05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

今日の新緑 

4月12日

180412新緑


180412新緑2


180412新緑3


180412新緑4
スポンサーサイト

Posted on 2018/04/12 Thu. 21:19 [edit]

category: 橿原市

TB: 0    CM: 0

12

「ミグランス」から見る大和三山 

たいへんご無沙汰してしまいましたm(__)m
孫にブログをまかせたりしてすいません(笑)
母子ともに元気で自宅へ戻っていきました。

約2週間、全く仕事には手つかず。
赤ちゃんを見ていると癒されっぱなしで、すっかり、オバーサンの顔になっていたような^^;

仕事の遅れもさほど気にならなかったのですが、元通りの生活に戻るや、俄然焦り始めまして…
『かぎろひの大和路』のツメができないまま、3月を迎え、今月は歴史探訪もスタートしますので、うかうかしていられません。
しかーし、ちょっと落ち着け~、頭を冷やせ~と言われているような出来事に遭った3月1日、一日中外回りをしてきたことでもあるし、今夜の仕事はやめることにしてブログを更新することにしましょう。

まったくついてなかった本日(3月1日)午前中の話を、聞いてくださーい。
M社のY氏をお訪ねする約束があり、JR奈良駅9時7分発の万葉まほろば線に乗る予定にしていたのですが…
8時50分頃、駅に着くと、ものものしい雰囲気。ん? なにかあった? 
強風のため、電車が運休ですと(>_<)
先方に遅れるという一報を入れ、それでも9時30分には電車がきたので乗っていると、発車が11時を過ぎるというアナウンス。
これは無理だとあきらめて、結局、日程を変更していただくことになってしまったのでした。

新大宮駅まで歩いて近鉄電車で橿原へ。
午後からの取材までには時間がたっぷりあるので、図書館で調べものをしようと行ってみると(八木駅から20~30分歩いて)、なんと! 3月2日まで休館中。
ちょっと休憩して、お手洗いを借りようとしたら、女性トイレが工事中。

ここまでくると笑うしかないよね。

でも、ついてないのはそこまででしたよ。

今月オープンした八木駅前の複合施設「ミグランス」(分庁舎+ホテル)(⇒)の10階展望台へ上がってみました。

180301展望台

見晴らしバツグン。
耳成山

180301耳成山


畝傍山

180301畝傍山


香久山

180301香久山


二上山

180301二上山


今日のようなアクシデントがあると、ああ、車の運転もやっておいたらよかったなあ、母がお金を出したると言ってたのになあ(笑)、などなど若い頃を思い出して、ちょっぴり後悔したのですが、
仕事カバンをリュックバージョンに切り替えたら爽快なハイキング気分に。

人知れず咲き誇る老木の紅梅を見上げ

180301紅梅2


素敵な道も発見(おっ、歴史探訪に使えるかも!)

180301道


美しいまちなみを通り

180301道2


すっかり、気持ちも落ち着きまして。
午後からはいい出会いが続いて、どきどき感謝しながら帰路についたのでした。


もう少し、がんばりまーす。


Posted on 2018/03/01 Thu. 23:13 [edit]

category: 橿原市

TB: 0    CM: 0

01

今井町で 

9月10日(日)17時30分、橿原市今井町


静かなまちのうえに、秋の空が広がっていた。

170910今井町4

170910今井町3

170910今井町2

170910今井町6


行く夏をおしみつつ、秋をむかえるお酒はことのほか心身にしみたのだった。
めぐる季節にかんぱい!

Posted on 2017/09/11 Mon. 15:24 [edit]

category: 橿原市

TB: 0    CM: 0

11

歴史に憩う橿原市博物館 

いよいよ9月から「かぎろひ歴史探訪」第3期がスタートします。
その1回目が9月11日(木)。

8月30日、下見に行ってきました。ざっとしたコースは改めてのご紹介として、まずは「歴史に憩う橿原市博物館」にスポットをあててみたいと思います。

14.8.30橿原市博物館2


というのも、夏季特別展「新沢千塚(にいざわせんづか)」が9月7日(日)まで。
お急ぎくださ~い。
「重要文化財ー126号墳出土の里帰り展」ということで、東京国立博物館所蔵の品々が展示されているのです。

14.8.30特別展


新沢千塚古墳群のなかでも、126号墳からはたくさんの副葬品が見つかりました。

↓説明をどうぞ。クリックで拡大します。
14.8.30新沢千塚126号墳


現在の126号墳

14.8.30新沢千塚126


金製というのはスゴイですね。5世紀のものとは思えないほど、まばゆいばかりに輝いていました。
指輪のデザインだって素敵すぎ、シンプルな腕輪もおしゃれ~、↓写真左の金製龍文方形板は約8㎝四方、被葬者の冠を飾っていたと思われます。

写真は、橿原市と東京国立博物館のサイトからお借りしました。

新沢千塚出土品


特別展は9月7日までですが、常設展示の出土品レプリカもじゅうぶん楽しめます(常設展は写真撮影OK)。

14.8.30レプリカ


そうそう、偶然にも、昨日(9月2日)のサンケイ新聞に、新沢千塚126号墳出土の切り子ガラス碗が、ササン朝ペルシャの遺跡から出たガラスと化学組成がほぼ同じであることがわかった、という記事が載っていました(↓クリックで拡大)。

14.9.2サンケイ新沢千塚

今回の里帰り展には、この切り子ガラスは出ていませんが、常設展示室にはレプリカがありました。


「歴史に憩う橿原市博物館」は今年4月にオープン。前身は新沢千塚資料館、でしたかね。
入館するや、ガラス越し見られる作業風景。一気に親しみがわきます。

14.8.30ガラス越し


※歴史に憩う橿原市博物館
橿原市川西町858-1
電話番号:0744-27-9681 ファックス番号:0744-26-1114
http://www.city.kashihara.nara.jp/hakubutsukan/

新沢千塚古墳群はすぐそこ。

14.8.22新沢千塚


ここから見る畝傍山もすばらしくて!

140830unebiyama.jpg





Posted on 2014/09/03 Wed. 19:57 [edit]

category: 橿原市

TB: 0    CM: 1

03

ホテイアオイと彼岸花 

9月20日、郷里の幼なじみたち(5人)が本薬師寺跡のホテイアオイを見にくるというので、合流することに。

外来種のホテイアオイは、いろいろ問題もあるようですが、これだけ群生するとやっぱり壮観できれい。うわぁー、いっせいに感嘆の声が上がります。



最盛期からみると、花の数は少なくなっているのかなあという感じでしたが、この時期ならではの風情がありました。



色づいたたんぼ、畦を縁取る彼岸花、それから↑左手は萩の花。






畝傍山を背景に。右手背後に小さく二上山。左は金剛・葛城



本薬師寺跡(左)を入れて。




お昼は万葉ホール5階の「ほうらんや」hoshi-04で。
ワタクシは以前、夜に2度ほど行っただけで奈良の地酒を置いている、お料理には奈良の食材を使っているという程度の認識しかなく、ランチは? だったのですが、畝傍山がきれいに見えるのよ! と言うと、そこへ行きたいということになりまして。


ボリュームたっぷり、おいしくいただきました。

陽ざしがきついのか畝傍山が見える窓にはブラインドがおろされていて、その景色を見てもらえなかったのが残念。

←これは、2012.3.11の写真ですが、こんなふうに見えるんですよ。


お腹が満たされて、これからどこ行く? と相談。「今井町」「畝傍山へ登る」「笠の蕎麦畑」「ぶどう狩り」などなどいろんな提案がなされましたが、結局、岡寺へお参りしてから稲渕の彼岸花を見に行くことに。





かかしロードも歩いてきましたよ。



この時期に明日香村へ行くなんて絶対無理っ、なはずだったのですが、友人たちのおかげで思いがけない1日に恵まれました。
会えばいつでも童心に戻ることができる幼なじみとの楽しいひととき、ありがとう~。

Posted on 2013/09/22 Sun. 09:40 [edit]

category: 橿原市

TB: --    CM: 10

22