? 
その日の写真を確認してみると、しっかり映っていました^^; 

170109テレビ



室町時代の酒造りを今に蘇らせた「菩提酛」を造っているのは9つの蔵

170109酒


趣味どきっ→

Posted on 2017/05/03 Wed. 07:00 [edit]

category: 耳より情報

TB: 0    CM: 2

03

うさぎのいる暮らしはいかが 

オトモダチのGさんのところにいる、うさぎ(ホーランド・ロップ)。

161223小鉄3


家族のようにかわいがっていたのですが、手放さなくてはならない状況に。
現在、里親になってくれる方を探していらっしゃいます。

オス、0歳11か月。

耳がたれ、もふもふの毛並みに、心奪われてしまいます。

161223小鉄2


しぐさがかわいすぎ!

161223小鉄4


育てやすいようです。主食は干し草。

161223小鉄

ホーランド・ロップ は、ウサギのペット用に作成された品種、血統のひとつ。生物学上の分類ではウサギ科アナウサギである。ロップ種の中では最も小さい品種であることから、ミニ・ロップ とも呼ばれる。 名称は「ホーランドの垂れ耳種」の意。( ウィキペディアより)


見ていると、癒されっぱなし。
こんなカワイイやつが身近にいたら、毎日楽しいだろうなあ。仕事もはかどるかも。
わ、きっと天使が喜ぶぞ!

とニヤリとしてしまうのですが、現実問題としてワタクシはやっぱり無理やなあ。

どなたか、手元において可愛がってくれる方、いらっしゃいませんか。

お問い合わせなどは、ブログ右のメールフォーム欄からお願いします。

Posted on 2016/12/24 Sat. 08:51 [edit]

category: 耳より情報

TB: 0    CM: 0

24

風邪の撃退法 

この時期、意外にも風邪ひきさん、多いですよね。

幸い、ワタクシは大丈夫ですが(ナントカは風邪をひかない…)、夫の風邪が長引きまして(咳が)、ようやく完治したかなというところです。

今日、痛風のかかりつけ医に行ったところ、あっ、夫がですよ、風邪の撃退法なるものを伝授されたそう。
まあ、聞いたことがあるような話なのですが、なんだかおかしくて笑ってしまいました。
ご紹介してみたいと思います。


以下、いただいてきた印刷物から。

葛根湯を食前に服用or日本酒で葛根湯を飲む

汗が出ないなら蒸留酒のお湯割り

みそ汁+唐辛子多量入りorおすまし+唐辛子多量入り

汗が出ないなら、スープ(生姜、胡椒多量入り)

暑いご飯+キムチorめんたいこ

お風呂43℃以上、汗が出るまでつかる。



夫「1と2は魅力的ですな」
医師「ほどほどに、ね」

なーんていう会話を交わしたそうな。


風邪かなと思ったら、の初期にお試しくださいませ~

すでにひかれている方はどうぞ、お大事に。

160508花



Posted on 2016/05/11 Wed. 20:40 [edit]

category: 耳より情報

TB: 0    CM: 2

11

第1回 赤ひげ大賞 

地域医療に貢献されている医師を表彰する「赤ひげ大賞」が決まり、3月22日、皇太子さまご出席のもとで授賞式が行われたと、翌日の新聞が報じていました。


←受賞されたのは、全国から5名の医師

この中に、お世話になった先生の名前を見つけ、拍手するとともに、いろいろなことが思い出されて、つい涙ぐんでしまいました。


和歌山県から受賞された横手英義先生は、ワタクシの郷里、九度山町で横手クリニックを開業されています。






癌に冒され、病院を転々としていた母の最期のひとときを、自宅で過ごさせてやりたいと、思い切って在宅医療を選んだとき、お世話になったのが横手先生でした。

このとき、すでに母は、身体中に癌が蔓延していて、癌が血管をも圧迫している状態とかで、「たいていの人はこういう状態になる前に死んでしまう、これからどうなるのか未経験だ、もう手の施しようがない」と病院の若い主治医は困っていることを平気で家族の前で言ったりしていました。

こんな母をはたして自宅介護できるか、はなはだ不安だったのですが、帰りたそうにしている母と、投げやりな医師を見て、決断したのでした。


実家近くの横手医師とは面識はありませんでしたが、「気むずかしい」「コワイ」という噂を耳にしていたので、初日の往診はちょっと緊張してお迎えしたことを思い出します。

が、実際お会いしてみると、どこからそんな噂が出るのか不思議なほど、親身になって寄り添ってくださったのです。

家族は、身体の清拭や下の世話はどうということはありませんでしたが、手術痕がジュクジュクして膿のようなものが出てきたり、出血をみると、もう手に負えないありさまでした。

横手先生は、日祝日でも連絡のとれる電話番号を教えてくださり、現にオロオロして電話すると、すぐに飛んできて診てくださったので、安心感でいっぱいでした。(その後、父が別の医師にかかったとき、休日に連絡をとることは不可能だったことを考えても、横手先生の姿勢には頭が下がります。)

そして、もうこれ以上は自宅で看るのは無理だろうと判断されたとき、救急車の手配も病院のお世話もしてくださったので、とてもスムーズに入院することができたのです。

母は奇跡的に2か月間、自宅で過ごしました。
そしてまさかこんな日がくるとは思っていなかった、(もと)家族5人の生活がよみがえった日々でもありました。

母の葬儀を終えて、横手先生に報告とお礼のご挨拶に伺ったとき、先生は診察の途中で出てきてくださいました。
そして「お母さんはみごとでした。あんな身体でよく生きていると感心していましたよ」と。

あれからもう5年が経ちます。

初めての「赤ひげ大賞」に横手先生が選ばれて、ほんとうにうれしい限りです。
先生、おめでとうございます。改めて、ありがとうございました。


←産経新聞の写真から。皇太子さまと対面されている背中の方が、横手先生(たぶん)





←新聞記事(クリックで拡大)

Posted on 2013/03/25 Mon. 18:44 [edit]

category: 耳より情報

TB: --    CM: 12

25