FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

書店納入状況 

190401大和郡山城跡

『かぎろひの大和路』35号は現在、下記の書店でお求めいただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。

キャップ書店(北葛城郡王寺町)
森谷書店(香芝市)
椿日進堂(御所市)
桜井誠文堂(五條市)
高垣弘文堂(大和高田市)
宮脇書店田原本店(磯城郡田原本町)
ワールドブックス(生駒郡平群町)

[大和郡山市]
啓林堂書店郡山店

[生駒市]
啓林堂書店生駒店
ジャパンブックス生駒南店
久保弘文堂

190401大和郡山城跡2



[奈良市]
豊住書店
ベニヤ書店
啓林堂書店(新大宮店、奈良店、学園前店)
ジュンク堂書店奈良店
たつみ書店(高の原サンタウン)



[東京都]
東京国立博物館

190401大和郡山城跡3


※挿入写真は、4月1日、大和郡山城跡で
スポンサーサイト



Posted on 2019/04/02 Tue. 19:39 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

02

かぎろひの大和路 35号 発行しました 

3月26日に、歴史探訪の下見に行き、報告しようと思っていたのですが、翌日、『かぎろひの大和路』が発行になり、てんやわんや。

35号表紙決定

昨夕、直送の読者の方に発送、今日(28日)は奈良市内の書店に納入しましたので、まずはこちらからの報告にさせてくださいね。

ただいま、下記の書店でお求めいただけます。

豊住書店
ベニヤ書店
啓林堂書店(新大宮店、奈良店、学園前店、生駒店)
ジュンク堂書店奈良店
たつみ書店(高の原サンタウン)
ジャパンブックス生駒南店
※啓林堂書店生駒店とジャパンブックス生駒南店では、30号=生駒特集号も、
  また、ジュンク堂書店奈良店とベニヤ書店では、33号=佐保、奈保の道もお求めいただけます。
※その他のバックナンバーは豊住書店でどうぞ。

よろしくお願いします。
明日(29日)は別件所用あり、書店などへの納入は明後日以降となりますが、ご了承くださいませ。

Posted on 2019/03/28 Thu. 16:35 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

28

かぎろひの大和路 35号 出稿 

『かぎろひの大和路』復刊35号、やっと、やっと、本日、出稿しました!

発行はおそらく、今月末頃かと。

一応、表紙だけご紹介しまーす。
内容は後日にさせてくださいね。

35号表紙決定

お世話になりました皆様、ほんとうにありがとうございます。感謝、感謝です。

Posted on 2019/03/10 Sun. 20:12 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

10

わたしはゼッタイ奈良派。 

近鉄さんが、「わたしは奈良派。」キャンペーン中。⇒
自分の撮った写真に「わたしは奈良派。」という文字が簡単に載せられるオリジナル画像メーカーが付いているのがミソ。

3月になった頃からSNS上では、皆さんがさかんにアップしているのが目に入ってきた。
どうやら、スマホでしかできないらしい。

ようやく、ちょっと時間的に余裕ができたので、やってみたい(笑)

まだ出稿もできていない『かぎろひの大和路』の表紙を使って遊んでみた。

ダウンロード (1)



うーん、物足りない(笑)

ダウンロード-(1)ゼッタイ


さあ、明日は最終取材。週末に出稿するぞ。

Posted on 2019/03/07 Thu. 22:26 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

07

ご縁に感謝 

平成最後の大晦日に、『かぎろひの大和路』の創刊号って、いつだったのだろうとふと思う。
確認してみると、昭和57年(1987)5月! 

10年間のブランクはあったけれど、そのまま継続してお読みくださる方も多く、そのうちの何人かとは読者であることを忘れるほどの交流を続けている。バロックおじさん、円亀山人さん、yoshyさん、Mさん、Kさん、たきさん…とは実際にお会いしたことも。
そのほとんどは、お手元に直送している、県外の方。書店で購入してくださっている地元の方のほうがたぶん多いのに、直接お礼を言うことができなくて申しわけありません。ほんとうにありがとうございます。

「かぎろひ歴史探訪」を始めてから、そういう方にご参加いただけるようになり、思いがけない出会いが続いています。
ブログを見てくださっている方も、ちょくちょく参加してくれたり。
いやぁ、ブログって、コメントをいただかない限りは、読者って全くわからないんですよね。それが実際に、「ブログファンです」とおっしゃって参加してくださる方がいると、うれしさでドキドキしてしまいます。

えっ、見てくれてる!? と驚くこともあって、アホなこと書いたりしているのでお恥ずかしい限り。
更新もマメにしなくちゃと思っている次第です。

年末にいただいたおたよりを一部、ご紹介します(承諾をいただかずすいません)

181231ハガキ

「かぎろひ歴史探訪」たった一度しか参加がかなわなかったのですが、その1回が私にはたいへんおもしろかったのです。病気のほうも完治し、体調も快調です。来年は可能な限り歴史探訪に参加したいと意欲満々です。(京都市 Tさん)


秋からの歴史探訪を楽しみに夏の終わりにスクワット、ラジオ体操、毎日40分以上のウォークにと、急に足を鍛えたら、悪いほうの足が悲鳴をあげダウンとなりました。今年1回も歴史探訪に行けないなんて残念無念。なさけなくて涙が出てまいります。
 ようやく足も治り、来年こそはと毎日ウォーキングです。今度は無理をしないよう頑張ります。
(北葛城郡 Tさん)


来年の歴史探訪のコースを、夫と顔を寄せ合い、どれどれと興味深く拝見しました。私としては、暗峠を越えて奈良入りしてみたかったので「榁木峠コース」がいいなあ(たとえ“越え”でなくても)と思っているのですが…何とか万障繰り合わせてどれかひとつでも参加できたらと思っています。ついでといっては何ですが「奈良八重桜」も見られると良いのですが。(札幌市 Hさん)


「かぎろひ歴史探訪」行った事のないコースばかりなので、毎回感動しています。…次は、春までお会い出来ないと…残念です。物理的距離は、遠いですが、精神的距離は近いです。いつも気持ちだけ走って いて、身体は後からついてくる感じです。(福岡市 Mさん)


「かぎろひの大和路」35号では、「廃寺跡を歩く」特集とか。
すばらしい視点ですね。「明日香の旅は幻を視る旅」と述べた女流作家、
そして岡部伊都子さんの「観光バスの行かない・・・埋もれた寺」など、
若い私を奈良・京都の古寺廃寺へと目を開かせてくれた本のことを思い
出してしまいます。
(香川県 оさん)


ご縁をいただいている皆様、ほんとうにありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


Posted on 2018/12/31 Mon. 20:07 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

31